これで日本人の平均寿命を5年延ばせる!。0円でできるストレッチ健康法こそが誰にでも簡単にできて継続できる究極のお手軽健康法である。

簡単に言えばストレッチ運動で体全体を伸ばし血管を伸ばすことで血管に刺激を与えて、血管にこびりついた老廃物を剥がし落とし、血液の通りを良くして血管の若返り、高血圧予防、心臓病予防、動脈硬化他の血管にまつわる病気を予防できるという話です。脳溢血になった方がツイキャス配信で話していたことを基にツイートしました。
血管年齢 健康法 アンチエイジング 老廃物 高血圧 脳梗塞 デトックス ヨーガ 医療 ストレッチ 血栓 健康
28
ピゾナ @pizonat
もうひとつ健康話。脳溢血になった人が医者でまず言われるのはストレッチを習慣づけてくださいということ。血管には老廃物がどんどんこびりついていくそうなのだが、この老廃物がストレッチ(腕や足、体全体を伸ばす運動)をすることでバラバラバラーッと剥がれ落ちて血管が掃除されるのだとか。
ピゾナ @pizonat
続き)血管の詰まりがなくなるので高血圧や脳溢血の予防になるのだとか。伸ばすことで血管の内壁から老廃物がバラバラバラーッと剥がれ落ちるというのが何とも健康に良さそうだなと思った次第。よかったねみんなこれで寿命が5年は伸びたぞえ。
ピゾナ @pizonat
ようするに血管の老廃物が排出されることで血管の通りがよくなるのが健康に良いのだと思う。血管が老廃物で詰まっていると血液を流すのにより強い力が必要になり、心臓にも負担がかかる。簡単にやれて何より気持ちよくてスッキリする。ストレッチ健康法は有益と思う。
ピゾナ @pizonat
ストレッチ健康法のよいところは毎日やらないでもいいところ(多分)。毎日やったほうがいいのかもしれないが、毎日やらないでもたまにやるだけでも健康にいいと思う(多分)。それならものぐさな人でも出来るし長く続けられる。あとは「ストレッチ 血管 老廃物」でぐぐってください。
ピゾナ @pizonat
ストレッチ健康法をさらに究めるならば、いかにして体の各所の血管を伸ばせるかというヨーガ的な身体技法になるように思う。たとえば、手指をすぼめて、手首の内側に向けるようにすれば手の甲と指の血管が伸びるストレッチになる。逆に外側に伸ばすのも良いだろう(ウェイトレスが皿を持つような形)。 pic.twitter.com/jtSrNm6y48
拡大
ピゾナ @pizonat
ヨーガをやっている片岡鶴太郎氏は内臓を動かすこともできるという。そういう意味ではストレッチ健康法は血管を動かしているわけだからヨーガの一種と言えなくもない。内臓を動かして健康になる。それに対してオリンピック競技に代表されるような西洋近代のスポーツというのは、
ピゾナ @pizonat
承前)体を動かして球をゴールに入れるとかどうでもいいようなことをルールとして設定しいかにそれを実現できるかみたいなことにシャカリキになっている。これは運動の本質として少しおかしいのではないか?。できるできないで優劣をつけて、運動神経の劣る人を運動から遠ざける原因にもなる。
ピゾナ @pizonat
西洋近代競技の棒を球にぶつけて遠くに飛ばすとかわけのわからないどうでもいいことから少し距離を置いて、体を動かすということを東洋的観点から捉えなおして、ただ体を好きなようにブラブラさせるとか適当に好きなように踊るとか、そういうことを重要なこととして捉え直して実践すべきように思う。

コメント

ローストの肉 @ROM69787270 2017年9月4日
つまりラジオ体操こそ最高の延命方法
hechikoTKB @hechikoTKB 2017年9月4日
具体的な物質に言及のないイメージ先行の用語の使用、根拠のない効用への言及があったら要注意。
小野阿久斗 @504timeout 2017年9月5日
”体を動かすということを東洋的観点から捉えなおして” 君の言うストレッチは何語かね?ともあれ競技は字のごとく技を競うものであって、健康を目的としたものではない。余計な文句をつけるから正しいことでも胡散臭くなる。