2017年7月13日

蔵臼 金助選 #1日1本オススメ映画 1801~1850

記憶に頼りつつ毎日、昔観た映画最近観た映画を重ならないように紹介してきました。今回、前回に引き続き、『ファントム・オブ・パラダイス』の2回目の紹介をしてしまうという失態を…。
1
蔵臼 金助 @klaus_kinske

マチルダ・メイ、恐るべし。 原作者コリン・ウィルソンも作品の改変に文句つけようとして彼女のおっぱいに目を奪われ、言うべきことを忘れてしまったと言う。 (※妄想です) pic.twitter.com/4GxJysQZwP

2017-07-11 17:57:24
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

異星人の「女」に見える生き物が、腰に布巻いてたり、ブラジャー的な概念のもの身に付けていたら変でしょう? pic.twitter.com/qr8d0DiGoG

2017-07-11 17:53:50
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

コリン・ウィルソンの原作の雰囲気を見事に改変し、それでもなお『スペース・バンパイア』が内容以上にランクアップな印象を与えるのは、マチルダ・メイの潔い脱ぎっぷりにあると断言出来よう。 pic.twitter.com/GSLQkJxZcv

2017-07-11 17:52:26
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

マチルダ「え? 全裸ですか?」 トビー「当たり前だ。文化の異なる異星人が衣服に固執すると思うかね?」 マチルダ「判りました」 …という激しい芸術上の表現に関する応酬があり、あのようになったと思うのだ。

2017-07-11 17:48:49
蔵臼 金助 @klaus_kinske

もし自分が石油王だったら、『宇宙戦争』『人類SOS!』『スペース・バンパイア』『スプリット・セカンド』をリブート企画して、“英国壊滅クロニクル”映画を製作する。 pic.twitter.com/G4bIyPRVYM

2017-07-11 14:20:04
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

ソフビ化されてはいるようなんですが、出来ればゼンマイでもリモコンでもいいから、ウネウネぎくしゃく動くトリフィドのオモチャ、出ないかな。 大きくてもいいから。部屋の隅に観葉植物的な感じでディスプレイして。来客時に突然動かしたりしてw pic.twitter.com/qGJICrbGb4

2017-07-11 12:06:32
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『人類SOS!』 イギリス映画ですからね、トリフィドにステンガンで立ち向かおうとしてます。原作、わくわくしながら読んだなあ。『呪われた村』『トリフィド時代』と映画化されて、『海竜めざめる』が実写化されないのは納得が行きません。この映画も見事なSFですよ。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/E7cGtjiYIq

2017-07-11 00:10:59
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『地獄愛』 不快な登場人物、グロテスクで生々しい描写、実話に基づく残酷な展開を、ざらついた質感と硬質なタッチで見せる純愛物語。今後、この監督(『変態村』『変態島』)の作品はディック・フランシスの漢字二文字競馬小説の様に、漢字三文字でキメて頂きたい。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/oFLPnNcMGi

2017-07-10 19:38:17
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『お嬢さん』 変態性欲百花繚乱でもう大変。淫靡で妖しい覗き窓から伺う大人のお伽噺から一転、自由を求める女たちの掃き溜めに鶴的な爽快かつ感動的なエンディングで唸ります。パク・チャヌクにはぜひこの設定、このセットを活かしての『O嬢さんの物語』リブートを希望。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/CM4b9ahJfo

2017-07-09 09:54:32
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』『シッピング・ニュース』『海炭市叙景』『海街diary』で、“邦洋海辺の町対決オールナイト”を新文芸坐さんにやって貰ってだな。最後の一本で明るく締めくくって欲しいのだ。 pic.twitter.com/rm3aEASFKf

2017-07-08 23:19:49
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 心象風景を投影してるかの如き、冬の港街の情景。繰り返す日常の細やかな描写。感情に響く穏やかな音楽。重い過去を背負い故郷に戻った男の、癒しには達しない心の叫び。一度観たら波音のさざめきが繰り返す様に生涯記憶の隅に残る秀作。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/VjqZT3e8AC

2017-07-08 22:46:04
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『ザ・ウォーカー』 殺し屋が口笛でモリコーネ♪『マッドマックス』以降、酸性雨後の筍の様に量産された週末戦争後荒廃世界放浪物の中では、飛び切りの優等生。『ポストマン』と殆ど同じ話なのに。筆致を抑えた語り口と映像の切り取り方、登場人物の配役にセンスがあります。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/gdt8KKxQN9

2017-07-08 00:05:19
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『ビートルズ/イエロー・サブマリン』 確固たる世界観を構築しつつこのユルさ。ビートルズだからこそ成し得た全篇フルアニメのアイドル映画だ。ポップ、ナンセンス、サイケデリック…50年前にデザインされたアクの強いキャラの、時代感を感じさせつつ普遍性を保つ凄さよ。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/wswUV2lJuo

2017-07-07 10:52:24
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『脱出』 ナイトメア版『シティ・スリッカーズ』とでも言いましょうか。この頃のアメリカのサスペンスやホラー映画は、全力で北米の田舎は怖いぞと主張してる気がします。『激流』が黙って実家に帰る川下りの迫力と共に、このメンツですよ。ビリー・クリスタルがいたらねえ。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/15KmXWaHpy

2017-07-06 18:38:27
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『詩人の血』 フランス生まれの不世出の詩人が初監督した、イマージュの欠片群です。初めて与えられたおもちゃで遊ぶ子供の様に、詩人の好きなものが詰まっています。その欠片ひとつひとつが、後のジャンルを超えた作家達に影響を与えてるであろうことを推測するのも楽しい。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/zLsYuZ9jrc

2017-07-05 10:50:26
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『O嬢の物語』 古典ポルノの映画化です。観てて「あれ?」と思ったのは、コリンヌ・クレリーのミスキャストぶりではない。原作に無い『アリス』の引用が台詞に出てきたからだ。やはり、脚本はセバスチャン・ジャプリゾ。終わらせ方もステファン卿が往生しちゃう工夫あり。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/u6XdKQCMNa

2017-07-04 19:30:21
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『ザ・ファーム/法律事務所』 トムという役者は華があるから凡庸な演出でも関係なく、ポワンと彼に見惚れるだけで作品が終わってしまうことが予測可能なのだ。これを“ポワン彼予想”と呼ぶ。 特にこの頃ぶいぶい言わせてたグリシャム原作だからさらに出来が良く見えるよ。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/6HIEwvwxNn

2017-07-03 19:05:08
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『ハクソー・リッジ』 一人のピュアで狂った若者が、狂った世界で次第に純化され、崇高な存在になっていく。描き方が異なるが、妻は『ビルマの竪琴』と同じものを感じ取ったと言う。そうなのだ。メル・ギブソンが10年ぶりの監督作で描くものは、突き動かされる純粋な魂だ。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/tFhRzitHxy

2017-07-02 14:08:18
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『地獄のアパッチ』『無頼プロフェッショナル 』のユーロ・ウエスタンにたどり着くのが興味深い。だから、イギリス/スペイン合作のこのヨーロッパ製西部劇は、話の骨子が非常にしっかりしてます。 pic.twitter.com/pOI4VP5YIj

2017-07-01 08:47:02
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『探偵物語』はフィリップ・ヨーダンの脚本も見事なんですが、この人、『大砂塵 』『ララミーから来た男』などの西部劇の秀作、『エル・シド』『人類SOS!』『北京の55日』『バルジ大作戦』などの名作の脚本を経た後に… pic.twitter.com/umCLjuFBR4

2017-07-01 08:44:02
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『探偵物語』Before After。 クレイグ・ヒルとジョセフ・ワイズマン。 pic.twitter.com/nc6o0yUjgF

2017-07-01 08:03:20
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『探偵物語』 クレイグ・ヒルが出ていることでマカロニ・ファンも大好き。ジョセフ・ワイズマンが出ていることで007ファンも大好きな、ウィリアム・ワイラーの名作。だが、原題は“DETECTIVE STORY(刑事物語)”。今この邦題で公開されたら、炎上必至。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/ChFjd5mTUP

2017-07-01 07:53:57
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『エル・スール』 『ミツバチのささやき』と共に、観た後あまり語らずひっそりと心の内にしまっておきたい逸品。光と影はより陰鬱に、静謐に描かれ、映像美に浸る贅沢を感じさせる。資金難で唐突に断ち切られた様な終わり方は、レイモンド・カーヴァーの小説みたいな味わい。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/LvrN9T0A69

2017-06-30 17:59:52
拡大
拡大
拡大
拡大
蔵臼 金助 @klaus_kinske

それで、この『シンドバッド虎の目大冒険』公開時だったと記憶していますが、レイ・ハリーハウゼンは母校で講義を行ったのだった。 twitter.com/klaus_kinske/s…

2017-06-29 23:18:42
蔵臼 金助 @klaus_kinske

『シンドバッド 虎の目大冒険』だったかな。 試写会で観たんだけど(確か渋谷の劇場)、上映時間前に前の席の初老の紳士が振り返ったんだけど、星新一だったんだよ。胸躍っちゃったね。

2017-06-29 23:17:10
残りを読む(51)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?