11
ログインして広告を非表示にする
  • bebe @EDCB_Apple 2017-07-15 22:06:36
    オスプレイを海自が採用する可能性を考える 海自のUH-Xつまりは艦載多用途ヘリの選定だがこれがSH-60K派生とKH101の対決になるも海幕長の不適切な指示が問題とされ選定が遅れているのは衆知の通りである
  • bebe @EDCB_Apple 2017-07-15 22:08:16
    しかし今回の選定については根本的にSH-60K派生を推進するグループが艦載多用途ヘリの当初構想に沿わない形で要求仕様を変更していたのが根本的な問題と言えるのでSH-60K派生を艦載多用途ヘリに採用するのは海自に悪い前例を残してしまうことになりSH-60K派生に決まる可能性は低い
  • bebe @EDCB_Apple 2017-07-15 22:11:17
    一方で本命とも言えるKH101は海幕長の行動が問題視されたために採用を躊躇う面もあるのはまた事実であって艦載多用途ヘリがどの機体に決まるかは混迷を深めている その中でV-22が選定に参加した場合どこまで採用の見込みがあるのか そもそも採用する意味があるのか
  • bebe @EDCB_Apple 2017-07-15 22:13:04
    艦載多用途ヘリはDDHに搭載され物資輸送及び救難に使用する機体であることは公開されている資料の通りである が物資輸送にしても救難にしてもその任務想定によって適材は異なるものである
  • bebe @EDCB_Apple 2017-07-15 22:16:37
    SH-60K派生の物資輸送能力は限界があるので語らずKH101とV-22を語る 両者は機体規模が大きく違うがVTOLでの運用を前提にするならV-22の方が上ではあるが機体規模の割にそこまで大きな差はないV-22は航続距離と速度に優れKH101はDDへの着艦能力が個性となっている
  • bebe @EDCB_Apple 2017-07-15 22:18:26
    これを言い方を変えるとV-22は陸地からDDHへの輸送 つまりはshore to ship(DDH)に適した機材であり KH101はDDHなどからDDなどへの、ship to shipな艦艇間の輸送に適した機材ということが言える
  • bebe @EDCB_Apple 2017-07-15 22:21:11
    KH101はDDHからDDに予備部品であったり短魚雷やソノブイなど武器弾薬を運ぶような任務を想定しているなら適している
  • bebe @EDCB_Apple 2017-07-15 22:21:40
    V-22は陸地からDDHに予備部品や短魚雷やソノブイなど武器弾薬を補給するような任務に適しており、また航続距離の長さは陸地から離れた地点で行動中でも陸地からの素早い補給支援を受けられることに繋がる
  • bebe @EDCB_Apple 2017-07-15 22:22:56
    つまりV-22が艦載多用途ヘリに選定されるということはDDHが補給艦では追いつかないような補給の必要性のある任務にあたる可能性が出てきたことを指し示し、逆に言えばそういった任務の必要性があるのならV-22は艦載多用途ヘリとして採用される可能性もある
  • bebe @EDCB_Apple 2017-07-15 22:29:33
    何しろship to shipならSHにスリングさせてもいいがshore to shipはKH101でも航続距離や速度などで陸地からの距離制限が大きくなる逆にSHの負担低減が優先されるならshore to shipはKH101に無視させるという選択肢もあるがどちらをとるか?
  • bebe @EDCB_Apple 2017-07-15 22:31:30
    あと何のイタズラかDDH甲板上に陸か空か海のF-35が並ぶことがあればF135輸送のためにV-22が並ぶこともあるだろうがそちらは主の理由にはなり得まい
  • bebe @EDCB_Apple 2017-07-15 22:36:07
    救難の視点で見ればSHを運用する限りにおいてV-22の必要性はなくヘリとしては脚も速く長くクルーも多く乗れるKH101ですら過剰といえる V-22が艦載救難任務で必要とされるのなら当然ながら有人機による敵基地攻撃任務を置いて有り得まい
  • bebe @EDCB_Apple 2017-07-15 22:38:34
    ただ敵基地攻撃任務でのCSARなら空自UH-60Jをどうするかが先に来るべき話で艦載多用途ヘリにV-22を採用するための主の理由にはならないだろう DDHに救難ヘリを積む理由はSHの負担低減なのに整備負荷が大きいらしいV-22ではSHの負担減っても乗員負担増えて意味なさそうだ
  • 竹内修 @otfsx1228 2017-07-15 22:40:16
    正直パリでベルさんのエラい方が、海自さんのUH-XにV-22を提案する意向があると仰った時は、飲んでたエスプレッソを噴き出しそうになったんだけど(笑)、babe(@EDCB_Apple )さんが仰っておられるのと同様の説明をされて、なるほどねとは思った。 pic.twitter.com/rZRM2B3ePK
     拡大
  • bebe @EDCB_Apple 2017-07-15 22:40:55
    SH栄えて整備員死んだら本末転倒であろう ただV-22が艦載多用途ヘリとして採用される場合は艦載多用途ヘリでするはずだったSHの負担低減はさして期待できずDDHへの新能力負荷が主になるだろうからSHを増やして雑用に当たらせるなりすべきだろうな雑用ヘリを追加するのもまた負担であるし
  • bebe @EDCB_Apple 2017-07-15 22:44:47
    今回の話題とずれてしまうが私は艦上での整備能力の面から中型以上のUAVと雑用用の安価なヘリを別途買って艦載するのは反対な立場 整備員の多いDDH専用ならともかくDDでは二種の機体を整備できる整備員を用意できるとは思えないため
  • bebe @EDCB_Apple 2017-07-15 22:46:38
    整備負荷の小さな小型UAVや搭載SHのバリエーションで作ったUAVや雑用ヘリなら何とかなっても完全に別機種だとDDで整備運用するのはSHが優先されること考えたら諦めた方がいいと思う
  • bebe @EDCB_Apple 2017-07-15 22:48:35
    完全に違う二種の機体をどちらも整備できるスーパー整備員を大量養成するならできるかもしれないがやめとくべきだろう 話が逸れた
  • bebe @EDCB_Apple 2017-07-15 22:50:39
    海自が艦載多用途ヘリにV-22を採用するときのメリットは他にもある KH101も一部該当するのだが給油機やAEWへの派生だ
  • bebe @EDCB_Apple 2017-07-15 22:52:30
    給油機を使うような任務は考えにくいので主としてはAEWか KH101も該当するがV-22もAEWへの派生が期待された機体であり提案もなされているその価値はやはりCECとSM-6だ
  • bebe @EDCB_Apple 2017-07-15 22:57:01
    27DDGから海自のCECが始まるが水平線の先が見えるセンサーがないCECなどタイヤのない自動車でCECはE-2DなどAEWと組んでSM-6を積んでこそ大いに意味がある 完全に無意味とは言わないが今のままでは27DDGのCECは米との協働以上の価値はない いやそれはそれででかいが
  • bebe @EDCB_Apple 2017-07-15 22:59:11
    最近P-1FOSが出てきているため艦載AEWが必須として認識されているわけではないようだが艦載AEWの価値は大きい V-22もKH101も滞空時間を抜いても与圧されていないので高度が低く不満があるが もしかしたらそれでP-1FOSなのかもしれない
  • bebe @EDCB_Apple 2017-07-15 23:01:47
    ともかくV-22採用の場合はAEWへの派生も視野に入ることになる ヘリよりはティルトの方がAEW向きであるし最近の米軽空母話を聞く限り日本がV-22のAEW化を進めるのならアメリカも今後の軽空母検討の搭載機バックアッププランとして協力が期待できるだろう
  • bebe @EDCB_Apple 2017-07-15 23:03:22
    ただAEWについてはP-1FOSが来るのなら優先度は低い また整備負荷の大きいらしいV-22を艦に大量に積むのは辛い物があるだろう だが「海自がティルトローター機を採用する」ことには他に意味がある
  • bebe @EDCB_Apple 2017-07-15 23:03:58
    すなわちUS-2代替にむけた「将来遠距離CSARの布石」だ

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「ライフハック」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする