10周年のSPコンテンツ!
1
ゲバラシャツを着た文化左翼のボブ @hnakatsu1977
団塊ジュニアの世代だと、老後の生活については貯蓄があっても難しいんじゃないかなぁ。
ゲバラシャツを着た文化左翼のボブ @hnakatsu1977
年金制度は、うまくやればあと20年間はもつだろうけど、その後は破綻するしかないだろう。発想を転換して思いもよらない方法が見付かればわからないけど、まず無理だろうなぁ。
ゲバラシャツを着た文化左翼のボブ @hnakatsu1977
その考えの理由だけども、まあ単純な話で、現在の老人たちを支えることは、もしかしたら少し苦しいかもしれないが、2番目に人口の多い世代である団塊ジュニアが労働力としているので彼ら(というか俺ら?)が「安い対価で働けば」高インフレを起こすことなく乗り切ることができるだろう。
ゲバラシャツを着た文化左翼のボブ @hnakatsu1977
だけど、悲しいことに団塊ジュニア・ジュニアは人口ボリュームが弱いので、団塊ジュニアが老後になったときにはその大きな人口ボリュームを支えることができず破綻するしかないだろう。
ゲバラシャツを着た文化左翼のボブ @hnakatsu1977
なんていうかなぁ、財源って税収だけを見てたらダメなんだよ。ツイッタを見てると財政を拡大しろっていう意見をよく見るけど、財源はもうないんだよね。高インフレにならなければ財政は大丈夫、とすると団塊の世代と団塊ジュニアがダブルで労働市場にいたことが日本の財政を安定させていたんだよね。
ゲバラシャツを着た文化左翼のボブ @hnakatsu1977
それで、最大の人口をほこる団塊世代は労働市場からほぼ退場しつつある、と。局面はもう変化しているんだよ。
ゲバラシャツを着た文化左翼のボブ @hnakatsu1977
税金の役割が通貨価値を維持することとすれば、労働だって通貨価値を上げているので同じなんだよ。
ゲバラシャツを着た文化左翼のボブ @hnakatsu1977
失われた20年とか、デフレがどうとか、あれって労働市場に人があふれ過ぎてたってことだよ。その大量の(しかも教育レベルの高い)労働力を我が国は全く生かすことができず、もてあまし、大量のコンビニやファミレスを24時間営業にするくらいにしか使えなかった。
ゲバラシャツを着た文化左翼のボブ @hnakatsu1977
2000年代に構造改革とか言ってた連中は本当に国賊だよ。なにが「改革なくして成長なし」だよ、バカ。あほかと。合理化なんかしなくても労働力は溢れていただろうがよ。
ゲバラシャツを着た文化左翼のボブ @hnakatsu1977
なんか、2000年代からの政治を思い返すとむかむかしてくるね。

平成29年7月26日追加
「経済成長について」はまた別のところで

ゲバラシャツを着た文化左翼のボブ @hnakatsu1977
これtogetter.com/li/1132034のコメント欄見てたら「2%インフレは経済成長に必要だ」みたいなことが書いてあって、そのへんって全然理解できないんだよなぁ。
ゲバラシャツを着た文化左翼のボブ @hnakatsu1977
そもそも「経済成長」ってどう意味で使ってるのかがみんなてんでばらばらで、そこからもう、はぁ、っていう感じなんだよね。
ゲバラシャツを着た文化左翼のボブ @hnakatsu1977
まあ、自分の書いたのも説明不足過ぎで意味不明だけども。
ゲバラシャツを着た文化左翼のボブ @hnakatsu1977
『団塊ジュニアが労働力としているので彼ら(というか俺ら?)が「安い対価で働けば」高インフレを起こすことなく乗り切ることができるだろう。』って書いたんだけども、オイラの考える現在日本の経済体制は奴隷制に近いと考えてるんだよね。
ゲバラシャツを着た文化左翼のボブ @hnakatsu1977
低賃金で働く人々が労働人口にそれなりの割合でいて(しかも一人で飲食店を回せるくらいの能力を有していたり、トラックを運転できる技能を持っていたりする)、彼らが物価を押し下げてくれるおかげである程度以上の所得があればかなりの暮らしができる。
ゲバラシャツを着た文化左翼のボブ @hnakatsu1977
通販で買った物がすぐ届く、24時間365日営業の小売店や飲食店がいっぱいある。価格が安いので気付かないだけで、かなりコストの掛かるシステムで本来ならそれなりの対価を負担する人々がいなければ維持できないものだろう。今はそれをそこで働く労働者が負担し、消費者はその恩恵に与かっている。
ゲバラシャツを着た文化左翼のボブ @hnakatsu1977
「脱デフレ」って本当に意味不明な政策目標なんだよ。デフレそのものが原因となってる不況は90年代末の金融不安が終息した時点で終わっている。金融不安の頃なら「信用不安がデフレを招き、そのデフレが更なる信用不安を招く」というふうになっていたけど、それ以後は違う。
ゲバラシャツを着た文化左翼のボブ @hnakatsu1977
現在のデフレは奴隷制を敷いた結果に過ぎない。だからこそ、小泉以降の政権が脱デフレを掲げてもいっこうに成功しない。本当の原因を無視して周りをぐるぐる回っているだけだから。格差是正をする気がない政権が脱デフレをしようとすると、原油価格の上昇とかしようとするので本当にやめてほしい。
ゲバラシャツを着た文化左翼のボブ @hnakatsu1977
うん?話がずれてきてるな。話を戻してなぜ『団塊ジュニアが「安い対価で働けば」』となるかと言うと、労働人口が減りその上減った中から介護の割合も増やさないといけない状況では、低賃金労働者がいなければ物価上昇は大きくなるし介護予算を捻出するための大増税も必要となる。
ゲバラシャツを着た文化左翼のボブ @hnakatsu1977
ここでの物価上昇は、好景気のそれとは違い今まで消費出来ていたものを抑制するための物価上昇で、実質所得の減少としての物価上昇となる。
ゲバラシャツを着た文化左翼のボブ @hnakatsu1977
社会が物価上昇と大増税を受け入れるか、それとも低所得労働者層がこれまで通りの低賃金を受け入れるか、というのをものすごくはしょって書いたのが『団塊ジュニアが「安い対価で働けば」』ということなんだよね。
ゲバラシャツを着た文化左翼のボブ @hnakatsu1977
まあ、生産性向上により物価上昇は抑えられる可能性もあるけど、そのあたりは運かなぁ。段階的な最低賃金の上昇によって本当に人手不足になる前に対応を促すというようなことをしなかったので、まあそんなことはできず、低賃金労働者に負担を押し付けていく方向で行くんだと思うけども。

物価上昇は今の日本では大量の借金があるのでかなりデンジャーだ、というのを付け加えようと思ったけど、ちゃんと説明しても「何を言ってるんだ」となるものを説明なしでは、ね。日本の財政が破綻するかどうかは、これからが問われるのだと思っています。

考えの根拠というか、考えのきっかけを書くのを忘れてたので下のツイートを追加。(2017年9月18日)

残りを読む(28)

コメント

言葉使い @tennteke 2017年7月21日
小泉政権が動き出すまでの「失われた20年とか、デフレがどうとか、あれって労働市場に人があふれ過ぎてたってことだよ」は、銀行の債務が全くの不透明で融資から回収からが機能しなくて、会社が動けなかったからでしょ。私の感触では日本人が中国製品に明確な脅威を持つようになったのは2000年秋冬のユニクロのフリース旋風と、2001年4月の農水省がやったセーフガードの時期。そのときくらいまでの日本製品は高価格で「国際競争力が無い」と言われていた。
言葉使い @tennteke 2017年7月21日
小泉路線に反対なのはいいんだけど、あの当時の選択肢には経世会竹下派支配の継続が、岡田民主党しかなかったけど、経世会支配が崩れたのは財源がなくなる不安だったし、岡田民主党は清貧の思想でマジョリティの支持は得られなかった。そこで「実は郵政以外の小泉政策は岡田民主党の丸パクりだった」という人がいて、小泉純一郎は民主党の路線を民主党より上手く、プラスアルファ込みでやれると見られていた、という人までいる。
言葉使い @tennteke 2017年7月21日
小泉路線を引き継いだ安倍政権(第一次)が崩壊したのは経済政策の失敗じゃなくて「消えた年金」問題でしょ、政策論争ではなく政局論争が本格的になって、「改革なくして成長なし」よりも「反自民こそ正義」の日本。
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年7月21日
そもそも2%インフレとは個人所得が向上することによるある種健全なインフレであって成長には必要なことなんだが、現実は今の日本で多少所得が伸びたところで2%インフレどころかデフレ脱却すらできないのではないかなと・・・
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年7月21日
インフレというのは供給減か需要増によって発生する。しかし今の日本においては震災か戦争でもなければ供給減によるインフレ考えづらい・・・とするなら需要増によるインフレとなるのだが、テーマである人口減問題を考えるなら高インフレを引き起こすような「旺盛な消費(高需要)」が今の日本で起こり得るのか・・・
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年7月21日
つまり「少ない商品を多くの人々が奪い合う」状況が震災や戦争などの供給減(これは財政問題に関係がない)ではなく「旺盛な消費」による需要増で発生する状況が想定し得るのか?
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年7月21日
経済の破綻の定義は2あり・・・ひとつは「デフォルト(債務不履行)」でひとつは「ハイパーインフレ」・・・前者は国債が自国通貨建てである以上は発生しないので日本における「破綻」の定義は後者・・・つまり「ハイパーインフレ」の発生ということになる
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年7月21日
だが「インフレ」が需要増から発生する現象である以上「ハイパーインフレ」はハイパー需要増ということになるのだが実際にそんなものが今の日本で発生するのか? また発生するとしたらその条件は?
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年7月21日
経済の破綻の定義は2あり・・・ひとつは「デフォルト(債務不履行)」でひとつは「ハイパーインフレ」・・・前者は国債が自国通貨建てである以上は発生しないので日本における「破綻」の定義は後者・・・つまり「ハイパーインフレ」の発生ということになる
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年7月21日
だが「インフレ」が需要増から発生する現象である以上「ハイパーインフレ」はハイパー需要増ということになるのだが実際にそんなものが今の日本で発生するのか? また発生するとしたらその条件は?
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年7月21日
もし「ハイパー需要増」が発生するならその条件は「ハイパー所得増」しか考えられない。しかしなあ・・・
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年7月21日
つまり日本という国家が破綻するというのは考えづらくてどちらかといえば人間社会が破綻するように思う・・・具体的にはどんなにお金を積んでも人間がいない事による医療介護の崩壊とか(逆に労働者世代においては人手不足は歓迎すべき状況)・・・
社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年7月21日
まあ実際のところはいまいち想像できないんだけどねえ・・・
なすひこ @nasuhiko_ 2017年7月21日
とりあえず近年急に子育て環境の改善が進んでいるのは団塊ジュニアの年金対策(のアリバイ作り?)だと邪推してる。今生まれた子が労働年齢に入る頃と団塊ジュニアの年金受給年齢がほとんど同時ですもの。団塊ジュニアの年金のため、それより若い世代はどんどん子どもを作っていただきたいものです。
なすひこ @nasuhiko_ 2017年7月21日
「失われた~年」というのはかなり前から言われてて、実質的に90年台初頭からずーっと「失われ」っぱなし。政治は結果責任とおっしゃる方が多いですが、その論に従うならば結果としてここ30年間の自由民主党の財政に関しての責任は非常に重い。ここに国民の「自民党に任せてても結果的に良くなってないから別の党に任せてみよう」という意識が生じる。民主党政権誕生やらはテレビが煽った部分もあるが、結果責任を正しく国民が認識していることがその素地にある。
めざせチャンネル登録1000人 @plmjp 2017年12月24日
北欧かぶれは「北欧みたいに税金上げれば解決する」とかまじで思ってる。ぜんぜん違う。あちらさんは、まず北海油田がある。植民地もある。武器の製造輸出をしている。税金なんかはオマケなんだよ。
ポポイ @p0poi 2018年8月23日
<#民主党 政権の3年間は暗黒時代>,て意見,大所高所に立ててないのではと思い,#失われた20年 に関し調べてみてるのだが,参考に,メモ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする