限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!
3
311H23 @2910H30
●原発事故後の甲状腺検査 がん診断の4歳男児報告されず  nhk.or.jp/kabun-blog/200…
311H23 @2910H30
県立医科大学で甲状腺検査の責任者を務めた医師: (検査のあとの経過観察などで、がんと診断された患者を公表しない仕組みになっていることについて) 「どう対応するかは課題で、私が責任者の時から問題点がずっと残っていた」
311H23 @2910H30
甲状腺検査を県立医科大学に委託している福島県県民健康調査課: 「検査のあとの経過観察などで、がんが判明した場合、公表データに入らないことは承知している。そういう患者がいる可能性はあるが、個別のケースは把握していない。委員会の議論を踏まえて、今後、公表を検討することになる」
リンク NHK「かぶん」ブログ 原発事故後の甲状腺検査 がん診断の4歳男児報告されず 原発事故のあと、福島県は18歳以下の子どもを対象に甲状腺検査を行っていて、健康...
311H23 @2910H30
●第27回「県民健康調査」検討委員会及び第7回「甲状腺検査評価部会」の資料について(平成29年6月5日開催) - 福島県ホームページ  pref.fukushima.lg.jp/sec/21045b/ken…
311H23 @2910H30
(資料7)甲状腺がん症例の把握について  pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attac… 1 経緯等 県民健康調査甲状腺検査における二次検査で「悪性ないし悪性疑い」と診断される事例の他に、保険診療への移行後に甲状腺がんと診断され手術を受けていた事例があったとの報道が
311H23 @2910H30
平成 29 年 3 月末にあった。 保険診療移行後に甲状腺がんと診断された事例についてどう考えるべきか。 2 県民健康調査甲状腺検査と保険診療との関係 pic.twitter.com/L6eLLuWMs5
 拡大
311H23 @2910H30
3 甲状腺検査以外で診断される甲状腺がん症例について (1) 甲状腺検査二次検査以外に診断される場合の想定は次のとおり ・ 県民健康調査甲状腺検査二次検査受診後、別疾患もしくは経過観察のため保険診療に移行した後に診断された場合
311H23 @2910H30
・ 県民健康調査甲状腺検査以外の検査(症状等があり自主的に医療機関を受診して受けた検査、他疾患での通院中など)により診断された場合(一次検査でB・C判定となったが二次検査を受診しなかった場合も含む)
311H23 @2910H30
(2) 保険診療の情報の取扱いについて ・ 患者の診療情報は、個人情報保護の観点から、その取扱いについては十分な配慮が必要である。 ・ 特定の医療機関での診断症例を開示するにあたっては、患者個人の同定・識別につながらないよう配慮する必要がある。
311H23 @2910H30
・ 保険診療へ移行後の情報を追跡して収集することは、全員の追跡が困難であることや、個人を特定して追跡することの問題、診療情報の取扱いの問題等がある。

【平成26年6月10日】

311H23 @2910H30
●「県民健康調査」検討委員会 第3回「甲状腺検査評価部会」(平成26年6月10日開催) - 福島県ホームページ  pref.fukushima.lg.jp/sec/21045b/ken…
311H23 @2910H30
春日文子部会員「今までの議論の中で、私が自分として分からなくなっているのはですね、ある段階から通常診療に移行しますね。ただ、そもそもの診断は今鈴木先生が仰ったように、この県の事業としての健康調査なわけです。そこである基準を超したお子さん達が通常診療に移行する。
311H23 @2910H30
そうするとそこでですね、もちろんプライバシーも出てきますし、医療上のそれに伴う秘密守秘事項も出てきますし、それからもちろんその費用負担をどうするかという大変重い問題が出てきます。さらにその患者さん達から得られた検体ですね、手術で取られた検体又はそれを解析した情報、
311H23 @2910H30
これが誰のものなのか。どこまで誰に還元するべきものなのか、ここをですねこの機会に十分県民の皆様と一緒に議論すべきだと思います。」
311H23 @2910H30
春日文子部会員「その、医療診療のフェーズに移ったお子さんからの情報ですね。どこまで県民のものとして共有すべきか、あるいは国民の自身のものとして共有すべきかなんですね。お一人お一人の情報はもちろん個人情報ですけども、でも、何人かの患者さんのデータが集まった段階でですね、
311H23 @2910H30
なぜリンパ節転移の割合が公表できないのか、というのはちょっと疑問に感じますし、他の情報に関してもそうです。たとえば、その匿名化したうえで画像データですとか、病理のデータをですね、なぜそのデータベース化したあとで公表できないのか、というところはまだちょっと納得できない点があります。
311H23 @2910H30
そのあたりが集団のデータとして公表されればですね、これは鈴木先生が今まで説明に苦労されているような過剰診断でないという、そのご説明にもなりますし、実際に子どもたちを受診させようとしているご家族にとっても、やはり納得できることになるのではないでしょうか。」

【平成26年8月24日、11月11日】

311H23 @2910H30
「○ 甲状腺検査の範囲が二次検査までとされており、その後の保険診療移行後のデータの収集、公表に支障が生じていないか。」 ●(甲状腺検査に関する論点整理)(座長素案)  pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attac…  pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attac…
311H23 @2910H30
・第16 回福島県「県民健康調査」検討委員会(平成26年8月24日開催)  pref.fukushima.lg.jp/sec/21045b/ken… ・第4回「甲状腺検査評価部会」(平成26年11月11日開催)  pref.fukushima.lg.jp/sec/21045b/ken…
残りを読む(33)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする