149
annezoo @jardinpluie
昨日、またふらっと東洋文庫に立ち寄って見た貴重資料の数々。これは科挙の最終試験「殿試策」をトップ通過した方の答案なんですが、もはや芸術品。フォントのように整った文字。最終試験という最も精神的にも負荷がかかる時にも一糸乱れず。 その気迫、崇高さが伝わってきて圧倒されました。 pic.twitter.com/CeBfR09cfO
拡大
Keita Shimada(島田恵太) @shimavic
東大も芸術的な数学の答案でもあったら公開すればいいのに。 あっ、廃棄しちゃった? twitter.com/jardinpluie/st…
山本 潤 @YamamotoJun26
これが手書き……優等生ってこういうものか。 twitter.com/jardinpluie/st…
とりん(・と・) @trinh_JP
科挙の答案は筆跡から受験者が特定できないように専門の書記官みたいな人が書き写したものを審査することになっている。この画像はそれ。 twitter.com/sakaima/status…
とりん(・と・) @trinh_JP
詳しく知りたい人は『明史』「選挙志」を読もう(違
kz_intercooler @kz_itakura
@trinh_JP そういうことだったのですか!!
境 真良@GLOCOM&IPA(あーりん推し/芸能人スキャンダルネタ要らない) @sakaima
なるほど、そういうことでしたか。それにしても、書記官が書写したっつーても、やっぱり人間の肉筆なわけで、すごいなぁ.... twitter.com/trinh_JP/statu…
とりん(・と・) @trinh_JP
@sakaima 失礼します、どうも採点のために作った謄写では無さそうです。本人の直筆ではなく謄写してものだとは思うのですが、「では何なのか?」というのは私の方ではちょっとはっきりしません。失礼しました。
とりん(・と・) @trinh_JP
あ、ホントですね。『清史稿』選挙志に「士子用墨,曰墨卷。謄錄 用硃,曰硃卷。主考墨筆,同考藍筆。」とありました。筆者の誤りを指摘した付箋がついてたので、謄録が謄写したものだとばかり…。右に朱筆で登第順位がありますから、御覧のために清書したもの?(にしては誤写がそのままというのは twitter.com/lang0110/statu…
0.8 @lang0110
@trinh_JP 明史でも同様のようですね。また殿試策は謄写しなかったとも言いますし(宮崎『科挙』)、東洋文庫のアレがいったいどういうものなのか、ちょっと悩みますね。
とりん(・と・) @trinh_JP
すみません。どうも採点のために作った謄写では無いようです。採点のための筆写は朱筆で行うし、加えて、宮崎市定の『科挙』だと殿試では筆写は行わないと書いてあるそうです(当該画像は殿試の答案)。「では何なのか?」というのは私の方ではちょっとはっきりしません。
とりん(・と・) @trinh_JP
採点のための朱筆での筆写の例はこんな感じの模様(康熙3年の会試)。主任採点者が黒筆で、次席採点者が藍筆らしい。 pic.twitter.com/aZTwss00tt
拡大
0.8 @lang0110
殿試策に採点用コピーは作らない件、宮崎市定『科挙』(全集15巻、369頁)に「殿試の答案である対策は、姓名を書いた部分を糊ではって封じるだけで、あとはそのまま審査員たる読巻大臣のもとへ届けられる」云々とある。
とりん(・と・) @trinh_JP
ちなみに出典は台湾の中央研究院歴史語言研究所の歴史文物陳列館のノートで、こんな感じでところどころにマニアックでイカしたカラー図版が挿入されてます。私は何故かこれを東洋文庫で買いました。もしかしたら今でも売ってるかも。 pic.twitter.com/4GVgXgiGXG
拡大
拡大
Archer @Archer12521163
@trinh_JP この前の訪館時、記念(?)に買いました。最近、公式アカが宣伝していたはずです
とりん(・と・) @trinh_JP
@Archer12521163 おお、お持ちでしたか。図版自体もマニアックなものが多いですが、巻頭や巻末にまとめてじゃなくて、ところどころに数枚ずつ挿入されてるのがポイント高いと思います。

コメント

言葉使い @tennteke 2017年8月30日
右筆の仕事?そりゃ外交文書に間違いがあったら洒落にならなくなるけど、いや実際目の当たりにすると凄いな。
ろんどん @lawtomol 2017年8月30日
右側に赤い字で書いてある「第壹甲第壹名」が「トップ合格者(状元)」という意味のはずです。宮崎市定の「科挙」によれば、状元は案外宰相になってないとの事ですが、Wikipediaの金榜さんの記事を読む限りでは、宰相にはなってなさそうです
ざっぷ @zap3 2017年8月30日
「列記とした」ではなく「歴とした」ですな。
野浦湘 @nora33371216 2017年8月30日
ジェバンニが一晩でやってくれました。
キューマン・エノビクト @QmanEnobikto 2017年8月30日
じゃああの丁寧な文字の中にも間違いが潜んでいる可能性があるということですかね
さろげーと @surrogatepair 2017年8月30日
QmanEnobikto 書き写す人の写し間違いで結果に影響が出たりしたのかなぁ
やし○ @kkr8612 2017年8月30日
科挙の凄まじさは浅田次郎の「蒼穹の昴」で知ったなぁ。
ろんどん @lawtomol 2017年8月30日
「書記官みたいな人が書き写したもの」と指摘なさったとりんさんが、「本人が書いたもののようだ」との趣旨の訂正ツイートをなさっているので、追加して頂けると幸甚です。「殿試では写しは作らない。不正防止は名前部分に紙をはって見えなくする」「そもそも写しは朱筆で書く」とのことです。宮崎市定「科挙」が本棚で行方不明で確認できませんが…
きゃっつ(Kats)⊿8/25たけやま3.5アルバムツアー愛媛 @grayengineer 2017年8月30日
隴西の李徴は博学才穎、天宝の末年、若くして名を虎榜に連ね…
亜留間次郎 @aruma_zirou 2017年8月30日
科挙のトップ合格者の回答って中国だと億の値段で取引される古美術品なんだよ。 現代の試験に合格するのを祈願するお守りとして…
ビールクズ猫 @WAKUWAKUTAKKU 2017年8月30日
ちなみに受験者の答案も科挙たるもの美しい字がかけて当たり前ということであのレベルの文字が求められたそうだ。ただ、裏返すと窮極のケチのつけ合いとなった感も否めないが
亜留間次郎 @aruma_zirou 2017年8月30日
科挙回答は王羲之の書法で書かなければ不合格と言われていたらしく、全員が同じフォントを使っていたようなもの。
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2017年8月30日
考えてみると官僚になれば直筆で書かないといけない仕事も多いだろうから、字がきれいなことも評価対象になるよなぁ
zero2x @zero2xzero 2017年8月30日
税理士試験でも答案用紙に黒か青のボールペン以外の何かでちょっとでも書かれていると採点しないとかあったような気がします。それがサインになってしまうので。
なんもさん @nanmosan 2017年8月30日
殿試策ってことはすでに進士試験=科挙に合格した人が皇帝の前で上位者を決める試験の答案って意味ですね。まあ殿試の上位者の答案って皇帝が直接目を通すものですから、字の上手さでは決まらないにせよ字の上手さは大前提だったんだと思います。なにせ書いたものがそのまま公文書って時代ですからね。
黒碕薫 @kaworu963 2017年8月30日
ちょっと前に『蒼穹の昴』で科挙の凄まじさを読んだばかりなので、科挙回答のフォントっぷりを写真で見て納得した。興味が湧いたので私も実物を拝見したい。東洋文庫いくー!(≧∀≦)
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2017年8月30日
surrogatepair 有名な書物だけど(元は木簡だったりするので)原典は残っていなくて、単純に写しのときに誤字ってたり、元の字がわかりづらくて複数の写しで違う文字になってたり、原典の誤字だと思われるものを自己判断で別の字にした写しだったり、その写しから新しい写しを作るとき同じような理由で違いが出たりで「オリジナルはどの字を使ってたかわからない」ってのは結構あるらしいです
TD-M18もっこㄘん @Mokko_Chin 2017年8月30日
しかも一字でも間違えたら修正効かないからな。
Ukat.U @t_UJ 2017年8月30日
lawtomol 宮崎市定先生の「科挙」はいい本ですよねえ。新書の名著。
ろんどん @lawtomol 2017年8月30日
殿試ではどうだったか忘れましたが、殿試より前の試験では下書きの紙が1枚だけですが貰えます。字の上手さで順位が決まった例は存じませんが「成績トップのこいつ、名前が縁起悪いから順位下げよう」とかあったりします。
Simon_Sin @Simon_Sin 2017年8月30日
原稿用紙の上に二文字分の空白があるのは皇帝に関する語は二字上げて一番上から書くのがマナーだから。「台頭」という語はここから生まれました。皇帝に関する語があるからって下に隙間ができるとカッコ悪いので上手く字数を調整して下に余白ができないように工夫します。この様式を「徹底」と言って「徹底する」の語源です。
sokuoku @sokuoku 2017年8月30日
ダビンチのノートがあの値段なら、科挙の答案も良い値段してしかるべきなんでしょうなぁ(到底買えそうにない上に、どう保管して良いかわからん)
ろんどん @lawtomol 2017年8月30日
t_UJ 宮崎市定先生の本では「雍正帝 中国の独裁君主」も良いですね。「科挙」といい、先生の軽妙な語り口が素晴らしいですし、何度も再読する価値のある本だと思います。
ろんどん @lawtomol 2017年8月30日
語源でいえば、「圧巻」は、優秀な順に科挙の答案を上から下に積むので、トップが下の答案(巻)を圧する、のに由来したはず。
すんすけ @tyuusyo 2017年8月30日
これは書体指定があり、指定の字体で書かないと減点されたと言われています。なお、『四庫全書』36000冊も同じように肉筆で書かれています(マジで)
Mill=O=Wisp @millowisp 2017年8月30日
ワープロやらタイプライターのなかった時代、公文書を書く役人にとって、きれいな字は極めて重要なスキルだよなぁ
Do_doits7010 @amato_SoN 2017年8月30日
(これは本人の筆によるものらしいですが)仮に不正防止のために書記官が書写するとして、書記官自身が買収されたりするなどして不正を働くことは無かったんだろうか?
成瀬京太郎 @yuugekisen 2017年8月31日
これだけ綺麗だと美術品としての価値も出てきそう
ネット・アイドル界の重鎮だんごむしさん @sengodebu 2017年8月31日
くだらない。こんなんだから欧州の植民地にされるわけだ
M☆E☆T☆A @Metaborough 2017年8月31日
>宰相になってない まあ、科挙に合格しても、士大夫となって官場を泳ぎ渡るのはまた別の才覚が必要だし。 まして宰相ともなりゃ、内廷と外廷、ともに対峙しつつ、権謀術数に秀で、皇帝に対しても渡りあう能力がさらに必要となる。
online_cheker(舶匝(はくそう)) @online_checker 2017年8月31日
文字の上手下手は、採点者にとっての読みやすさだけでなく、(一読しただけでは気付かれにくい)引っ掛かる箇所に気付かれやすくなるか否か(気付かれると減点されやすくなる)にガッツリ影響する(日本の司法試験の場合)。かなり長文の起案を要する科挙では、大切な配慮。
亜山 雪 @ayamasets 2017年8月31日
のちの和文タイプライターである。
blacklabo @plzdntshotme 2017年8月31日
科挙では不正もあったと聞いたことがあるけれど、どれくらいの金が賄賂として使われたんだろうか。人生かかってるわけだから生半可な額じゃないと思うんだけどな
ろんどん @lawtomol 2017年8月31日
lawtomol やっと「科挙」(宮崎市定)を発掘しました。「(一次試験である郷試の答案は)写字係の方へまわされて別紙に写しとられる。この際には必ず朱筆を用いる。これは写字生が勝手に答案を訂正したりしないためである。」(83頁)
ろんどん @lawtomol 2017年8月31日
lawtomol 「殿試の答案である対策は、姓名を書いた部分を糊ではって封じるだけで、あとはそのまま審査員たる読巻大臣のもとへ届けられる」(130頁)ということで、この答案は金榜さん自筆のものと考えて間違いないようです。
ろんどん @lawtomol 2017年8月31日
Metaborough 日本の国家公務員試験でも、一番は案外事務次官になってないとか。同期から3人の財務事務次官を出した大蔵省昭和54年入省組は、公務員試験1番と同点2番3人がいましたが、この上位4人は財務事務次官になってないとの事です。 http://mmtdayon.blog.fc2.com/blog-entry-760.html
kohidekazu @kohidekazu 2017年8月31日
「蒼穹の昴」での科挙の元ネタになった宮崎市定先生の科挙の本が面白かったなあ 科挙 中国の試験地獄 (中公新書) 宮崎市定 https://goo.gl/ESJ5it
muramasa007 @muramasa0071 2017年8月31日
そういや山月記の李徴は科挙試験なんて楽勝で突破してたような秀才だったな・・・
もするさ§( •̀ᴗ•́) @CLONE_P0806 2017年8月31日
文法書がなかった時代(と言うか中国は文法書ができるのは遅かった)だから文体を統一しなければならなかったとは聞くけど書体までとは知らなかった
Knappertsbusch @Knappertsbusch 2017年8月31日
これが噂の書写後の答案か。 科挙は内容は勿論どう綺麗に書くかも大事な上に、様々にある字体のどれを選ぶかまでが当落順位を決めるんだよ。 挙げ句の果てが実務で役に立たない状元も出現したりしてね。
クソバエ @OmiKaneko 2017年8月31日
大学で四庫全書の影印本見たときを思い出す。
KAIJIN28GOO @babel3sei 2017年9月5日
昔の文書を目にした時、すべて手書きなんだなと感心する。パソコンのおかげでどうにかみられる文が書ける身をかえりみて、手書きの字のひどさったらもう。
Zinc in Osaka @zincinosaka 2017年9月5日
例のカンニング下着もなかなかの出来だったかと。
佐野まさみ @gameperson_sano 2017年9月5日
これはすごい。書道家が臨書手本にしてるんだろうなぁ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする