【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!

ヘリコプターメーカー「シコルスキー・エアクラフト」創業者さんの波乱万丈なお話

名前の響きがなんか疚しいって? そんなことないですよ!!すごいひとなんですからね!!!という H(elicopter)な話。
航空機 ヘリコプター 航空
11099view 11コメント
78
ログインして広告を非表示にする
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-17 00:24:43
シコルスキー・エアクラフトさんが名前の響き的に不名誉なアレなようなので俺は創始者さんのことを話すぜ とりあえず半分くらい話すぜ
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-17 00:25:27
シコルスキー・エアクラフト創始者のイーゴリ・シコルスキーさんは、当時のロシアのキエフ(現在はウクライナ)にて大学教授と医師のご夫婦のあいだに生まれ、小さい頃から竹とんぼ式のゴム動力ヘリコプターを作って遊んでいたそうですが、海軍軍人になることに決めて兵学校に入りました。
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-17 00:25:45
しかしそれからまもなくしてライト兄弟が動力飛行に成功。 イーゴリさん「ウオオ自分も飛行機開発したい!!!」 兵学校速攻やめてパリに留学したそうな。
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-17 00:27:04
留学した先でライト複葉機や続く他の飛行機も実際に見たりしたそうですが、それ以上に夢中になったのが、当時開発されたてだったヘリコプター。 そのころのヘリコプターはそれぞれ反対方向に回る大きなプロペラが2つ縦に並んでるというものです。同軸反転式ツインローターっていうらしいです。
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-17 00:27:28
とはいえエンジンの馬力がたりないこともあって飛行の記録といえば20秒間ほんの30センチ浮いただけというものだったのですが、イーゴリさんはすっかり気に入って、その開発者さんとこに師事することにしました。
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-17 00:27:57
さて彼のもとで学んだ後ロシアに戻ったイーゴリさん。大学へ入ってそこでもヘリコプターを研究し、25歳にして自作ヘリを作りましたが……エンジンのパワーが足りず飛行はできませんでした。 イーゴリさん「エンジンもパワー不足だし技術的にまだまだなんだな…もう少し研究が進むまで待とう…」
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-17 00:28:54
彼は固定翼の飛行機を作ることにしてバルチック鉄道(鉄道車両メーカー)に入社しました。 当時バルチック鉄道は自動車や飛行機の開発も始めていたそうで、社長と面談し 「4発エンジンの大きい飛行機作りたいです!!!!」 その情熱に心動かされた社長さん、全面的に支援してくれることに。
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-17 00:29:14
さてこの(当時としてはすっごい)大きい飛行機、輸送機として出来上がったんですが、WW1勃発に伴いロシア軍に爆撃機として採用されました。イリヤー・ムーロメツja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4…といいます。 まあそれはさておいて問題はこのあと。
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-17 00:29:37
ロシア革命が勃発。これまで全面支援してくれてたバルチック鉄道の社長さんが、政権をとった共産党に銃殺されてしまったのです。ブルジョワジー滅ぼすべし慈悲はない。プロレタリア革命だからしかたないね。 さてイーゴリさんもこれじゃ開発続けられないどころか自分の身も危ない。どうしましょう。
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-17 00:30:13
彼はフランスへ亡命する事にしました。フランスでも飛行機の開発を続けようと……したのですが、まもなくしてWW1は終結。航空機開発に対するフランス政府からの補助金も出なくなってしまいます。 ここでは開発は続けられない。彼はアメリカに渡りました。
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-17 00:30:37
アメリカの大学で教鞭をとりながら糊口をしのぎつつ、やがて彼の航空機開発に向ける情熱に感化された学生達や同じようにロシアから亡命してきた人達(作曲家のラフマニノフさんもその一人です)から支援を受け、1923年、航空機製造会社、シコルスキー・エアクラフトを設立したのでした。
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-17 00:35:05
ロシアの名前なのに会社自体はアメリカ生まれなのはそういうわけです。とりあえず今日はここまで…?
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-19 23:56:47
さて先日の続きから。 シコルスキー・エアクラフトを設立したイーゴリさんでしたが、そこからの彼とその会社の開発史についてです。自分の会社を持ったイーゴリさんは精力的に航空機の開発に取り組み、旅客機や軽飛行機を次々と世に出していきます。
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-19 23:57:49
1929年にはWW1のエースパイロットの一人であったルネ・フォンクさんが大西洋初横断飛行を目指してイーゴリさんとこに複葉水陸両用三発機の製造を依頼しました。しかし残念なことにこの機体は離陸時に炎上、大西洋初横断飛行機体の開発者という栄誉は得られずに終わってしまったのでした。
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-19 23:58:24
でも転んでもただじゃ起きない! この水陸両用機en.wikipedia.org/wiki/Sikorsky_…の開発経験を活かし、イーゴリさんは水陸両用機をばんばん開発していき(S-34、S-36、S-38、S-39、S-41、S-43)、アメリカにおける水陸両用機開発の第一人者となります。
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-19 23:59:53
1930年代は飛行艇の黄金期でもあります。水上機の開発経験を活かしイーゴリさんもS-40及びその改良型のS-42を開発、パンアメリカン航空に最初の旅客用大型飛行艇として導入され、メーカーとしての地位を確固たるものとしました。電気冷蔵庫なんかもついてたらしいですよ。ナウい。 pic.twitter.com/v86KHjbLgH
 拡大
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-20 00:00:23
しかし続くマーチンやボーイングの大型飛行艇はさらに近代的な構造でした。これは勝てねえな。 実際勝てずに販売は減少します。
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-20 00:01:04
さてイーゴリさんがひとまずヘリコプターの開発を休止している間に、世界ではほどほどにヘリコプターの開発が進んでいました。ヘリコプターよりは仕組みが簡単で、見た感じ飛行機とヘリコプターを足して割ったみたいなオートジャイロja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA…をはじめとして、
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-20 00:02:11
フランスのブレゲーさんが開発した同軸反転式ツインローター式ヘリコプターfr.wikipedia.org/wiki/Breguet_G…、フォッケウルフ社のサイド・バイ・サイド・ローター式ヘリコプターja.wikipedia.org/wiki/Fw_61_(%E…など、だんだん実用化段階へと入っていきます。 pic.twitter.com/ZmoMQ0kSQv
 拡大
 拡大
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-20 00:02:55
その頃には研究も進み、またエンジンも飛行には十分な馬力が出せるようになっていたわけです。そう、ヘリコプターの開発いつやるの?今でしょ!!!
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-20 00:05:12
詳しい経緯は省きますが米国航空界のごたごたen.wikipedia.org/wiki/Air_Mail_…の結果、当時シコルスキーはプラット・アンド・ホイットニー社・ヴォート社とともにユナイテッド・エアクラフト(現在のユナイテッド・テクノロジーズの前身)の一部門になっていたのですが、
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-20 00:06:35
ヴォートと部門統合したりなんかしつつ、ヘリコプター開発の機会を得ました。 そして開発されたヘリコプターがこれです。 まあ多少ふるくさくはあるけど、機体の上に大きなローターが一つ、尾っぽの先に縦に小さなローターが一つの、なんてことないありふれた形してるなとか思った? pic.twitter.com/BmbtPMn6TP
 拡大
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-20 00:07:12
>ちゃうねん< >これがその今主流の構造の元祖なの<
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-20 00:08:23
というわけでそうなんです。現在「ヘリコプター」と聞いて大多数の人が思い浮かべるだろうこの最も一般的な近代ヘリコプターのかたちは、イーゴリさんが初めて開発したんです。
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-20 00:09:26
またローターや機体の角度を変化させることで、飛びながら前に進んだりカーブしたり、バックすることもできるようになり、思い通りに動くようになりました。今のヘリコプターじゃあたりまえですが、当然ながら開発される前はできなかったんですよ。
残りを読む(13)

コメント

乱土(労馬|軽石庵) @karuishian 2017-08-20 12:27:47
CH-54としては(軍用機としての名称は)「タルヘ」だったような気が。タミヤのキット作ったなあ(w。
薮田義人 @Gaabeezi 2017-08-20 14:00:00
いいのか? いいのか。
サキノハカ @sakino_haka 2017-08-20 15:25:46
karuishian すみません正しくはそうです!! スカイクレーン構想のこと説明するの煩雑になりそうであんなふうにしてしまいましたすみません。正しくは軍用の方の愛称がタルヘ、民用の方の愛称がスカイクレーンです。
乱土(労馬|軽石庵) @karuishian 2017-08-20 16:36:21
sakino_haka ただの追加情報ですから、謝っていただくようなことでは全然ないです。自分も結構後になるまで「スカイクレーン」の名前の方が先にあった、なんて事知らなかった(多分「航空情報」誌の'91/5で初めて『タルヘ』って名前を知った)程度ですし(^^;。
今日が終わりの始まりの日 @__blind_side 2017-08-20 20:53:42
まとめの説明文も本編と負けず劣らずの秀逸さで…。
九十九 @hakqq 2017-08-21 00:24:55
ブラックジャック、個体名つけていたのか・・・
なんもさん @nanmosan 2017-08-21 00:49:02
イリヤ・ムローメツはそこそこ有名なんですけど、WW1ロシア最強戦闘機との呼び名もあるシコルスキーS-20はここでもスルーされる運命ですかそうですか。まあ革命の混乱がらみで生産数少なすぎる上に実戦参加したかどうかも曖昧なのでしゃーないんですけどね。ちなみに英仏から供与されたものよりカタログ上の性能は良かった模様。
inu @inu1122 2017-08-21 01:38:17
youtubeのヘリコプターの歴史の動画はみて損がない。人乗っけて試験中に機体が吹っ飛ぶモノクロ映像が怖い
one @nl9ln 2017-08-21 06:25:28
名前の響きが不名誉てww
やましよ @kkr8612 2017-08-21 08:11:18
F4Uもコルセアってよりシコルスキーのほうが馴染みのある人も居るだろう
HAIYO-T @haiyo_t 2017-08-23 12:14:23
アメリカ版ミリオネアの最終問題に出てたな

カテゴリーからまとめを探す

「テクノロジー」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする