10
ログインして広告を非表示にする
  • @GP_02A 2017-08-12 21:05:03
    東京Vvs熊本、11分のMF渡辺皓太に対するDF村上巧の得点機会阻止のシーン。ファウルを受けた渡辺がすぐ立ち上がってシュートを打ったので「今のアドバンテージ見てくれよ」という東京Vサポの声が溢れていたけど、競技規則には「採用すべきではない」と書かれておりましてね pic.twitter.com/dgVdLwI97m
  • @GP_02A 2017-08-12 21:05:07
    「決定的な得点の機会の阻止と判断される反則がありながらも、主審の判断によりアドバンテージが適用され、その結果として得点となった場合、その反則を犯した競技者は反スポーツ的行為で警告される」
  • @GP_02A 2017-08-12 21:05:10
    「明らかな得点の機会を除き、著しく不正なプレー、乱暴な行為または2つ目の警告となる反則を含む状況で、アドバンテージを適用すべきでない」 競技規則17-18 98pより抜粋 jfa.jp/documents/pdf/…
  • @GP_02A 2017-08-12 21:05:17
    「明らかな得点の機会」とはもうゴール目の前でワンプッシュすれば点が入るよ!というような状況の事を指す。渡辺のケースはそれには当たらない。そして、基本的な考えとして「ファウルを受けた方の得になるように」というものがあるんです
  • @GP_02A 2017-08-12 21:05:25
    今回の状況は「(外すかもしれないしGKに止められるかもしれない)シュートチャンスを認めて守備側競技者にはイエローを提示する」「守備側競技者にレッドを提示して直接FKで再開する」の2択。アドバンテージを採用すると競技規則に明示されている通り、レッドは提示できなくなる
  • @GP_02A 2017-08-12 21:05:32
    そう考えると、後者を採用した方が納得感があると。今回はシュートが入ってしまったけど、それは結果論なので。シュート外した上に相手競技者にはイエローしか出なかった、なんて事になると攻撃側のモヤり方半端なくなるし…という事ですね
  • @GP_02A 2017-08-12 21:05:39
    ただし、時間帯や状況によってはアドバンテージを重視するケースもある。後半ATで残り30秒しかない時に得点機会阻止で守備側競技者を退場にして直接FKで再開より、シュートチャンス認めた方が攻撃側にとって利益になる。これも「ファウルを受けた方の得になるように」という考え方ですね
  • @GP_02A 2017-08-12 21:05:45
    今回は残り80分残っており、守備側を退場にした方が全体的に見て攻撃側にとって得だという事は明らか。そんなわけなので、状況を考えて正しくレッドを提示した高山主審のジャッジを尊重してあげてくださいな

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「サッカー」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする