重要なお知らせ

現在、TogetterのTwitterログインがTwitterにより凍結されており、ログアウトするとログインができない状態です。作成済みのまとめには影響ありませんので、復旧をお待ち下さい。Twitterに解除を申請中です。

DIY銅メッキ装置

まとめました。
tokunagayuya 9009view 17コメント
113
ログインして広告を非表示にする
  • Y_NAKAJIMA @y_nakajima_ 2017-06-07 06:44:10
    DIYメッキ装置を作った カス揚げを曲げたものに直流電源の陰極を繋いでその上にメッキしたいものを置く 銅管を銅線で結んだものに陽極を繋ぐ 電解液を入れて通電すればメッキができるはず 電解液はサンポールを使う予定(あとで買ってくる) 二重になったタッパのおかげでショートの心配もない pic.twitter.com/MOiJSVr3RW
     拡大
     拡大
  • Y_NAKAJIMA @y_nakajima_ 2017-06-07 12:07:42
    銅メッキをかける金属を脱脂洗浄、サンポールを3倍に薄めて電解液を作り準備完了 pic.twitter.com/ucCNPKGjsy
     拡大
     拡大
  • Y_NAKAJIMA @y_nakajima_ 2017-06-07 13:26:59
    大成功 ステンレス、スチール、真鍮製のものには完璧にメッキできた が、チタンとアルミには銅メッキは乗らず、見た目に成功してるようでも洗浄したら落ちてしまった カス揚げにも作業に使ってたピンセットにも銅メッキがかかっている pic.twitter.com/XhsxZ4oUNq
     拡大
     拡大
     拡大
  • Y_NAKAJIMA @y_nakajima_ 2017-06-07 13:55:52
    銅メッキしたものを磨いてキーチェーンに付けた チタンのガジェットは銅メッキできなかったので陽極酸化処理(アノダイズ)で真鍮っぽい色にしてみた pic.twitter.com/npsV4GcVUm
     拡大
     拡大
  • Y_NAKAJIMA @y_nakajima_ 2017-06-07 16:15:28
    今回の銅メッキに掛かった費用 ・PP製のレンジ蒸し器 100円 ・ステンレス製のカス揚げ 140円 ・銅パイプスリーブセット 450円 ・銅線 120円 ・サンポール 380円 電源は直流安定化電源を使ったけど、電池で出来るので合計でも2000円以上はかからないと思う
  • Y_NAKAJIMA @y_nakajima_ 2017-06-07 16:18:29
    メッキ工作キットみたいなやつを買うと1万以上するし 銅メッキ液だけでも市販品は100mlで3,4千円する 小型メッキ装置なるものでも3万近くするし 小物をメッキするなら自作のもので十分
  • Y_NAKAJIMA @y_nakajima_ 2017-06-07 15:52:42
    使い終った電解液はコーヒーフィルターで濾して保管しておく 銅が溶け込んでいる液だと次から素早くメッキができるらしい クリームソーダのような色だ pic.twitter.com/4h2VCmYXKz
     拡大
  • Y_NAKAJIMA @y_nakajima_ 2017-06-08 11:31:46
    大事なことを書き忘れていた メッキ後の廃液処理について 繰り返しメッキに使うぶんには問題ないが、捨てるときは結構大変 銅イオンが含まれた液体は有害で下水に流すことはできない 重曹で中和する、セメントで固める、電気的に銅を分離して処理する、業者に頼むなど適切な処理をして下さい
  • Y_NAKAJIMA @y_nakajima_ 2017-06-07 18:26:09
    チタンへの陽極酸化処理(アノダイズ)の方法 名前の通り陽極(プラス)にチタンを繋いで通電する 掛ける電圧によって色が変わる 「titanium voltage color chart」とかで検索すると色の変化について詳しく出てくる 酸化被膜はかなり強くて色落ちなどはしない pic.twitter.com/PJHpbDEZkt
     拡大
     拡大
     拡大
     拡大

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「ハンドメイド」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする