130
ログインして広告を非表示にする

コメント

  • CD @cleardice 20日前
    若者向けメディアで3年も音沙汰無かったら消えた扱いされても無理ないと思うけどな・・・
  • 文里 @wenly_m 20日前
    ここまで宣伝するのなら、自社の公式サイトへのリンクも貼れば良いのにw  元勇者、印税生活はじめました。~担当編集はかつての宿敵~ http://www.sbcr.jp/products/4797391794.html
  • arm147GO@舞鶴鎮守府 @arm1475 20日前
    でもこれ、売れたら、の話だからね… はっきり言って売れる方の可能性は…ラノベ作家は今何人居たっけ?
  • arm147GO@舞鶴鎮守府 @arm1475 20日前
    あと、運良くアニメ化出来たとしても、次の作品も当たる保証も無いし、むしろ一発屋のほうが おやビルの屋上が光(ターン
  • ザイード・ハンサムハド @25buta25 20日前
    ただでさえ斜陽気味な紙媒体の人間が、そんな未来の作家候補を萎縮させるようなことばっか言ってて大丈夫か? 景気よさそーなソシャゲ屋どもが「金ならくれてやる。うちでシナリオを書け」って求人を撒き始めてんだぞ? 有望な人材がどんどん流れるんじゃないか。
  • 小川靖浩 @olfey0506 20日前
    というか、これは物書きを目指す人に対して昔から言われてる話だけどな。私が記憶するだけで20年くらいは言われ続けてるし、それ以前に作家が世界に誕生してからおおむねこの鉄則は変わっていないんじゃないかな
  • ラルフ @ralf_natural 20日前
    作家を破滅させない為の親心でしょう。「大丈夫大丈夫、とっとと会社辞めてどんどん書いて持ってきて!将来どうなっても知らんけど!」なんて態度よりはよっぽど人間味がある。宝くじが当たった時にくれる冊子にもまず最初に「仕事を辞めるな」って書いてあるらしいし。
  • どんとらい @dododogogogod 20日前
    若者が景気のいい仕事にありつけるならいいことじゃないか
  • 6月30日、規格外れ2巻が発売なkt60 @kt60_60 20日前
    「デビューできても仕事やめるな」は、専業でやっていきたい人には厳しい。でも逆に言うと、「小説家は、兼業でもやっていける仕事」。そして兼業の印税は、「好き勝手に使えるあぶく銭」。そう考えると夢が広がる。
  • ヘルヴォルト @hervort 19日前
    売れても売れなくても一生食える奴なんてひとつまみなんだから退路のことは考えとけってことじゃないか?
  • kimuraお兄さん @nobuo_kimura 19日前
    ( ´H`)y-~~てゆうか「専業作家」なんてもんが出てきた歴史のほうが圧倒的に浅いんだよな。
  • 風祭司 @whoxi4 19日前
    原稿料の税金(所得税)に関しては源泉分離で勝手に納付してくれるので、無申告でも脱税になりません。なお、ちゃんと青色申告とかすると源泉徴収された税金(所得税)が戻ってきます、申告ガンバ
  • 風祭司 @whoxi4 19日前
    ラノベ系でサイコロ本で有名な御大は今もサラリーマンですし、何故専業作家に憧れるのか、これが解らない
  • おいちゃん @semispatha 19日前
    人事経理を経験して無いと税金なんて解ってないから申告するときに「税金納める金が無い」てのはよく聞く話で、しかも青色申告になると書類まとめるのがめんどくさくて手を抜くとガッツリ引かれて「税金たけー」になる。 それよかこのまま右肩上がりで進むとか見通し甘い人で無い限り今いる職を捨てるなんてしないよね?(白目)
  • こざくらちひろ @C_Kozakura 19日前
    小説とシナリオに求められるスキルは全く違うので、小説家ワナビーが思い付きと金に釣られてゲーム会社に行ったところで、入社試験でけられるだけ。シナリオを小説の下位互換と勘違いしてるバカはなぜ亡くならないのか……
  • こば@ジェミニのサガっ子クラブ @koba200x1 19日前
    弓弦イズルがIS商売にしがみつくのもわかろうというものw
  • 正解するタバ @taba_jp 19日前
    25buta25 嘘言って引っ張り込むよりはよっぽど健全でしょうよ。それに今現在のソシャゲ界隈がそんなに景気良いとは思えないが、もしそれでもソシャゲシナリオに流れるとしたとしたら原因は紙媒体の方が圧倒的に稼げないという事実に基づいたものだからそれもしゃーない。
  • АнамезонСудно @AnamesonCraft 19日前
    (´・ω・`)まあそれ以前にデビューして出版に漕ぎ着けられるかどうかって話でな。
  • NTB006 @NTB006 19日前
    昔ながらの正社員ならやめるのは確かに考えた方が良さそうだけど、ブラックとかワープアとかでやめるって人もいるんじゃないかなぁ
  • K.U.Z.@ゲシュタルトの祈り @KUZ_3STT3P 19日前
    日本のサラリーマンの「払っている税金わかってない」ってホントおかしいよね。 私は母(パートタイマー)の確定申告を手伝ったが1回ではわからなかった。 (1年目は間違えて多く支払ってしまったが、翌年言ったら返してくれた。)
  • yuko_mikage_jpn @YukoMikage 19日前
    むかーし、アニメックだったかファンロードの常連さんがラノベ作家になって、でもなかなか売れなくて担当さんに「次は大丈夫ですよ、〇〇さん(人気絵師)が表紙です!」ってなぐさめられたって愚痴を読んだ覚えがあります…
  • muramasa007 @muramasa0071 19日前
    酒見賢一先生ですらサラリーマンやりながらですからね。 『後宮小説』や『墨攻』で直木賞獲ってたら専業作家になられていたのかなぁ・・・ http://naokiaward.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/vs-8235.html
  • 古橋 @FuruhasiYuu 19日前
    昔聞いた作家の方のつぶやきで「自給換算するとパートのおばちゃんぐらい」って言ってたのが割と印象的だったなー。その方は主婦兼作家でした。
  • r1h3 @r1h33 19日前
    調子にのって辞めて食ってけなくなって赤裸々に呟く怨み言の図と比べたら全然業界腐してないからへーきへーき
  • Daregada @daichi14657 19日前
    whoxi4 いや、源泉徴収は約1割計算なので、所得が330万を超えるほど売れた場合は追加で所得税を納めないといけない。実際には、必要経費を算入して税額を抑えるために、それ以下でも確定申告したほうがいいね
  • アブー・バクル・バグダーディー★@受験生 @JapanAigis 19日前
    「デビューさえすればみんなが俺の本買ってくれるし出版社はどんどん重版・次巻刊行してくれる!」という思い込み もちろんそんなことはない
  • フローライト㌠ @FluoRiteTW 19日前
    「刊行予定」に並んでいるものは全て執筆済み、本業の傍ら年6冊くらいのハイペース、ついでに書いてたブログも出版可能。それとは別に本業で論文書くし本も出る。趣味に投入したリソースから写真集が!・・・森博嗣センセイの安定感は空前絶後だった。
  • フローライト㌠ @FluoRiteTW 19日前
    「チクショウ売れたら辞めてやる!!」が執筆の原動力なんだから辞めたら燃え尽きちまうもんなあ。まったくこの世は地の獄やで。
  • 未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 19日前
    「だって書けちゃうんだから仕方ないじゃん」って毎月1冊書いていた菊地秀行先生も安定感ありましたね。
  • LCO @f_lco 19日前
    兼業作家と言っても、ガチで9-17時の仕事をしながら帰宅後や余暇で書いてるタイプと、会社員って言ってるけど籍置いてるだけに近いドッチが副業やねんタイプと居るので 「あの作家さんも兼業で書いてますよ」と一言に言っても色々
  • 旭町旭 @dondondondon2 19日前
    低収入だから主婦やりながら執筆できる女流作家が増える。(主夫は社会的に容認されていないので数が少ない)
  • hiya @hiya4861 19日前
    読者視点の勝手な言い分ですが、作家、編集部含めて、まず完結に目途を立てて下さいw 「学生が続巻待ってる内にもう中年」とか今まで良くあった話で、 良く考えれば、商業でエタるのは、作家もレーベルも、その後の商売に響くと思うのですけど?
  • 家ノ風 @ie_kaze 19日前
    ぶっちゃけ専業作家って言っても、普通に会社員より執筆時間が、その会社員の労働時間より【遥かに】多かったりするみたいだし、よほど書くことが好きで、さらに売れるものを書ける人でないとなれないんじゃないかな。 そんな人になりたいんだけどね。
  • ビッター @domtrop0083 19日前
    年4,5冊出してる人とかいるか? 前に暇だったからデータを洗いなおしてみた某作家は、1冊出すごとに平均40日刊行ペースが落ちていったぞ。
  • るいせ @ruise2 19日前
    年5冊もだしてたら化物なんだよなあ……
  • かなえ @kanae_0312 19日前
    つまり赤川次郎は化け物では済まないと
  • ランベラ @_lambela 19日前
    まれな例だとは思いますが、川原礫さんなんかはここ数年ずっと年5,6ペースを維持してますね。香月美夜さんも年5ペース刊行な上それ以上の速度でウェブ版が更新されている(た)状態。当然のようにどちらも大物で、逆に言えばそれくらい出せるパワーが有るなら成功できる…?
  • moheji @mohejinosuke 19日前
    domtrop0083 かなり特殊な例だけど榊一郎さんという方がいらっしゃってだね。
  • ランベラ @_lambela 19日前
    ソシャゲ屋が未来の作家候補(なろうとかのピコ手)に発注するのって、知人から聞いた例だとピクシブで書いてる人に来るやつ同様すごく安くて文字単価1円とかだったんだけど、アレでもやっぱり行く人は一定数いるのかなぁ
  • nekotama @nukotama001 19日前
    赤川次郎が人間だと誰がいったのか?。
  • moheji @mohejinosuke 19日前
    今までただで産み出したまま垂れ流してたものだからと言う感じで行ってしまう人はそこそこいるみたいですね。 ぶっちゃけたまに意識高い奴隷が勘違いするケースもあるみたいですがソシャゲライター端で見てて悲惨極まるようですが。
  • 殻付牡蠣 @rareboiled 19日前
    nukotama001 そういう君は人間なのかい?
  • るいせ @ruise2 19日前
    _lambela 川原礫は、Web連載の数百万文字のストックがあるから一概に言えんよ。そんだけあったら誰でも数年持つさ。年に2,3冊のペースでも、4,5冊出せるんだから
  • addicks(あでぃっくす) @addicks_cycle 19日前
    hiya4861 続刊が出ない理由としては結構な割合で「売れなかったから打ち切り」があるんやで…
  • スイッヅ @swtds85 19日前
    赤川先生は、4年に1度しか歳取らない時点でもうチート感
  • スイッヅ @swtds85 19日前
    作家を目指す学生さんは、まず就職することを目指した方がいいんでしょうね。どの時点でデビューするにしても、手に職はつけとくべきと。
  • hiya @hiya4861 19日前
    addicks_cycle いっそ打ちきりなら、まだあきらめつくんやで……
  • tomtia_tw @tomtia_tw 19日前
    印税が支払われる際に源泉徴収される税金はあくまで「仮払い」です。サラリーマンなどの本業収入を持っている人で、年間の印税/原稿料収入が20万円を超える場合には確定申告は義務であって、これを無視すると「脱税」になりますからお間違え無きよう。
  • ランベラ @_lambela 19日前
    ruise2 2016年:ストックSAO2、新規AW2孤独(ほぼ)1、計5   2015年:ストックSAO1、新規SAO1AW2孤独1、計5   2014年:ストックSAO2孤独1、新規SAO1AW2、計6   たしかにストック分なくすと3,4冊ですね。公開済みのSAOが終わってこれからどうなるか期待。 本好きの方をちゃんと数えてみたら、書き始めて1年分を書籍化しただけで10冊分超えてるっていう…。
  • まちゃるんと @UnfoundNimo 19日前
    初版印税って例えば本体590円で8,000部刷って7%印税イラスト買い叩きとかだと330,400円。編集がよっぽどの絵師を口説き落としてきたら5%印税12,000部で354,000円。余程の大宣伝打ったら別だけど、基本表紙買いしてもらえないと終了のオワタ式。重版かからなかったら次巻か次作出るまで無収入。専業するなら文字列並べる以外の仕事も見つけないと…(それって専業?という話に)
  • 藤堂志摩子提督 @eternalsisters 19日前
    こう考えたら良いと思うんだよね。専業作家になるということは、一般的に例えると「会社を独立してフリーランスになる(起業する)」ということ。そして、「書いた小説を金に換えて生活をする」ということ。「書いた小説を金にする」事業のために、どんな準備が必要で、どれだけ「貪欲」になれるか?才能だけでは食えないクリエイティブな世界。いやらしい話かもしれないが、こういうことが当たり前に出来てる人が、結果的に「飯が食える専業作家」なんだと思う。まあ、正直な話、一番必要なのは、「金より人脈」。
  • るいせ @ruise2 19日前
    でも良い世界だよな。兼業でも億のワンチャンあるんだから。漫画なんて連載決まったら兼業なんて100無理だぜ
  • エレキたん (ElekiTan) @ElekiTan 19日前
    作家じゃないけどフリーランスのライターやってたとき、納税資金取っとかなかったせいで(その他の要因も相俟って)最初の自己破産経験したアカがこちらになります(*_*)
  • エレキたん (ElekiTan) @ElekiTan 19日前
    全然余談だけど、「印税」を税金だと思ってる人、特に年齢職業関係なく割とフツーにいるのよね。
  • kartis56 @kartis56 19日前
    税金うんぬん以前に社則で副業禁止かどうかの確認をしようね。同人なら額によっては趣味の範囲だけど、出版乗ったら兼業禁止だとどっちか選択必須になるよ
  • kartis56 @kartis56 19日前
    ontheroadx 週間栗本薫という前例が(発売ペース)
  • papa_wolf(PA製作所) @PA_papa_wolf 19日前
    しかし、逆説的に見ると、専業で食ってくには新刊と同等の出版数を期待できる作品を年に4、5作「出版する」ことになるという事で、書いたもんを100%出版できたとしても、少なくとも3か月以内に1本は本になるという事では?これはボツってのを含めたら「本命」に「いざという時」、「最終手段」、となると1か月で1冊とか冗談抜きに書かないといけない筈になる。サラリマンより過酷だと思うんだが…。
  • セバスチャン小林(裏) @Dongpo_Jushi_x 19日前
    つか小説専業で食ってる人がいるのは日本くらい、って話どっかになかったっけ?
  • muramasa007 @muramasa0071 19日前
    ruise2 マンガでも兼業してる人はいるよ。キリンの社員だったり、タカラ→アートディンクの社員だったり。週間連載バリバリやるというわけではないけどキャリア30年越えとるよ、どっちも。
  • にゃふらっく @nya_hu 19日前
    フリーランスでもきっちりとスケジュール管理できるなら良いけど難しそう。本業で時間管理と収入の命綱を繋いでおいた方が、健康と精神面で良いと思うな。
  • るいせ @ruise2 19日前
    PA_papa_wolf 1ヶ月に1冊以上書き上げるやつは、なろういくと腐るほどいるよ。一週間2万文字は働きながらでも達成できなくはないペース。 専業ならもっといける。アイディアさえ降りれば。
  • 駄文屋あさひ@iM@s最高! @asahiya_WWer 19日前
    kt60_60 でかい大当たりを引かなくても、兼ね合いによっては兼業できないほど体調不良になる例もあるようなので「本業や健康に致命的な影響出るほど需要が出たら、切り替え時」みたいなのはありそうですね
  • 駄文屋あさひ@iM@s最高! @asahiya_WWer 19日前
    ruise2 そりゃ「校正通さない、誤字脱字その他放置と割り切れば」という例が結構多いんじゃないかと思うと、商業作家になれたからと言って新刊や更新がそのペースでできるかどうかは別問題かと。……真面目に年4,5冊出せる人はそれが語り草にできるほどにはレアケースっぽいですし
  • TKM @TKM42296758 18日前
    domtrop0083 とある~の鎌池和馬さん。2014年12月から毎月1冊づつ刊行するペースを2年続けた。
  • 遠藤 @enco2001 18日前
    栗本薫は本当にペースがおかしいけど、プロットを編集にみせてといったやりとりをしてなかったのであんまり参考にならなそう
  • 毛海王 @masu_ooyama 17日前
    通勤しないでいいのは憧れる

カテゴリーからまとめを探す

「グルメ」に関連するカテゴリー