産経の書く「分かった」とは。

「オーストラリア南東部のメルボルン市内で講演を予定していたところ、苦情が殺到し、会場変更を余儀なくされたことが12日までに分かった。」「分かった」そうです。http://www.sankei.com/world/news/170612/wor1706120020-n1.html
マスゴミ 産経 デマゴーグ 産経新聞 デマ
sivaprod 21800view 28コメント
47
ログインして広告を非表示にする
  • Tomohiro Matsuoka @academylane 2017-06-13 11:52:03
    産経が書き散らかした「苦情殺到」というのは全くでたらめであることをさっき確認した。行政に電話して直接聞いてみた。あとで詳しく書くが、問い合わせは一件のみだそうだ。細かい経緯も含め電話一本で確認できた。主催者側の「被害妄想」レベルの思い込みを確認も取らずに誇張したようだ。
  • Tomohiro Matsuoka @academylane 2017-06-13 14:08:38
    実際には一件の問い合わせを「苦情殺到」と書いた産経の記事の間違いはこれだけではない。講演会を主催したのは日本人会ではなく「メルボルン桜会」とかいう団体。もう一つ、全く事実確認していないことがわかる単純な間違いもある。未だこんな記事を掲載し続ける産経は自分で間違い探しをするがいい。
  • Tomohiro Matsuoka @academylane 2017-06-15 09:08:09
    1)日本の杉田なる人物が、メルボルンで講演会をしようとして「反日」の妨害により会場変更を余儀なくされたが、総領事も出席し大盛況だったと喧伝し、また産経という媒体が主催側の主張を鵜呑みにした上に間違いだらけの記事を出し続けている件、調べてみた。以下、連投
  • Tomohiro Matsuoka @academylane 2017-06-15 09:09:31
    2)まず、講演会の宣伝自体がオンライン上に殆ど見当たらない。僕は10日くらい前に知ったが、当初宣伝が載っていた日本コミュニティのサイトに今は記載がない(Google検索結果に痕跡がある)。唯一見つかるのは、会場変更を騒いだ杉田氏本人の発言に添付されたオリジナルの宣伝チラシである。
  • Tomohiro Matsuoka @academylane 2017-06-15 09:09:58
    3)このオリジナルのチラシ、会場の住所、「メルボルン桜会」なる主催団体名、Gmailアドレス、電話番号が記載されている。そこでこの情報を元に検索してみた。
  • Tomohiro Matsuoka @academylane 2017-06-15 09:10:28
    4)まず、住所だが、これはメルボルンの南東郊外のSenior Citizens’ Centre、つまりCity Councilが管理する老人向けの公民館みたいなものである。ここが使えなくなったということらしい(個人宅ではないのだから、住所だけで会場名を書かないのは実に不親切)。
  • Tomohiro Matsuoka @academylane 2017-06-15 09:10:46
    5)続いて団体名。「メルボルン桜会」など聞いたことが無いが、検索ででてくるのは「チャンネル桜」のイベント情報。来月7月9日に、場所と時間未定で、「【豪・メルボルン】 映画「南京の真実-支那事変と中国共産党」上映会 」と出て来る。 ch-sakura.jp/events.html
  • Tomohiro Matsuoka @academylane 2017-06-15 09:11:49
    6)次にGmailアドレスの検索では何も出てこないが、電話番号で検索すると、山村恵美子という名が出てくる。この人、Japanese Welfare Association of Victoriaなる、日本人の老人を主に対象にした、老人クラブのようなものをつくった代表人物らしい。
  • Tomohiro Matsuoka @academylane 2017-06-15 09:13:12
    7)この老人クラブ、定期活動を、当初講演会の会場として宣伝されれていたSenior Citizens Centreで行っているようである。おそらくこの人物がメルボルンでの企画の中心人物であろう。そこでこの人物の名前で検索をしてみるとびっくり。
  • Tomohiro Matsuoka @academylane 2017-06-15 09:13:52
    8)この山村という人物、「チャンネル桜」の番組で海外の「草莽」の一人として、メルボルンから報告を行っているのである(ちなみに、いくつか映像を見てみたが、基本知識に欠け、思い込みや憶測、偏見に満ちた、およそ海外の現地からの報告とは呼べないような内容ばかりである)。
  • Tomohiro Matsuoka @academylane 2017-06-15 09:14:18
    9)いずれにせよ、メルボルン在住の老人で「チャンネル桜」の番組に登場する類の山村という人物が、まさにその桜の名を冠した団体名で、この日本の杉田という人物の講演会を企画したということで間違いないであろう。
  • Tomohiro Matsuoka @academylane 2017-06-15 09:14:58
    10)では、その会場が「反日」の苦情でキャンセルとなったという主張について、当初の予定会場を管理する行政に電話して問い合わせてみた(産経も記事にするなら電話一本で済むのだから確認すべきであろうに)。
  • Tomohiro Matsuoka @academylane 2017-06-15 09:15:19
    11)産経は「苦情殺到」と言うが、担当者によると講演会に関する問い合わせは、一件のみ。こういう企画の宣伝の依頼が回ってきたけれど、どう対処したらいいかという問い合わせで、逆にCouncilはそれで初めてチラシと講演会の内容を知ったようである。
  • Tomohiro Matsuoka @academylane 2017-06-15 09:15:54
    12)日本語でしか用意されていないそのチラシを入手したCouncilは、業者に翻訳を依頼し内容を知り、主催者がきちんとした手続きをとっていなかったという判断に至る(具体的な手続きの不備は不明だが、当初の申請とチラシの内容が大きくかけ離れており、手続違反だったということだろう)
  • Tomohiro Matsuoka @academylane 2017-06-15 09:16:33
    13)ここまでの経過を要約すると、普段日本人向けの老人会活動として行政の施設を利用している人物が、行政にきちんと企画の内容を伝えなかったか、行政の適切な手続きを踏まえない形で今回の企画のために会場を押さえていたが、それが発覚して行政が使用を取り消したと。
  • Tomohiro Matsuoka @academylane 2017-06-15 09:16:59
    14)学校訪問が中止となったいう件についても聞いてみた。施設の管理担当者は、地元の学校の管理をしているわけではないので、主催者の依頼を受けて地域の各学校に単純に依頼内容を転送しただけだそうだ。その上で、後に講演会のチラシを入手した段階で、その翻訳も各学校に転送したとのこと。
  • Tomohiro Matsuoka @academylane 2017-06-15 09:17:40
    15)行政の担当者ですらチラシ(の翻訳)を見るまで企画の概要を知らなかったように、学校担当者もチラシをみて驚愕したであろう。なにせ「日本の汚名を晴らすため」「歴史戦の主戦場は海外です。」「集団的自衛権の行使、「道徳」を小中学で授業で教える、憲法9条の改正等。」なんて書いてある。
  • Tomohiro Matsuoka @academylane 2017-06-15 09:19:34
    16)行政の担当者に確認したが、中止を小学校に働きかけたなどという事実はない。むしろ行政や学校担当者のほうが騙された思いであったろう。そもそも老人施設の管理が担当の人が、当初厚意で依頼を区域内の学校に転送したのに。
  • Tomohiro Matsuoka @academylane 2017-06-15 09:20:00
    17)結局、主催者が企画の内容や趣旨をきちんと伝えずに会場確保や学校訪問を計画し、企画の実際の内容が開催近くになって初めて行政や学校の知ることとなり、行き詰ったようである。何の事はない、「会場変更」「学校訪問中止」は、主催者の稚拙な企画準備が原因なのだ。
  • Tomohiro Matsuoka @academylane 2017-06-15 09:21:08
    18)自らの企画準備の失態を自覚できない主催者は、勝手な憶測で「反日」の仕業とし、行政が圧力をかけて学校訪問も中止になったと吹聴し、産経が「苦情殺到」などと尾ひれをつけた上に誤記を重ねてそれを拡大したというのが今回の「騒ぎ」の顛末である。
  • Tomohiro Matsuoka @academylane 2017-06-15 09:22:21
    19)しかし、何より懸念されるのは、チャンネル桜での発言に表れているように、およそ日本でしか通用しない歪んだ思想を持つ、知性の欠片もないが妙な行動力だけはある老人が、イベントを企画し、実際の動員数は不明でも一定の参加者がおり、あろうことか日本の総領事までが出席したという事実である
  • Tomohiro Matsuoka @academylane 2017-06-15 09:23:43
    20)そして、同じ団体が、場所と時間は未定でも、来月には映画の上映会も企画しているということ。さらに、電話一本で確認できることをせずに、一人物のアジテーションを鵜呑みにして記事化されたものが、新聞を称する媒体によって世間に垂れ流されていること(現時点で未だに掲載されている)。
  • Tomohiro Matsuoka @academylane 2017-06-15 09:24:21
    21)豪州にも旧日本軍の残虐な性暴力の被害を受けた方がいるというのに、旧日本軍の性暴力を矮小化するような主張の人物が、豪州にまでやって来る、またそのような場をお膳立てする愚か者がこの地にいるということ。 abc.net.au/news/2016-02-1…
  • Tomohiro Matsuoka @academylane 2017-06-15 09:29:14
    22)他にも細かい点、気づいた点、主催した人物に直接会ったことがあるという人から聞いて分かってきたことなどもあるが、ここまでで僕が把握した事実経過を、ひとまずまとめてみた。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「社会問題」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする