限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!
13
すど @ysmemoirs
「1本85円の鉛筆を144本と,1冊144円のノートを15冊買います。合計はいくらでしょう」という数値設定の問題,かけ算の順序的にすごく面白そうじゃありません?
すど @ysmemoirs
例えば「あなたが小学校の先生だとして,この数値設定の特徴に気づき,暗算で144×100=14400円と計算できる子を育てたいですか,育てたくないですか」的な問いを初等科数学科教育法の授業で教員志望の大学生に投げてみたらどうかしら。 twitter.com/ysmemoirs/stat…
生天目あかり @nabata_me
これに関しては明確に答えられます。「NO」です。 理想は頭の中で最適化された計算を「確かめ算(検算)」として行い、表記上はそれぞれ別の掛け算から合算する方式を記入する。 そして「144×100のようなずるをした?」という問いに「いいえ」と答えられるようになるまでが「教育」です。 twitter.com/ysmemoirs/stat…

上はこの度の生天目あかりのツイート。
以下はそれに対する反応。
ある者は現少学校教育に対し皮肉った内容だと言い、あるものは協調性の重視だと考えた。
もっともな批判もある。

添牙いろは @soekiba
ずるかどうかは置いといて、教育的には先ずしかるべき手順を教えるべきなんよね。 横着するのは、その次の段階。 twitter.com/nabata_me/stat…
いちさん @imasuyo
@nabata_me (おもしろい話を見落としてました) 私の文化圏では「ずるをしてよい場合とよくない場合を区別させる」こそが教育ですね。 って話を保護者にすると,善悪をはっきりさせろと言われることがある。子供をちゃんと育てられない大人がいるなあって思う。twitter.com/nabata_me/stat…
つるや@なろうにて小説連載中 @tyurukichi_AA
論理的思考を培う算数や数学に倫理とか罪悪感とか持ち込むとこういう的はずれな話になる twitter.com/nabata_me/stat…
トバ @totetumonakune1
@nabata_me 引用元の方は「このやり方で計算できる子を育てたいか」について仰っていますが貴方の主張は「頭の中でやってもいいけど表面上は取り繕うべきだと思うから育てたくない」と完全に噛み合ってませんね 明確に答えてください
ytb @ytb_at_twt
…子供に、アホな教師の言うことには面従腹背しておけばいい、とにかく「いいえ」と答えとけ、ということを教えるのは大切なことだってワケですね。 社会に出て役に立つ教育。 twitter.com/nabata_me/stat…
ヱフェドリン(非公式) @intubator_D
表面上は教師の求める答えをして、もし「ずるをした?」って聞かれたらすっとぼければOK、っていうのが生き方としてはベスト、って言い分でしょ。 なんでこのtweetが叩かれてるのか…。読む側の国語力ェ twitter.com/nabata_me/stat…
orihika_nao @akihiro_hino
確かにここまでできるようにしておきたい。自分はできなかったけど。 twitter.com/nabata_me/stat…

しかし「生天目あかりは、「1本85円の鉛筆を144本と,1冊144円のノートを15冊を144x100にすること」をズルだと言っているぞ!」という新説が爆誕していた。

クファンジャル好き @stylet_love
@nabata_me やめてください。 私は高校の教師ですが、あなたのおっしゃるような教育を受けた生徒に対する授業に大変苦労しています。算数や数学に「ずる」はありません。多様な道筋が見つけられることが大切なんです。何故それが分からないのでしょうか。
かきぬまさやか @Sayakaki
@nabata_me ずるとは?? なぜ、ずるという扱いになるのかなぁ??
ʇɥƃıluooɯ ǝıʇɐs 𖥶 @tsatie
@nabata_me ずるなんだ、其れならいっそ全部足せば?
Haruhiko Okumura @h_okumura
本当に交換法則を「ずる」と信じている教育者なのか,それとも単なる炎上狙いの極言か RT @ayatsuka_yuji: 「ずる」扱いなんだ。すごい発想だな… #超算数 twitter.com/nabata_me/stat…
松浦晋也 @ShinyaMatsuura
こういう人がいることに衝撃を覚える。これは私の知る教育でもないし、数学でもない。算数でもない。なにか算数や教育に似た、泥船のようなものだ。応用が効かず、すぐに沈む。 twitter.com/nabata_me/stat…
うみうし @namiyumi1115
@nabata_me これのどこが「ずる」なのかさっぱりわからない私は工学系… >RT
野原燐 @noharra
@dtaksak @mechatro1010 @manda634 @stylet_love @nabata_me 「合理化=ずるい」と私が言っている訳ではありません。 「1本85円の鉛筆を144本と,1冊144円のノートを15冊買います」を100✕144 と考える人のことを、twitter.com/nabata_me/stat… が「ずる」と言っているのです。
ROBA@2日目東ソ46a @vjroba
こういう教育してるからログファイルを今まで目でチェックしてたのをスクリプト書いて自動化するみたいな効率化をしたらズルをしたと叱責されるような愉快な会社が生まれるのだろうか。 twitter.com/nabata_me/stat…

最終的にいじめられる。
ここは小学校か?
子供の頃の気持ちがよみがえります。

matheca @paulerdosh
ずる、ときた。怖い怖い。 ((((;゚Д゚))))))) twitter.com/nabata_me/stat…
残りを読む(6)

コメント

ヘルヴォルト @hervort 2017年8月28日
小学校のテストなんて教えた計算方法を理解しているかの確認であって答えを導けるかのテストではないよね
キタカゼ @kitakaze_Mk2 2017年8月28日
144×85 144×15=144×100 とした子供を下まで追い詰めると書かれればそれは批判もあるでしょうとしか。 https://twitter.com/nabata_me/status/901214824717144065
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年8月28日
「式を立てる」のと「式を解く」のは全く別の技能だと思うんだけど、どうも「順序が決まってるのはおかしい」と主張してる人の意見は「式を解く」時の話しかないように思う。
いちさん @imasuyo 2017年8月28日
私も何度か言っているんですが,演算だけが算数ではないし,学問だけが学校ではないんで。 怒っている人は,理不尽なバツをもらった経験に心底怒っているので,学校に学問以外のことを持ち込むなという話をしがちですね。
氷雨(鴎) @kamome54 2017年8月28日
交換法則の使用を否定する根拠が数学以外のところに求めてれば反発の1つや2つ出て然るべきじゃないですかねえ・・・・。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年8月28日
kamome54 交換法則を使うのは「式を解く」フェーズでの話なので、「式を立てる」のフェーズでは使うな、というだけの話なのでは。
やし○ @kkr8612 2017年8月28日
正解が導き出せるなら解法はどうでもよくねって言い出すと習熟度確認がどうたらってめんどくさい話になったりする?
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年8月28日
kkr8612 そもそも自分で計算する必要がなくなる。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
私は数学教員ではないですけど、「〇〇という子供を育てたいですか?」に対しては、「学習指導要領に沿った教育であるかどうか検討してみたいと思います」としか答えられないのですよね。教員の立場としては、自分がどう育てたいか、ではなく、公教育のガイドラインに従っているかどうかのほうが大切で、前者を重視するのは公私混同だと思っています。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
もちろん、ガイドラインにバッティングしない範囲ではそれぞれの教員が工夫すればいいだけなのですが、上でもすでに指摘があるように、「式を立てる」と「式を解く」の区別をしたうえで、「式を立てる段階で144x100を一気に暗算でできるように指導する」という提案なら、それは「NO」だと思います。数学教育がどうこうではなく、教員のタスク的にアウトなので、「数学における理想の教育とは?」みたいな大上段な議論は全部無効になりますね。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
ただ、問題なのは、「式を立てる段階で144x100を暗算でできるように指導する」というのが、最初のツイートの真意だったかどうか、すぐには分からないということでしょうか。
Ukat.U @t_UJ 2017年8月28日
「かける数とかけられる数の順番で教えるべき」っていう人はまず、「間違えないように特定のやり方をとるように指導する」ということと、「それ以外のやり方したら不正解とする」ということは天と地ほども違うということを理解してほしい。私は立式のときに順序が逆でも良いと考えていますが、正解とした上で先生が赤字で式を修正して、かける順を先に書くようにしましょうというぐらいは良いと思ってます。
Ukat.U @t_UJ 2017年8月28日
交換則は義務教育で習うんですよ。できる子もできない子も同じ内容を学ぶ義務教育の中で、「順番を逆にしたら「間違いです」」→「順番を逆にすることができます」は理解の妨げにしかならないと思います。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
立式は「間違えないようにする」ではなく「式の意味を理解する」です。もし教員が「式の意味はおいておいて、144の数字が同じだから、あとは85と15を足して100にして144x100でよい」と教えた場合は、それは学習指導要領違反であり、答えがあっているいない以前に職務違反です。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
ですから、このまとめの2番目のレスは、現場の大学生に訊いたら「塾ではそういう教え方もあるかもしれませんが、公教育の場では学習指導要領違反なのでダメですね」という答えが返ってくるはずです。逆に「その教え方はいいですね」と答える学生がいた場合は、教職課程をまじめに履修していないことになります。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
上でも書かれているように、立式後の計算では交換法則は普通に使えます。問題なのは、立式部分で「意味はともかくとして、計算を工夫させたほうがよい」というのは学習指導要領違反だということですね。
Ukat.U @t_UJ 2017年8月28日
学習指導要領に著しく「反する」内容を恒常的に教える事は処分対象になりうるという判決がありますが、学習指導要領を超える内容を教えることについては文科省は問題ないという見解を出してます。交換則を教えたとしても別に職務違反にはなりませんし、学習指導要領を超えるやり方を生徒が取ったとしてもそれを間違いと教えるのは先生の独善というものではないかと思います。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
そうです。学習指導要領を「超える」内容を教えることについてはまったく問題ありません。交換法則も義務教育の範囲内です。なぜこのまとめの2番目のツイートが問題になるかというと、「学習指導要領で『教えろ』と指示されていることを教えていない」からです。学習指導要領は、式の意味の理解を要求しているので、「対象と対象の単位を捨象して、数字だけで工夫して計算しなさい」というのは違反です。立式を85x144+144x15とおけば、そのあとで交換法則を使って144x100としても問題はありません。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年8月28日
t_UJ 分配法則等を習うのは5年生らしいので、4年くらい先という事は今までの人生と同じくらい長い未来の話なのでは?
やし○ @kkr8612 2017年8月28日
その指導要領段階での王道として85*144と144*15をそれぞれ計算してから足させて答えを導き出したあとで、おまけとして「かける数が同じだから先に(85+15で)100を作ってから144を1回かけることで速く答えが出せるよ」と教えることは指導要領違反でもなんでもないんでしょ?じゃあ教員の裁量の範囲でええやんけ。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
それもちょっと問題があるように思います。【 問1】次の式を計算しなさい 85x144+144x15 【問2】1本85円の鉛筆を144本と,1冊144円のノートを15冊買います。合計はいくらでしょう? この2つは違うので、「前の式を簡単に計算する方法」を直接的に後ろの計算に適用する、は誤りです。前の式を簡単に計算する方法を後ろの式の【立式後の部分】に応用するのは正解だとは思いますが(それもダメは文科省の通知違反かと)。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
ようするに、ものすごく単純に言うと、「文章題が出された場合、その文意を理解する必要はなく、立式の段階から省略できる」はダメということですね。
獅子琉々 @ryukyulion 2017年8月28日
[c4078249] 初めに文章を読んだ際に、育てたいかの回答は「NO」なぜならそれは「ずる」だから「頭の中での検算」にとどめるべきという主張に読めました。確かに、「ずるをした?と聞いた話者」と生天目あかりさんが別であるとも読めるのですが、主張には含まれると捉えた人が反応されているのかと。
sako @SSako86 2017年8月28日
[c4078843] 悪意をもって解釈すれば、生天目さんの価値観だとすることもできるという程度ですね。「ずる」という価値観に対して「いいえ」と答えられるようにといってるのだから、素直に解釈すれば本人の価値観とは逆だという方が当然でしょう。
エロラクP @eroluck 2017年8月28日
これ、多分計算段階の話で、立式段階で144×100にしろと言うことではないんですよね。 立式にだけ注目するなら、 固定派は”85×144+144×15”(値段×数量)しか認めません。 ”144×85+15×144”(数量×値段)は「解が円から個数になるから」と何故か認めてくれません。 ましてや、”144×85+144×15”(数量×値段+値段×数量)は理解していない切られることも。 最後の式に関しては読みにくいので、値段×数量か数量×値段への統一は必要かと思いますが。
watyu @watyuking 2017年8月28日
基本の計算式と応用の暗算、「両方」やらなくっちゃあならないってのが「小学生」のつらいところだな
frisky @friskymonpetit 2017年8月28日
SSako86 う〜ん、あなたの意見を読んでもわからない。なにか別の前提条件が含まれているようにしか思えない。まとめだけを頼りにして解釈すると「ずるいかずるくないか」という価値観がなぜかそこで急に出てくるように見えるんだよね。(その直前に生天目さんが別の人とずる云々の話をしてるのか、あるいは以前から生天目さんが算数の解放についてずる云々の議論をしていた人だった、というなら納得できるけど、このまとめだけじゃわからない)
天たくる @ten_tacle 2017年8月28日
最初の問に対し、@nabata_me の回答は「明確にNO」 というよりは「条件つきYES」(考え方はそれで良いけど教師への対応は気をつける)に近い気がするのだけど、炎上目当てで「NO」と言い張ってるような雰囲気は感じました。
sako @SSako86 2017年8月28日
[c4078946] 本当は(検算で)ずるしているのに、ずるしていないと言い逃れをできるようにする教育がいいという主張だと解釈したということですか?
天たくる @ten_tacle 2017年8月28日
後、途中まで自分も誤読してましたけど、「1本85円の鉛筆を144本と,1冊144円のノートを15冊買うことを144×100で解いて良いか」を、「1本85円の鉛筆を144本と,1冊15円のノートを144冊買うことを144×100で解いて良いか(85×144+15×144としなくても良いか)」て誤読している人結構いたりしませんかね。
天たくる @ten_tacle 2017年8月28日
自分は教育者でも何でもありませんが、単価と個数をひっくり返して計算の手間を省略するという発想には違和感はあります。買い物に行ってたまたまこういうシチュエーションになった時にさっと計算できるのは便利だと思いますが、そんな限られたシチュエーションで使えるテクニックに価値があるのか。
天たくる @ten_tacle 2017年8月28日
その背景踏まえて、この方法が正しいのか、でなく子供がこういう考え方をするように育てたいか、という命題はまあ興味深いと思いますし、それに対する、@nabata_me の今の指導要領ではそれはアウトです、という指摘は正しい間違い以前にイラッとくるものであったと思います。ただ、途中からよく理解しないまま叩きに便乗している人も増えてきてないかと。
kaori yatsu @OyatsuSaxophone 2017年8月28日
ああ。やっとわかった。【】内は私なりの注釈です。 『これに関しては明確に答えられます。「NO」です。 理想は頭の中で最適化された計算【144×100】を「確かめ算(検算)」として行い、【テストの】表記上はそれぞれ別の掛け算から合算する方式【鉛筆85円×144本,ノート144円×15冊】を記入する。 そして「144×100のようなずるをした?」という問いに【生徒が】「いいえ」と答えられるようになるまでが「【現場で求められている】教育」です。 』 って言いたかったのかな。
sako @SSako86 2017年8月28日
friskymonpetit 「いいえ」というのは何を否定していると考えているのですか?文脈上「ずる」か「144×100をした」のどちらかしかないわけで、前者でないのなら後者つまり子供にウソを吐けという(実際に検算で144×100は行っている)主張だと解釈することになります。そんな悪意のある解釈をするより、「ずる」を否定していると解釈する方が自然です。
frisky @friskymonpetit 2017年8月28日
SSako86 『理想は頭の中で最適化された計算を「確かめ算(検算)」として行い』とあるので「1回目は85×144+144×15をそのまま計算→答えを記入」「2回目は144×100で計算(検算)」の計二回をやるもんだと読み取りました。1回目でそのまま計算した答えを記入しているので「144×100で計算した答えではないです」の意で「いいえ」という答えになると解釈しましたよ。
frisky @friskymonpetit 2017年8月28日
SSako86 でもわたくしが知りたいのは、算数の計算方法に(間違ってる間違ってないではなく)「ずる」という概念を持ち込んだのは誰か、ということなの。それはわたくしには生天目さんに見えるんだけど、生天目さんはそうじゃないと言ってる。じゃあ誰なの? 文科省? 指導要領? 小学生? どうして先生は「間違った計算方法を使ってないか?」と聞くのではなくて「ずるをしてないか?」と聞いたのかということ。
sako @SSako86 2017年8月28日
friskymonpetit [c4079179] そういうあなたがたの推測を追加すれば成り立つ解釈ということですよね。で、「いいえ」が「ずる」を否定しているという解釈を否定できる根拠はありますか?他の解釈もありうるといことは根拠にはなりませんよ。
sako @SSako86 2017年8月28日
friskymonpetit 本人が否定しているにもかかわらず、根拠なく断定していたことは理解できたのでしょうか。それが理解できなければ先には進めないでしょう。
獅子琉々 @ryukyulion 2017年8月28日
SSako86 「144×100のようなずるをした?」に対する「はい/いいえ」は「144×100をしたかどうか」か「ずるをしたかどうか」に答えたと解釈できます。ただ後者の「ずるをしたかどうか」について「いいえ」と答えたと解釈したとしても、「ずるを"しなかった"」という意味であって「144×100は"ずるではない"」という解釈は自分にはそもそもできませんでした。
sako @SSako86 2017年8月28日
[c4079266] なるほど。悪意のある解釈で非難するっていうのは思う壺ってことですね。
Mochizuki Yoshiki @ym_base 2017年8月28日
かける数とかけられる数だっけ?あれを忠実にまもるのなら144×100とやってはいけないという前提においてはだめなんだろうね ただ、その後に交換法則を習った後ならばいいんじゃないかな? 要はその学習段階でそれを認めるかどうかの話だけでしょ? つるかめ算を方程式で解いていいかどうか見たいな話だと思う ただ、そこで『ずる』という言葉を持ち出したのが問題だと思う
佐渡災炎 @sadscient 2017年8月28日
hervort 「教えた計算方法を理解しているか」なんてことをわざわざテストで確認する事自体が狂気の沙汰です。教育の目的は「答えを導けるようにする」ことですから。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年8月28日
[c4079245] 算数に限らず「新しい概念」を身につけるのは凄く大変。義務教育等で基礎を叩きこまれてるからこそ、長じてから「新しい概念」を身につける時にも何かしらとっかかりがあってわりとスムーズにできてる。
佐渡災炎 @sadscient 2017年8月28日
mtoaki 「式を立てる」などという阿呆な事をする必要がそもそもありません。
佐渡災炎 @sadscient 2017年8月28日
thomasunculus 式に意味なんかねえです。
佐渡災炎 @sadscient 2017年8月28日
thomasunculus 「立式」などという無意味な行為を教えたり採点対象にすること自体がキチガイじみています。
Osahiro Nishihata @_Osahiro 2017年8月28日
144×100を書くと領収書としてはダメなのは理解できる。
Tsuyoshi Seino a.k.a. せーの @chao2suke 2017年8月28日
ざっと読むと、複数の問題が絡み合っている印象。まず小学校の学習指導要領には「かける数」と「かけられる数」を理解する、という項目が明記されている。小学校の先生は生徒がそれを理解しているかどうかが採点基準になる。だから144 x 100、と解く生徒には四則演算としてのテクニックだけで解いているのか、問題文を理解した上でテクニックを使ったのか、を確認する必要がある。ここまでが前提。これに文句がある人は文科省に入って同じ意見の数学者を集めて改善してください。先生に責はない。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年8月28日
sadscient そりゃまぁ小学校の文章題は簡単だから見れば暗算で答えが出るけど、簡単な問題で練習しておかないと難しい問題は凡人じゃ解けなくなるでしょ。
しげっち @simasimang 2017年8月28日
とりあえず、ずるという言葉に違和感を抱く人は多いんじゃないでしょうか。 解き方としては(気づけるなら)144×100でもいいとは思いますが文章題の場合は国語的読解力も試されているので、 途中式としてこれを書いてしまうと問答無用で×になるかと。
Tsuyoshi Seino a.k.a. せーの @chao2suke 2017年8月28日
で、生徒側としては「テスト = 問題を解くこと」ではなく「テスト = 出題者の意図を読み解くこと」であることを理解する必要がある。方程式や行列をならっていないうちから鶴亀算をそう解いても話がややこしくなるだけで、自分に何の得もない。中二病こじらしたい反抗期なら好きにやればいいが、テストというものは物議をかもしたり教育界に一石を投じるためにあるのではなく、高い点数を取って良い成績や目的の学校に入るためのものなのだから割り切るべき。
Tsuyoshi Seino a.k.a. せーの @chao2suke 2017年8月28日
で、この人の意見は3回くらい読むとようやく意図が理解できるのだが、言葉足らずでパッと入ってこないので、こんなに賛否両論でてるんだと思う。
sako @SSako86 2017年8月28日
ryukyulion あなたがどう解釈したかではなく、「ずる」ではないという解釈が誤りである根拠があるかどうかです。
やし○ @kkr8612 2017年8月28日
_Osahiro 仕訳はどっちも事務用消耗品費だし領収書には「文具代として \14,400-」としか書かれないからへーきへーき(論点がズレる)
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
sadscient それは文科省と学習指導要領に関わっている教員および研究者に言ってください。現場ではどうしようもありません。警官に対して「この法律は違憲だと思う」と言っても無意味なのと同様です。
佐渡災炎 @sadscient 2017年8月28日
mtoaki 何の練習をするので?
佐渡災炎 @sadscient 2017年8月28日
thomasunculus いいえ、学習指導要領にそのような事は書いてありません。現場の問題です。
佐渡災炎 @sadscient 2017年8月28日
chao2suke 「出題者の意図を読み解く」などというクソの役にも立たない事を授業で教える必要などありません。時間と金の無駄です。
Tsuyoshi Seino a.k.a. せーの @chao2suke 2017年8月28日
sadscient では日本はそういう教育界になるようにあなたが先頭に立ってがんばってください。現場の教師は指導要領がそう変わればそういう風に教えるようになります。私は生暖かく見守りますので。
獅子琉々 @ryukyulion 2017年8月28日
SSako86 あぶらなさんのコメント通り、「144×100のようなずるをした?」は多重質問の誤謬だと考えています。多重質問の誤謬についてはこちら(https://ja.wikipedia.org/wiki/多重質問の誤謬) つまり「はい/いいえ」どちらで答えても「144×100はずるである」という"問いの前提"が覆らないです。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
sadscient 解説の12頁以下にそれぞれ四則演算の「意味」を教えるように明記されています。さらに10頁では事象を数学的に「的確に表現」し「言語としての数学の特質」を理解することも勧められています。逆に、計算式を文脈から切り離して効率よく計算することは、指導要領には含まれていません。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
この手の議論では、小学校の算数とは計算能力を養うものだという主張がありますが、学習指導要領における算数教育の目標は、問題の数値設定に着目して計算を効率化させることを含んでいません。この点を離れた議論は、算数教育の現場に対する指示としては無意味です(文科省に対するケチつけとしては有意義かもしれませんが、それはべつの問題)。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
端的にいえば、算数教育の目標は、事象を数学的に適切に表現することであり、式にのみ着目してどう計算したら早いかを考えることではないです。
Tsuyoshi Seino a.k.a. せーの @chao2suke 2017年8月28日
sadscient >「出題者の意図を読み解く」などというクソの役にも立たない事 もしこの前提に立つのであれば、そもそもテストを出す必要がありません。なぜなら出題者は答えをもう知っているので、あえて生徒に聞く必要がないからです。もっと言ってしまえば「理解度は関係なく、答えを解けるかどうかだけを見れればそれでいい」のであれば電卓持ってくるなり知恵袋で聞くなり、職員室で答えを写メに撮ればいいんです。実際の社会では電卓なりPCなりレジを使うので、当然「ずる」にはならないはずです。
佐渡災炎 @sadscient 2017年8月28日
thomasunculus 四則演算の意味と「立式」なる謎の行為とは何の関係もありません。
sako @SSako86 2017年8月28日
ryukyulion 結局あなたがしているのは、相変わらず自説が正しい可能性を示しているだけです。質問をしているのは生天目さんではなく、生天目さんが想定した教師だということは理解できますよね。ずるであることを前提に質問している教師に対して、反論できることを目標にしているのだから、ずるであることを否定しているという解釈が成り立つわけです。
佐渡災炎 @sadscient 2017年8月28日
chao2suke もちろんその通りです。「理解度を測る」ためにテストをするなど無意味どころか有害です。テストは「答えを導く能力」を測るために行うものです。
佐渡災炎 @sadscient 2017年8月28日
thomasunculus 「立式」なる謎の行為はその目的とは全く無関係どころか、その能力の習得に有害な行為です。
四規 (sai) @saico1001 2017年8月28日
暗算ができるような子と言っているだけなのに,生天目さんが式も記述しないといけませんの時点で話がおかしくなってるのに,後ろに余計な文章をつけたせいでごちゃごちゃしてるだけでしょ。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
sadscient いいえ、有益です。「1本85円の鉛筆を144本と,1冊144円のノートを15冊買います。合計はいくらでしょう」という事象を数学的に的確に表現したものは、「85円(単位)x144本(数量)+144円(単位)x15冊(数量)」であって、144x100ではありません。前者は事象の数学的表現と言語表現能力がきちんと身についていますが、144x100は単に計算の効率化を考えているだけで、目標不達成です。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
「85円(単位)x144本(数量)+144円(単位)x15冊(数量)」という適切な表現行為のあとに、交換則を使って計算を楽にしてやることは、四則について成り立つ性質の学習として有意義です。が、これは「立式の部分は不要である」ということを正当化しません。なぜなら、立式部分は「表現能力の学習」であるのに対して、交換則は「四則の性質についての学習」であり、学習目標がそもそも違うのです。
佐渡災炎 @sadscient 2017年8月28日
thomasunculus いいえ。数式というのは計算の本質と無関係なものをそぎ落として構成するものです。後者であっても事象の数学的表現が劣ると言う事はありません。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
sadscient そういう主張は文科省と学習指導要領担当者にお願いします。現場に対して学習指導要領と異なる主張をされてもスルーせざるをえません。
佐渡災炎 @sadscient 2017年8月28日
thomasunculus 後者は「85×144+144×15」と「144×100」が数学的に等価な表現であるという事を理解しているわけですから、事象の数学的表現能力は充分に高いと判断できます。
佐渡災炎 @sadscient 2017年8月28日
thomasunculus 計算の効率化を考えるには数学的に等価な表現の幅を知っている必要があります。計算を効率化する事こそ、事象の数学的表現能力が要求される行為です。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
sadscient それは上で書いたように学習目標の混同です。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
sadscient すこしは学習指導要領にもとづいたご発言をお願いします。
佐渡災炎 @sadscient 2017年8月28日
thomasunculus いいえ。お前が学習目標を理解していないだけでしょう。
佐渡災炎 @sadscient 2017年8月28日
mtoaki 「式を立てる」などという行為には何の意味もありませんよ。
佐渡災炎 @sadscient 2017年8月28日
thomasunculus 俺の主張は学習指導要領に一切反していませんよ。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
sadscient 上であげた資料の48頁をごらんください。そこでは、加法に対して、「例えば,「3人で遊んでいるとこ ろに4人来たので,全部で7人になりました。」という場面を,3+4=7とい う式に表したり」という解説が加えられています。式のみを取り出してその等価な表現の幅をとる、という学習目標はどこにも記載されていません。
獅子琉々 @ryukyulion 2017年8月28日
SSako86 あなたとの理解が真逆なので、あなたの意見に反論することはそのまま自説の強化に繋がるのはしょうがないです。繰り返しになりますが、「○○なずるをしたか」の質問に対して"NO"で反論しても「○○はずるではない」と解釈するのは難しいです。 例えばサッカーで「足を引っ掛けるようなファールをしただろ」と言われて「してない」と答えても「足を引っ掛けるのはファール」という部分には影響ないですよね。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
ちなみにこの例が重要なのは、「3人いて4人加わる」という事象を、4+3ではなく3+4と表現していることです。つまり後から足されている4のほうが追加である、という意味の理解を重視しているわけですね。ここで3+4も4+3も等価だという議論は意味を持ちません。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年8月28日
sadscient えー? 式が立てられないとプログラムも組めないと思うんだけど。
獅子琉々 @ryukyulion 2017年8月28日
SSako86 そしてもともとの自分の主旨としては非難ではなく、色々な人が「生天目あかりは、「1本85円の鉛筆を144本と,1冊144円のノートを15冊を144x100にすること」をズルだと言っているぞ」と捉えた理由を、自分が読んで感じたことベースで説明したまでです。
シロクロ@のんびりやってる。 @BlancNoir_nanto 2017年8月28日
掛け算の、「どちらを先にする」みたいな話、前からよく解らなくてモヤモヤしてる… 例えば「①1個80円のリンゴが10個売ってます。合計いくら(何円)?」という問題と「②リンゴ10個を、1個80円で売ります。合計いくら?」という問題があったとして、それぞれ計算式はどう書くの?そのように書く理由は?
sako @SSako86 2017年8月28日
ryukyulion そうではない解釈の可能性もあるので、前からSSako86 のようにずるだと考えていないことを否定する根拠がありますかという質問をしていたわけです。結局そのような根拠はないということでいいですね。
獅子琉々 @ryukyulion 2017年8月28日
SSako86 「ずるだと考えていない」と読むのが難しい根拠は ryukyulion でも述べた通りです。ちなみに、サッカーの例を読んで「足を引っ掛けるのはファールではない」と読めるのでしょうか。
sako @SSako86 2017年8月28日
ryukyulion 元のコメントに書いた通り、その質問をしたのが誰かということです。自分が否定したい意見を誰かに言わせて、それを否定するという表現方法があるというのは知っていた方がいいです。
frisky @friskymonpetit 2017年8月28日
SSako86 えーと「本人が否定しているにもかかわらず、根拠なく断定」というのは [c4078843] friskymonpetit friskymonpetit friskymonpetit どの部分のこと?
真改 @shinden406 2017年8月28日
課題に対しての「教えられたやり方以外認められない」派と「解を導き出せるなら解き方は自由」派の溝は深い…。
sako @SSako86 2017年8月28日
ryukyulion これだけだと、「足を引っ掛けるのはファール」かどうかは不明ですね。文句を言っている方がファールであることを前提にしていることは推測できますが。これで、文句を言われた方がファールであることを認めたと解釈するというのが「多重質問の誤謬」ということなのですが、それに引っかかりましたという告白ですか?
sako @SSako86 2017年8月28日
friskymonpetit [c4078843] の「わたくしは生天目さんの価値観と読み取った」ですね。他にも解釈の方法があるのに、他の解釈が誤りである根拠が示されていません。
キケリキー @KIKERIKI17 2017年8月28日
「教師が生徒の理解度を計るのはフォローのためで、必要なことでしょ」というと、教師がその職務として実行するのであれば、どんな回答を生徒が選ぼうが理解度が計れるように完璧な問を用意すべき。それが出来ていないんだから、生徒の解は正解になるべき。というのも、いつものやり取りよね。
獅子琉々 @ryukyulion 2017年8月28日
SSako86 「○○のようなずるをしたか(足を引っ掛けるようなファールをしたか)」という問いに「いいえ」と答えても、「○○はずるか(足を引っ掛けるのはファールか)」どうかの否定にはならないということです。単なる「いいえ」ではなく「ずるではない(ファールではない)」という回答をしていた場合は、sakoさんのいう"他の人に意見を言わせてそれを否定するという表現方法"として読めたと思います。
Toshikazu Kanke @sevenedges 2017年8月28日
学習指導要領と言いながら thomasunculus 学習指導要領解説 thomasunculus を引いてくるいい加減な人は出直してください。解説には何の法的な強制力もありませんし、その内容に加えて不透明な成立過程も少なからず批判されています。これらの批判は学習指導要領を是としたうえで成り立つことです。
frisky @friskymonpetit 2017年8月28日
SSako86 よく議論で「断定は良くない」みたいに言われてるので誤解してるのかな? 「わたしはこう考えた」「わたしはこう解釈した」こういうのは断定しても問題ないのよ。話し手本人のことだからね。一方、「これが生天目さんの価値観だ」は良くない。生天目さんの価値観は話し手にはわからないからね。 それから(何か別の尺度を導入しない限り)解釈に誤りというのはないんだよ。わたくしの意見のどこにも他の解釈を否定している部分はないよね。
LeJobard @LeJobard 2017年8月28日
生活指導のために算数をダシに使っている時点でお察し
sako @SSako86 2017年8月28日
ryukyulion また、あなたの解釈も正しいという説明であって、その他の解釈が間違いである根拠になっていません。あなたはそう読めなかったのでしょうが、それはその読み方が間違いである根拠にはなりません。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
sevenedges 学習指導要領でもおなじことです。なぜなら学生指導要領の第2の2のDには「加法及び減法が用いられる場面を式に表したり,式を読み取ったりすることができるようにする」と明記されているので、「1本85円の鉛筆を144本と,1冊144円のノートを15冊買います」の場面を式に表したものは85x144+144x15であって、場面から離れた144x100ではありません。
frisky @friskymonpetit 2017年8月28日
SSako86 まだお若いのかな。議論では「わたしも正しいけどあなたも正しい、しかし結論は異なる」ということもよくある。それは論者双方が当たり前と思い込んでいる前提条件が違うからなんだよね。そういうとき「どちらが間違ってるか」を決める必要はないの。前提条件がどう違うのか、それを明らかにできれば十分なんだ。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
「立式などどうでもよく144x100でよい」派のひとは、学習指導要領から根拠を明示してください。それと、私は最初から法的拘束力の話はしていないので、法的拘束力がないから、という反論をされても困ります。最初のほうのコメントであくまでもガイドライン性であると条件付けしていますので。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
すみません。言葉足らずだったので付記しておきますが、例の場合は第2の(1学年)2のDに加えて、第2の(2学年)のDの「乗法が用いられる場面を式に表したり,式を読み取ったりすることができるようにする」ですね。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
くりかえしになってしまいますが、学習指導要領のなかに「与えられた場面をそのまま表現するのではなく、数値設定から効率的に計算することができるときは、その計算をすることができるようにする」というのは、ほんとうにどこにも書いていないのですよ。
sako @SSako86 2017年8月28日
friskymonpetit 主張した本人が否定している解釈をして、自分の解釈の方が正しいという根拠が示せないのに、この解釈は誤りではないと言ったところで、その人のことを貶めたいのだろうとしか思えませんが。
緑川だむ @Dam_midorikawa 2017年8月28日
ここまでフリードリッヒ・ガウスのΣ(1~100)=1/2(100×101)の逸話なし。まあ日本でガウス並みの才能がある天才がいた場合、教師にいじめられて才能を潰されるか自殺するかしか無いって事なんだな
獅子琉々 @ryukyulion 2017年8月28日
SSako86 あああ、どこで意見が食い違っているか理解しました。あなたは「本人が否定している解釈」を「本人でもないのに主張している」と捉えたのですね。自分は「本人が否定している解釈」を「なぜそう読み取ったか」の説明をしていたつもりでした。(本人がなぜ?と問うていたので)なので「そういう解釈もできる」ということが理解してもらえていれば終わりの話ですね
Toshikazu Kanke @sevenedges 2017年8月28日
thomasunculus 学習指導要領を「超える」ことをやるのは問題ないとご自身で書かれてますよね。それが全てです。> thomasunculus ここであなたは”「学習指導要領で『教えろ』と指示されていることを教えていない」から”問題だとも明確に書いていますが、この状況がどうして「教えていない」ことになるのでしょう?
Tsuyoshi Seino a.k.a. せーの @chao2suke 2017年8月28日
sadscient ではどうして小中高のテストに電卓や携帯、ネット環境を持ち込む事が禁止されていると思いますか。大学のゼミで答えを知恵袋で聞いた生徒が教授に叱責されてると思いますか。「これらは全て教えるほうが間違っていて俺だけが合っている」というのであれば、そういう教育をする国を見つけて移住するか、やはり文科省に入って根本的に日本の教育を変えるよう頑張ってもらうしかない、と思いますが。
sako @SSako86 2017年8月28日
ryukyulion 違います。何度も言っているように、Aという解釈が誤りである根拠は何ですか?といっているのに、その根拠を示さず、Bの解釈の理由を説明しているからです。Aが本人が否定しているか否かは関係ありまえせん。
Tsuyoshi Seino a.k.a. せーの @chao2suke 2017年8月28日
「カンニング」も立派な「答えを導く能力」です。買収も「答えを導く能力」です。社会的には新しい技術を自社に取り入れるためにエンジニアを引き抜いたり、会社ごと買い取ったりするのは当たり前ですから。 牙を剥く相手は無数にでてきそうです。
sako @SSako86 2017年8月28日
friskymonpetit 「今日のところはこのくらいで勘弁しといたろか」ってことですね。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
sevenedges それは「超える」ではなく「無視」です。なぜなら、このまとめの2番目のツイートは「1本85円の鉛筆を144本と,1冊144円のノートを15冊買います」の場面を表そうとしているのではなく、「数値設定に特徴があるから簡単に計算する方法がある」というまったく別の提案をしているからです。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
あとこれは補足になりますが、「数値設定に特徴があるからそれを見抜いて計算する能力」(まとめ元が重視している能力)が「与えられた文章を数式で的確に表現できる能力」(指導要領が目標としている能力)よりも上位にあるとは私はまったく考えていません。
獅子琉々 @ryukyulion 2017年8月28日
SSako86 かみ合っていない部分が理解されなかったようで残念です。「Aという解釈が誤り」という主張をしてたわけでなく、「Bという解釈もできるよ」という説明がしたかったのです。
hearo@サカキ @hearoSB 2017年8月28日
単位が円でいいなら (85円×144本)+(144円×15冊)=(85×1円×144)+(144×1円×15) =144(85×1円+15×1円)=144(85+15)×1円=144(100)×1円=144×100(1円)=14400 本,冊の単位を気にするならそもそも本円+冊円は単位が違うので加算できない。 144×100はズルくない。「はい」も「いいえ」も答えるのは誤り。 そもそも、問いかける方も損はしていない。
frisky @friskymonpetit 2017年8月28日
SSako86 もう一度流れを追ってみて欲しいんだけど、『Aという解釈が誤りである』という主張は(あなたの主張の中で以外は)誰もしていないんだよ。ただAという解釈に興味がないだけなの。
sako @SSako86 2017年8月28日
ryukyulion 「Aという解釈が誤り」である根拠を求めたのはずいぶん前ですし、 「Aという解釈が誤り」の説明が ryukyulion であるとご自分でおっしゃってるのに、「「Aという解釈が誤り」という主張をしてたわけでなく」といわれても、、、
sako @SSako86 2017年8月28日
friskymonpetit 自分の主張ならともかく、他人も含めて「誰も」というならちゃんと確認しましょう。
Toshikazu Kanke @sevenedges 2017年8月28日
thomasunculus 問題文が「合計いくら」を問うているので、場面を表す必要なんてありません。問題に書かれていないルールを勝手に持ち込んではいけません。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
sevenedges あります。なぜなら「合計はいくら?」は「対象の個数ではなく、単位量の総額を答えよ」という意味なので、「単位量を先に表記して、その単位量がいくらあるか」を答えないといけないからです。ですから144本x85円もバツです。もし場面がないとしたら、問題文は、「1本85円の鉛筆を144本と,1冊144円のノートを15冊買います。が、それはどうでもよくて、144x85+144x15を計算しなさい」になります。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
つまり「1本85円の鉛筆を144本と、1冊144円のノートを15冊買います。合計はいくらでしょう」という文章題は、「144x85+144x15を計算しなさい」という計算問題とは違うのです。前者を数式表現したときに、たまたま交換則を使うと、後者の問題とプロセスが一部重複するだけです。そしてこれが指導要領で「加法及び減法が用いられる場面を式に表し」なさいと指示されている到達目標です。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
そしてほんとうに繰り返しになりますが、指導要領のなかに「文章題の数値設定に着目して、場面から離れて計算効率を向上させる能力」はどこにも目標とされていません。
Toshikazu Kanke @sevenedges 2017年8月28日
thomasunculus なるほどあなたの言うように上位でないから「超える」ものではないとして、それがなぜ否定されるのですか?下位の(より初歩的な)技能で解に至ったとして何か問題がありますか?(そしてあなたはまず sevenedges に答えるべきです。指導要領と解説をあなたが同一視するのも「解説に書かれた解釈が正しい」程度の思い込みしかなさそうに見えますが、解説から独立して指導要領のみでご自身の主張を展開できますか?)
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
sevenedges まず後者ですが、それにはすでに答えいます。「1本85円の鉛筆を144本と、1冊144円のノートを15冊買います。合計はいくらでしょう」の表現形は85x144+144x15であって、144x100ではありません。なぜなら、指導要領は「加法及び減法(あるいは乗法)が用いられる場面を式に表し」だからです。そして、ほんとうに繰り返しになりますが、「数値設定に着目して場面を捨象する」ということは、指導要領のどこにも書かれていません。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
次に前者ですが、「超える」ものでないことには問題がありません。問題なのは、指導要領が教えるように指示している部分を無視して、指導要領に記載のない到達目標(偶然的な数値設定の重複に着目した計算の効率化)に置き換えているからです。逆にお尋ねしますが、文章題の場面ではなく数値設定に着目した計算の効率化にこだわる理由を、指導要領からむりなく導き出せますか?
Toshikazu Kanke @sevenedges 2017年8月28日
thomasunculus あなたの主張している『「単位量を先に表記して、その単位量がいくらあるか」を答えないといけないから』は、どこに示されていますか?学習指導要領にはそのような記述はありませんよね。
Toshikazu Kanke @sevenedges 2017年8月28日
thomasunculus 確かに学習指導要領には「加法及び減法(あるいは乗法)が用いられる場面を式に表し」とありますが、あなたの示した式がそれに適う正解であり、例えば144x100のような式が適わないとする根拠はなんですか?
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
sevenedges 「数量の関係に着目し,計算の意味や計算の仕方を考えたり」ですから、「何円?」は「円を単位量とする数量関係」です。むしろ先の事例における144x100の意味とは何なのですか?
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
sevenedges 単純にそれが場面を表しているからです。85(円・単位量)x144(個数)+144(円・単位量)x15(個数)です。上でもお尋ねしましたが、144x100も直接的に「1本85円の鉛筆を144本と、1冊144円のノートを15冊買います」の表現や場面を表しているというのは、無理がありませんか? さらに、文章題の数値設定に着目するという、指導要領に書かれていないものがなぜ優先されるのかの部分にお答えいただいていません。
Toshikazu Kanke @sevenedges 2017年8月28日
thomasunculus 例えば、第2学年A数と計算(1)ア「同じ大きさの集まりにまとめて数えたり,分類して数えたりすること」とあります。もちろん144本と144円はまとめられませんが、交換則で「144円のノート15冊」も「15円のノートを144冊」も同じ金額になることを理解していれば、求められる答えを出すために144という数値に着目してまとめるのは極めて合理的です。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
sevenedges それは場面と対象の無視になります。上でも書きましたが、立式したあとでまとめるのは問題がないのです。つまり、85x144+144x15と立式したうえで(場面の表現)、144x100と次行で計算を工夫するのは、指導要領どおりだと思います。問題なのは、このまとめの元になっているような「文章題の数字にいきなり着目して効率化」です。そしてあなた自身がお気付きのように、144円と144冊は事象が違うので、ワンステップおかないとまとめられないのです。
Toshikazu Kanke @sevenedges 2017年8月28日
thomasunculus あなたは思いこみが激しいか、あるいはそのような精神状態におかれているように見えます。「優先」とか「こだわる」とかいうのは、私が主張していないことです(ちなみに私は「どちらでもいい」と思っています)。それはそれとして、あなたの挙げているのはただのあなたの思い込みです。そのレイヤーでは話にならないんですよ。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月28日
sevenedges いえ、学習指導要領で「これを教えなさい」と指示されていることを無視してもいいというならば、それよりも優先する何らかのルールがあるはずです。「どちらでもいい」とおっしゃっていますが、それ自体が「学習指導要領の指示を無視できる根拠がある」というときにしか成立しません。
Toshikazu Kanke @sevenedges 2017年8月29日
thomasunculus 思いこみで状況をつくらないように。話題は「暗算で144×100=14400円と計算できる子を育てたいですか」であり、これだけが共有された前提です。そこまで頭の中で進められるというのは、それ以前に必要な技能を習得していると考えるに足る十分な結果(ただし1問だけで判断するのはいずれにしても愚)です。学習指導要領で示されたことをやらずに届く可能性は控え目にいっても高くないでしょう。
ニートその3 @apribi 2017年8月29日
法律?で決まってることを教えること、と自分で最適化された計算方法を見つけることは別の話で混同してはいけないんだよ。基礎がなくて発想で144x100みたいな方法で切り抜けてると、あとでつまづくおれみたいになるやつが出てくるんだよw
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月29日
sevenedges 元まとめを読んでください。暗算で144x100=14400のできる子を育てたいか、ではありません。問題文を見たときに数値設定に着目して144x100と立式する子を育てたいか、です。ちなみに、この暗算を無意識でできる子が優秀であるというのには異論はありませんが、学習指導で要領から離れてそういうふうに指導することが正当化されるわけではありません。
Toshikazu Kanke @sevenedges 2017年8月29日
thomasunculus 無視なんかしてませんよ。あなたの言っていることは指導要領には書かれていないと言っています。私が書いた「どちらでもいい」というのは、「85*144+144*15」を実直に計算してもいいし、「144*100」で暗算してもいい、っていう意味です。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月29日
sevenedges なぜ「1本85円の鉛筆を144本と、1冊144円のノートを15冊買います。合計はいくらでしょう」の場面の最も的確な表現形(指導要領で求められているもの)が「85(円・単位量)x144(個数)+144(円・単位量)x15(個数)」ではないとなるのか、理解に苦しみます。
Toshikazu Kanke @sevenedges 2017年8月29日
thomasunculus ん?私が前提にしてるのはこの発言 https://twitter.com/ysmemoirs/status/892953673625501697 だけです。他の誰かの発言については知りません(というか、そもそもこの是非すらも私からは言ってなかったはずですが)
Toshikazu Kanke @sevenedges 2017年8月29日
thomasunculus それが違うなんて一度も言ってませんよ(私だけでなく誰も言ってないんじゃないかな?)。奇しくもいまあなた自身が「最も的確な」と書いたように、それだけが唯一の正解ではないのでしょう?その線引きをあなたがどこでしているのか、その是非をわかつ根拠は何かと問うています。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月29日
sevenedges いえ、「最も的確な」というのは「そちらのほうを教えるべきだ」ということです。90点と60点でどっちもどっちという言い方は私はしません。ちなみに線引きの根拠は指導要領からの抜粋ですべて済ませています。
Toshikazu Kanke @sevenedges 2017年8月29日
thomasunculus 同じことの繰り返しになるのでもう一度だけ書きますが、学習指導要領の記述とあなたが示した手順を結びつける根拠をあなたは(指導要領解説以外に)示せていません。そして解説の記述そのものを批判する立場から見れば、それは全く意味を成しません。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月29日
つまり、文科省が出している解説は無視できて、自分の個人的な指導要領(場面の表現は指示されているが省略化・効率化という文言はない)の解釈にもとづいて現場を批判するというお立場ということになりますね。すると、解説にもとづいている私の解釈とそちらの解釈がどれだけ現場に届くか、ということになると思います。
Toshikazu Kanke @sevenedges 2017年8月29日
thomasunculus そしてこれも繰り返しですが、私は「144*100」で計算するように指導すべきとは言っていません。実際「85*144+144*15」という式をいわば「お手本」として教えることについても何の異論もありませんし、極めて妥当だと思います。ただ、独力で「144*100」に辿り着いた子に対しては、それを否定すべきではない。正しく理解しているかどうか疑念があるなら、正しいかもしれない(おそらく正しい)理解を阻害しない方法で推し測るべきです。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月29日
sevenedges 少々お待ちいただきたいのですが、このまとめの最初と二番目のツイートは、そういう教育をするかどうかという話なので、指導すべきかどうかをお考えでないなら、論点が初めからズレていることになると思います。
Toshikazu Kanke @sevenedges 2017年8月29日
thomasunculus そもそも指導すべきかどうかなんて話は私からは言ってませんよ。「指導要領と解説をごっちゃにするな」です。 sevenedges 論点をずらしたのはそちらでは?
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月29日
sevenedges ごっちゃにしていませんよ。私は学習指導要領解説にガイドライン性を認めているので(ガイドラインと言ったのは、解説のほうには法規性がないからです)、学習指導要領解説にもとづいた学習指導要領の解釈を提示し、かつ、学習指導要領単体でも同様の解釈になることを提示しています。学習指導要領と解説は違っていて、解説のほうは怪しいから無効だ、というのはご自由ですが、現場に対する説得はむずかしいのではないでしょうか。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月29日
というより、解説をもとにした指導要領の解釈は認めない、ということだけがご主張なのですか? だとすると私のほうは「それはべつによろしいですが、説得力がないと思います」で終わりなので、この件は現場のひとびと任せ(解説を無視するかしないか)ということでよいかと思います。
Toshikazu Kanke @sevenedges 2017年8月29日
論点がずれるしどう考えてるかわかんないけど重要かもしれないのでメモ。「暗算で144×100=14400円と計算できる子を育てたい」場合に、例えば「文章題にある数値に同じものがあればまとめろ!」みたいな攻略法を伝授するような指導を想定しちゃうんだとしたら、そりゃダメでしょうね。ある人にとっては指導とはそういうものかもしれないけど、私含めまた別の人にはその手のものはそもそも教育じゃないぐらいの勢いで否定されるもの。
Toshikazu Kanke @sevenedges 2017年8月29日
thomasunculus ええ。あなたが「学習指導要領」ではなく「学習指導要領解説」を基に学習指導要領を解釈して主張しているというのであれば、元々それでよかったんですよ。指導要領と言いながら解説を持ち出す不用意さやその重大さがおわかりいただけたかどうかはわかりませんが。
Thomasunculus @thomasunculus 2017年8月29日
sevenedges それはあなたが学習指導要領と解説を切り離したい、という立場からの外在的な批判であって、私のように学習指導要領解説は学習指導要領の解説書であるという立場(文科省同様)からは、「そういう指摘もあるかもしれません」程度にとどめさせていただきます。
キケリキー @KIKERIKI17 2017年8月29日
結局のところ掛け算ってのは、気に入らないことに一言言いたいときに都合がいいんだよね。数学様が可換を保証してくれるから、他の四則演算と教育レベルをあわせる現場の都合とか、そう言うの一切合財無視で、「数学的に正しいんだから正しい(キリッ」ができちゃう。割り算では、あってるけれど☓になる独創的な回答がしにくくなるし、指摘する方も簡単に「正しさ」を語れなくなるからね。
キケリキー @KIKERIKI17 2017年8月29日
足し算と引き算、掛け算と割り算、その違いと立式のあり方。そういう基礎の基礎を教えようとする過程では、単位と順序って大切よ。理解して抽象化ができてる子は正解にしてやれよって?それだけの事であるなら、テストなんて無意味(キリッとか要らんさ。
Toshikazu Kanke @sevenedges 2017年8月29日
ひとつ補足。「144本x85円もバツ」 thomasunculus という主張ですが、文科省はこれを否定する見解を過去に示しています。https://ameblo.jp/metameta7/entry-11411603411.html 指導要領とは異なり成立過程が不透明で批判に晒されていない解説にのみこのような記述があるという状況には、疑念をもってあたってもよいんじゃないかと個人的には思いますね。
獅子琉々 @ryukyulion 2017年8月29日
SSako86 これまでわたしがAとは読めなかった理由を説明していて、それはあなた自身が仰ったように( SSako86 )Aという解釈の否定とは別の話です。「Aという解釈が出来なかった根拠」と「Aという解釈が誤りである根拠」についてお互い認識のずれがあったと。
生天目あかり @nabata_me 2017年8月29日
[c4078843] そう考える方がなぜか多いのですよね。この教師像は私が想定したと言ってもいいのですが、一般的に想定される教師像(少し悪意を持った解釈だが)としてもそんなにずれはないと思います。 仮に心の中で私がどう考えてこの文章を書いたとしても、文章そのものの解釈から、この「想定された教師の主張」が「私の主張」であるとする解釈が生まれるとは到底思えなかったんです。
生天目あかり @nabata_me 2017年8月29日
SSako86 ずるに対していいえと言っているか、144x100をしたことに対していいえと言っているのか、この文章からだと両方の解釈ができると思うんですよね。だから、たとえ144x100したことに対していいえと言っていたという意味にとらえたとしても、この教師の主張=私の主張と解釈し得る可能性が存在するのか。 私はないと考えていたんです。
ふぉい @soama39 2017年8月29日
nabata_me あなたが「ないと考えていた」としても、読んだ人の多くは違う解釈をした。失礼ながらあなたの文章が不足していたということです。元ツイートでは「144*100を【ずる】と考えているのは誰なのか」が不明確。あなたが考えた教師像の考えなのか、あなた自身の考えなのかが明記されていない。あなた自身の考えだ、と思う人がいるのは仕方ないですね。
sako @SSako86 2017年8月29日
ryukyulion 認識のずれは理解しました。Aという解釈が誤っている根拠を求める質問なので、それに対する回答は根拠の有無や根拠の説明だと思っていました。質問に対する回答でないのであれば、その旨明記するか、回答という形式にしないでもらえると幸いです。
生天目あかり @nabata_me 2017年8月29日
ryukyulion なるほど。論旨に対し適切な回答をしてくださっている獅子琉々さんのおっしゃることですから、とても説得力があります。誤解する人がが多い理由がわかりました。 獅子琉々さんの解釈だと「明確にNOと言っているのに次の文では部分的にしか否定されていない。探すとその次の文の登場人物が「ずる」と言っている。これが「NO」に合致するので、これこそが生天目の主張に違いない」ということなのでしょうか。もしそうなら、それは国語の解釈としてはどうなのでしょう。さすがにダメだと思うのですが。
生天目あかり @nabata_me 2017年8月29日
「明確に・・・NO」の意味を「微塵も認めることができない」と解釈するのならその解釈もなりたつかもしれませんが。それも無理がある気がします。
frisky @friskymonpetit 2017年8月29日
nabata_me なるほど。あそこまでの議論がまとめ上でカットされてることと、わたくしの思い込みの中では「掛け算の順序とかどーでもいい」と思ってる先生もたくさんいるのであの先生像がそれほど一般的とは思えなかった、というのがズレの原因かも。
獅子琉々 @ryukyulion 2017年8月29日
SSako86 そもそも「Aという解釈が誤ってる」と言っていないのに根拠を問われたので「わたしがAという解釈をしなかった理由」を問うている質問と認識し、それに回答したまでです。そもそも問われていたことが違うと認識したので、以降は気をつけます。
獅子琉々 @ryukyulion 2017年8月29日
nabata_me 誤解する人が多いのは理解したが、それは誤解する人の読解力の問題だ、と断じるのであればこれ以上の説明はやめておきます。ちなみに生天目あかりさんは 1."144×100はずるなので検算に留めるべき" 2."144×100はずるではないがずるという人がいるので表面上は使わないべき" 3."それ以外"の内どの意図でしたか。2だとするなら言葉が足りないとは感じますが理解できます。もし3であれば補足の説明をお願いしたいです。
sako @SSako86 2017年8月29日
ryukyulion 自分が主張していないことの根拠を問われた際に、それは自分の主張ではないという以外の回答があることを想定するのは想定外でした。
バグロード @preciar 2017年9月20日
数学能力は生得決定部分が大きいので、生徒より馬鹿な教師がいくらでもいるんだよね。方法を暗記するしかできない馬鹿が教鞭執ると本当に困るって話
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする