2017年8月6日

火砲小話~駆逐艦エンゲルスの305mm無反動砲に見るソ連艦載無反動砲の光陰

何となく見た目のインパクトで注目され、そして失敗作として片付けられがちな駆逐艦エンゲルスの305mm無反動砲。でも実際はちょっと話が違うかも? というおはなし
34
えすだぶ @FHSWman

駆逐艦エンゲルスでテストされた305mm無反動砲について、もうちょっとつついてみました。失敗作だったとの評価をよく聞きますが、どうも話はそう単純ではなさそうな? pic.twitter.com/aOX1zN78Ha

2017-08-06 12:25:45
拡大
えすだぶ @FHSWman

話の根源にいるのはソ連の火砲技師L.V.クルチェフスキー。彼は1920年代前半から無反動砲(当時の呼び方は今とは違って「反作用砲」くらいの雰囲気かしら)の研究を進めていて、黎明期のソ連無反動砲の第一人者と言えそうです

2017-08-06 12:37:45
えすだぶ @FHSWman

クルチェフスキーの無反動砲開発はデイビスのそれとは違い、ガスで反動を打ち消します。日本じゃクルップ式とか言いますが、クルチェフスキーが最初の無反動砲を作ったのは1930年。はてクルップはいつだっけ……

2017-08-06 12:46:36
えすだぶ @FHSWman

1931年にクルチェフスキーは「76mmクルチェフスキー大隊砲(BPK-76)」を開発。これは赤軍制式兵器となり、487門が生産されるまでになります(赤軍的にゃ少ないですが)。さらに1932年には彼を局長として砲兵局傘下に第1特別設計局が設立され、無反動砲研究が加速 pic.twitter.com/XFErQO7hIm

2017-08-06 12:53:07
拡大
えすだぶ @FHSWman

30年代前半はクルチェフスキーの技師としての絶頂期で、BPK-76の他にも10種類程の様々な口径の無反動砲が研究されます。口径は下は37mmから、上はなんと500mm。そのなかでも今回注目する305mm無反動砲ですが、これは最初は艦載用ではなく陸軍向けに考えられていたようです

2017-08-06 12:56:36
えすだぶ @FHSWman

305mm無反動砲の開発は1930年初頭から始まります。同砲はシステムKと名が付けられますが、もちろんクルチェフスキーの頭文字。当初陸軍向けに研究していたものの、思いがけず海軍の興味を惹き、それが元でボリシェヴィク工場での試作を取り付ける事に成功します。ちなみに同工場は艦砲の名門

2017-08-06 13:04:55
えすだぶ @FHSWman

そしてシステムKの試作のために、旧式の1895年式305mm40口径艦砲の砲身12門が素材として提供されます。そのまま使われたのではなく、28.6口径に短縮。外筒も外してるっぽいですが、実際の砲身の造りが判らないので何とも

2017-08-06 13:10:26
えすだぶ @FHSWman

システムKは試作砲身だけはすぐ出来たものの、砲尾とノズルが意外に手間取ります。これは全長3326mmで、前方の内径は230mm、後端は810mm。たまに反作用体を用いるデイビス式無反動砲とか誤解されますが、紛う事なくガス利用式無反動です

2017-08-06 13:17:03
えすだぶ @FHSWman

ノズルの製造に加えて問題だったのは砲弾でした。先述のようにノズルは砲口径より細いので、砲尾に開閉機構を付けなきゃ後方からの装填は出来ません。しかしいかなる理由かそれは避けられ前装式とされます。そのままでは施条砲身には装填できないので、砲弾にはあらかじめ施条が刻まれる事になります

2017-08-06 13:20:29
えすだぶ @FHSWman

砲尾の開閉を避けて前装式とした理由はハッキリしませんが、ひょっとすると重量の問題かも知れません。せっかく軽く作れる無反動砲なので、重い閉鎖機をつけてメリットを殺したくなかったのかも。なお施条弾への変更にあわせて、弾頭は既存の350kg艦砲弾から250kg専用軽量弾になります

2017-08-06 13:25:53
えすだぶ @FHSWman

砲と弾の準備が済んで地上射撃試験に漕ぎ着けたのは1932年3月のこと。こんな感じの木製の架台に載せて行われたようです。試験では7発が発射され、装薬量90kgで初速493m/sを達成。僅か5トンの砲身が達成した投射能力としては大したものです pic.twitter.com/i26say9SyW

2017-08-06 13:31:22
拡大
えすだぶ @FHSWman

ノズルでの反動相殺は問題なく機能したようで、砲身は最大でも15mm移動しただけでした。ただ後方噴射ガスは凄まじく、後方120mにわたって地面から雪が吹き飛ばされました。ただ発射機能は問題なかったものの、前装式として後方の閉鎖機を排したために薬室の清掃が著しく困難という欠点が発覚

2017-08-06 13:35:57
えすだぶ @FHSWman

ともあれ305mm無反動砲それ自体は有望ということで、1933年末から具体的に艦艇への搭載が議論されます。搭載対象は比較的小型の艦で、用途は沿岸目標および装甲化された艦艇との戦闘。沿岸砲撃くらいにしか使えなさそうなイメージがありましたが、意外や大型艦相手も考えてたんですね

2017-08-06 13:39:16
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa

@FHSWman 5トンでコレなら素晴らしいですね。でも艦砲としては致命的にダメだなあというオチですね

2017-08-06 13:40:47
えすだぶ @FHSWman

そうして1934年1月には駆逐艦エンゲルスでの搭載試験が決定されます。8月には新たな試験砲が作られますが、今度は39.4口径の長砲身。これが新造なのか、それともまた1895年式12インチ艦砲の改造なのかどうかはハッキリしません

2017-08-06 13:42:49
えすだぶ @FHSWman

駆逐艦エンゲルスへの搭載に際しては旧式のカネー製6インチ艦砲砲架が流用されました。つまり砲身はともかく、設置自体にはそのくらいのスペースしか必要としないのですね。砲身は多少肉厚になったようで重量10t、砲架含む全備で17.5t。だいたい130mm単装砲と同じくらい

2017-08-06 13:47:06
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa

低初速砲だと仰角上げても10~15kmぐらいしか飛ばない。小型艦に乗せても、その距離だと普通に届いて高初速で連射速度の高い中小口径がよく当たる。つまり敵大型艦の副砲以下と射撃戦になるよねという

2017-08-06 13:47:17
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa

低初速弾だと敵大型艦の装甲に歯が立つか不安(重巡以下なら通用するだろうけど)なので、これを低レートで少数撃った所で有効なダメージを与えるには結構な時間がかかり、その間に敵大型艦の副砲弾の嵐を生き延びないといけない

2017-08-06 13:49:43
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa

艦艇における砲戦は、基本的に殴り合いなので、対戦車砲のように攻撃力だけあれば良いということにはならないのが辛い

2017-08-06 13:50:56
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa

魚雷は撃ち逃げできる武器で、しかも一発で大型艦を撃破できる。更に二次元平面なので距離測定の問題もない。だからある程度の数をばらまいてしまえば一つぐらい当たるし、そのワンちゃんを作れば良いということになるのだが、砲はそうも行かない

2017-08-06 13:53:18
えすだぶ @FHSWman

試験は1934年9月21日から26日にかけて実施。艦上の4か所(艦最後尾・中央部4インチ砲跡、舷側、船首楼4インチ砲跡)、に配置して、様々な方向と射角に11発を発射 pic.twitter.com/ofUXtnKi4o

2017-08-06 13:55:15
拡大
拡大
拡大
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa

無反動艦砲でも、米上陸用舟艇のロケット弾多数投射みたいのを敵艦相手にやって、速攻で逃げるってならアリなのかな。20発ぐらいx3~4隻でドドーンとやって逃げちゃうなら、一つの手立てではあるな

2017-08-06 13:56:23
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa

問題は有効射程だな。5kmだったら魚雷でいいじゃんになっちゃうので10~15kmは最低欲しいし、それである程度確実に目標を捉えるには別途測距艦が欲しい。例えば水雷戦隊旗艦みたいのが射撃統制役で・・・うん、すげえ面倒くさいな

2017-08-06 13:57:54
SUDO@大和さん可愛い @sudo_simoigusa

更にクソ面倒くさいことに、小型艦はよく揺れるし、そもそも測距照準能力も乏しいので、遠方に向かって撃つのが下手なんだよね。

2017-08-06 13:59:49
えすだぶ @FHSWman

発射時には後方噴射ガスが海面に当たって雲を作り出すなど興味深い現象が。また横方向への発砲は問題なかったものの、首尾線方向に近付くと爆風により甲板や舷側、艦橋に僅かな変形が生じた pic.twitter.com/FbtYTrXgIB

2017-08-06 14:01:10
拡大
残りを読む(31)

コメント

文里 @wenly_m 2017年8月6日
ソ連趣味者の上坂すみれさんの巡回はマダか?w
0
𝓐.𝓒.🚀𝙽𝙲𝙲𝟷𝟽𝟷𝟶𝚑𝚑𝟸 @AnamesonCraft 2017年8月6日
これも一例なんだけど大粛清が無ければ大祖国戦争に楽勝で勝ってたろうし、その後の20世紀後半の東西冷戦の趨勢も変わってたろうなあ。
3
九十九 @hakqq 2017年8月7日
これが何かの間違いで大発展した世界線もありえたのか・・・
0
くどりゃふか・こすも @Kudryavka_kosmo 2017年8月7日
兵器自体は結構アリな感じだったのね…大粛清の無かった世界線で赤軍どうなってるか超見たいぞ
0
夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2017年8月10日
飛行船に(ぶら下げる形で)載せたい(重過ぎるか)
0