Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

「グランドオーダー・フォー・ザ・フューチャー・オブ・ネオサイタマ」♯2

ニンジャスレイヤーとFate/GOのクロスオーバー二次創作小説です。前はこちら→https://togetter.com/li/1129391 次はこちら→https://togetter.com/li/1131321
2
よつばりんご @chiyotsu1015

◆許可◆今日FGO+ニンジャスレイヤーの二次創作小説の続きを投稿します。夜は騒がしいかもしれませんがよろしくお願いします◆願望◆

2017-07-14 09:35:29
よつばりんご @chiyotsu1015

アッニンジャの方のサキブレも来てしまった!出来るだけ早めに終わらせます…

2017-07-14 15:48:17
よつばりんご @chiyotsu1015

◆今からニンジャスレイヤー+FateGOのクロスオーバー小説を流します◆実況タグもあります◆#njFateGO でよろしくお願いします!!◆

2017-07-14 19:06:25
よつばりんご @chiyotsu1015

【グランドオーダー・フォー・ザ・フューチャー・オブ・ネオサイタマ】♯2

2017-07-14 19:07:31
よつばりんご @chiyotsu1015

───────────────────── 27

2017-07-14 19:08:09
よつばりんご @chiyotsu1015

「だからさあ、俺は納得してないんだって!」「アー、そうかい」「ナンデ女だからダメだ、って!あいつ!ヒック!クソッ!」「水飲むか」「飲む!こりゃダメだ!俺がワカル。ワカル!」「オイオイ…待ってろ」あちこちが錆び、スプレー製の暴言で彩られた自動販売機の前に、不釣り合いな男女。28

2017-07-14 19:10:12
よつばりんご @chiyotsu1015

永久脱毛した眉毛の代わりにイバラのタトゥーを彫った女は、安アルコールのアルミ缶と「地獄お」と印されたマフラーを固く握る。長身に白髪、右目に黒革のアイパッチを付けた男は呆れたように首を振り、素子を自動販売機に差し込み、「安い全部水」を選んだ。キャバァーン!落ちるペットボトル。29

2017-07-14 19:14:25
よつばりんご @chiyotsu1015

「ほら飲め」「アリガトな!愚痴に付き合ってくれて、な!」「アイアイ」ペットボトルを傾けた女──エーリアスは水を飲みかけ、止まった。「オイ?」「オッサン。アレ、ニンジャスレイヤー=サンじゃねえか?」「アー……違うと思うぞ」男──ガンドーは訝しんだ。酔っぱらいの幻覚ではと。30

2017-07-14 19:17:36
よつばりんご @chiyotsu1015

しかしガンドーも行き交う人々の一部を見て、固まった。「……確かに……いや待て。ニンジャスレイヤー=サンはあんな黒ずくめじゃねえし、アイツはカタナを断じて持たねえ」「オーイ!そこのアンタ!」「ハアッ!?」ガンドーが考えているうちに、エーリアスは男に声をかけていた。31

2017-07-14 19:21:15
よつばりんご @chiyotsu1015

「何だ、俺は今急いで……」「アンタさ、ニンジャスレイヤーって人と関係あるか?」「そいつを知っているのか!?」「アイエッ!?」全くの無関心だった男が、突如思い切り振り返った。エーリアスはひっくり返った。「探している」「誰だアンタ!」「こっちの台詞だ!」「アーア……面倒な……」32

2017-07-14 19:25:16
よつばりんご @chiyotsu1015

「取り敢えずエーリアス=サン、お前もアイサツすべきだろ」「アッ、それもそうだった…」起き上がり様に彼女はアイサツ。「ドーモ、エーリアスです」「ドーモ、タカ……ディティクティヴです」敢えてのニンジャネームだ。二人にアイサツされ、男も返した。「ドーモ。ヒジカタ・トシゾウです」33

2017-07-14 19:29:58
よつばりんご @chiyotsu1015

「「エッ!?」」アイサツされた二人が驚いた。「どうしたんだ?」「ヒジカタって……新撰組のか?」「俺を知っているなら話が早いな」「……アンタニンジャだったのか?」「違う。俺は新撰組で、サーヴァントだ」「さ……?」「アー、そういう説明は後でするからそいつの居場所を教えろ」34

2017-07-14 19:33:04
よつばりんご @chiyotsu1015

「だ、だからさ!俺はナンデアンタがニンジャスレイヤー=サンを探してるか聞きたいんだ!」「そいつに会ってから説明する!」「関係くらい教えてくれよ!まさか敵じゃねえよな!」エーリアスは怒った。「オイ、落ち着け……」ガンドーが牽制した。35

2017-07-14 19:36:51
よつばりんご @chiyotsu1015

「ヒジカタ=サン。ちゃんと話を聞かせてくれ」「オッサン止めるなよ!」「まず水を飲め!」「……面倒事を引き起こすのはオキタじゃなく俺の方だったみてえだな……」ヒジカタは落ち着いた。「今から話すのは、アンタらにとって信じられんような話だ。信じるかは任せる」36

2017-07-14 19:40:06
よつばりんご @chiyotsu1015

───────────────────── 37

2017-07-14 19:40:33
よつばりんご @chiyotsu1015

都市街から少し離れた廃墟。そこを拠点としているニンジャスレイヤーとナンシーは、主にマシュからサーヴァントと聖杯戦争、カルデアの目的や特異点について、魔神柱やソロモンについての説明を改めて受けた。「信用しろと?」ニンジャスレイヤーは開口一番そう言った。38

2017-07-14 19:43:09
よつばりんご @chiyotsu1015

『信用してほしいですが、全く知らない状態から理解して貰うのは難しいですよね…』マシュは落胆した。「だけどもし本当だとしたら、その聖杯をなんとかしないといけないわね」「魔神柱……という奴もだな」「エッ、協力してくださるんですか!?」マスターが身を乗り出す。39

2017-07-14 19:46:22
よつばりんご @chiyotsu1015

「虚言か真実かは知らんが、万が一何かあったら困る。手助け位はするとしよう」『ありがとう。幸先が良くて助かる』ダヴィンチが口笛を吹いた。「あ、ヒジカタ=サンも」オキタが呟いた。「どこに行っちゃったんでしょう」「心配なさそうよ」ナンシーは携帯型IRCを見せる。「仲間から連絡が」40

2017-07-14 19:49:27
よつばりんご @chiyotsu1015

「ホントですか!」オキタは笑顔になった。「ところでニンジャスレイヤー=サン、ヒジカタ=サンと家族関係?」「知らぬ」ニンジャスレイヤーは眉を寄せた。「知っているのは名前のみ」「彼、あなたとソックリだって」「そうなんです?」オキタが興味を示した。「そのメンポ取ってみてください!」41

2017-07-14 19:52:55
よつばりんご @chiyotsu1015

「しかし」「素顔くらい見せても良いんじゃない?いつまでも装束姿なのもね」ナンシーが言った。「……分かった」ニンジャスレイヤーは頭巾を脱ぎ、メンポを外した。カルデアの面々は絶句し、『「「アイエエエエ!?」」』一斉に叫んだ。「それ程なのか」ニンジャスレイヤーは呆れた。42

2017-07-14 19:57:15
よつばりんご @chiyotsu1015

「ソックリです!ナンデ!?」「スゴイ事もあるんだなあ!?」『信じられない!』慌てたり嘆く人々。だがマシュだけが一人、無反応で考え込んでいた。「マシュ?」マスターが聞いた。『ア、その、少し驚いてしまって。何でもありません』マシュは慌てて言った後、また考え込んだ。43

2017-07-14 20:00:19
よつばりんご @chiyotsu1015

(ここが小説の世界だという事は伏せましたが)マシュは考える。(彼等は生きている……それは変わらない。次元の違いを明確にして、彼等を否定するのは、違うと思った──けれど)マシュは苦悶する。(言うべきなのだろうか。今も「ニンジャスレイヤー」で小説が更新されている事を)44

2017-07-14 20:03:46
よつばりんご @chiyotsu1015

マシュの前には光る画面。表示されているのは「ニンジャスレイヤー」のアカウント。そこでは現在のマスター達の行動が鮮明に描写されていた。更新の間にはアカウントの自称使用主がハッキングの可能性を提示していた。(使用していた人達で無いならば一体誰が、何者がこんな事を──)45

2017-07-14 20:06:32
残りを読む(6)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?