10周年のSPコンテンツ!

関ヶ原合戦における「白峰旬」説について~この戦、それほど劇的じゃなかった?じゃあ脚色したの誰?

関ヶ原合戦に関しては「本来なら東軍絶対不利の方位された布陣」とか「前半押されていた東軍」「合戦を左右する小早川軍に、乾坤一擲の家康の「問鉄砲」…などなど様々な逸話がありますが、そんな逸話を「脚色されてる」とする白峰旬氏の説が、いま賛否いろいろ話題だそうです。 その一方で、仮に大きな脚色がなされているとしたら「誰がどう、なぜ話を盛ってここまで定説になったんだろう?」という語られ方の歴史も気になります。 姉妹まとめあり【関ヶ原合戦における「高橋陽介」説について~始まる前から、西軍の梯子を外した男…毛利輝元かーっ! - Togetterまとめ https://togetter.com/li/1122448】 ツイートを使わせていただいたアカウントはこちら(※追加は除く) 続きを読む
歴史 風雲児たち 白峰旬 石田三成 すんすけ 戦国時代 軍事史 徳川家康 江戸時代 関ヶ原の戦い 関ヶ原
81
すんすけ @tyuusyo

江戸時代のことをよくツイートします。本業はweb技術者兼ウェブ広告ディレクター。いよいよ40に近くなってきた。先祖は平家。徳川幕臣の子孫。リツイート多め。リツイートは必ずしも賛同を意味しません。返信が多いので全てのリプにご返信できないので恐縮ですがよろしくお願いします。

https://t.co/Fj6iMqpiG5
すんすけ @tyuusyo
開戦直後「小早川秀秋が寝返り、大谷刑部殿が討ち死にしました!」#名作をいきなり終了させる
すんすけ @tyuusyo
現在最先端の研究だとこれが史実に近い、というからこれまでの通説は何だったのだろうか<開戦直後「小早川秀秋が寝返り、大谷刑部殿が討ち死にしました!」 twitter.com/tyuusyo/status…
ロングロー @longlow1
@tyuusyo あれ、ということは、「風雲児たち」第1巻は、どうなっちゃうの!?!(◎_◎;)
すんすけ @tyuusyo
@longlow1 あれは古い通説(基本的に軍記物)に基づいているので、最近の古文書の研究で明らかになっている話からすれば「後世に創作された墨俣一夜城みたいな話」扱いみたいですね…布陣も明治時代に創作されたものに沿ってますし
すんすけ @tyuusyo
関ヶ原合戦のツイートに反応があったので少し書きますが、なんと最近の研究だと、有名なこの布陣図そのものが間違っているのではないか?と言われているようです(白峰旬・乃至政彦・桐野作人の諸氏の説に基づく) pic.twitter.com/291XuriOXc
拡大
すんすけ @tyuusyo
疑問視されている点 1,この布陣図は明治時代に作られたもので、江戸時代には複数の別の布陣図があった(白峰旬先生に依るとどれも史実を反映しておらず怪しいそうです) 2,石田三成が笹尾山に居たという根拠はない。 3,西軍が横一線に布陣していた話は怪しい。(続く twitter.com/tyuusyo/status…
すんすけ @tyuusyo
白峰旬先生の論文『関ヶ原の戦いにおける石田三成方軍勢の布陣位置についての新解釈-なぜ大谷吉継だけが戦死したのか-』 repo.beppu-u.ac.jp/modules/xoonip… twitter.com/tyuusyo/status…
ロングロー @longlow1
@tyuusyo なんということでしょう…実は昨年の真田丸で描かれた関ヶ原が史実に近かったとか… σ(^_^;)
すんすけ @tyuusyo
この問題に興味を持たれた方は是非、白峰旬先生の名著『新解釈 関ヶ原合戦の真実 脚色された天下分け目の戦い』を読んでみてください!amazon.co.jp/%E6%96%B0%E8%A… twitter.com/tyuusyo/status…
リンク www.amazon.co.jp 新解釈 関ヶ原合戦の真実 脚色された天下分け目の戦い | 白峰 旬 |本 | 通販 | Amazon Amazonで白峰 旬の新解釈 関ヶ原合戦の真実 脚色された天下分け目の戦い。アマゾンならポイント還元本が多数。白峰 旬作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また新解釈 関ヶ原合戦の真実 脚色された天下分け目の戦いもアマゾン配送商品なら通常配送無料。
polaris @Polaris_sky
明治時代に日本陸軍に教えにきたドイツの参謀だったかが、この布陣だけみて、「これは東軍の負けだ」って言ったってネタ思い出したけど、この布陣自体が違う可能性があるのは面白い。 twitter.com/tyuusyo/status…
ut_ken @ut_ken
@Polaris_sky というかそのネタ自体、司馬遼太郎の『関ケ原』での創作というのが見解の大勢ですね。ご存知かもしれませんが。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
2013年のまとめ。資料用 メッケルが関ヶ原の布陣図を見て「西軍の勝ち」といったのは創作の疑いがあるという話と当時の混乱した状況 - Togetterまとめ togetter.com/li/463991 @togetter_jpさんから
ツイートまとめ メッケルが関ヶ原の布陣図を見て「西軍の勝ち」といったのは創作の疑いがあるという話と当時の混乱した状況 メッケルと司馬遼太郎に関しては確実な証拠が有るわけではないので「ほぼ」ってことを強調しておきます。 追記 色々調べられた方のお陰で海音寺潮五郎の名前も出て来ました。創作なのか?だとしたら司馬なのか海音寺なのか?謎は深まりました。 51571 pv 574 76 users 25
近衛秀一 @konoesyu
@ut_ken @Polaris_sky こんにちは、このブログが参考になると思います。 d.hatena.ne.jp/tonmanaangler/…
すんすけ @tyuusyo
私はこれを読んで関ヶ原合戦の見方が本当にガラッと変わりました。これを読んだ後で『当代記』『関ヶ原始末記』『藩翰譜』などの脚色が少ない二次史料を読んでみるとなんとまあ、通説がかなりおかしいんじゃないかと思えてくるんですよ twitter.com/tyuusyo/status…
すんすけ @tyuusyo
関ヶ原の戦いを考える上でポイントになるのは、「家康が天下を取ったのは関ヶ原ではなく小牧長久手の勝利のため」という頼山陽の発言かもしれない。小牧長久手の戦いで徳川方が戦術レベルで勝ってしまい、結局豊臣政権は東国武士団を完全に屈服させられず、徳川家康の権利を認めざるを得なかった
丸坊主 @MinervanoReimei
今の見地では常識的な陣地占領だから、今まで疑問なく信じられて来たという事か。 twitter.com/tyuusyo/status…
すんすけ @tyuusyo
当時の『看羊録』を読むと「家康は東国武士団の長」なんですね。結局豊臣政権は家康を潰すことに失敗し、伊達政宗も残存させてしまった。なお、関ヶ原合戦の西軍は「上方衆」とか「豊臣家」とか当時の史料では書かれることが多く、豊臣政権対徳川中心の東国武士団の戦いだったのではないかと twitter.com/tyuusyo/status…
ロングロー @longlow1
@tyuusyo 開いたら残り一点とかなってたから、思わずポチッちゃったσ(^_^;)
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
@tyuusyo しかしまあ、もしそうなら「そんなあっさりした事実を、あれだけドラマチックな展開にしたのは、どこのストーリーテラーだよ?」とも思うな(笑) twitter.com/tyuusyo/status…
残りを読む(85)

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年6月19日
すんすけ @tyuusyo氏ら各氏に多謝(アカウントは前文の欄に)。誰でも編集可能です
nekosencho @Neko_Sencho 2017年6月19日
で、それは専門家の間でどう扱われている説なの? 見向きもされない新説と、もう定説扱いなのとではかなり意味合いが違うし、そのへんは確認しておきたい
よーぐる @Seto_yasu1987 2017年6月19日
8/20開催の佐賀戦国研究会主催イベント「関ヶ原の戦いを再検討する」では、まとめに上がっている白峰先生高橋先生もお招きして行われますぞ!佐賀城本丸へみんなお越しくだされ!
聖夜 @say_ya 2017年6月19日
家康視点でいうと1600年の一連の騒動は「上杉討伐に出陣した隙にすでに失脚していた石田一党がクーデターを起こして大坂城を占拠し家族を人質に取った」事件であって、関ケ原は大坂に戻る途中の待ち伏せ攻撃程度の意味しかなかったのです。たまたま首謀者がそこにいたので早期に解決しただけです
聖夜 @say_ya 2017年6月19日
ただ地理的には大軍の通行に適さない不利な場所なのも事実で、戦力が整うまで待ったり道中周囲の城をめぐった足止めも頻発しています(秀忠の遅参が有名です)大将首をとれたわけでもないので勝敗が早期に決しても掃討戦は続いたというのは何ら矛盾しません。家康自ら落ち武者狩りをする必要はないのです
Sひろし @1970er 2017年6月19日
表題に答えるなら、特に誰かが目的を持って脚色したというんじゃなくて、いろいろな人が想像で仮説を重ねていって、その中で話として面白いやつが残っただけだと思う。
dag @digital_dag 2017年6月19日
Neko_Sencho 新説の批判はこれから行われるものだから定説になるにはもう少し時間がかかる。 ただ実証史学の流れの中で一次資料に重きが置かれているから講談など後世に成立した話が史学として顧みられることはなさそう。 そもそも旧説は論文すらなかったり講談の流れを汲んだ先入観で成立しているものも多いし。 二次史料三次史料を無視していいのかというとそれはまた違った話だが。
よーぐる @Seto_yasu1987 2017年6月20日
一次史料があるなら、まずそれを史料批判して確かであることを探し出して、それを元に二次史料などに当たっていくって姿勢が歴史研究なのかなって、門外漢の歴オタは思います
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする