名古屋市美術館「異郷のモダニズム」展、徳川美術館「江戸の生きもの図鑑」展感想

2017年6月18日に見た、名古屋市美術館「異郷のモダニズム」展と徳川美術館「江戸の生きもの図鑑」展の感想ツイート+αの備忘用まとめ。
歴史 博物館 江戸時代 旧満洲 本草学 美術館
1
Toshiyasu Oba @tsysoba
明日のミュージアム二つはしごに備えて名古屋入り。図書館見学ツアー中。舞鶴中央図書館に伊藤圭介先生がおられた。 pic.twitter.com/YrMAnRpJ9O
拡大
Toshiyasu Oba @tsysoba
すみません、鶴舞です…
Toshiyasu Oba @tsysoba
それにしても鶴舞中央図書館は満州関係の資料が豊富だなあ。いくつか見てみたら、直接発行機関から寄贈されたものだった。
Toshiyasu Oba @tsysoba
大須観音、賑わってると思ったら骨董市やってる。鉄兜とか軍刀とかまであるのか。
徳川美術館かろやかツイート @tokubi_nagoya
伊藤圭介旧蔵の「カフ」型顕微鏡(東山植物園蔵)です。江戸時代にいくつか輸入され、圭介をはじめ当時最先端の西洋植物学を採り入れようと努めた学者数人が手にしていました。本品には標本が収められた象牙製のスライダーも附属。貴重な機会をお見逃しなく、江戸の生きもの図鑑展へ!#担当のおすすめ pic.twitter.com/obC25b8NWv
拡大
徳川美術館かろやかツイート @tokubi_nagoya
こちらがスライダーです。これをセットして顕微鏡でみるわけですから、よく見えないかもしれません。。。今回は虫眼鏡でご容赦下さい。植物と思われる組織や、小さな虫が入っています。各標本が何かお分かりになりましたら、ぜひ、お知らせください。 pic.twitter.com/eUbvuwp72F
拡大
Toshiyasu Oba @tsysoba
名古屋市美術館の「異郷のモダニズム-満洲写真全史」展 art-museum.city.nagoya.jp/manchoukuo 、良かった。ただでさえ展示の物量がすごい上に、満州国プロパガンダ写真集を延々とスライド上映。これでさらに展示替えしてたとは。図録を見て満足してはあかんやつでした。
Toshiyasu Oba @tsysoba
オリエンタリズムと民族学、考古学趣味が入り混じった記録写真的な第1部、プロレタリア芸術的な労働者の汗と機械化の魅力を写す第2部、そこから一転してプロパガンダ色を強めモンタージュ技法の駆使に行き着く第3、4部とそれぞれに見所あり。>名古屋市美・異郷のモダニズム展
Toshiyasu Oba @tsysoba
満州国のプロパガンダ色が強まると同時に、中国系の若い女性の服装がチャイナドレスに統一される、というあからさまぶりが壮絶だった。そして後になるほど登場人物全ての表情が笑顔一色になっていく。>名古屋市美・異郷のモダニズム展
Toshiyasu Oba @tsysoba
第5部は、第4部まで満州の機械化と躍進の象徴だった工場等が、ソ連の略奪と国共内戦により徹底的に破壊された姿を米国の調査報告の写真により描き出す。破壊された巨大施設の圧倒的な廃墟感。米国NARA所蔵の報告書とのこと。>名古屋市美・異郷のモダニズム展
Toshiyasu Oba @tsysoba
名古屋市美術館の「異郷のモダニズム」展、満洲国に「偽」を付けない説明が目立つところになかったことに時代を感じた。なお、図録には「元来正統性を欠く国家であったことより、現在まで歴史用語として定まってはいない」ので、当時の表記を使用するとある(見落としただけで会場にもあったかも)。
Toshiyasu Oba @tsysoba
徳川美術館・蓬左文庫「江戸の生きもの図鑑」展 tokugawa-art-museum.jp/exhibits/plann… 、博物図譜好きは必見。植物図譜に比して紹介される機会のない、飯沼慾斎や伊藤圭介の虫譜、魚譜などが取り上げられていて、喫驚。これまたあまり紹介されない、圭介後の世代の嘗百社関係者の著作も。 twitter.com/tokubi_nagoya/…
Toshiyasu Oba @tsysoba
感想メモをまとめました。本草学に関連した愛知県内と尾張徳川家ゆかりの代表的コレクションの所蔵品を一度に見られる貴重な展示かと。/ 徳川美術館・蓬左文庫「江戸の生きもの図鑑-みつめる科学の眼-」展(2017年6月2日〜7月9日) tsysoba.txt-nifty.com/booklog/2017/0…
Toshiyasu Oba @tsysoba
そういえば、すっかり書き忘れてたけど、名古屋市美術館は常設展もお勧め。 art-museum.city.nagoya.jp/exhibitions/pe… 荒川修作『忘れるということ(掘り起こされて出し尽くしていること)』や、フランタ『記憶のために-証人』など大型作品を贅沢な空間でじっくり見られた。良かった。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする