意識的に子供向け「入門書」や「翻案」を出さないとジャンルの将来が危うい?SFやミステリの盛衰で考える ~芦辺拓氏のツイートを中心に

私的なことをいえばポプラ社に「SF教室」(筒井康隆)「推理小説の読み方」(中島河太郎)という大大傑作があり、これで自分もそのジャンルを読み始めたようなものでした。そういう本は途切れず出版されていると思ったのですが―。こういう子供向け入門や、名作のジュブナイル化は、次代の読者を育てるために「意図的に」作るべきではないか?という問題意識は、自分も持っているけど、プロ推理作家の芦辺拓氏も問題意識…という続きを読む私的なことをいえばポプラ社に「SF教室」(筒井康隆)「推理小説の読み方」(中島河太郎)という大大傑作があり、これで自分もそのジャンルを読み始めたようなものでした。そういう本は途切れず出版されていると思ったのですが―。こういう子供向け入門や、名作のジュブナイル化は、次代の読者を育てるために「意図的に」作るべきではないか?という問題意識は、自分も持っているけど、プロ推理作家の芦辺拓氏も問題意識…というより危機感が強いようです。 カテゴリは「エンタメ」の「その他」に。 ツイートを使わせていただいたアカウントはこちら(※追加は除く) @ashibetaku @keep9_ @sayakatake @kenjisato1966 @shimojo334 @SagamiNoriaki @hidemotoNakada @eizenstppp @shima_usa96 @Pm2010Aje @jgagtgmj @SAITOHJIGOKUDOH @suezo_act2 @erokimota @doctoruwatson @Kojirou5Kojirou @mon_emon @tairyo009 @pokomoko_daikan
ミステリー ジュブナイル 推理小説 入門書 SF 芦辺拓 翻案
gryphonjapan 52014view 167コメント
192
ログインして広告を非表示にする

コメント

  • gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 15日前
    芦辺拓氏@ashibetaku はじめ各氏に多謝 「誰でも編集可能」です
  • gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 15日前
    冗談抜きに、中学生向けに…たとえば性的表現の限界には注意しつつ(笑)「BLの名作や意味を(LGBTの問題にも配慮しつつ)紹介する入門書とかがあっていいだろうしね。/異世界ファンタジーも、一ジャンルとして入門書があってもいいか、もはや。/ゲームだってそうかも
  • gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 15日前
    商業的な出版が難しいなら、有名どころの出版社が協力して、ネット上にでも、小中学生を想定した文章で(これが少ない気がする)、名作のブックガイド的な、それも質量ともに圧倒的なポータル性を持つサイトを作るとか…
  • ヘルヴォルト @hervort 15日前
    アニメや特撮でもごく稀に「子供むけ番組なんか」という態度の人を見かける 俺は常々「子供むけ番組だからこそ」と思ってるんだけどなぁ
  • スズメ @suzume002 15日前
    年少読者向けの作品によって「育てる」という発想がすでにダメだと思う。
  • こざくらちひろ @C_Kozakura 15日前
    プロへの登竜門となる脚本家の賞レースでもSFと時代劇はことごとく対象外だからねえ。SFはジャンルとしては時代劇同様衰退するしかないだろうねえ。現実問題として、アニメがSF最後の砦となってる。
  • 言葉使い @tennteke 15日前
    SHERLOCK で「六つのサッチャー」の副題を知ったとき「六つの乃木将軍像かよ!」と突っ込んでしまったものでした。ホームズ物が日本に来たとき、日本の事情に翻案されていたと入門書のコラムで読みまして。怪人二十面相は「盗」の字が子供の教育に悪いから「怪盗」とできなかったとか。でも今この手の話しはネットで読めるし、真偽もよく解らないと言われたりするし。
  • 言葉使い @tennteke 15日前
    近頃の「ホームズ初心者」って、名探偵になるんだ!となんでも推理してことごとく外しまくる恥ずかしさは体験しているのだろうか?
  • nakatsu_s @nakatsu_s 15日前
    SFマガジン初代編集長だった福島正実さんが、当時の大御所SF作家にも少年向けSFを執筆させていた理由の1つが、幼年読者の育成のためというのはある。また一方で野田昌宏さんのエッセイにもあるが、福島さんが自身がパクって他社から抄訳を出して儲けていたという証言もあって草
  • 山本弘 『BISビブリオバトル部』 @hirorin0015 15日前
    僕なんか初めて読んだ『ホームズ』は、ワトソンが少年に改変されてたバージョンだったからなあ(笑)。それから何年も、ワトソンは少年だと思ってた。だからちょっとぐらいの改変なんて気にならない。
  • YATAGAI Kazuo @foxhanger 15日前
    子供向けの「SF入門」はあるべきだと思いますが、「子供のうちからSFに入門させるべきだ」とあまり声高に言いすぎると、大きくなってから読み始めた「にわか」が肩身の狭い界隈になるようにも思えます。
  • 山本弘 『BISビブリオバトル部』 @hirorin0015 15日前
    ドロシーがシートンの「妹」に改変されてる『宇宙のスカイラーク号』とかも、いい訳だと思ってます。
  • 山本弘 『BISビブリオバトル部』 @hirorin0015 15日前
    グレーウィッチの『栄光の宇宙パイロット』なんて、原作の「竜座の暗黒星」と比べてみたらすごい改変がされてることに気がついたんだけど、でも改変された子供むけバージョンの方が面白いんだよ。
  • 山本弘 『BISビブリオバトル部』 @hirorin0015 15日前
    だから昔の作品を今の子供むけに改変するのって、アリだと思う。オリジナルより面白くなるんであれば。
  • メー @haruhiz 15日前
    リブート版ペリーローダンの話題が一つもないだと
  • 葛西伸哉 @kasai_sinya 15日前
    小学生にも人気があって、ドイルと乱歩を大々的に紹介してる『名探偵コナン』の、こういう文脈での評価はどんなもんなんだろう?
  • 山本弘 『BISビブリオバトル部』 @hirorin0015 15日前
    foxhanger 「○○に入門させるべき」というスタンスはまずいですよね。子供が何を好きになろうが自由なんだから。
  • 山本弘 『BISビブリオバトル部』 @hirorin0015 15日前
    hirorin0015 僕の場合、すでに中学時代にSFを好きになってて、もっと詳しく知りたいと思ってた時期に、タイミングよく出たのが『SF入門』だったから、一発でハマった。
  • 言葉使い @tennteke 15日前
    あぁ、全く別の文脈で岡田斗司夫氏が「マンガはアートではない、アートとは子供が自分から手を伸ばさないもの」というフランス人の意見を紹介していたけど、SFや推理小説や洋画を大人が用意して子供が接するようにしないと~って、悪い意味での「博物館行き」に踏み込んでいるということか。
  • 権中納言明淳 @mtoaki 15日前
    アニメやゲームがその役を果たしてる気はする。
  • 言葉使い @tennteke 15日前
    子供が自分で手にする人数が市場を支えるほどにはならなくなった、という意味で「面白い物ではなくなってきた」と考えたとき、「子供にとっての面白さ」とは何か大人が頭を捻るようになっている時点で、「昔は良かった」「そんなことする必要があるのか」は、一種の石原慎太郎だ。https://togetter.com/li/1136632
  • 言葉使い @tennteke 15日前
    社会の変化に推理小説やSFや洋画が対応できないんじゃない、対応しようとしたら「変化する必要なんかない」という老害が現れるんだ。
  • 言葉使い @tennteke 15日前
    もちろん「そんな本が売れるわけがない」と決めつけて出版しない連中のことですよ。tennteke
  • 特急ニセコ @ExpressNiseco 15日前
    そもそも日本には「ドラえもん」と言う非常に知名度が高いSF入門作品が存在する訳なのですが、あちらはあまりにジャンルが大き過ぎて「ドラえもん」と言う別枠になっているのかもしれないですね…
  • 雨男 @ameot0k0 15日前
    漫画やアニメ・ゲームが下を育てる役割果たしてるでしょ。ミステリならコナン、SFならポケモンなんかにもSF的要素散りばめられたりしてるし。活字離れの問題というなら違うけど。
  • じーさん @GAS474 15日前
    児童書業界が現在、どうなっているか余り知られていませんか?  一部の児童書関係者は現在、政治批判やエネルギー問題を取り上げるのに注力しています。2、3事例を上げます。   1)池内了「巻頭エッセイ」より ”科学燃料や鉱物資源を地下から掘り出して利用する現代の文明は、やがて資源の枯渇と環境汚染によって行き詰まることは確実” <月刊書評誌 子どもの本棚/2016年1月/日本子どもの本研究会>
  • köümë @tknr_koume 15日前
    狭量な原理主義がジャンルを滅ぼす
  • じーさん @GAS474 15日前
    2)小出裕章 「嘘をつき、謝りもしないこの国」より ”子どもの被爆を少なくしたいと不安を口にする親は、復興の邪魔だと非難され、罪のない被害者同士が分断される。その陰で、事故に責任のある加害者は誰一人として処罰されず、さらに原子力を進めようとする。” <子どもと読書/2016年1・2月号/親子読書地域文庫全国連絡会>
  • CD @cleardice 15日前
    ミステリはコナンのカバー折り返しコレクションとか出したらだいたい用が足りると思う
  • じーさん @GAS474 15日前
    3)池田香代子「子どもたち、政治的主体になってください」より 主権者教育について”子どもたちにお手伝い日誌を提出させ、教師はそれを評価する、ということになるかもしれないそうです。国家は学校を通して家庭生活に手を突っ込むぞ、という宣言です。”<子どもと読書/2016年7・8月号/親子読書地域文庫連絡会>
  • イズミ @sokonan 15日前
    本の裏表紙にISBNとバーコード入れるようになったとき、バーコードの入ってない既存の本は店頭から回収、破棄されて、名作は重版でバーコード入りが新しく印刷されたけど、それ以外はかなり淘汰された、みたいな論を読んだことある。70年代のSFブームが終焉しても本屋に残っていた作品がそこで一気に無くなっちゃったと。
  • じーさん @GAS474 15日前
    昔から児童書業界は、子どもたちの為ならば、多少強引な手段をとっても良いという風潮がありました。例えば、児童書で警察官の仕事や警察車両といった題材は取られても、自衛隊を題材にした児童書はほとんどないことは近くの書店を除いてもわかると思います。 その中でも特に一部の人はは検閲や情報統制に類する行為を公言するようにもなりました。 勿論、建設的に公平な視点もありますが、東日本大震災を経てから、過激な発言が増えた印象があります。
  • nakatsu_s @nakatsu_s 15日前
    現状では漫画のミステリはもちろん、講談社の青い鳥文庫、KADOKAWAのつばさ文庫もある程度役割を果たしているかと。ただ福島正実さんは、嫌がる一流のSF大家に『無理やり』書かせていたってのもポイント。だから質の高さもあった。
  • nakatsu_s @nakatsu_s 15日前
    hirorin0015 分かる。岩崎書店の福島正実・抄訳「宇宙怪獣ラモックス」とか、省く部分が絶妙で、後に大森望さんによる完訳版「ラモックス」も素晴らしいけど、勝るとも劣らない。あの感覚が子ども向けSFに活かされたのだなと後に実感した。
  • 言葉使い @tennteke 15日前
    ただ今の日本って、自分の意見のために材料を集める人が多くて、散らばっている材料から真実を見抜こうとする人を罵倒する人が多いから、ミステリは魅力がないんじゃないかしら。刑事コロンボは滅多に正義を口にしないけど、杉下右京とか古畑任三郎は過剰なほどに正義を口にするし。場合によっては犯人と取引して見逃してもいいと言う御手洗潔は突き抜けちゃったしなぁ。新本格派が落ち着いた現況をなんと説明するか。
  • じーさん @GAS474 15日前
    sokonan 在庫処分や売れなかった言い訳に出版社がISBNを利用している部分があります。 中には、ISBNを主因としたものもあったでしょう。 ですが、1)1981年のISBN以前に1970年から書籍コードが導入されている。 2)流対協を中心とした表示保留が1991年まであった。 3)ISBNによらず店頭で販売するか否かは書店の判断による。 という事実があります。 <湯浅俊彦/日本の出版流通における初志情報・物流情報のデジタル化とその歴史的意義/ポット出版>より
  • nakatsu_s @nakatsu_s 15日前
    講談社の宇山日出臣さんが最晩年に手がけた講談社ミステリーランドも、大成功したとはいえないので、これって本当に「地に塩、世に光」という気持ちでやらないといけない割と困難な道。https://goo.gl/2LRWHc
  • kimuraお兄さん @nobuo_kimura 15日前
    ( ×H×)y-~~「ジャンルを切り開く編集者・出版関係者」というのはやっぱり偉い。毀誉褒貶が激しい人が多いけどさ。
  • たさか(隣人部員) @ktasaka 15日前
    「再話」(もともと大人向けに書かれた話を子供向けにわかりやすくアレンジする)の話なのか「はなから子供向けに創作する」話なのか…
  • 権中納言明淳 @mtoaki 15日前
    SFやミステリの精華が他ジャンルやメディアに取り込まれているから、いちいち意識しないまま摂取してると思うけどな。「小説」にはなかなか踏みこんでこないにしても。
  • yuki🌾2さいのさにわ⚔ @yuki_obana 15日前
    信者が欲しいなら年齢は何歳でもさして問題じゃない。大事なのは持ってる札束の量に依存する。作り手が欲しいなら幼少期からの学習は必須になる。まぁ凋落ジャンルなんてそれ専業で食えて養えるだけのキャッシュが流れてくるかっていうとそうでもないんだから副業できる程度か金持ちの道楽程度にとどめるしかないよ(´・ω・`)そのために学習ステ振りが全部そっちに回ったらやってけないんだから引き擦り込んでもねぇって話になる。
  • 言葉使い @tennteke 15日前
    nakatsu_s そういえば今の岩崎書店の社長は「もしドラ」の岩崎夏海さんだから、プレゼン次第では乗ってくれるかも。http://www.iwasakishoten.co.jp/company/cc974.html
  • 段ボールが本体 @Himade4tama 15日前
    格闘技も、当時見てた人ばっかで若い子みないもんね。
  • ウォルラス @walrus_SEIICHI 15日前
    子供の頃は時間と集中力があったので、漫画雑誌や文庫解説を隅々まで読み込んでいた。そこからもっともっとと掘り下げていった。今でも、小ネタ解説やオマージュの指摘を見るとマニア心をくすぐられワクワクする。 こういった形で、いわゆる子供向け作品などに良質なキュレーションが隣接しているとハードルはかなり下がると思う。
  • nz @darks508 15日前
    消費者を増やしたいのであれば「このジャンルに来るならこれを知っておけ、これも知らずにこのジャンル好きとか言うな」と言われている…と感じられるおそれのある壁を作ってはいけないと思うんだけど、「入門書」っていうのはむしろその壁を見せびらかすもんなんじゃないのかな。「基本を知らない君たち子供に、壁をわかりやすく教えてあげますよ」って顔で
  • 通りすがりのだいこん @KansaiF 15日前
    小説のSFは親しんでいないけど、ハリウッドは半分SFだからそっちで大量に親しんだクチだわ。だから、文章置いてもストーリーとかガジェットの求めだけは半端なくなってしまうんだよなぁ。最近のSFX凄すぎだよね。あそこまでやられるとなかなか小説のアドバンテージを見出せない。
  • ろんどん @lawtomol 15日前
    hirorin0015 私も最初に読んだのは、ワトソン君が少年のバージョンでした。ワトソン君とベイカーストリートチルドレンが、小林少年と少年探偵団みたいになってたような記憶があります。創元文庫のホームズを初めて読んだ時、大人のワトソンに違和感ありまくりでした(^_^;
  • るいせ @ruise2 15日前
    SFのスーパーメカとかを集めた辞典を作ろうぜ。子供ってのは(絵付きの)辞典からハマるんだ。恐竜でも鉄道でもヒーローでも。 自分も子供の頃、ことわざ辞典やドラえもんの道具辞典を狂ったように読み返したものだぜ。 ミステリなら探偵辞典だな。事件辞典でもいい。SFならメカだ。メカを出すんだ。 「入門書」なんてしち難しいのいらねえよ。辞典を作れ。
  • gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 15日前
    mtoaki KansaiF [c4009883] SMAP解散騒動の際、『キムタクはタイムリープして解散を阻止しようと…』みたいなジョークが流行ったじゃないですか。何気にここまで、SFの概念は浸透してる!と感動してhttp://d.hatena.ne.jp/gryphon/20160121/p2 とか https://togetter.com/li/928278 を書いたりまとめたりしました。
  • 権中納言明淳 @mtoaki 15日前
    gryphonjapan まぁ問題は「SFと意識してない」事で、「士農工商犬SF」なのは変わってないように思う。今ではあって当たり前の概念・ガジェットであって、細かくこだわる「SFオタク」は忌み嫌われるというか。
  • nz @darks508 15日前
    俺SF好きだけど全くSFの教養なんてないから、「SF好きな人におすすめ!」とか言われると「あーきっと俺なんかが読んだらSF一級市民に殴られるやつだ」って引け腰になる。かといって「SFをよく知らないあなたに!これであなたも一級市民」とか資格ちらつかされても嫌。SFの匂いのまったくないところにポッと置かれてあったりして偶然出会えたりするとありがたいんだけど。SF一級市民の資格がなくても読んでいいやつ
  • みあ @mia_pyxis 15日前
    子ども向けの本こそ大事だと思う。児童書での読書体験が、その後影響することは少なくない。ゲームやアニメではわからない本の面白さに触れてほしい。
  • ぺりかんびん @perikanbin1 15日前
    ブックガイドサイトは、大手出版社が大手ベンダーに発注したらいれもののサイト作るだけで安くて数千万、データ投入別費用とかになるだろう。それがリアル出版より高いか安いかは分からないけど、webサイトつくるハードルはそんなに低くない。
  • hamp@横浜山中 @32hamp 15日前
    「宇宙怪獣ラモックス」の話を書こうと思ってたら、既に描かれてた。あれ、「宇宙の孤児」⇒「さまよう都市宇宙船」とか、大作SFの優良な「易しい版」が多量にあって、後から原本(じゃないけど)見つけて読むのも楽しかった。キャプテン・フューチャーもこのシリーズで知ったなぁ……
  • Xo @Xo25456676 15日前
    ミステリに関しては、夢水清志郎シリーズやパスワードシリーズにコナン(これは漫画ですが)といった小学生に人気の入り口は確保しているんですよね ただ、その次に読むようなメジャーな作品が少ないイメージ たとえば現代の森博嗣にしても古典のシャーロックホームズにしても、あれは入り口から一歩入ったばかりの人に読ませるのはきつい… 中間層が薄いためせっかく親しんだ人を逃しているということかもしれません
  • AoVA @AoVA 15日前
    入門解説書以前に、今子供向けの平易な訳で名作を取り揃えたジュブナイル全集的なものが存在しないので、とっかかりに読むこと自体がしんどいのが実情ではないか
  • Xo @Xo25456676 15日前
    SFに関しては古典ハードSF寄りの作品にSF界の人の目が行きがちなイメージ ソフトSF、ひいてはSF由来の概念そのものは現代の作品の多くと強く一体化しつつあるから逆に存在感が薄れたように見えるんじゃないかなと… テラフォーマーズやワールドトリガー、最近流行りの現代ではありえない科学技術を使ったデスゲーム系なんかもそうだけれど、読む人の多くの中から既に"SF"という区分が消えているように見える それだけ浸透したんだ、と自分はジャンルの発展的解消に喜びたい
  • 4LDK @4LDK 15日前
    SFやミステリーブームなんてものは遅かれ早かれどっちにしろ廃れる物だと想うけどね。 例えば寄せ書きを書く時、最初の一人は真っ白の色紙に自由に書ける。だけどみんなが書いた後の色紙に書こうとすると、オリジナルのものを書こうとしても他の誰かに似てしまう。そうすると、新しい作家は新しい物が書けなくなる。結果的に新しい作品は減る。新作が減れば買い手も減る。そうなればブームも終わる。ミステリーのトリックはとっくに出尽くしてるなんて話もあるし。
  • 4LDK @4LDK 15日前
    もし再ブームが起きるとしたら、ブームを生きた人達が死滅した後で、作家は過去の偉大な作品をパクり、過去の作品を全く知らない新しい時代の読者が「なんだこの作品は凄いぞ!」って盛り上がる時じゃないですかね。
  • YATAGAI Kazuo @foxhanger 15日前
    以前日本SF作家クラブが編集した『SF入門』は、入門書じゃなかったからな。
  • ВИК @qb_vick 15日前
    山中峯太郎のホームズを再販すりゃ良いんだよ。めちゃくちゃ面白い。完全にミステリーとはかけ離れてしまってるけどw
  • ちーこ/広沢千衣 @tadanochii 15日前
    ミステリーにかんしてはいい児童書や推理作家がガチで少年向けに書いたりしてくれてる本がそれなりにある印象。子供向けのホームズとかも今でも図書室の常連だし。 ただ、SFはな……ぱっと思いつかないや
  • はるを待ちかねたでなし @hallow_haruwo 15日前
    小学生のころ読んだ学級文庫か図書室のホームズはどのホームズだったんだろう。翻訳者とか出版社とか~版とか小学生の頃に意識してなかったからなあ。
  • タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @tatukoma1987 15日前
    hervort それは、アンパンマンの関係者や絵本作家が良く言いますね。「子供相手だからこそ子供だましが一切使えない」と。音楽も同じく、すぎやま先生が「子供だましは大人しか引っかからない」と言っています。子供ほど残酷かつ冷酷な視聴者は居ないと。
  • タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @tatukoma1987 15日前
    あさりよしとお先生のまんがサイエンスと宇宙家族カールビンソン読ませたらいいんや。そこをとっかかりとして、プラネテスとかカウボーイビバップとかに入ればいい。
  • 関戸ゆいぎ「しびとのこい」WEB連載中 @Yuigi_sekido 15日前
    ここで語られている事は実に重要だ。エロゲー業界も、中高生に向けた入り口を開拓していかないとな。
  • よく見かけるがどこにでもいそうでいない人 @namaehaaru 15日前
    下手なシリアスや燃えは、下手なギャグよりも寒い。
  • はるを待ちかねたでなし @hallow_haruwo 15日前
    子どもへ伝えるために工夫をこらすことと、子どもだましですますことは対極も対極っすわね。
  • よーま/富樫賢一 @yoma_kenichi 15日前
    あるジャンルが始まって30年くらいだと、最初から知っている人がたくさんいて教えてくれるし、“古典”から順を追って名作辿れば現代に辿りつける。ところが100年経ってしまうと、黎明期を知る人は生きていないし、古典は古臭くなっている。名作も山ほどあって、何を読んでいいのか初心者には見当もつかない。そーいう症候群は、音楽だとジャズあたりで起きている。マンガあたりもそろそろ発生しそーだ。
  • ちくわX@中学のゴミ給食反対垢 @x_chikuwa 15日前
    SF自体時代遅れだからしゃーない。現実の論文読んであれこれ想像するほうが楽しいじゃん。SFって、知恵遅れであり続けることが持て囃されたバブル時代だからこそ流行っただけだ。
  • kumonopanya @kumonopanya 15日前
    名作はいつの時代でも名作。 ジャンルは違うが七人の侍を今見て古臭い映画でその時代だからこそ流行っただけだ、とか言うやつとはそっとフェードアウト。
  • pekoe_tw @peckoe_tw 15日前
    過激派が追い出してくださったおかげで多くのジャンルの初心者向けはファンタジーがほぼ吸収しました。ごちそうさまでした。 (膨れ上がった結果ジャンル内部で物理法則検証の波がおきたり、中世検証の高波中だったり等ゴタつくようになりましたが)
  • 未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 15日前
    https://archive.org/details/galaxymagazine-1958-05 「あるいは牡蠣でいっぱいの海」は、雑誌掲載時のものを読むことができます(英語ですが)。
  • 東村とり@デーデッデー @eastori_takuya 15日前
    入門SFはいまラノベがその役目を担ってる気がしないではない。
  • 鹿 @a_hind 15日前
    まあ、そうだよね。今金持ってる大人のためのジャンルばっかりになるといずれ後ついてくる人がいないと衰退して消滅するだけだし。 どうも人を育てるより出来合いの物を求め勝ちな社会なんだよね。
  • 重-オモ- @__oMo__ 15日前
    わざわざ子供向けに新しく教える必要ってあるのだろうか。例えば仮面ライダーシリーズやスーパー戦隊シリーズ、プリキュアシリーズなどにはSF、ミステリーの要素が満載。現代日本でテレビ番組、アニメや漫画、ゲームに触れていればこれらの素養は意識するまでもなく身についてしまう。わざわざ教え込まなければいけないような「衰退してしまったSFやミステリー」とは何だろう?
  • 旭町旭 @dondondondon2 15日前
    子供向けと一言で言うけど、未就学児、小学校低学年・中学年・高学年、中学生、高校生でだいぶ違う(高校なら大人と同じで良いかもしれないけど)。 この辺は分別して議論すべきだと思う。
  • 旭町旭 @dondondondon2 15日前
    総じて活字界隈では子供向けはステータスも金も低い。当代トップ作家に子供向けを書かせるなどして、せめてステータスは上げてあげるべきだと思う。 対象的に漫画では子供向け(小中学生向け=ジャンプ、マガジン、サンデー、ちゃお、りぼん、なかよし)のステータスが高いので、一流作家はほとんどがこれらを経験してる。
  • 飛鷹隼 @junhiyoh 15日前
    衰退した、というよりもジュヴナイルがライトノヴェルに取り込まれた揚句にライトノヴェル自体の変質が輪を掛けたというべきかもしれないな。嘗てであれば(まだライトノヴェルっていう概念は無かったけど)「夕ばえ作戦」のようなジュヴナイル、猫柳ヨウレシリーズみたいな(いまでいう)ライトノヴェル、そして宇宙年代記や都市シリーズっていう本格SFの3本だてで持続的に読者層を育てようとしてた宇宙塵第1世代の光瀬龍のような書き手がいたのだけれども
  • moxid @moxidoxide 15日前
    人間でも免疫細胞が必要以上に暴れたら難儀するのに、原理主義者が暴れたらジャンル死にますわ
  • 飛鷹隼 @junhiyoh 15日前
    光瀬龍の場合,ガイドブックとかじゃなく「最初に手に取る一作」にとにかくこだわってたのよね。寧ろ晩年は古典の現代翻訳とジュヴナイルに完全に軸足を置いて大人の為の本格SFは他の作家に完全に任せてた。考えてみりゃ当り前の話で読者は他人の蘊蓄で読む本選ぶ訳じゃなくて店頭やwebストアに並ぶ書影を見てピンと来たものを選ぶんだから……それを考えるなら解説本とか入門書とかいってないでジュニアが読んでみたいと思うような(ラノベではない)本気のジュヴナイルを出さないと駄目なんじゃなかな?
  • barubaru @barubaru14 15日前
    11人いる!の初見感想をつぶやいた人にマウンティング好きななSFマニア全力で殴りかかるのを見て、これはジャンルごと衰退するわと思いました(こなみかん)
  • barubaru @barubaru14 15日前
    光瀬龍の暁はただ銀色とか妙にエロかった記憶が・・・
  • rainy season @jkgkikllh 15日前
    NHKに期待。というか影響力、採算度外視の面でNHK以外無理。
  • ふるたか @furu49144635 15日前
    なにかSFぽいものが流行るとしたり顔で「これはSFじゃない~~SFとは~~」とか言い出すSFオタクは、一度全部滅びるべきだと思います。
  • mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 15日前
    ドラクエⅢで関心したのは、子供向けに各地の民話や伝承の面白いネタのエッセンスが詰め込まれていたこと。 あの作品で、面白いお話の累計を沢山知った子供も多いでしょう。 SFもSF小説という形に拘らなければ、子供向けに真摯な作品があるのではないかと思います。
  • sudoufu @kappazizou 15日前
    x_chikuwa ピーターワッツなんかの今時のSFは今時の知見を結構盛ってますよ。まあ小学生向けとは言い難いですが、論文を子供に読ませるよりはマシかと
  • 聖拳アホー! @seiken_aho_ 15日前
    玉田四郎さんと原ゆたかさんとやなせたかしさんだけで、フィクションはおなかいっぱい。辞典と図鑑が読みたい。
  • はるを待ちかねたでなし @hallow_haruwo 15日前
    昨日、今年の前半戦終了した #夏休み子ども科学電話相談 に話題として通じるものを感じるんよね。らじる★らじるでアーカイブで昨日のだけでも聞いてみてほしいな。togetterでまとめもあるけど。
  • アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 15日前
    sokonan それを言うなら消費税導入による価格改定時にも整理されて消えていった本はけっこうある。ISBNが悪いわけじゃなく、整理するきっかけとしてちょうどよかった程度のものでしかないかと
  • 未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 15日前
    次世代の読者というのは、次世代の作家が出てくる(新人賞とか若い編集者とかがサポートする)と生まれるのです。
  • はるを待ちかねたでなし @hallow_haruwo 15日前
    でもあれこそ、まずお友達の興味関心が先なんよね。んで、求めた瞬間にカチリと嵌る出会いがあるかどうかが大きいと思うんよな。うまく言えんけど。
  • ミャオ猫 @WAKUWAKUTAKKU 15日前
    衰退したってよりも単に原理主義者が増えすぎて、あれはSFじゃないこれはSFじゃないと切り捨て続けた結果何も残らなくなっただけのよーな……
  • 亜山 雪 @ayamasets 15日前
    私がガキの頃は学校の図書室にSF選集が2~3シリーズあったけど今はちゃうんかな。リアルがSFに追い付き始めているから難しいネー
  • はるを待ちかねたでなし @hallow_haruwo 15日前
    入門書と入口になる本、子供向けと子どもに向けた本。ちょっと違うよね。同じことだろって人もいるだろうなって程度には言葉へのイメージに(正解のない類の)個人差あるだろうけど。
  • sudoufu @kappazizou 15日前
    ayamasets それが問題ならリアルの一歩以上先のSFが書かれれば良いだけでは?古いSFが追い付かれたからと言って新しいSFがそれに従う必要も無いでしょう。月世界旅行にしても、2001年宇宙の旅にしても、書かれた時点に於いては先端の科学的知見を用いてた訳で
  • 亜山 雪 @ayamasets 15日前
    SFだからといって未来を描く必要はないし。「けものフレンズ」は適度にSFしてていいものだ。
  • 転倒小心 @tentousho 15日前
    まとめに連なるツイートを読んでいてもいまひとつ要領を得ないというか、何を求めてるかがちょっとよくわからないです。諸作品からSFを明確に嗅ぎ取れる人が増えてほしいのか、それとも小説媒体におけるSFジャンルを愛好する人が増えてほしいのか、まさかSF大会に若い参加者が増えてほしいのか?最初のやつなら形を変えてもう現れていますし二つ目は絶望的だと思うし、三つ目に至っては寝言は寝てる時だけでいいんですよと言いたくなるしで
  • 転倒小心 @tentousho 15日前
    もちろん上の三つは僕が「このへんなのかな」と大雑把に想像したものなので間違えてるのかもしれませんし全然別の話なのかもしれませんけども
  • 転倒小心 @tentousho 15日前
    なんというか、ニコニコ超会議などの若い子がはじけてるところの一角を占められるとかそれが認知されてるとか、そういうのでもなければ若い子たちへのハードSF小説起源のあれやこれやに目を向けさせるのはなかなかに難しいと思います。覚えてる限りでは夢枕獏先生が小説を期間中会場で書くとかそういうのしかないですし、あれは古くからのファン向け要素強かったように思いますし
  • 重-オモ- @__oMo__ 15日前
    昨今のSF衰退論者の語りを見ると、「SF」の二文字が入った作品が少ないとか、書店の一角にある「SFコーナー」に並ぶ本が少ないとか、「SFコーナー」そのものがないとか、そういうレベルの話ではないかと思えてくる。「SF要素が広く受け入れられる」では不満なのだろう。
  • ろんどん @lawtomol 15日前
    SFは「すこし・ふしぎ」(by藤子・F・不二雄先生)
  • Yoshiteru Kawai @yoshikun2009 15日前
    SF時代劇ファンタジーミステリー、どれも古参が「これ本物」「これ偽物」と騒いでるだけ。日常料理ものでも上記要素は入れられるのに。
  • 特急ニセコ @ExpressNiseco 15日前
    SF入門作品が足りない!ジャンルが衰退する!と慌てている方々は、50年以上に渡って上質なSF要素を子供たちに提供し、今もなお人気を博し続けている長期シリーズがある事を忘れているのかもしれないですね……「ウルトラシリーズ(ウルトラマンシリーズ)」と言うのですが…
  • 権中納言明淳 @mtoaki 15日前
    アイドル曲(JPOP)にはいろんなジャンルの要素が入ってるけど、そこから個別のジャンルに深入りする人は少ないみたいな感じなのかな。
  • さかもとごう @ita_kaeru 15日前
    昔、小学館の学習雑誌(小学三年生だったかな?)の別冊付録で「名探偵入門」みたいなのがあって、巻末に東西の名探偵図鑑があった。ここで始めてブラウン神父やミス・マープルの存在を知ったが、トリにひけえしはなんと銭形平次親分だったw あらためて青空文庫とかで読むと、本格ミステリなんだよな~>銭形平次捕物帖
  • UZIRO @UZIRO 15日前
    この話はジャンルに限らないよな。 アニメだってゲームだって漫画だって小説だって同じ。人口は減り続けるんだからパイはどんどん狭まる。それを意識してやってきたかって話で。特にアンパンマンみたいなテレビをつければやってるものと違って他は手に取らんといけない。(まぁ逆にいえばテレビ関係者のあぐらの書き方はそういうテレビの圧倒的アドバンテージにあるんだろうが) 個人レベルで意識してた人は色んな場面で見たが、企業単位でそれを発信し続けてたのは任天堂くらいしか知らん。
  • 言葉使い @tennteke 15日前
    そういえば筒井康隆がエッセイで、'70年代の「SFの浸透と拡散」を批判していた記憶がある。内容ははっきり覚えていないが、ひょっとして今日の状態を懸念していたか?「青は藍より出でて藍より青し」で、青が当たり前になったときに藍を見直そうという運動はどうやればいいか。今のSFオタが横田順彌「日本SFこてん古典」にどこまでのめり込めるか。
  • まさかなまき @MASAKANA_MAK 15日前
    一般向けの創作者がネタにこまったら、SFとミステリを漁りに行くから、旨いこと続くやろ。
  • nob_asahi @nob_asahi 15日前
    何故、「新しい入門書」を執筆しなくてはならないのだろうか。我々が読んだ古典的な入門書は何故読まれなくなったのか。そこが判らないので、今ひとつ共感できない。
  • 瑞樹 @mizuki_windlow 15日前
    ミステリの入り口はコナン、SFの入り口はガンダムが受け持ってるんじゃないの?むしろ、ガンダムなんてガンダムフォロワーとも言うべき作品群が山ほど一つの大きなジャンルを作ってるのに、なぜか、SF界隈の人は「日本のSFは衰退しました」って嘆いてる。凄く不思議。
  • 天たくる @ten_tacle 14日前
    入門書書いてくれなんて言ってるのは最初のツイ主(芦辺氏)に話したどこかの誰かだけ(で芦辺氏はその人の認識に不満を持ってる)で、まとめられている人達はジュニア版の翻案とかどうやって子供に触れてもらうかとかもう少し考えて話しているのにこのまとめタイトルはどうかという気もします。で例によって入門書とは何様のつもりだ的に噛み付いている人がいるし。
  • A.C. @AnamesonCraft 14日前
    ここまでそこそこSFで大ヒットした『君の名は。』の話題なし。
  • ヘルヴォルト @hervort 14日前
    SFは作品内容も読者も総じて戦争が大好きな奴らばっかりだからな そりゃ炎の匂い染み付いてむせるから人も寄らなくなるわ
  • ma08s@フォロー外からごめんなさい @bygzam_ma08s 14日前
    ネクラで内気な小・中学生(=ヲタクの卵)だったおいらの遊び場は、学校のグラウンドじゃなくて、図書室だった。そこにはお子様向けにアレンジされたアシモフやH・G・ウェルズやジュール・ベルヌが並んでいた。『トリフィド』や『ゴセシケ』にも図書室で出会ったし、『子供の科学』に連載されてた『宇宙島の少年』が毎月の楽しみだった。 今の学校には、果たしてどんな本が並んでいるのだろう。子供たちが良書に巡り会えれば良いのだけど。
  • キト @saikoro610 14日前
    星新一ジュブナイル・セレクションや、筒井康隆や赤川次郎やはやみねかおるの小説を出している「角川つばさ文庫」の話ですか?
  • にょるしも @nyorssimo 14日前
    子供の頃、伝記や赤川次郎や佐藤愛子など読み漁ったな…本に親しんだ。 でね、子ども向け入門者は字が大きくて説明もわかりやすいよね。そういう本は大人が読んでも読みやすい。ってコトでscratchの本を購入した50代はあたしです。
  • 乱土(労馬|軽石庵) @karuishian 14日前
    産まれた時にすでにカップ麺がある人達に、カップ麺がいかに革新的なものかを説くのは相当困難な作業なのでは。
  • U @neta1414 14日前
    夏休みの自由研究にロボット作ったり、AIと人がボードゲームしたり、ほぼ一人一台専用端末をもってネットを通して距離関係なく色んな人と繋がれる現実世界が十分にSFしてる
  • 鮎麻呂 @aymro 14日前
    『ゴセシケ』のインパクトはまだ有効だと信じる。
  • 特急ニセコ @ExpressNiseco 14日前
    言い方がアレですが、一連のコメントを見る限り「SFは衰退した!」と叫ぶ人の視野の狭さがどんどん浮き彫りになっているように見えてしまいました…こんなに浸透しているにもかかわらず自分好みのSFが無い!嫌だ!と駄々をこねてるようで…
  • oxoxxoox @opoxint 14日前
    アニメにもなった「シュタインズ・ゲート」とか、ギャルゲの文脈でしっかりSFやってたと思うんだけど、そういうのはガチSF好き的には「子供向けの入門ライン」としてはどうでもいいのかねえ
  • cinefuk @cinefuk 14日前
    ayamasets 福島正美「世界SF全集」 https://t.co/wG1lbvgXwK は、仮に学校図書館に残っていても、文体が古くていまの読者には読めないのではなかろうか。30年前に読んでも、ちょっと黴臭い印象があった / 「浸透と拡散」、いま上映される映画のうち半数にはSF要素があったりして、SWブーム以前を考えると「SFが衰退した」なんてとても言えないと思う。 AnamesonCraft
  • おりた @toronei 14日前
    百貨店がアカンようになったのは、玩具屋・フードコート・屋上遊園地・ペットショップなどを廃止・縮小したせいで、子供の頃から馴染みのある場所でなくなった世代が増えたから説というのもあるからな。
  • Zorotto BJ @zorotto_BJ 14日前
    SFも推理小説も子供向けの作品集(図書室に良くあった)から触れて始まったものなんだけれど今はこういうのが無いわけかい?
  • 荒尾マサキ @AraoMasaki 14日前
    ジャンル論争って常にそうなんだけど、仮にラノベとか「君の名は。」とかをSFとするなら…っていうね。古いものに遡らせるにはどうしたら…みたいなね。
  • shiroi @68Shiroi 14日前
    SFマインドとかやればいいのでは?
  • あまうろ @amauron 14日前
    自分も翻案から入ってるのでわかりみ。
  • YATAGAI Kazuo @foxhanger 14日前
    AraoMasaki 個人の楽しみのために読んでいるんですから、別に「古いものに遡らせる」必要はないでしょう。
  • アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 14日前
    シンゴジラからそんなに経ってないし、時をかける少女がSFなら君の名はをSFにカウントしないというのは難しいと思うし、個人的にはけものフレンズもSFだ。ジャンルとして捉えられることが少なくなったことや、SFというくくりでのコミュニティを作ったり参加する人がめっきり減ったことが衰退のように感じる理由じゃないかな
  • nz @darks508 14日前
    「昨今、あんなSFというにはソフトすぎる要素を少しまぶした程度の有名作をSFと言ってSF好きを自称するようなライトSF消費者ばかりで残念だ!俺達が認定したクラシカルSF名作一級品を読め!SF好きを名乗るならそれからだ!」ってしたいのかなやっぱり。偏見だとは思うけど俺そういう警察怖くて…
  • 橘夏[pe:ixe]🐷 @snow_guppy 14日前
    子どもの頃、学研の名探偵ひみつ事典で古今東西の名作ミステリに夢中になった。今思えばネタバレ満載だったけどあれが読書遍歴に大きく影響あったのは間違いない。
  • Holten @Holt800 14日前
    ドラえもんなんかは確かに、あまりにもナチュラルにSF的要素が含まれてて「SF!」って感じしないな。「SF短編集」だともうちょっとSFって感じはするが、子供向けにはどうかな?って面もあるし。関係ないがアシモフの短編集とかノイタミナみたいな枠でやってくんねえかなあ…面白くなると思うんだがなあ
  • 言葉使い @tennteke 14日前
    あれ?入門書って、子供向けの文体とか話とか?私がイメージしたのは、選者が話を持ってくるんだけど、それ以外にも作家や話の紹介、時代背景とかの紹介があるやつだと思ったんだけど、違うの?
  • 山下238 @Yamashita238 14日前
    「SFファンの平均年齢は1歳/年の割合であがっていく」とはよく言ったものだ
  • かずのこ@昭和の怪物 @neko364649 14日前
    ズレてるけれど、別に書かなくても良いエロとか書けば売れる、評価されると考える人ばかりがいたら、子ども向けの文化が廃れる気がするかもわからんね 読書が趣味のきっかけを作るためにも子ども向けの本を増えるといいな ちなみに私は大人でも読みやすいので児童書を読んでます
  • i_say999 @Isay_BLUNIN 14日前
    既に多くの指摘が有るが、ラノベ・ゲーム・アニメがとっくにその役目を果たして居るので「そっからこっちの敷居がクソ高い」事の方に問題意識を持った方が良いんじゃ無いかね。そういう意味で幼女戦記の作者に書かせてみたりしてる早川はそれなりに頑張ってるのではないか。
  • 大和但馬屋 @yamatotajimaya 14日前
    大人になると「我々が良いと思ったものを次代に繋がなくては」といった危機感が募るのは道理だけど、次代には次代の人生があるので我々の嗜んだものをさらってる暇はないんではないかなあ。
  • 大和但馬屋 @yamatotajimaya 14日前
    furu49144635 逆も然りで流行ったものにいちいち「これはSFだ」とお墨付きを貼って回って安心する行為も大概にせえよ、と思ひます。 「けものフレンズ」とかね。
  • 転倒小心 @tentousho 14日前
    若い人や新しいサービスに抵抗がない人でもこれと同じようなことは起こるんだな、とふと思い返したのが、今アニメを放送してる「ナイツ&マジック」です。タイムラインや配信サービス上での評判はかなりいいのに、原作が発表されているなろうの作者ページには初期からのファンと思しき人たちが「それ小説の作者に言っても仕方ないのになあ」って酷評を載せまくっていて、これがまたべき論だらけで切なくなりました。
  • フローライト㌠ @FluoRiteTW 14日前
    >「やがて資源の枯渇と環境汚染によって行き詰まることは確実」  ハッハー!それ言い出してから何年経った?人間の知性と科学技術は”所詮文系のただの編集者”のお前には及びもつかないところにいる。何の価値も知見もない発言は子供への害悪なので今すぐその口縫い合わせてやる。   ・・・これが司書クラスタとしての自分の感想かなあ。そろそろ半世紀近く経つのに、未だに高度成長期の公害レベルからアップデートされてない人は豚の餌くらいの役にしかたたない。その癖中国スルーだしね。
  • フローライト㌠ @FluoRiteTW 14日前
    児童書の入門SFとしては、ズッコケ三人組シリーズの「ズッコケ宇宙大旅行」「ズッコケ時間漂流記」などを押したい。予想外に設定はガチ。那須正幹先生の偉大さは記念館と褒章で讃えるべき。
  • アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 14日前
    yamatotajimayaこんな話題なのでけもフレを引き合いに出したけど普段はこれはSFかなんていちいち気にしない。レッテルを貼って安心したい人もいると思うけど、すべてをそう受け取るのは気にしすぎじゃないですかね。「学校が舞台なら学園もの」(ほど単純ではないけど)みたいなただの分類でしかないですよ
  • A.C. @AnamesonCraft 13日前
    シュタゲは頑張ってもヤングアダルトであって、子供向けではありません。あとニチアサ特撮とかガンダムは多くの子供が「卒業」しちゃうし、残った者もそのジャンルから出ないよね。
  • marumushi @marumushi2 13日前
    スターウォーズをあんなものはSFではないと馬鹿にし、ラノベを、ゲームを、ロボットアニメを馬鹿にし続けた当然の帰結だと思います。ご愁傷様でした
  • まっつん @mazdadesu 13日前
    SFの入門書より今必要度が高いのは「しれっとSF要素ぶっこんだ子供向け作品を大ヒットさせられる次世代の藤子F」でしょう。
  • ヽ(`Д´)ノぴゃー@無職目漫画家志望科 @pyaapyaapyaapya 13日前
    中国映画市場のロボット映画フィーバーの話とかを聞くにSFの隆盛はその国の未来への希望度と比例するんではないかな
  • ドラゴンガッツ @dragonchicken19 13日前
    SFじゃないけど、アニメ三銃士なんかアラミスが女でコンスタンツが人妻じゃないし、ミレディも死なない。
  • ドラゴンガッツ @dragonchicken19 13日前
    小1の頃から火の鳥読んでたし、小4でカムイ伝読んでたから別にどうでもいい。(色々な語彙はブラックジャックで覚えた)
  • ドラゴンガッツ @dragonchicken19 13日前
    「ええ!?SFを1000冊読まないでSF語ってるの!?」と狭量な古参がジャンルを滅ぼす。
  • れんちるーと @lenchroot 13日前
    「僕があの時に味わった感動を後の世代にも体験してほしい」という動機は美しいし、今流行っているコンテンツの源流をさかのぼれるようにする試みも大切だけど、後の世代が何を面白いと感じるかは強制できないのですよね。
  • mmmmmtttt37 @mmmmmtttt37 13日前
    自分の初ホームズと言えば…犬だったかな。(宮崎ホームズ)
  • にゃほ @Temp002a 13日前
    スターウォーズとか火星の人とか色々あるのでは。 メガストラクチャーどーん、ビームビカビカ、ワープキラキラは映像で見たいので、小説より映像作品向けかも>SF
  • 権中納言明淳 @mtoaki 13日前
    1.SFは絵である。2.アニメ・ゲーム・映画は絵や音楽を巧みに使う総合芸術である。3.よってアニメ・ゲーム・映画こそが理想のSFである。
  • 日本でリュウに食わされた納豆 @guilegaguile 12日前
    SF=スペースなファンタジー=宇宙がでてくるファンタジーモノだと思ってた頃を思い出してちょっとはずかしい
  • barubaru @barubaru14 12日前
    SFムラの人達のいうSFって、結局「ムラの人間が書いたもの」じゃないんですかね。新井素子が書けばSF,ポッと出の若いのが書けばファンタジー。自分たちのムラに土下座して入ってくればSFと認めてやってもいいよ、と。まあ最近は「○○はSFだ!」ばかりで「○○はSFじゃない!」はめっきり聞かなくなりましたが。
  • 二行緑@横須賀鎮守府万年大将 @g255_twoline 11日前
    それこそジュール・ヴェルヌの児童向け翻訳なんかはSFの入口として最高のものの一つだと思うんだが、最近は出回らないんだろうか。
  • 特急ニセコ @ExpressNiseco 10日前
    mazdadesu 子供向けよりも年齢層は高いかもしれませんが、まさにそれを成し遂げたのが過去改変や隕石衝突ものなど様々なSF要素をぶち込んだ「君の名は。」かもしれないですね…
  • N2@AA新N鯖東農民勢 @knight_ykk 10日前
    SHERLOCKを見た人が「あんな話はシャーロック・ホームズとして認めない」と言ってジブリの犬版シャーロック・ホームズを正典として話し始めたのは笑った、犬版の方はハリウッド版より改変しまくってるのに。
  • N2@AA新N鯖東農民勢 @knight_ykk 10日前
    『アルプスの少女ハイジ』や、作者がおこな『魔女の宅急便』然り、ジブリ版は割と原作改変激しいのに信者は正しいと信じて疑わない、好きならアニメだけじゃなく原作も読んでね。
  • köümë @tknr_koume 9日前
    SF大会であったDAICONでの庵野秀明らの映像作品は、SFの足かせであった権威を潰して間口を広げる役割として大いに貢献した。筒井康隆は「右翼礼賛だ」と勘違いしちゃったけど、愛国戦隊大日本は左右両方へのアイロニーでもあった
  • ハチマキくろだ@TIAし05a @hatimaki_kuroda 7日前
    原理主義こ人には怒られるかもしれんけど、ハガレンとかSFとしてもミステリとしてもよくできてるんでは。
  • F414-GE-400 @F414_GE_400 3日前
    よく「ハルヒはSF」ってSF者達が得意げに言うし自分もそうだと思うけど、一般にはSFだと思われてないからね。何かが流行れば途端に模倣作で溢れるラノベ業界において、ハルヒ後に流行ったのは何か?「部活もの」です、残念でした!

カテゴリーからまとめを探す

「車・バイク」に関連するカテゴリー