密猟の取締と動物保護で苦しめられる人々『ぼくの村がゾウに襲われるわけ。: 野生動物と共存するってどんなこと?』レビュー

本当に保護が必要なのは何なのか (しかし、アフリカの獣害はスケールがでかい)
89
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy

【本棚登録】『ぼくの村がゾウに襲われるわけ。: 野生動物と共存するってどんなこと?』岩井 雪乃 booklog.jp/item/1/4772613… #booklog

2017-08-23 16:25:01
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy

(人間社会に疲れたので動物ものでほのぼのしようと思ったけど不穏な予感しかしない)

2017-08-23 16:25:53
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy

中学生の頃に「貧しく知識のないアフリカの人たちは、貴重な動物を密猟して食べてしまう。これをやめさせるにはどうしたらいいだろう?」と漠然と考えていた著者が、大学院生になり研究者としてアフリカに渡って見たものは何か、考えたものは何か。一緒に見ていこう。

2017-08-23 16:31:44
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy

野生ゾウの襲撃で犠牲者15人、射殺も視野に インド環境当局 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News afpbb.com/articles/-/313… そういやつい最近こんなことがあったばかりですね。

2017-08-23 16:36:18
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy

この本の舞台はタンザニアだ。国立公園や猟獣保護区に程近い村を大量のゾウが襲う。警察が車で追い払おうとしたが逆に車に襲いかかる始末。どうにか一頭を銃殺して追い払った。 メシャキ君の家と学校の間のため池にゾウが現れたため、学校に行けなくなった。勇敢に吠えかかる犬は鼻で叩き殺された。

2017-08-23 16:44:01
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy

ゾウは夜に村の畑へやって来るため、大人たちは毎晩寝ないで見張り番をする。火や大きな音で追い払おうとしてもゾウは恐れない。逃げても追いかけてきて、鼻で叩きのめされるか、踏み殺されるかである。

2017-08-23 16:48:27
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy

もともとこれらの村では自由に森に入って動物を狩っていたが、ある日政府の役人がやって来て動物保護区になったこと、そこで動物を狩ってはいけないことを告げられた。 だがそこのゾウに畑を荒らされても、殺されてもなんの補償もない。

2017-08-23 16:49:50
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy

中には村全体が保護区の中に入ってしまい、移住を強制された人たちもいた。警察と軍隊がやって来て、トラックで家畜を運びだし、家には火をつけ燃やしてしまった。ここでも補償はなかった。

2017-08-23 16:53:26
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy

これはタンザニア北部のセレンゲティ国立公園の話で、1951年にイギリス植民地政府によって設定された(またイギリスか!)。ユネスコの世界遺産にも登録されている。アフリカの他の保護区も植民地支配の歴史と深く関わっている。目的のひとつが観光である。

2017-08-23 16:59:48
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy

今でこそ動物観察が主流であるが、かつてはハンティングも呼び物のひとつだった。セレンゲティ国立公園ももとは猟獣保護区であり、一頭いくらという形でハンティングできた。ゾウやライオンのような食物連鎖の頂点にいる動物は、保護するだけでは増えすぎてしまうのでこれも収入源にしているのだ。

2017-08-23 17:03:55
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy

国立公園に格上げされたセレンゲティではもう狩猟はできないが、他の場所では猟獣保護区が残っていて、外国の富裕層が利用するのだという。 この事はまたあとで触れるとして、先に「密猟者の村」の話をする。

2017-08-23 17:06:29
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy

さてタンザニアのセレンゲティ国立公園に接するイコマ族のロバンダ村は、国立公園の職員からは「密猟者の村」と呼ばれている。まあ大体想像できるが、要するにこの村の人々は国立公園に指定される前からこの地に住み、草原を駆け回り、動物を狩って暮らしていた。

2017-08-24 11:14:27
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy

イコマ族の他にマサイ族、スクマ族がいて、争ったり助け合ったりしながら、「人間の大地」セレンゲティ平原に生きていた。それが「野生の王国」セレンゲティ国立公園にとって変わられたわけである。白人支配者の都合で。

2017-08-24 11:18:34
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy

サバンナで降雨は不安定とはいえ畑も貴重な収穫で、ソルガムやトウモロコシなどを育てている。ソルガムに実がなる五月頃になると、それを狙って鳥がやって来る。これらの鳥を追い払うのは子供の仕事である(最近は学校を優先させる家庭も多い)。日本も江戸時代の絵に鳥を追い払うの子供の姿があった。

2017-08-24 11:23:57
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy

ウシやヤギ、ヒツジを牧草地に連れていくのも子供の仕事だったが、これも近年は学校を優先で、手伝うのは休日になる。彼らにとって家畜は食料であり財産である。日本では銀行に「貯金」するが、貨幣の信用が弱いタンザニアでは、周辺の紛争でもすぐにお金の価値が落ちてしまう。

2017-08-24 11:28:07
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy

それに比べれば家畜の価値は安定しているし、うまく飼育すれば増えてくれる。水と草があればよいから、労働以外の元手はほとんどかからない。病気や進学などまとまったお金が必要なときには売ることもできる。結婚するときには男性が女性の家へ牛を贈らなければならないという風習もある。

2017-08-24 11:32:02
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy

牧畜や畑作では不足する食料を、人々は狩猟で補った。特に干ばつの年は村の近くにやって来るヌーなどを狙う。狩りはイコマの男の仕事であり、誇りであった。子供の頃から弓矢で遊び、成人式には実践用の弓矢が与えられる。

2017-08-24 11:37:43
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy

1951年にセレンゲティ国立公園ができて草原での狩猟が禁止されても、イコマの人々は生きるために狩りを続けてきた。しかし1989年にアフリカ象保護政策が国際的に強化され、取り締まりが厳しくなって狩りをする人は減っていった。男の子が狩り遊びをすることもなくなった。

2017-08-24 11:40:02
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy

タンザニアのセレンゲティ国立公園周辺で狩りをしなくなって、10年ほど前(2007年頃?)からゾウが村の畑を荒らすことが多くなった。回数も面積も年々増加している。人間が狩りをしなくなって、野性動物が人間を恐れなくなったのが理由のひとつと考えられている。

2017-08-25 10:48:51
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy

厳しい自然の中で畑を耕し、種をまき、雑草を抜き、日照りが続けば神に祈る。ようやく実って収穫というときに、朝畑に行くとすべて食べ尽くされ、踏み荒らされた残骸がそこにある。そんな状態で「象なんて大嫌い!」という気持ちを抱くのは当然である。

2017-08-25 10:52:25
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy

この辺りの人々はほとんど畑作で自給自足の暮らしをしており、保護区に接している地域ではほぼすべての世帯がゾウの被害を受けている。最初は数頭だったのが、今では200頭もの大群で押し寄せてくるのである。2015年、イコマの村では6人がゾウに殺された。ゾウは怒ると凶暴化するのである。

2017-08-25 10:55:49
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy

人間がゾウを殺すと警察がやって来て大騒ぎになるが、ゾウが人間を殺しても政府はなにもしない。猟獣保護区ではお金を払えばゾウを狩猟できるところもあるが、セレンゲティの保護区ではアメリカのホテルが許可証を買い占めて保護しているので現地の人は手が出せない。

2017-08-25 10:58:29
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy

ゾウを追い払うのに銃が使えないので、村人は光と音で応戦する。懐中電灯の光をいやがるので、なるべく強力なものを入手した。サッカーW杯で有名になったブブゼラもゾウを脅かすための武器だ。しかし音については慣れてしまって効果が薄れてきているという。光も少し離れるだけで、すぐ戻ってくる。

2017-08-25 11:03:09
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy

なぜタンザニアで「人命軽視の動物保護」になってしまったのか。タンザニアには国立公園と猟獣保護区という二つの保護区がある。「ンゴロンゴロ保全地域」というしりとりで活躍しそうなものもあるがこれは特殊なのでひとまず割愛する。

2017-08-25 11:15:15
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy

国立公園はタンザニア国立公園公社が、猟獣保護区は野性動物局が管轄する。 国立公園は世界中からの観光客の入園料や動物、自然保護団体からの寄付で豊富な資金力を持ち、密猟防止のパトロールを厳しく行っている。 野性動物局は政府組織の一つで、保護区を民間の狩猟会社に貸し出して利用料を取る。

2017-08-25 11:19:56
残りを読む(36)

コメント

言葉使い @tennteke 2017年8月25日
私がC.W.ニコル「バーナード・リーチの日時計」角川選書1982年8月刊を読んだとき、「イギリスのアフリカ支配は苛烈であったが、反面自然保護などよいこともしていた。イギリスがアフリカから撤退した後乱獲が始まった」みたいなことが書かれていて驚いたのだが、実は読んだのが1985年で「We Are The World」、アフリカの飢餓と貧困を救え運動の真っ只中で、アフリカの飢餓と貧困にも理由があるのか!と驚いたものだった。
6
言葉使い @tennteke 2017年8月25日
(またイギリスか!)も立場によって見方は変わるものだとか1989年にアフリカ象保護政策が国際的に強化されというのも当時のキャンペーンを思い出させるけど、結局日本では「アイス・バケツ・チャレンジ」のごとく、「We Are The World」の流行しか目にすることがないんだね。
7
汎関東主義東京派 @overdeadwork 2017年8月25日
営造物公園にもこんな欠点があるんだな
0
west @flying00w 2017年8月25日
調教して農業に使えばいいのに。
1
コマチョ @unagiiiinu 2017年8月25日
野生動物に苦しめられるのはどこでも同じですが、しいたけを食い散らかす猿どもとはスケールが違いますな。それにしても人を噛んだ害獣を処分することすらできないとは、おそるべし非人道的な自然主義者ですな。
19
kadochika @kadochika 2017年8月25日
日本でも野良猫の駆除にも近いことが言えるかもしれませんね。無責任に餌だけをやって糞や爪痕の始末・補償については見向きもしない一部の地域動物愛好家と、イギリスだのアメリカだのとではスケールが異なりますが…
13
yotiyoti @yoti4423yoti 2017年8月25日
日本も最近シカの被害が増えて駆除しようという動きが出ていますがなかなか人が集まらないのが現状
7
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy 2017年8月25日
kadochika 「サル撃退を実習、主婦らがエアガンを豪快に連射」の写真がシュール過ぎる 主婦らエアガン連射 - Togetterまとめ https://togetter.com/li/945050 記憶に新しいとこではこんなこともありましたね。
5
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy 2017年8月25日
tennteke 私にとっての「またイギリスか!」は、本国では売春を禁止しておきながら植民地では黙認してたことを踏まえての呟きなのですが、人によって感じ方はそれぞれですよね。興味深いところです。
5
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy 2017年8月25日
flying00w それができるなら苦労は無いって話ですね。サーカスですら「かわいそう!」などとゾウを使えなくなっていますのに。まあサーカスはサーカスで動物虐待問題がささやかれておりますが。
5
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy 2017年8月25日
unagiiiinu 奈良でシカが増えすぎて農作物に被害も出たけど天然記念物だから手出しできないという話もありました。遠くて近い問題なのです。
15
nekotama @nukotama001 2017年8月25日
ゾウは頭がいいので、苛める人を覚えていて復讐するとか聞くけどな。だから苛めたりしなければ村を襲わないとか。飽くまでゾウ限定の話としてね。熊とか鹿にそんな知能ないから。他の動物は餌があれば行くだけ。
1
野良馬 @nobody_oyaji 2017年8月25日
nukotama001 それまた別問題じゃね?この手の野生動物はある意味天災な訳で、こっちが何もしなくてもやってくる(影響がある)んでしょ。 
13
野良馬 @nobody_oyaji 2017年8月25日
これもまた(先進国の)人間のエゴなんだよなぁ…  野生保護(自然なんて言葉から連想できる物は野生にはないんで使いたくない)は「可愛い」「可哀想」などという感情で片付けられる物ではないと常々思ってる。  やるなら間引き含めて徹底管理しないと、こないだの鹿の問題みたいにどっかで破綻するわな。  俺が自然保護団体嫌いな理由。
17
毛原知英 @arakid 2017年8月25日
おいぬさまならぬ、おぞうさまか。雀駆除の逆。
0
メー @haruhiz 2017年8月25日
こんなときエジソンがいれば
0
がそ @gaso 2017年8月25日
ミスター勇次郎範馬がいれば、あるいは――
0
独壇場B-T @dokudanjobt 2017年8月25日
日本でいうと「ヒグマ保護区」が近くにできて、駆除できないみたいなもん…?凄くつらいな……
14
独り鍋 @kawanabe_1996 2017年8月25日
密漁者は自然保護の傲慢を糾弾し、伝統を守り、現地の苦難に喘ぐ村人を救うヒーローだった…?
0
skerenmi @skerenmi 2017年8月26日
人間も生態系という系の中の一個である、ということは忘れてはいけないし、何か問題を解決したいと思うならなるべく巨視的な視野を持とうとすることが大切だなぁ、などと
1
刑事長/理事長 @DekatyouNy 2017年8月26日
flying00w 動物園で飼育していること自体にクレームつける動物保護団体が、調教して労役に使うなんてこと許すわけがない…
12
bss @bss_w_n 2017年8月26日
鹿だけでなく猪も増えすぎて、畑を荒らすわ山でもそこらじゅう掘り返してハイカーなどによるものより酷い植生被害を起こすわでガチで対策強化しないとヤバいことになってるんだよなぁ・・・「ここは貴重な花が自生しています!盗掘ダメ!ゼッタイ!」と立て札が立ってる向こうに、広範囲に猪がボッコボコに面で掘り返した跡が刻まれているというw
4
ソラQ @MaterialBee 2017年8月26日
1975年以前は1年間に絶滅する種数は1種以下、 現在は1年間に4万種が絶滅 アフリカ象は現在35万今後9年で半減の可能性 http://www.env.go.jp/nature/yasei/ex-situ/step0.html http://www.bbc.com/japanese/video-37253521 人口は今後爆発増予定
0
Horihito.M @CP_Clown 2017年8月26日
ドモン『何故ならば、アンタが抹殺しようとする人類もまた、天然自然の中から生まれたもの!言わば地球の一部!それを忘れて、何が自然の・・・地球の再生だッ!そう、共にいき続ける人類を抹殺しての理想郷など・・・愚の骨頂ッ!!』 これを思い出した
5
春日部 幸一 @kasugabe1111 2017年8月26日
朝っぱらから胸糞の悪くなるようなハナシ読んじゃった・・・畑や住居を荒らされ幾人も死者を出してる地元民に捕殺許可与えて、その肉を食用や売り物にして、ついでに象牙も副産物として国に高価で買い取らせて損害賠償に宛てさせでもしないとワリに合わない。象牙目的捕殺で非難されてるニュースのうち幾らかはこの様なのっぴきならない事情から像を捕殺し象牙売ってるだけなのかも知れんね
8
KID提督 @KID_sakotsu 2017年8月26日
やっぱ〇〇保護団体ってクソだわ
13
KID提督 @KID_sakotsu 2017年8月26日
というか人間に仇なす動物は全部処分でいいだろ
3
kk2170@きむらだよ @kk2170 2017年8月27日
[c4075268] 今回は出資者・支援者の都合で、自立する術を奪われている話だからじゃないですかね?アフリカの子供達に対しての反発って問題視されて支援開始してから何年も経ってるのにどうしていつまでも改善しないのってことだと思いますし。今回のまとめを見てこういう理不尽が重なって自立できないなら考えを改める必要があるなと思いました。
6
nekotama @nukotama001 2017年9月22日
nobody_oyaji 難しいところだねえ、自分も聞きかじった話でポンと言ってしまった手前あまり立場がないんだけど、可能性があると言えば、どんな生き物だって来る可能性はあって、それぞれに合わせた対策を立てるしかないんだよね。とりあえずアフリカ在住のケニアの伝聞として、ゾウは人間に何かされたら延々と覚えているから、復讐で村を潰す事もあるよ、と言う話があったんだけどね。
2
nekotama @nukotama001 2017年9月22日
そもそも、ここから得られる情報では最初が数頭だったのが、なぜ200頭になったのかも分からないしねえ。原因が分からなければ、永遠に死滅させるまで虐殺するしかないんだよ。
3
nekotama @nukotama001 2017年9月22日
[c4070893] 数頭しか出現しなかったものが200頭になった経緯を考えもしないお主といいね14人の知性は象以下。
2
田中 @suckminesuck 2019年8月4日
希少な野生動物は保護すべきだけどそれ以上に害獣は駆除すべきだ。 難しい問題だけど間違い無くクソなのは外資に発行されるハンティング許可書。
1
メコ メコ @mecomecomecco_ 2019年10月11日
ele_cat_namy 「私にとっての「またイギリスか!」は、本国では売春を禁止しておきながら植民地では黙認してたことを踏まえての呟きなのですが~」 国連の売春禁止条約における植民地除外権は日本が批准した際に朝鮮と台湾に対して日本も使用してるがな… イギリスからしたらおまゆうにもほどがあるな。
1