小説の練習にはエロを書くのがいい

エロ小説を書けば小説の書き方はだいたいわかります。マジでマジで。 このまとめ自体は未成年が読んでも大丈夫です。
エロ小説 創作論 web小説
suimiyama 15613view 61コメント
209
ログインして広告を非表示にする
  • 美山 吹 @suimiyama 2017-06-14 10:46:35
    Q:何を書いたら小説の練習になりますか? A:まず人間の「心の動き」と「体の動き」を読者に伝えられるようになりましょう。これでシーンが描けるようになります。次はシーンを繋げて「始まって→盛り上げて→終わる」という流れを身に着けます。これらを練習するにはエロが最適ですエロを書け。
  • 美山 吹 @suimiyama 2017-06-14 10:54:34
    ストーリーの基本は起承転結。これを身に着けるためにまず短編を書きます。登場人物は二人。仮に「竿役」と「ヒロイン」と呼びましょう。短編なので、二人がコトに及ぶのは初めてであるという設定がいいでしょう。後で言及しますが、その方が「葛藤」を作りやすいからです。
  • 美山 吹 @suimiyama 2017-06-14 10:56:45
    人間はどういうときに「物語」を感じるか。ざっくり言ってしまえば、「普通なら起きそうにないことが起きたとき」そして「その『事件』の詳らかな展開に納得したとき」です。当たり前のことが起こったり、なぜそうなったかわからなかったりしては「物語」とは感じないものです。
  • 美山 吹 @suimiyama 2017-06-14 10:58:53
    したがって、「竿役」と「ヒロイン」の間には、何か「コトに及ばなさそうな理由」があったほうが良いでしょう。たとえば「竿役は地味な存在なのに、ヒロインはクラスのマドンナで接点がない」とか。「ヒロインは人妻」とかでもいいです。 「シたいのに、できそうにない」これが葛藤です
  • 美山 吹 @suimiyama 2017-06-14 11:02:22
    今回は1万文字程度の短編を想定してみましょうか。 起承転結の「起」は、二つの役割があります。一つ目は葛藤を描き出すこと。二人の関係性をはっきりと提示して、「でも、お近づきになれないよな」という状況を描き出します。
  • 美山 吹 @suimiyama 2017-06-14 11:05:47
    「起」二つ目の目的は、「事件のきっかけが起きること」です。たとえば、接点のない二人がたまたまクラス委員になってしまった、とか。ヒロインの家の水道管が壊れてしまって、仕方なく竿役の家にお風呂を借りに来るとか。 ここまでで2500文字ほど。大丈夫、4分の1を使う価値は十分にあります。
  • 美山 吹 @suimiyama 2017-06-14 11:10:47
    続く「承」では、「きっかけ」を発端とするリアクションが連続し、感情の変化を描きます。 きっかけに対して竿役は喜ぶのか、それとも困惑するのか、ヒロインと接近しようとして失敗し、落ち込むのか……こういう、一連の出来事を俗に「展開」と呼ぶわけです。読者のわくわくが高まるところですね。
  • 美山 吹 @suimiyama 2017-06-14 11:12:49
    たとえば、クラス委員の仕事を二人でするけど、いいところを見せようとして失敗する。竿役は落ち込むけど、実はヒロインはそんな彼のことをかわいいと感じていた……とか。 お風呂上りの人妻ヒロインのバスタオル姿を見て、不覚にも体の一部が反応し、「やだ、主人のより…」となる、とか。
  • 美山 吹 @suimiyama 2017-06-14 11:15:44
    ここでは「二人のやり取り」を描くことを心がけましょう。最初に提示した関係性が徐々に変わっていくことで、読者は「ストーリーが進んでいる」「期待した方向に向かっている」という実感を得られます。ここまでくれば、葛藤を乗り越えるまではもう少しです。
  • 美山 吹 @suimiyama 2017-06-14 11:20:42
    5000文字ほどの地点で、二人の関係性が決定的に変わる事件を起こしましょう。「転」です。 ミステリなら探偵が推理のための調査を行うところ、マッドマックス怒りのデス・ロードならフュリオサが慟哭した後の展開です。(これ読んでる人は18歳以上だろうからマッドマックス見てください)
  • 美山 吹 @suimiyama 2017-06-14 11:24:01
    がんばりすぎた竿役が倒れてしまって、ヒロインと保健室で二人きりになる、とか。 翌日、また訪ねてきた人妻ヒロインが「今日はお背中を流させてください」と言ってくる、とか。 この事件は「承」で起きた展開を踏まえて、その結果として起きることが重要です。
  • 美山 吹 @suimiyama 2017-06-14 11:28:23
    「一緒にいるうちに好きになってた」とか、「ここも洗ってあげますね」とか、自由に展開を膨らませていきましょう。 そして、7500文字ほどの地点で最も決定的なこと、つまりアレがアレにインするポイントを置くようにするといいでしょう。一番盛り上がる展開を「クライマックス」といいます。
  • 美山 吹 @suimiyama 2017-06-14 11:30:45
    残る2500文字のうち、1000文字から2000文字くらいはそのクライマックス、つまりアレがアレをアレにアレする(分かれ)ところを描きます。早くアレしすぎたらためらわず2回戦を。ここのボリュームが不足すると「盛り上がる前に終わっちゃった」感じになってしまいます
  • 美山 吹 @suimiyama 2017-06-14 11:32:50
    最後に残った500~1000文字程度のパートが、実はけっこう重要な「結」。ここでは、「事件を経て二人の関係性がどう変わったか」を描き出しましょう。「起」と対になるシーンであり、ここがうまく決まると「物語を読んだ!」という実感を読者が得られます
  • 美山 吹 @suimiyama 2017-06-14 11:34:26
    二人が晴れて恋人になった、というのでもいいし、その後も「秘密の関係」が続いている、でもいいでしょう。重要なのは「『起』とは違う状態になっている」ということです。元通りになった、で終わらせるパターンもありますが、こっちはちょっと上級テクなので慣れてからにしましょう。
  • 美山 吹 @suimiyama 2017-06-14 11:39:59
    どうでしょう。これで「心の動き」「体の動き」そして「シーンのつながり」を身に着けるためにエロがいかに適しているか、わかっていただけたかと思います。 そう、小説の勉強にはエロが最適だから! 仕方ないんですよ!
  • 美山 吹 @suimiyama 2017-06-14 11:41:20
    タグも用意してみました。大丈夫、このツイートにリプライする形でツイートすれば普段のフォロワーさんには見えませんからどうぞどうぞご遠慮なく。 #小説の練習のために仕方なくエロ書いてみた
  • 美山 吹 @suimiyama 2017-06-14 11:46:54
    純愛でも陵辱でもおねショタでもBLでも、基本は同じです。ここでツイートした一連の構造は「強い」ので、きっちり守れば読者にとって読みやすいストーリーになります。さあレッツトライ!
  • 美山 吹 @suimiyama 2017-06-14 20:42:15
    おまけ。項目を埋めていくと短編エロ小説のプロットが完成するシートを作りました。(1枚目はトゥギャッターの見出し用) 本当に書かなくてもいいから書き込んで楽しんでみてね! pic.twitter.com/Hpd0lwLMlR
     拡大
     拡大
     拡大
     拡大
  • 参考書籍

コメント

  • まりおん @yelmalio 13日前
    内容は真面目です
  • 夢乃 @iamdreamers 13日前
    私も前に言ったかな。えっと。これだ。 《 https://togetter.com/li/850900 /【R18】煩悩庸愚と夢乃の ついったー☆えっち【画像はないよっ】》 タイトルと本文後半は読み飛ばしてね(^^;
  • 山本弘 @hirorin0015 13日前
    小説の練習としてエロを書く最大の利点は、「書く意思が持続する」ってことですね。たくさん書かないと上達しないからね。
  • ドラゴンガッツ @dragonchicken19 13日前
    「絵を上達させるのにはエロいのをいっぱい描こう」とかいうのも無かったか?
  • 未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 13日前
    始まって300字ぐらいでエッチして、延々1万字ぐらいの話じゃ駄目かな。
  • myz @myz_369 13日前
    まとめではアレがアレするくだりのことはさらっと流されてますけどじっさいようはアレがアレするだけなのでいかに変化をつけてアレがアレしているのかを描くために自然と語彙力を全力で振り絞る感じになってとてもべんきょうになりましたね(体験談)
  • なが @k_watarase 12日前
    比喩表現とか身体のパーツの名前とか俗称とか医学な正しさとエロ的表現の間で揺れる己の心とか色々手に入ります。エロ書こう。
  • なんもさん @nanmosan 12日前
    文筆の技術的には本当におっしゃるとおりごもっともな意見なんですけど、創作力という側面から言うと「魂が汚れる」のでやめたほうがいいと思いますです。魂という言葉にピンとこない人向けには、煩悩に支えられないと持続しない創作意欲なんかあっても誰も得をしませんよと言っておくかな。まあ俺得だけでいいよって人には何言っても意味ないですし、その道はその道でありなんですけどね。
  • 九銀@半bot @kuginnya 12日前
    nanmosan とにかくマウントとりたくて仕方ないんだなとしか。
  • なが @k_watarase 12日前
    nanmosan 自分が書きたいと思うことを書いて何かが歪むならそれはもう業なので仕方ない。私は思いついたら書くしかない。そうやって書き続けていないと生きて行かれませんので。書きたいっていうのも欲望なので、穢れるというのはよくわからないですが。
  • 二尾狐(にびこ) @dualfoxy 12日前
    一回の行為にどれだけ文字数をたっぷり注げるかを考え始めると非常に難しい。やってる事は単純な作業だから嫌でも語彙が枯れる。
  • なんもさん @nanmosan 12日前
    k_watarase 昔から文学者がアルバイトでエロを書くというのはけっこう行われてた行為でして、それが忌避されてた理由に「魂が汚れる」って表現があったのですね。金のために魂を売るみたいな意味だったんでしょうが、これを若手のアマチュア作家に当てはめるとすると、本来ならアイディアが湧き出てしょうがないはずの時期にあえて本能に直結する動機を創作に持ち込んでも、あんまいいことないかもよって意味です。むろん自身の煩悩をストレートに表現するのが創作であるという意見もありですし、それはそれで認めてますよ。
  • 段ボールが本体 @Himade4tama 12日前
    完全自給自足こそが小説の腕をあげるということか。
  • catspeeder @catspeeder 12日前
    nanmosan 【煩悩に支えられないと持続しない創作意欲なんかあっても誰も得をしませんよ】 こういうキチガイじみた上から目線の思い込み論者様がTogetterのコメ欄には不思議と多いよな。しかもプロからのアドバイスであるどころか、単なる素人のお言葉ってパティーン。
  • papa_wolf(PA製作所) @PA_papa_wolf 12日前
    Himade4tama まあ、エロ漫画家もこの一枚でシコれるかどうか、みたいな人もいますし… 自分も一時期創作を目指したことがありますが小説だと、アンソロ風じゃないと書けないんですよねぇ……。 話と話の間をどうつなぐかに腐心するんですけどうまくいかなくて…ゲームだと暗転とかで時刻を飛ばしてますけど最近小説を読んでないせいか、あの程度しかできないんですよね……。
  • marumushi @marumushi2 12日前
    昔金の無かった頃は自給自足を目指したこともあったが、鏡の前で女装自慰をしているような気分になって断念した思い出が。あれを乗り越えられたものだけがクリエイターになれるのだろうか…
  • しゃなも@C92(金)ロ-03a @menteur007 12日前
    エロの最大の利点は、書いてるときにどんどんテンションが上がるところだと思うのw
  • ペンギンディスコ @mejamoo 12日前
    確かにこれは勉強になる。
  • まりも @Admiral_Marimo 12日前
    アイディア出し終わって実際に書く状況になったら先にエロシーン書いて最後に起承結書くと完結しやすいのでオススメ。
  • くつした@お腹すいたにゃ @the_sox 12日前
    テンションは上がるかもだけど普通の文章書くより数倍疲れると感じる。あと後々読み返すと数倍死にたくなる。
  • よもやま堂 @yomoyamawara 12日前
    アレをアレするところを綿密にかくのむずいよね
  • 駄文屋あさひ@iM@s最高! @asahiya_WWer 12日前
    やあまあ、このまとめは「なるほどエロを書こう!」と思う人に向けてしか書いてない。「魂が汚れるからなあ」と思う人はぶっちゃけ無理にやってもどうせ伸びない。伸びないのは純粋に「楽しくない苦労」になるからってあたり。どうせ「手法的に合わない人」「信念上合わない人」は声を上げようが上げまいが必ず居るし、そういう人に無理にかけとは書いてないのだから何れにせよ気にしなくてよい。
  • 人形使い@1日目東地区ピ-55a @doll_player 12日前
    創作にはある種の酩酊状態が必要で、その酩酊状態を長時間維持するためにエロは有効だとは思うなあ。途中で素に戻ると一人羞恥プレイに陥るから……
  • まかとちつ @podhgg0bt1kh 12日前
    薄い本だと使われるテンプレ要素が増えて表現過多になるだけで大して地力が上手くなってない人ちょくちょく居る気がするけど、そんなに凄いのかエロ創作練習法は。
  • 重-オモ- @__oMo__ 12日前
    「魂が汚れる」は煩悩頼りだからというより、エロ仕事は価値が安い、社会的地位が低い、本来やるべきではない仕事という意識からではないだろうか?
  • itk @treeitu1498 12日前
    年老いてからpcを学ぶのも、人間の絵を描くのも、小説を書くのも、エロが絡むと上達速度が上がる。先駆者たちが証明してる。
  • にく @me2_2929 12日前
    エロから書いてそれなりな長編を書き終えられたけど、後から見直したら話の内容は見事な粗大ごみっぷりで読み返すのが辛いレベルだったから「エロから書く」ことに置いて有用なのは「モチベを維持する」の一点に尽きると思う。キャラクターに動機を持たせる、二人のキャラに接点を持たせるきっかけを上手く作る、という「プロットの作り方」を学ぶのはまた別の話じゃないかな。
  • トリニガス @torini311 12日前
    現実の事象としてベッドシーンを客観的に見ると場所や動作の変化に乏しくてすげー地味で、これを面白おかしくオリジナリティを出しつつ(使えるか否か以前に)読むに堪える文章に『仕立て上げる』のはかなりの表現の引き出し、技量、精神力が要る。これが上手い人は普通に尊敬する。
  • oxoxxoox @opoxint 12日前
    少年少女の恋愛描写がこっ恥ずかしくて書くのが辛いというひとは、いっそ「後の性交シーンへの過程だこんなもん」と思うくらい割り切ればなんとかなるのかもしれない
  • 三津屋 @jatter_wacker 12日前
    やっぱエロは向上心の元だなぁって
  • ドラゴンガッツ @dragonchicken19 12日前
    先日、バスタードの文庫版読んだら2巻のあのシーンが、今の萩原一至の全開パワーで描き直されてて、こちらが死にたくなった。
  • うすら @usura01 12日前
    エロの原動力がすごいというか、短編集の書き方だよね。 物書きのすべてに応用が利く手法。
  • ポーランドボールと化したぜるたん @the_no_plan 12日前
    そういや過去に勉強を教わった講師の先生からも官能小説を読むことはいいことだって言ってたな。想像力も上がり、活字にも慣れ、読書という趣味もできる!って太鼓判だった
  • みっくす・じゅーす @mixjuice_100cc 12日前
    最近の若いモンはコレも知らんのか 官能小説用語表現辞典 (ちくま文庫) https://www.amazon.co.jp/dp/4480422331
  • 湯飲み @sencha_inYunomi 12日前
    技術と知識の上達にエロ万能説
  • ToTo @toto_6w 12日前
    性行為自体は外から見ると割と地味なのでそこだけ文字で描写しても興奮するモノにはならない。じゃあどうするかというと双方の心理や感じ方に踏み込む必要がある訳で、そこが難しいし面白いんだと思う。文字だけで読者を興奮させられるという楽しみが官能小説にはある(・∀・)
  • 唯唯@毎日がチートデイ @Poco_Yui 12日前
    まずは挙げられた参考書籍と資料()を何冊か買って読むか
  • ぱんどら @kopandacco 11日前
    煩悩に支えられた創作意欲には需要有りまくると思います。そもそも創作という行為の大半が何らかの欲、そして煩悩で後押しされてるはずで、それがエロだろうと殊更格が下がるって事はなかろう。
  • ぱんどら @kopandacco 11日前
    ただ小説の練習にエロが向くかどうかはちょっと疑問はある。練習にしては要求技能に偏りがありすぎる。他のジャンルも書くか、でなきゃエロでもいろいろ素材をてんこ盛りにした欲張ったのを書くとか。
  • 塩田多弾砲 @siodatadanhou 11日前
    自分も、一次創作の短編エロ小説を練習で書こうと思い、断念した覚えがあり。キャラの紹介と描写、エロに至るまでの展開、欲情させるエロの描写、オチの付け方が難しかったのです。けどこのまとめを読んだら、もっかい書きたくなってきました。
  • 山本弘 @hirorin0015 11日前
    勘違いしてる人がいるかもしれないけど、これ、あくまで「小説の練習」の話だからね? 野球選手がピッチングの練習したり、バスケット選手がヘディングやドリブルの練習するようなもんで、試合そのものじゃないよ。ただ、練習のモチベーションにエロは適してるってこと。
  • 山本弘 @hirorin0015 11日前
    あとね、練習用に書いたエロなんて、普通は他人に見せない(笑)。読むのは自分だけ。逆に言えば、誰にも見られる心配がないから、遠慮せずに自由に書ける。
  • 山本弘 @hirorin0015 11日前
    「自分が書いたものを読み返したら恥ずかしくなった」と書いてる人がいるけど、それは練習なんだから当たり前だよ。スポーツでもそうだけど、未熟でも練習を重ねれば、少しずつコツがつかめて上手くなってくるはず。「昔書いたものが恥ずかしく見える」というのは、上達した証拠。
  • アレ @are74857894 11日前
    Q.エロ小説書いたら上達するの? A.しらんけどとりあえずおねショタ系書いて
  • 山本弘 @hirorin0015 11日前
    自分が書く文章に自信がついてきたってことだから、今度はそれを「他人に見てもらう文章」にステップアップする。当然、その場合はもうエロじゃなくていい。
  • 風魔ジプシーデンジャー武士 @Fdanger_max 11日前
    た、たしかに納得出来る。後は自分の恥ずかしさとの戦いのみかしら…( ̄▽ ̄;)←エロ描いた事ない。
  • ハドロン @hadoron1203 11日前
    エロに至るプロセスと状況、人物像をきちんと描けるかどうかだよな。それで面白くできるかどうかは、もうひとつステージを上げないといけない。脳内で完結する妄想垂れ流すだけじゃアカンのやで。
  • 川田零三 @kawada0zo 11日前
    ちゃんと「結」まで書く、という点も練習の意義が大きいと思う。エロマンガはどれも「ちゃんと一話で完結していてすげえ」と思うもんなあ
  • のこもこ @nocontinue003 11日前
    な、なるほどー!絵もだけどエロスはほんと難しいですもんな…そして興味深い
  • 山本弘 @hirorin0015 11日前
    dragonchicken19 すみません、最初、サッカーで書いてて、途中からバスケに変えたもんで間違えました。
  • 通りすがりのだいこん @KansaiF 11日前
    二次創作のエロは特に理にかなってますね~。人物紹介の部分はなしでいいから、存分に練習になる。特に絵はお手本まで付いてくる。4~5年も毎日エロ書き続けりゃ、さすがに性欲も落ち着くから、他のはそれから書き出せばいいしねぇ。私が通った道ですだ。
  • 飛鷹隼 @junhiyoh 8日前
    これ実は30年くらい前、まだニセコ要塞1986の1巻出す前の荒巻義雄がその前にやってたシリーズでも登場人物のセリフを借りて同じ事言ってたりするんだよな デビューしたての若い作家に先輩作家と編集がポルノ書くように奨めてその理由を「限られた尺で起承転結をきっちり付ける」「読者が感情移入出来る深見ある心理描写を要求される」としてる。もっともその後の荒巻義雄が書くのはは2つ目にはハハッと呵々大笑するキャラクターのオンパレードになるのだけどw
  • るいせ @ruise2 8日前
    エロから書くのは非常にいいぞ。何がいいって、ほとんど批判がこないからな。批判がくるのは詐欺ったときぐらいだ。 ただ、感想もあんまこない。PVが伸びまくったとしても……!
  • 日下春生(zsphere) @faketaoist 6日前
    これ、正しいですよ。「心の動き」、「体の動き」、「話の盛り上がり」が習得できる他にも、視覚、聴覚、触覚、嗅覚等の感覚を描き込む練習になる。小説は説明文ではない、五感で何を感じたかに臨場感が無いと薄っぺらくなるんだけど、普通に小説書いてるとそこを練習する事が案外少ないので。エロ描写はもう、「感覚」が描けないと全然盛り上がりませんから。
  • 想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku 6日前
    勢いで言ってると思ったら、クッソ筋通ってました。シートも応用利きそう。
  • はやし・しのぶ @Hirarinmac 6日前
    dragonchicken19 「英語(外国語)を勉強するにはポルノ小説がいい」てのもあるよ。なお性癖等自分に合わない場合もあるという罠。
  • FA:しゃいにんぐ☆うぃざーど @RoseQuartz1983 6日前
    内田康夫さんなんかは「推理小説を沢山読んで沢山書いてみればよい」と言ってたりするので、結局は最後まで書き上げられるモチベーションを保てるかどうかかなと思ったり。
  • おく のぶ @samorou 6日前
    新潮の「黒い報告書」とか結構な大物作家が書いてる時あるけど、だいたいノリノリで面白いんだよね。有栖川有栖が官能小説書いたり、創作とはエロに始まりエロに終わる面があるのかもしれない。

カテゴリーからまとめを探す

「マンガ」に関連するカテゴリー