よくわかる放射線講座

東大生が語ります
放射線 福島 原発
Lutn 4223view 0コメント
18
ログインして広告を非表示にする
  • あいたく @aitaku_morisoba 2011-03-15 14:03:05
    あいたく先生の初心者にもわかる放射線講座ワンチャンあるで
  • あいたく @aitaku_morisoba 2011-03-15 14:08:14
    よし、何人か希望者がいるようなので適度に書こうかな。
  • あいたく @aitaku_morisoba 2011-03-15 14:13:21
    まずは、放射線とは何ぞ?ということについて。放射線は、電磁波や粒子線のうち、空気を電離する力のあるもののことを指します。ムズカシイと思うので、「テレビとかレンジから出てるやつの超強いバージョン」だと思ってください。
  • あいたく @aitaku_morisoba 2011-03-15 14:15:23
    あ、だからといってテレビやレンジの出力上げたらやばいって訳じゃないですよ!そこは安心してください。
  • あいたく @aitaku_morisoba 2011-03-15 14:21:39
    放射線が発生するには、いくつか条件があります。①放射性同位元素の壊変②電子や荷電イオンの加速③原子核反応など。訳が分からないと思うので、①と③だけに絞って説明します
  • あいたく @aitaku_morisoba 2011-03-15 14:24:26
    ①放射性同位元素の壊変。これは、身近なところで頻繁に起こっています。もちろん、あなたの体の中でも。この世界のモノを形作っている「原子」は、いつか壊れてしまいます。この壊れるときに、放射線を発します。
  • あいたく @aitaku_morisoba 2011-03-15 14:29:05
    だから、何もしなくても放射線は常に浴びているんです。「放射線が来るから外出はやめ!」なんて言っても、体の中から出てますよ。かなり。
  • あいたく @aitaku_morisoba 2011-03-15 14:34:21
    次に、放射線が発生する方法③原子核反応。これは、皆さんお馴染み原子力発電に使われてる方法です。面倒なんで簡単に説明しますが、原子を無理矢理壊すのがこれです。この時に、大きなエネルギーが発生するため、これを発電に使ってます。
  • あいたく @aitaku_morisoba 2011-03-15 14:43:07
    こうして作られる放射線は、いくつか種類があります。α線、β線、γ線、中性子など。それぞれ、大きさなどの性質がちがいます。
  • あいたく @aitaku_morisoba 2011-03-15 14:48:54
    で、モノが違えば人体へのダメージが違うのも当然。また、それらを防ぐための壁をどの位通り抜けちゃうか、ってのも変わってきます
  • あいたく @aitaku_morisoba 2011-03-15 14:55:23
    例えば、ピンポン球を時速120kmで当てられるのと、バスケットボールを時速120kmで当てられるの、どっちが痛いか分かりますよね?また、雨傘とレースの日傘、どっちも日除けはできても雨を防ぐには雨傘ですよね。
  • あいたく @aitaku_morisoba 2011-03-15 14:59:10
    まず、人体へのダメージのでかさについて。一番でかいα線が最もダメージが大きく、中性子線、β線、γ線と順にダメージが小さくなります。
  • あいたく @aitaku_morisoba 2011-03-15 15:02:33
    防ぎ方について。α線はでかすぎるので紙一枚で防げます。β線はアルミなどの薄い金属板γ線は鉄板中性子線は水やコンクリートの分厚い層でやっと防げるレベルです。コンクリ最強説。
  • あいたく @aitaku_morisoba 2011-03-15 15:04:22
    じゃあ、ここまでで前提条件の説明が大体終わったので、そろそろみんなが知りたい「シーベルト」とかの範囲に入りますか。
  • あいたく @aitaku_morisoba 2011-03-15 15:08:23
    シーベルトとは。放射線がもつエネルギーに放射線加重係数を掛けたものです。なんか分かりにくいので、「人間にとってどのぐらいヤバいか度」だと思ってください。
  • あいたく @aitaku_morisoba 2011-03-15 15:18:06
    で、このシーベルト(以降Sv)ですが、だいたい普通の人が生活してると1mSv/年ぐらい被曝してます。これは、さっき説明した①放射性同位元素の壊変によるものがほとんどですね。
  • あいたく @aitaku_morisoba 2011-03-15 15:22:14
    こんなわけで、0.03mSv(=30マイクロSv)/日程度は普段から浴びてるわけです。
  • あいたく @aitaku_morisoba 2011-03-15 15:27:19
    で、放射線業務従事者(原子炉で働いてる人や放射線を扱う研究者)については、健康的な量じゃない放射線を浴びる可能性があるので、法律で浴びて良い量が決まっています。だいたいこれを目安にすれば安全なラインが分かるかも
  • あいたく @aitaku_morisoba 2011-03-15 15:35:43
    放射線業務従事者は、被曝量を5年間で100mSv以内に抑え、1年間では50mSv以内に抑えなくちゃいけません。また、女性は3ヶ月で5mSv以内です。緊急時でも、被曝量が100mSvを超えたら仕事をしてはいけないことになっています。
  • あいたく @aitaku_morisoba 2011-03-15 15:41:37
    ちなみに、今書いた法令で決まってる線量限度(これ以上受けちゃいけない値)Svに組織加重係数ってのをかけた値です。組織加重係数は、体のどこに当たったかによって決まる数で、どのぐらい放射線に弱いか、どのぐらい体に影響が出やすいかで決められてます。
  • あいたく @aitaku_morisoba 2011-03-15 15:44:39
    今のはちょっと分かりにくかったかな。体全体に一様に浴びたら、あんまり気にしなくて良い計算の話です。というか普通の生活してたら一様に浴びるわな…
  • あいたく @aitaku_morisoba 2011-03-15 15:46:25
    さて。だいたいこんな感じで放射線とその影響の話はおしまいかな。軽くまとめながら、どう防ぐかって話に移ろうかしら
  • あいたく @aitaku_morisoba 2011-03-15 15:51:38
    放射線を防ぐには、さっきも書いた通り防ぐための壁が必要。紙一枚、薄い金属板、鉄板、コンクリート。この順で防げるものが増えていく。まあつまりは鉄筋コンクリート作りの建物に篭もるのが一番な訳ですね。学校とか
  • あいたく @aitaku_morisoba 2011-03-15 15:55:06
    あとは、線源(放射線が発せられる場所)から離れること。基本のようで、一番重要。放射線の到達する量は、距離の逆二乗になります。つまり、1mのとこで1浴びるとしたら、2m離れたら4分の1。10m離れれば100分の1です。
  • あいたく @aitaku_morisoba 2011-03-15 15:58:02
    こんな感じかな。以上であいたく先生の放射線講座はおしまいです。 ご静聴ありがとうございました。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「ライフハック」に関連するカテゴリー