編集部が厳選した「いま、みんなに見てほしいまとめ」をイチオシとして紹介しています!グサッと刺さる良質まとめはこちら!

広瀬隆氏出演『ニュースの深層』動画なぜか削除→再アップ―想田和弘監督のツイートまとめ

 ドキュメンタリー映画監督、想田和弘氏(@KazuhiroSoda)が広瀬隆氏出演『ニュースの深層』を要約していたところ、動画が削除されていることに気づき、フォロワーに再アップを求め、再アップされるまで。  広瀬氏の著書『原子炉時限爆弾』からの引用と上杉隆氏の発言要約もあります。   (関連まとめ) 一色靖氏による広瀬隆氏の主張に対する丁寧な検証:http://togetter.com/li/113815 by @gnd_niconicoさん
上杉隆 広瀬隆 想田和弘 地震 原発
21461view 9コメント
23
ログインして広告を非表示にする
想田和弘 @KazuhiroSoda
これから複数のツイートに渡って、広瀬隆「原子炉時限爆弾」からの引用を開始する。本書は昨年夏に発行された。現在の原発震災の到来を気味の悪いくらいピタリと予言している。http://amzn.to/ibHwyp
想田和弘 @KazuhiroSoda
1)日本が商業用の原子力発電を始めることを決定した翌年、1960年4月に科学技術庁の委託を受けて、日本原子力産業会議が科学技術庁原子力局に提出した極秘文書「大型原子炉の事故の理論的可能性及び公衆損害額に関する試算」
想田和弘 @KazuhiroSoda
2)当時、わが国最初の商業用原子炉として計画的が進められていた茨城県の東海発電所で最悪の大事故が起こった場合に、どれほどの被害が発生し、日本政府がその被害を補償できるか、保険会社がそれを引き受けられるかどうかを、真剣に検討した者である。(広瀬)
想田和弘 @KazuhiroSoda
3)報告書に掲載された被害予想図である。地図の下に、「物的損害は、(気象条件によって)最高では農業制限地域が長さ1000キロに及び、損害額は一兆円以上に達しうる」(広瀬「原子炉時限爆弾」) http://twitpic.com/49wiyp
 拡大
想田和弘 @KazuhiroSoda
4)と小さく書かれており、東海村からの半径が同心円で示されていた。つまり図にやや濃く描いた円内の矢印範囲は、農業ができない地域になる。日本全土で農業ができないのだから、日本人が日本列島に住めないと考えてよいだろう。全員が被害者になるのだから、
想田和弘 @KazuhiroSoda
5)この問題で論争をしたり、推進派と反対派を色分けしたり、自分がどこの都道府県に住んでいるかによって安全か危険かを判断する人間は、よほど千恵が足りないということになる。(広瀬隆「原子炉時限爆弾」)
想田和弘 @KazuhiroSoda
6)この事故の条件は、出力16.6キロワットの東海村で大事故が発生し、わずか2%の放射能が放出された場合を想定して、日本全土が壊滅する、という結論であった。実際の原発事故では、わずか2%の放射能放出は、小さすぎて考えられない数値である。
想田和弘 @KazuhiroSoda
7)略 気象条件によって被害範囲がどこまで広がるかは誰にも予測できないが、広大な地方が消えることだけは間違いない。その時、おそらく日本と言う狭い国家は「放射能汚染地帯」の烙印を押されて世界貿易から取り残され、経済的にも激甚損害を受けて廃墟になると考えるのが、最も妥当な推測だろう。
想田和弘 @KazuhiroSoda
8)略 電力会社は、日本国内の損害保険会社などがつくった「日本原子力保険プール」に加盟して、原発一基あたり1200億円までしか保険で賠償金得をまかなう義務がないことになっている。つまり賠償責任には上限があって、保険を超える損害に対しては、政府が国民の税金で補償することになっている
想田和弘 @KazuhiroSoda
以上、広瀬隆「原子炉時限爆弾」からの引用連投第1弾でした。また別の箇所を改めて引用します。
想田和弘 @KazuhiroSoda
広瀬隆「原子炉時限爆弾」の引用をブログにまとめました。「辛い疑問:日本に人は今後住めるのか」http://bit.ly/dVl49T
想田和弘 @KazuhiroSoda
体内被曝の恐ろしさについて。広瀬隆「原子炉時限爆弾」(ダイヤモンド社)からの引用をブログにまとめた。http://bit.ly/icprQA
想田和弘 @KazuhiroSoda
1)原発から放出されている放射性物質について、政府やマスコミは「人体に影響のないレベル」と繰り返しているが、危険な体内被曝についてはほとんど触れない。しかし、体内被曝について知っておくことは、これから生き延びる上で必須。広瀬隆「原子炉時限爆弾」から再び引用開始。
想田和弘 @KazuhiroSoda
2)「放射線を受けることを「ひばく」と言う。体の外から放射線を受けた場合が「体外被曝」である。(略)それに対して、「体内被曝」は放射性物質が体の中に入ってくることである。」広瀬隆
想田和弘 @KazuhiroSoda
3)「放射性物質そのものが、人間の鼻から呼吸で、あるいは口から食べ物・水を通して体の中へ入ってくる。すると体の中へ放射性物質が入ってしまい、体内から放射線を受けることになる。」広瀬隆
想田和弘 @KazuhiroSoda
4)「広島・長崎で原爆の被害にあった人たちは、放射線の閃光を浴び、同時に死の灰と呼ばれる放射性物質が空から降り積もり、それを体内にとりこんだので、両者の「ひばく」になる。」広瀬隆「原子炉時限爆弾」
想田和弘 @KazuhiroSoda
5)「原発で知っておかなければならないのは、原発事故の汚染地帯でこの内部被曝を避けるため、野菜などすべての食べ物と水を摂ることができなくなり、空気が汚染されて呼吸もできなくなる事態である。」広瀬隆「原子炉時限爆弾」
想田和弘 @KazuhiroSoda
6)「体外被曝と体内被曝の違いをもう少し説明すると、外から放射線を受ける場合は、放射能の被曝は距離の二乗に反比例する。分かりやすく言えば、近づくほど被曝量が大きくなるという原理がある。距離が半分に近づくと、二乗に反比例するので、2x2で被曝量が4倍になる」広瀬隆「原子炉時限爆弾」
想田和弘 @KazuhiroSoda
7)「たとえばプルトニウムという放射性物質はアルファ線を出すので、紙一枚で止められるが、見えないくらいの一粒でも、それを吸い込んでしまえば、肺にペタッと貼りついて細胞組織に付着する。距離が1ミクロン単位になるので、二乗すれば1メートルの距離にあった時に比べて被曝量は一兆倍」広瀬隆
想田和弘 @KazuhiroSoda
8)「したがって長期的な放射能でおそれるべきは、放射性物質が体内で濃縮することである。」広瀬隆「原子炉時限爆弾」
想田和弘 @KazuhiroSoda
9)「日本全国で放射能漏れの事故が起こっている。新聞やテレビは、「微量である」「人体に影響はない」と必ず報道し、みながそれを信じているが、これはまったく非科学的な報道である。」広瀬隆「原子炉時限爆弾」
想田和弘 @KazuhiroSoda
10)「なぜと言えば、それを測定しているのはモニタリングポストという測定器で、これが原子力施設のまわりに置いてあり、外からの放射線を測っている。しかし海や川や土壌に降った放射性物質を人間や生物が摂取する量は、このモニタリングポストには出てこない。」広瀬隆「原子炉時限爆弾」
想田和弘 @KazuhiroSoda
11)「除草剤や農薬の問題をご存じの方は分かるはずだが、その原理と同じである。このようなモニタリングポストの数字をもとに新聞・テレビがすぐに電力会社の言う通りオウム返しに伝えること自体、医学的に無知な報道だと言える。」広瀬隆「原子炉時限爆弾」
想田和弘 @KazuhiroSoda
12)「プルトニウムの生産工場である再処理工場の工場排水が流れ込むコロンビア川で、科学者がこの中の放射能を測定した。川の水の放射能を基準として一とすると、プランクトンでは2000倍に濃縮され、プランクトンを食べる魚では1万5000倍になっていた。」広瀬隆「原子炉時限爆弾」
想田和弘 @KazuhiroSoda
13)「この魚を食べるアヒルではなんと4万倍になっていることが分かった。放射能は、自然界の食物サイクルで濃縮されるのである。さらに水鳥では50万倍、水鳥の卵では100万倍もの濃縮が起こっていた。したがって水の中の濃度が、微量であれば丈夫というわけではない。」広瀬隆
残りを読む(30)

コメント

浦上(1.07) @Ura_sige_OBHN 2011-03-18 05:16:28
2%の放射能ってどういうことだキバヤシ? せめて、トンデモでもチェルノブイリと言ってくれ。 放射性物質と放射能と放射線を混同してないかい?
浦上(1.07) @Ura_sige_OBHN 2011-03-18 05:23:22
まともな、というのは酷いと思うけど、普遍的な単位で説明してくれないと、さっぱりだよ。2%放出→日本壊滅というわけのわからない前提を元にデマを言いふらしてるだけじゃないのかね?削除されて仕方ないと僕は思う。
ぽぽんぷぐにゃん @poponpgunyan 2011-03-18 18:28:30
ニュースの深層・広瀬隆氏の話。これは見ておくべきですね。少なくとも、政府マスコミがどれだけデタラメな発表してるかが良く理解できます。レントゲンと比較する話がデタラメなのは誰もが指摘してるとおりです。
我楽者 @garamon9999 2011-03-20 17:23:40
このまとめを読んだ人は必ず「一色靖氏による広瀬隆氏の主張に対する丁寧な検証」http://togetter.com/li/113815を読むべきだと考える。なお此方も重複するが一応紹介。「広瀬隆氏を検証してみる 」http://togetter.com/li/113803
我楽者 @garamon9999 2011-03-20 17:48:06
ついでながら「放射線被曝による人体への影響」については、@team_nakagawa東大病院放射線治療チーム(http://twitter.com/#!/team_nakagawa)が、素人にも分り易い説明をツイートで発信し続けているのでフォロー推奨。
倉沢 繭樹 @mayuqix 2011-03-20 22:12:59
#jishin #genpatsu 広瀬隆氏「原発なくても電気はまかなえる」―ビデオニュース・ドットコム インタビューズ『広瀬隆氏インタビュー 予言されていた“原発震災”』 http://bit.ly/icvdA7
倉沢 繭樹 @mayuqix 2011-03-20 22:22:04
#genpatsu 原発事故が起きてから、原発設計、原子力工学、放射線、エネルギー政策などの各専門家の話を聞いてきて、個人的には、「御用学者」と広瀬隆氏の見解の間の真ん中辺りを信じることにしています。
あるえふ @ARUEFU 2011-03-22 03:37:40
まあ、著作を読めってことなんだろうけど、このまとめでは信じるわけに行かない点も多いなぁ。 1,1960年の予想図って古すぎる。おそらく今ほど気象や地理的データが反映されていない。だから影響度が同心円状とおもわれる。 2,「対象に近づくと(略)4倍になる」の表現。”さらに1m離れてもこれだけしか脅威度が落ちない”と言うのなら怖いけど、なぜ近づく? ほかにも腑に落ちない表現はあるけど、要約のせいなのかな? 動画が消されたのは単に著作権保護に反してるからなのでは。
akkey1977 @aki_kay1987 2011-03-26 17:41:44
大槻教授のブログによれば、 http://ohtsuki-yoshihiko.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-090a.html もう放射能の放散は止まり、収束に向かっているはずなのですが・・・。科学者の言うことも信用できないですね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする