10周年のSPコンテンツ!

足利尊氏や直義って、結局どんな人だったんだろう?2人の仲も。(『観応の擾乱』スピンオフまとめ)

逆賊2人についてのまとめです(ちがうよ!) …いや、正味の話、そんな皇国史観やそれへの反発があるから、いまいち実像、人物像が見えにくい人たちじゃん? 【「観応の擾乱」(亀田俊和著)まとめhttps://togetter.com/li/1117754 】 作って、その反響見てたら、自分もあの2人は端的にいってどんな人?と聞かれてもよくわからんことに気づきました。 ではtwitter検索で人物像を調べよう…としたらますます分からなくなった(笑)。 続きを読む
歴史 高師直 太平記 中世 観応の擾乱 亀田俊和 ヒャッハー 室町時代 足利直義 足利直冬 足利尊氏
52
古屋 @huruya0426
観応の擾乱で埋まるTLを眺めながら、私は思い出しました。日本史の教科書、山川のこの記述で、南北朝の沼に落ちたことを。あれこれ想像しすぎて、授業が全く身に入らなかったことを。 pic.twitter.com/ZkLU0fHpGf
拡大
コレモリスト☆よぴ @ng_yb
高氏「そなたの口からわっぱの話が出るとはなぁ。これはそろそろ女子を娶らねばなぁ」 直義「な、なにをっ…」 高氏「……」 直義「…プッ」 高氏「ハッハッハッ」 直義「ハッハッハッハッ」 はぁ… なぜこの二人の笑顔が続かなんだ… pic.twitter.com/BWD5rItbnN
拡大
拡大
早百合 @_YURI_SONG
近年、この肖像画の人物が「足利尊氏」ではない事が判明。 #信じていたのにウソだった知識. pic.twitter.com/r1AVb6Z0IZ
拡大
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
スピンオフのまとめをいま作ったので、リンクを挿入するのです あの「応仁の乱」超える?中公新書「観応の擾乱」(亀田俊和著)発売前から話題沸騰~足利尊氏・直義、仲の良かった兄弟が、なぜ争う…? - Togetterまとめ togetter.com/li/1117754
ツイートまとめ あの「応仁の乱」超える?中公新書「観応の擾乱」(亀田俊和著)発売前から話題沸騰~足利尊氏・直義、仲の良かった兄弟が、.. 腕組みして待て! いやまず『観応の擾乱』についてだが、収録ツイートを抜粋しよう。 『観応の擾乱とは、楠木正成や北畠顕家、新田義貞という一線級の南朝の武将をあらかた片付けて、南朝がほぼゲームセットまで追い込まれた状態から、足利兄弟の兄弟喧嘩で南朝が息を吹き返したという北朝からすると激おこ案件。』 『「苦楽を共にして天下を統一した兄弟が不倶戴天の敵同士になり、.. 40908 pv 446 48 users 125
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
「私本太平記」あるから吉川英治の青空文庫にもリンク張っておかねば aozora.gr.jp/index_pages/pe…
リンク www.aozora.gr.jp 72 users 370 作家別作品リスト:吉川 英治

http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1562.html

私本太平記 01 あしかが帖(新字新仮名、作品ID:52421) 
私本太平記 02 婆娑羅帖(新字新仮名、作品ID:52422) 
私本太平記 03 みなかみ帖(新字新仮名、作品ID:52423) 
私本太平記 04 帝獄帖(新字新仮名、作品ID:52424) 
私本太平記 05 世の辻の帖(新字新仮名、作品ID:52425) 
私本太平記 06 八荒帖(新字新仮名、作品ID:52426) 
私本太平記 07 千早帖(新字新仮名、作品ID:52427) 
私本太平記 08 新田帖(新字新仮名、作品ID:52428) 
私本太平記 09 建武らくがき帖(新字新仮名、作品ID:52429) 
私本太平記 10 風花帖(新字新仮名、作品ID:52430) 
私本太平記 11 筑紫帖(新字新仮名、作品ID:52431) 
私本太平記 12 湊川帖(新字新仮名、作品ID:52432) 
私本太平記 13 黒白帖(新字新仮名、作品ID:52433) 

マヌー 🍁f;[ef] @ef_infor
この、義貞さんとの一騎打ちにスイッチ入ってしまった尊氏さん好き…(*^^*) 止めようとして吹き飛ばされてる師直さんと直義さんも…(T^T) #太平記 pic.twitter.com/mXaJXOwZZl
拡大
拡大
拡大
拡大
FindU @findupro
『他人の悪能く見るものは己の悪これを見ず。他人の悪をよく見る者に限って自分の悪を見ていない。』 足利尊氏(あしかが たかうじ) 室町幕府の初代征夷大将軍。1305-1358
平 資盛 @sukemori_t
夕日さす秋の山もと霧晴れて 鳥羽田の稲葉つゆぞ乱れる/ 足利尊氏公の読まれた「秋の山」、これはどこそこの山ではなく、鳥羽離宮にあった築山の名前。当時すでに離宮は荒廃し、水田が広がっていました。
偉人たちの最期の言葉・辞世の句 @spiridonkuliko2
文武両道は、車輪のごとし。一輪欠ければ人をわたさず。しかれども、戦場に文者は功なき者なり 足利尊氏
yoriko @yoriko394
@geji2_n いろいろ言われちゃってますけど、尊氏も直義も選べなかった人なんじゃないかと思うんですよね。どちらにも思い入れがありそうで。兄弟従兄弟たちが死に絶えて、最後の戦闘で功績を挙げながらも、直後に病死というのも、象徴的だなぁと思うのです。
クロサキ @geji2_n
@yoriko394 直義さんとの関係性もあるようですし、揺れ動いた、そこにヒトを感じます。色々と言われていても、でも、そういう人こそが、いきた人間味があって、すごく惹かれます。。。きっと辛かったんだろうな、ですとかw学術的ではないエモーショナルなアレなんですがwww
足利尊氏bot @takauji_bot
直義と師直があんまり仲が悪いから、仲良くしなくちゃめっ、だよーって怒ったの…そしたら直義が「こんなの絶対おかしいよ!!」って言いながら走って出てっちゃってね…もう俺わけがわからないよ(´・ω・`)
足利直義 @ashikaga_0403
兄尊氏とは1歳違いの同母弟ということもあり、元々兄弟仲は良く、兄上は私に絶大な信頼を寄せていた。特に幕府開設以降、兄上は自身はシンボル的な地位にとどめ、実際の政務はほとんど私直義に委任していたと言われる。
厭世和歌bot @cyuunagon
山深く心は住みて世のためにまだ背きえぬ憂き身なりけり 等持院贈左大臣(足利尊氏) 新続古今 【私の心は既に憂世を厭って山奥に住んでいるようなものだが、世俗の雑事のために未だに世を背き得ないでいる哀れな我が身であることよ】
コレモリスト☆よぴ @ng_yb
宮を殺害したということで直義をぶん殴る尊氏 北条時行と手を組むかもしれないからって言ってたけど 🐢先生の宮様本ではそれは否定されてましたね。 確かに宮様からしたら憎っくき高時の子と手組むとも思えんし、時行も倒幕の功績者である宮様と手を組むわけないわな pic.twitter.com/Gos2UKH1EA
拡大
拡大
マヌー 🍁f;[ef] @ef_infor
6月7日は尊氏さんの新暦命日ということで、等持院の木像にもなってます衣冠装束の征夷大将軍、足利尊氏さんを描いてみました(^^) pic.twitter.com/FMQBEYUN3l
拡大
kansuke @dokisai
もとより太平記には問題が多いが、当事者しか表現しようもない、中世世界の生々しい匂いのようなものを感じる個所があるのは否定出来まい。座右から離せない訳だ「足利直義…下知件の如し」(亀田俊和著)読了。直義の死。やはり毒殺風聞を語る太平記を無下に出来ず。憤死だろうし、当然怨霊も畏れる。
コレモリスト☆よぴ @ng_yb
新田を討ちにいく尊氏御一行 尊氏「八幡大菩薩ーーーー!!!!」 かっけえよおおおおおおおお なんか尊氏の元に武士が集まっていくのがわかる気がする… 飾らない性格というか… pic.twitter.com/2ufUOMQDZy
拡大
拡大
拡大
拡大
森林樹@歴史×ハードボイルド企画参加 @itsukihistory
観応の擾乱は兄弟CP・敵対CP・あんなに一緒だったのにCP・味方同士がどっちが相手を思っているかでドロドロする関係・父と非嫡出子の愛憎・敵味方入り乱れるドロドロ関係などがお好きな方におすすめですのでどうぞ
朱薇麗(スミレ)🌹 @sumi_hatsu
知ってるかい?you know? やつらが直義派レギュラー陣 直冬!「長門を俺にくれ 探題が俺の職務」 顕氏!「変幻自在の寝返り!」 満義!「吉良荘の兇徒とは俺の事!」 憲顕!「重能の敵討ち 息子が師直斬殺!」 みたいな、直義派の自己紹介曲が欲しい。ミュージカル観応の擾乱
三村 @nikora_2525
尊氏さんと直義さんは共同作業で室町幕府を産み出した後、尊氏さんが直義さんをモグムシャアしたから、足利兄弟はカマキリ
空知 @sorachiakira
観応の擾乱、尊氏と直義の兄弟喧嘩も面白いけどそこに割って入る二人の息子・直冬の愛すべき暴れん坊っぷりも好きです。これこそ窪田正孝に演じてほしい。
残りを読む(111)

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年6月8日
各氏に多謝(アカウントは前文の欄に)。誰でも編集可能です/ただ、まとめた当人が断定するが、これ読んでも2人の人物像は固まらんね多分(笑)
四式戦闘機 @ki84type4 2017年6月8日
大河ドラマの「太平記」はほんと名作だと思うのよね。直義を毒殺する場面での尊氏(真田広之)の演義は今見ても鳥肌が立つ。目が泳ぎ、どもりながら岩神様の話をはじめるあたりとかもうね。
KAMO nang-bang @dead_san 2017年6月8日
直接関係はないけど、実朝と金槐和歌集も再評価されたら…
Takuji Minami @yamaqsha373 2017年6月8日
わかりにくく言うと趙匡胤と趙匡義兄弟みたいなもん
文里 @wenly_m 2017年6月8日
お薦め商品に大河ドラマ「太平記」のBOXを
文里 @wenly_m 2017年6月8日
ki84type4 太平記はやっぱりタブーがあったのか、後醍醐帝を演じた当代片岡仁左衛門丈はその後に死線を彷徨う大病を経験したんだよね。
チャンロビ3世 @yamaguchijirou 2017年6月8日
‪結末。大河史上最高の名場面の一つ‬ ‪「殺した…殺してしもうた…弟を殺したーーッ!!アアーッ!!」 http://nico.ms/sm6522448?cp_webto=share_tw-iosapp #sm6522448 #ニコニコ動画
義明_雑談用 @yoshiaki_idol 2017年6月8日
「尊氏がどういう人物だったか」で、Wikipediaの項目も見てみようかと思ったら、何だか妙に語ってるっぽい文章で読みふけってしまった。>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%B3%E5%88%A9%E5%B0%8A%E6%B0%8F 「そして、尊氏の死から丁度百日後に、孫の義満が生まれている。」の所なんか特に。
里の縁 @minasemeisui 2017年6月10日
足利尊氏さんといえば戦前どころか、江戸時代から、墓前の前を通っただけで怒りを爆発させられ石塔を叩かれたり、木造を梟首され罪状を掲げられたりさんざんは扱いでしたからね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする