Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

「グランドオーダー・フォー・ザ・フューチャー・オブ・ネオサイタマ」♯7

ニンジャスレイヤーとFate/GOのクロスオーバー二次創作小説です。1話はこちら→https://togetter.com/li/1129391 前はこちら→https://togetter.com/li/1133370 次はこちら→https://togetter.com/li/1135690
0
よつばりんご @chiyotsu1015

◆許可◆今日FGO+ニンジャスレイヤーの二次創作小説をほんの少し投稿します。夜は騒がしいかもしれませんがよろしくお願いします◆願望◆

2017-07-28 08:19:12
よつばりんご @chiyotsu1015

◆今からニンジャスレイヤー+FateGOのクロスオーバー小説を流します◆実況タグもあります◆#njFateGO でよろしくお願いします!!◆

2017-07-28 19:07:45
よつばりんご @chiyotsu1015

【グランドオーダー・フォー・ザ・フューチャー・オブ・ネオサイタマ】♯7

2017-07-28 19:07:57
よつばりんご @chiyotsu1015

黒羊めいた化け物の群れが炎のカタナに斬られ、消える。カーネアラビアットは次々と化け物を生み出している。だが、新撰組には化け物を殺す事はベイビー・サブミッションにすぎない!斬って燃やし斬って燃やし斬って燃やす!「「「バアァァーッ!」」」化け物の断末魔が闇夜に吹き荒れる!144

2017-07-28 19:09:02
よつばりんご @chiyotsu1015

暴れまわる新撰組の様子を見たニンジャスレイヤーは、屋上へは上がらずUNIXを開いた。「どうだ」『全国各地で侵攻が続いているわね……ネオサイタマ市警のマッポやデッカー達も慌ててるわ。こんな事有り得ちゃいけないもの』「冷静だな」「ニンジャスレイヤー=サンもですよね……」145

2017-07-28 19:12:38
よつばりんご @chiyotsu1015

マスターは焦燥に駆られつつ、飛び出しそうになるのを堪える。自分が見つかったら、カーネアラビアットに刈られ兼ねない。『波を止めようとしても呑み込まれるって。ネオサイタマでは何も起きてないけど、報道はそろそろされるんじゃない』世界各地で起きているのは、01の波による消滅だ。146

2017-07-28 19:15:17
よつばりんご @chiyotsu1015

マップが端から燃やされるように、世界が端から消えていっている。01光が世界中を壁めいて囲み、尚且つ内部の面積を急速に小さくさせている。抵抗手段は未だ見つからない。「これ程の行為は聖杯に出来る事なのか」「多分……聖杯は願いを叶えるので」『でもこれは異常だね』147

2017-07-28 19:18:42
よつばりんご @chiyotsu1015

ダ・ヴィンチの声が複数接続通話許可されたUNIXから響く。『おそらく今、特異点が作られようとしている真っ最中だよ。元々特異点における聖杯は空間における魔力の使用方法を決めるルールめいた物であり、本来カタチの無い物の筈なんだけど、そのルールが今作られてる』148

2017-07-28 19:22:21
よつばりんご @chiyotsu1015

『ネオサイタマに魔力はそれなりにあったが……今急速に魔力量が増加してるね』ホームズの声。『世界中に01光が発生してるのに対して、ここでは一切起こってないわ。あくまで敵はネオサイタマに拘ってるみたいね』ナンシーが言った。『ここが特異点になる前に敵を倒さないとダメだ』149

2017-07-28 19:26:14
よつばりんご @chiyotsu1015

ダ・ヴィンチが断言した。「どうしてです、ダ・ヴィンチちゃん」『魔神柱であろう、あのアジトに膨大な魔力が集まりつつある』「何かしようとしているのか」『絶対そうだね。悪い予感しかしない』ニンジャスレイヤーは頭上に目を凝らす。ニンジャの力を持ってしてもかろうじて見える程度の暗雲。150

2017-07-28 19:29:16
よつばりんご @chiyotsu1015

それがネオサイタマを覆いつつある。暗黒支配階層めいて隠密に事態が動いていた。「確かに、カーネアラビアット=サンに時間をとっている場合ではなさそうだ」『そうはいってもな、アイツニューロンの守りだけはシッカリしてんだよ!』エーリアスからの通信。『ジツ酷使してンのに!』151

2017-07-28 19:32:25
よつばりんご @chiyotsu1015

『あら、久しぶりね。大丈夫?』『大丈夫じゃねえ!いくら集中してもダメだ……どうしよう』「ブレイズ=サンに代わったらどうだ」『そう簡単に代えられるモンじゃ』『大丈夫だ!もうすぐ終わらせる』ガンドーの声が遠くから聞こえた。『アイツ、もうスタミナ切れみたいだぜ』152

2017-07-28 19:35:29
よつばりんご @chiyotsu1015

屋上では、新撰組の二人が最後の化け物を斬り捨てた。「楽勝でしたねー」「さて、お前で最後だな」「ヌウ……貴様ら……これで終わると思うな!」カーネアラビアットが吠えた。彼の周りに黒い靄がかかった。「ナンだ!?」靄は屋上を覆い尽くす!「何事だ!」ニンジャスレイヤーは跳躍!153

2017-07-28 19:38:11
よつばりんご @chiyotsu1015

「グワーッ!」だが靄に弾かれた!「ニンジャスレイヤー=サン!」マスターが駆ける!「下に居るな!」ニンジャスレイヤーは体制を変え、鶴めいて着地。マスターは安心して息を吐いた。「内部で何か起きているようだな。通信は」『ダメね。切れてるわ』『サーヴァント反応はあるけど……ダメだ』154

2017-07-28 19:41:44
よつばりんご @chiyotsu1015

黒き靄の内部では、人間の姿に戻ったカーネアラビアットが1人佇んでいる。その周りには、苦しむガンドー達。「グワーッ!」「畜生……」「何をしたんです……!」「私のローカルコトダマ空間にようこそ。徹底的にトラウマを掘り起こして精神を壊してやろう」155

2017-07-28 19:44:32
よつばりんご @chiyotsu1015

「さっきよりヒドイなこりゃあ……」ヒジカタは歯を喰い縛り耐える。「所長、シキベ……!違う、てめえは違う!」ガンドーは唸る。「私はもう……!コハク……!」立ち向かおうとカタナを握るオキタ。「アー、あの時は確かに痛かったなあ」平然としているエーリアス。「何!?」156

2017-07-28 19:50:18
よつばりんご @chiyotsu1015

「貴様、何故立ち上がれる!」「ン?イヤ、俺今までトラウマと言って良い事あんま無かったし、ピンチになってもニンジャスレイヤー=サンが助けてくれたし、アンマリなあ。1番のトラウマ要因は今は味方のニンジャスレイヤー=サンだしな」エーリアスは向き直り、ニヤリと笑った。157

2017-07-28 19:54:56
よつばりんご @chiyotsu1015

「で、ここはアンタのコトダマ空間なんだろ?実際ニューロンポートが開かれたのと同じ事じゃねぇか」エーリアスは額に人差し指と中指を当てた。「イヤーッ!」「グワーッ!」空間が荒れる!「役立たずの汚名返上だぜ!イヤーッ!」エーリアスは攻撃を続ける!力が広がる!158

2017-07-28 19:57:13
よつばりんご @chiyotsu1015

辺りの靄がいとも簡単に晴れていく。「そんな……!私の!アバッ、私の世界が……!」「悪夢はさ、覚めるモンだろ?」エーリアスが言った。「じゃあ早く終わらせねえとな。オッサン達苦しんでるし」「ヤメロ、ヤメロー!」「イヤーッ!」「サヨナラ!」カーネアラビアットは爆発四散!霧消!159

2017-07-28 20:00:56
よつばりんご @chiyotsu1015

「ハイ、終わったぞオッサン達!どうだ、俺スゴイだろ!」「ああ、実際助かった……」ガンドーが立ち上がった。「ヒジカタ=サン?さっきより、って言ってましたけどナンデコイツがこんなジツ持ってるって教えてくれなかったんです?」「お前なら大丈夫だと思った」「エー?」160

2017-07-28 20:03:25
よつばりんご @chiyotsu1015

屋上にニンジャスレイヤーとマスターが上ってきた。「大丈夫ですか!?」「ああ、何とかな」「身体に異常が無いなら次のイクサに行くぞ、時間がない」「何があったんです?」「ネオサイタマ以外の世界が崩壊している、早くアイツを倒さないとヤバいって事が分かったよ」「ナンだと!?」161

2017-07-28 20:06:28
よつばりんご @chiyotsu1015

「アレッ、言ってなかったっけ」「エーリアス=サン……」エーリアスは誤魔化して苦笑いした。「早いところ行こうぜ!時間ないンだろ」「そうだな、乗り込むか」ガンドーが古布を巻き直した。『最終決戦だね、この規模の出来事を起こせる聖杯を持っている敵が弱い訳がない』ホームズ。162

2017-07-28 20:09:41
よつばりんご @chiyotsu1015

「分かってますよ、でも今は頼れる味方が居ます」マスターは胸を張る。「俺も成長出来たし!早いところ終わらせ……」マスターが止まった。『先輩?』マシュが心配する。「いや、何でも……」マスターは思った。(この世界で魔神柱を倒したら……ニンジャスレイヤー=サン達はどうなるんだ?)163

2017-07-28 20:12:50
残りを読む(3)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?