2017年6月16日

北海道温泉巡り(2017年6月)

1
shelly @shelly1129

白金温泉 美瑛町国民保養センター 白金14・15・19号の混合泉を源泉100%のかけ流しで利用していますが、浴槽に加水蛇口があるので加水されないオープン直後がオススメ。46.1度で熱め、微黄褐色微濁、弱金気臭、金気味+微炭酸味のお湯。白金で一番早い9:30から営業しています。 pic.twitter.com/i5Hc8UV1A3

2017-06-13 23:35:24
拡大
拡大
shelly @shelly1129

白金温泉 山辺の家族 以前は「ほしの灯家」として営業されていた施設。現在は日帰り入浴施設として営業。白金18号井を加水なし加温なしでかけ流ししています。消毒の記載はなし。白味を帯びた緑濁、ほぼ無臭、弱金気味+弱炭酸味のナトリウム・マグネシウムー硫酸塩・塩化物温泉でぬるめの湯。 pic.twitter.com/b7tmmPW5NZ

2017-06-14 00:01:43
拡大
拡大
拡大
shelly @shelly1129

白金温泉 湯元白金温泉ホテル 白金14号・15号・18号・19号の混合泉で、黄褐色濁、ほぼ無臭、弱金気味+弱炭酸味のナトリウム・マグネシウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物泉。湯使いの表示はありませんでしたが、ホームページに「加水・加温・循環は一切行っておりません」と表示があります。 pic.twitter.com/LIhNkmRjkY

2017-06-15 21:53:04
拡大
拡大
拡大
shelly @shelly1129

吹上温泉 白銀荘 保養センター泉源1と泉源2という二本の源泉があり、とあるブログによると冬季以外は泉源1を利用とのこと。泉源1は、48.4度、pH2.9の酸性ーカルシウム・ナトリウムー硫酸塩・塩化物泉。全ての浴槽で完全かけ流し。無色透明、弱酸味、微酸性臭の湯。ヒバ浴槽がオススメ。 pic.twitter.com/EMyAYWoj2Z

2017-06-15 22:19:52
拡大
拡大
shelly @shelly1129

十勝岳温泉 カミホロ荘 源泉温度28.0度、pH2.5の酸性ーアルミニウム・カルシウムー硫酸塩泉を加温かけ流ししています。無色透明、微酸味、微酸性臭のお湯です。この日は雨で景色はイマイチでしたが眺望は良さそうです。個人的な好みでは、こちらのお湯よりも白銀荘の方が気に入りました。 pic.twitter.com/nEWBdX1l5E

2017-06-15 23:01:58
拡大
拡大
拡大
shelly @shelly1129

十勝岳温泉 湯元凌雲閣 凌雲閣1号井と2号井の二本の源泉に浸かれます。2号井は51.1度、pH6.3、総計2.133gの含鉄IIーカルシウム・ナトリウムー硫酸塩泉を源泉100%かけ流し。オレンジ濁、金気臭、弱金気味の湯は、割とぬるめだったので長湯ができて快適でした。いいお湯です。 pic.twitter.com/IHf6QGVDsb

2017-06-15 22:59:13
拡大
shelly @shelly1129

十勝岳温泉 湯元凌雲閣(続き) 凌雲閣1号井は、源泉温度32.1度、pH2.3、総計1.650gの酸性・含鉄IIーアルミニウム・カルシウムー硫酸塩泉。これをかけ流し利用しています。無色透明、酸味、微酸性臭で水風呂として利用できる浴感。2号井とのループがやめられなくなります。 pic.twitter.com/nG31yToZP4

2017-06-15 23:17:31
拡大
shelly @shelly1129

吹上温泉 吹上露天の湯 ドラマ「北の国から'95秘密」で有名になった無料の混浴露天風呂。女性は水着OK。源泉温度57.8度、pH2.6、総計1.525gの酸性ーアルミニウム・カルシウムー塩化物泉をかけ流しで利用。無色透明、弱酸性臭、弱レモン味で熱めの湯はかなりの気持ち良さです。 pic.twitter.com/uNFaHTetAW

2017-06-15 23:41:05
拡大
拡大
shelly @shelly1129

十勝岳温泉には、もう一軒「富良野思惟林」という宿がありますが、こちらは立ち寄り入浴は不可で宿泊者のみしか温泉に入れません。

2017-06-16 05:56:32
shelly @shelly1129

白金温泉 森の旅亭びえい 白金温泉の他の施設とは一線を画すオシャレなお宿。別表しか見当たらず詳細不明。白金14号・15号・19号の混合泉を利用し、内湯の大浴槽だけが源泉100%かけ流し。その他浴槽は加水加温のかけ流し。緑がかった薄茶褐色、微金気臭、金気味+微炭酸味+微塩味の湯。 pic.twitter.com/o3OLeGKSYe

2017-06-16 00:03:42
拡大
拡大
拡大
shelly @shelly1129

白金温泉 美瑛ゲストハウス白金の湯 2014年に閉館した銀瑛荘だった施設。森の旅亭びえいと同じ3本の混合泉で、恐らくかけ流しで利用。源泉温度46.1度、pH6.4、総計5.329gのナトリウム・マグネシウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物泉で、知覚特徴は森の旅亭びえいと同じ。 pic.twitter.com/lHBsnYKddX

2017-06-16 00:34:10
拡大
拡大
拡大
shelly @shelly1129

白金温泉 大雪山白金観光ホテル 別表掲示しかないので詳細不明ですが、白金20号井を利用。内湯の高温浴槽だけ5%の加水あり、その他浴槽は源泉100%と表示されていました。露天風呂の湯は、暗緑色微濁、微金気臭、微金気味+微炭酸味+微塩味。内湯は微白濁で露天とはまた異なる濁り具合です。 pic.twitter.com/qAs0rwCij5

2017-06-16 05:34:02
拡大
拡大
shelly @shelly1129

白金温泉 ホテルパークヒルズ 白金15号井・18号井・19号井の混合泉を利用。51.1度、pH6.6、総計4.954gのナトリウム・マグネシウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物泉を加水かけ流し。黄褐色濁、微金気臭、弱金気味+弱炭酸味の湯。白金温泉の中で一番人が多かった施設です。 pic.twitter.com/zMU4FFI2t0

2017-06-16 05:32:41
拡大
拡大
shelly @shelly1129

フロンティアフラヌイ温泉 加温循環浴槽と源泉浴槽があります。源泉浴槽では30.3度、pH6.9、総計2.074gのナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉をかけ流し。現在は源泉温度がさらに低下し27-28度となって、かなり冷たさを感じます。以前は泡つきもあったようですが、今はありません pic.twitter.com/SVAgo9rEp0

2017-06-16 05:49:27
拡大
拡大
拡大
shelly @shelly1129

湯元 協和温泉 内湯にある一人用浴槽だけが温泉使用で源泉名は「長寿湯、協和湯 混合泉」とあります。12.6度の単純二酸化炭素冷鉱泉を直接加温せず、入浴できる温度まで熱湯を加えるというお湯割りかけ流し。冷鉱泉は透明、炭酸味、微金気臭で、浴槽の湯は微黄色微濁。温まりがいいお湯でした。 pic.twitter.com/QlePB1gx9M

2017-06-16 06:14:13
拡大
拡大
拡大
shelly @shelly1129

妹背牛温泉ぺぺル 妹背牛町1号井(38度)2号井(50度)の混合井を利用。44.2度のナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉の加水なし加温なしのかけ流し。微黄緑透明、モール臭、微モール風味+微甘塩味、スベスベの湯。ほのかなモールの香りがとても素晴らしい。露天風呂がオススメです。 pic.twitter.com/eRrwaZnHcl

2017-06-16 06:29:41
拡大
拡大
shelly @shelly1129

えべおつ温泉 30.1度の2号井を使用した浴槽、分析表のない冷鉱泉の浴槽、2号井を加温した2つの浴槽があり、全ての浴槽でかけ流ししていると思われます。特に加温していない2号井と冷鉱泉が秀逸で、高温浴槽→冷鉱泉→2号井のループから抜け出せなくなります。寒くない時期にオススメの施設。 pic.twitter.com/cSwyEuM4dV

2017-06-16 06:44:28
拡大
拡大
拡大
shelly @shelly1129

えべおつ温泉(続き) 2号井 pH7.6、総計3.955gのナトリウム・カルシウムー塩化物泉。薄白微濁、微金気臭、微金気味+微炭酸味+微塩味 冷鉱泉 薄緑濁、鉄錆臭、無味

2017-06-16 06:51:13

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?