10周年のSPコンテンツ!

大手メディアの「政治部」と「社会部」の仕事ぶりの重要な違いについて

表題に関連するツイートをまとめました。政治関連の報道内容を評価する時、朝日新聞やフジテレビ、NHKなど、会社単位で是非を判断しがちですが、実際にはそれぞれの社内でも、部署によって、報道という職務と向き合う姿勢に大きな違いがあります。その中でも、「政治部」と「社会部」は、同じ「報道」という言葉でくくることに疑問を感じるほどに、「顔をどこに向けて仕事をしているか」に違いがあるようです。 メディアが権力監視という重要な社会的役割をおろそかにすれば、政治は容易に腐敗します。昨今の状況は、それを我々に教えているようです。大手メディアの「政治報道」は、本来どうあるべきなのか。そうした問題を考える材料として、参考にしていただければ幸いです。 また、以下のまとめも内容的に関連していますので、合わせてお読みいただければ幸いです。 続きを読む
政治 山崎雅弘 読売 朝日 メディア 報道 産経 毎日 NHK 安倍
9
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
匿名を条件に取材に応じたNHKのディレクターは次のように話した。「NHKの中で籾井さんを支えているのは政財界にべったりの政治部と経済部の記者くらいで、圧倒的に多くの職員は『早く辞めてくれ』というのが本音だ」(アジアプレス、3月3日)bit.ly/1drWrKH
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
NHKでは国会の情勢を中継しているが、高瀬耕造アナが「この法案が成立すれば何がどう変わるんでしょうか」と質問し、政治部の田中泰臣記者が延々と「首相官邸側の説明」を解説するというパターンが繰り返されている。合間に国会議事堂周辺での抗議デモを映すが、説明は完全に政権視点に立っている。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
NHKは昨日の昼から、この田中泰臣政治部記者が真夜中も含めて出ずっぱりで、「なぜ与党は強行したのか?」「首相は今週中に採決したい意向だった」などと政権視点の説明を繰り返しているが、ブレずに政権の意向を代弁できる人は彼しかいないのか? pic.twitter.com/u0eaaPNLkV
拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
11月19日(木)のNHK『クローズアップ現代』は辺野古問題が主題だったが、失望させられる内容だった。見かけ上は両論併記だが、新基地の内容には触れず、移設肯定派の専門家として首相の腹心の宮家邦彦氏に首相の言い分を延々と語らせていた。 pic.twitter.com/t3iydvHplJ
拡大
拡大
拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
法律の形式的問題だけに過剰に光を当て、日米両国間で決まった話を沖縄県知事はなぜ今更蒸し返しすのかというトーンで番組が作られていた。NHK政治部記者は首相官邸の説明をオウムのように繰り返すだけで、政府に批判的な意見を打ち消す言葉を並べ、国谷裕子キャスターも全然踏み込んで質問しない。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
公約度達成という首相官邸目線でしかないものを「政権発足から3年間の実績評価」であるかのように見せかけ、本当にジャーナリズムがやらなくてはならない独自視点での多角的な「安倍政権発足から3年間の実績評価」を行うことに代えてしまう。毎日新聞政治部はアリバイ作りのような態度をとっている。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
新聞記者が「権力者に招かれ」「税金で高級料理を飲み食いし」「権力者と嬉しそうに記念写真を撮り」自分は権力側にいるという安心感と優越感に浸りながら記事を書いてきた結果が、今の日本の政治状況。健全な民主主義国では、この権力癒着の構図だけで大問題だが、今の日本はそのグループにはいない。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
高校生が「デモに参加する交通費でおこづかいなくなった」とか言いながら、それでも今の社会状況を見て「おかしい」と思い、自分の将来を考えて勇気を出してスピーチする光景が、2015年の日本では見られたが、権力者に飼い慣らされて迎合的な仕事しかしなくなった記者は良心の呵責を感じないのか。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
同じ会社の社員も、本当におかしいと思うなら「うちの社の政治部記者がやっていることはおかしい」と書かないとだめだろう。先の戦争が終わった後、多くの軍人が「本心では反対だった」「本心ではおかしいと思っていた」と弁明したが、彼らが黙っていたから「おかしいこと」が破滅まで止まらなかった。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
日本ではなぜ、市民が他の民主主義国のように自由に政治的意見を表明せず、考えを隠したり議論から距離を置いたりするのだろう、とずっと考えているが、政治=政局という固定観念が思考に強く植え付けられているのも一因では、という気がしてきた。政局とは、政党や派閥、陣営間の政治的な争いのこと。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
ふだんの大手メディアの政治報道を見ると、政治部記者の書く記事はどれも「政局目線」で、どの党や派閥、陣営が優勢だとか、彼らの思惑は、という政局話が多い。問題そのものを多面的に解説する記事が皆無とは言わないが、物事の是非ではなく、政治的な勢力争いの文脈で有利不利を扱う記事の方が多い。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
政治家のスキャンダルが発覚すると、大手メディアはそれなりに追及するが、対象が大臣などの役職を辞任して陣営間で「手打ち」がなされると、大手メディアもそこでスキャンダルの追及をパッタリとやめてしまう。本当は、問題自体の解明まで追及しないといけないはずだが、政局の論理にメディアも従う。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
金平茂紀「NHKでは近年、沖縄の米軍基地に絡んだニュースや特集が放送される際には、必ずと言っていいほど、東京の政治部による実質的な内部統制=検閲に近いことが行われているのだという」(沖縄タイムス)bit.ly/29AoxtG「異変を教えてくれたのは例によって古く
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
(続き)からの沖縄の友人だった。NHKがこの日のニュースで『県民大会』という言葉を執拗に避けて『大規模抗議集会』という言い方をしているのだという。確かめてみると、何と本当にNHKだけが当日の県民大会のことを『大規模抗議集会』と放送」「沖縄報道におけるNHK政治部の内部統制機関化。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
(続き)一体何のためにそのようなことが起きるのか」「実際には、最高権力者の地位、権限を利用した、むしろNHKよりも政治権力そのものに近い小官僚、自発的隷従者たちが、権限をふるって、あれをするな、これはマズい、ここはこう変えろ等と命じている」 こんなものを「公共放送」とは呼べない。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
この「街の声」を削れ! 放送現場を萎縮させる安倍政権の「行きすぎた口出し」(AERA)bit.ly/29mM4cP「政府や自民党が、テレビ番組の制作現場に『公平性』を求めて横やりを入れている」「原稿を手に飛び込んできた政治部記者が指示を出す。『この音を削れ』困惑
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
(続き)するディレクター。オンエアまで残された時間はわずかだ。プロデューサーなどの制作責任者の判断を仰ぐ時間はなく、従うしかなかった」「削られた『音』は、街頭インタビューした街の声数人分の映像だった。番組関係者によると、いずれも消費増税の先送りやアベノミクスに批判的なコメントだっ
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
(続き)たという」「『これ、ぼかしましょうか』特定秘密保護法が施行されたこの日、官邸前で抗議デモが行われていた。編集マンが指さしたその映像には、デモ参加者が手にした、安倍晋三首相の顔が描かれたプラカードがあった」メディアの現場で「政局的公平」が安倍政権批判を白く塗りつぶしていく。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
東北の太平洋側では依然として津波注意報が発令中だが、NHKはなぜか地震関係の報道を一時的にストップして、日本時間でけさ7時にアルゼンチンで安倍晋三首相が行った、地震と関係ない演説をノーカットで延々と放送している。公共放送の役割は何なのか。安倍晋三様の都合がすべてに優先されるのか。 pic.twitter.com/YNh6FpGbNI
拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
先ほど、ようやく地震関連の報道に戻ったが、録画演説が終わったあと、NHK政治部記者が「安倍首相のTPP締結に向けた意気込み」を丁寧に説明していた。「トランプ氏が就任初日にTPP脱退」という報道への対処が必要だと、首相官邸が判断したのだろう。NHKは、地震報道よりそちらを優先した。 pic.twitter.com/OFL0JGyRHN
拡大
拡大
拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
先週の上京時、メディア業界内部の数人と個別に会食したが、そこで別々の人から「大手メディアがなぜ日本会議の問題をまともに取り上げないのか」についての共通する内幕を聞いた。NHKや大手紙が日本会議を取り上げると、強烈なプレッシャーに晒されるという。ただし、プレッシャーをかけてくるのは
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
(続き)首相官邸でも日本会議でもない。同じ会社の政治部の部長とその部下。「首相の機嫌を損ねるような内容を記事にして、我々がリーク情報をもらえなくなったらどうしてくれるんだ」という圧力をかけ、内容を何度も「検閲」させるという。ジャーナリストの矜持も何もない、飼われる犬のような態度。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
(続き)社外の圧力に対して記者が「忖度」や「自粛」をする、という説明とは、少し構図が違う。同じ社内で「政治権力と癒着した一部署が、権力者の代理人として検閲を行う」のは、忖度でも自粛でもない。そこにあるのは、明確な「間接的権力行使」であり、政治権力に迎合する人間たちの主体的な行動。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
退位、特別立法に利点 「国民の意思反映」有識者会議(毎日)mainichi.jp/articles/20170… 有識者が一代限り特別立法は「国民の意思を反映できる」と推したとあるが、昨年12月のNHK世論調査では「恒久制度」が過半数。有識者は何も識っておらず、国民の意思にも反している。 pic.twitter.com/Q1WHoNYQgB
拡大
残りを読む(61)

コメント

こねこのゆっきー @vicy 2017年7月4日
安倍がメディアをコントロールできてたら、こんな報道になってねえだろww
智多星 呉用 @Wu_Yong3 2017年7月4日
「オレがマスかきのおかずにできない報道をする政治部はクソ」ってことですねw
sin (内調 コードネーム:スズメバチ) @sin007777 2017年7月4日
記者の主観とかストーリーはいらないんで、まずは事実を公正なスタンスで伝えることから始めよう。
ToLets @ToLets2004 2017年7月4日
日記や自己発言記録的なものならその旨タイトルに入れてほしいです
フローライト @FluoRiteTW 2017年7月4日
山崎ナントカの今日の寝言
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする