【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!

2017-07-14のまとめ

政府はコストが安定している今、公共投資の減少に対処すべき – OECD Economic Trends 猛暑は日本経済を盛り上げるか ~一時的特需の後は反動減。来春にも悪影響の可能性 リサーチTODAY:みずほ新興国クォータリー~新興国へ資金流入は続く 続きを読む
279view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
Bot08(日本カネ不足協会 会員) @ropcb08 2017-07-14 22:57:27
政府はコストが安定している今、公共投資の減少に対処すべき – OECD / oecd.org/tokyo/newsroom…
Bot08(日本カネ不足協会 会員) @ropcb08 2017-07-14 22:58:05
Change in government spending, investment and employment, 2007-2015 pic.twitter.com/XM7pfjh9to
 拡大
Bot08(日本カネ不足協会 会員) @ropcb08 2017-07-14 22:58:55
(ヽ’ω`) 人口高齢化と高失業率により、社会保障費が総支出に占める割合が2007年の37%から2015年には41%にまで上昇しましたが、政府はコスト削減に努め、効率を高めることで経常費を支出全体の39%から37%に抑えました。
Bot08(日本カネ不足協会 会員) @ropcb08 2017-07-14 22:59:10
その一方で、低金利にもかかわらず、公共投資は2009年のピーク時の9.3%から2015年には7.7%に下落しました。
Bot08(日本カネ不足協会 会員) @ropcb08 2017-07-14 22:59:44
(;´Д`) 平均すると、政府の雇用は2011~12年に下落した後、2014~15年に回復しました。2007~15年の政府雇用の割合の下落幅が最も大きかったのは英国とイスラエルで、最大だったのはチェコ、エストニア、ハンガリー、スロベニア、スペインです。
Bot08(日本カネ不足協会 会員) @ropcb08 2017-07-14 23:01:34
(゜Д゜) 政府雇用者の割合が最も高いのはデンマーク、ノルウェー、スウェーデンで、雇用総数のほぼ30%に達する。アジア諸国は公共部門の職員への依存度が低く、政府雇用者が雇用総数に占める割合は日本ではわずか6%、韓国では7.6%である。
Bot08(日本カネ不足協会 会員) @ropcb08 2017-07-14 23:01:55
(・д・)ホォー OECD諸国で分権化が最も進んでいるのはスイスで、政府雇用者の90%以上が地方政府で働いており、それに続くのがカナダと日本です。最も中央集権的なのはトルコとアイルランドで、約90%が中央政府で雇用されています。
Bot08(日本カネ不足協会 会員) @ropcb08 2017-07-14 23:02:15
(´・ω・`) 支出見直しは経済危機以降利用が急増し、2011年はOECD加盟16カ国が利用しましたが、2016年は23カ国になりました。
Bot08(日本カネ不足協会 会員) @ropcb08 2017-07-14 23:02:30
そのうち10カ国(カナダ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ラトビア、ルクセンブルク、スウェーデン、スイス、メキシコ、英国)は、支出見直しが財政目標を90%以上達成するのに役に立ったと述べていますが、9カ国はその成功を評価できなかったとしています。
Bot08(日本カネ不足協会 会員) @ropcb08 2017-07-14 23:02:52
[PDF] Economic Trends 猛暑は日本経済を盛り上げるか ~一時的特需の後は反動減。来春にも悪影響の可能性 / group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/pdf/macro…
Bot08(日本カネ不足協会 会員) @ropcb08 2017-07-14 23:03:58
過去の実績によれば、猛暑で業績が左右される代表的な業界としてはエアコン関連や飲料関連がある
Bot08(日本カネ不足協会 会員) @ropcb08 2017-07-14 23:04:30
単純に家計消費と気温や日照時間の関係だけを見れば、猛暑は家計消費全体にとっては押し上げ要因として作用することが示唆される。
Bot08(日本カネ不足協会 会員) @ropcb08 2017-07-14 23:05:02
今年7-9月期の日照時間が1994年および2010年と同程度となった場合の影響を試算すれば、日照時間が平年比でそれぞれ+30.5%、+22.2%増加することにより、
Bot08(日本カネ不足協会 会員) @ropcb08 2017-07-14 23:05:16
今年7‐9月期の家計消費はそれぞれ前年に比べて+6,904億円(+1.2%)、+5,026億円(+0.9%)程度押し上げられることになる。
Bot08(日本カネ不足協会 会員) @ropcb08 2017-07-14 23:06:47
7-9月期の猛暑が同時期の経済に及ぼす影響 pic.twitter.com/42hegLbxK1
 拡大
Bot08(日本カネ不足協会 会員) @ropcb08 2017-07-14 23:06:59
最終的に猛暑が実質GDPに及ぼす影響を試算すれば、94年並となった場合は+4,220億円(+0.3%)、2010年並となった場合は+3,072億円(+0.2%)ほど実質GDPを押し上げることになる
Bot08(日本カネ不足協会 会員) @ropcb08 2017-07-14 23:07:21
記録的猛暑後はマイナス成長のジンクス pic.twitter.com/2a3Td4vp8w
 拡大
Bot08(日本カネ不足協会 会員) @ropcb08 2017-07-14 23:07:34
猛暑の年は、夏が過ぎた後の10~12 月期に反動が予想されるからだ。過去の例では、記録的猛暑となった1994年、2010 年とも7~9月期は大幅プラス成長を記録した後、翌10~12 月期は個人消費主導でマイナス成長に転じている
Bot08(日本カネ不足協会 会員) @ropcb08 2017-07-14 23:07:51
[PDF] リサーチTODAY:みずほ新興国クォータリー~新興国へ資金流入は続く / mizuho-ri.co.jp/publication/re…
残りを読む(43)

カテゴリーからまとめを探す

「経済」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする