23
ログインして広告を非表示にする
  • 東洋経済オンライン @Toyokeizai 2017-09-04 06:00:45
    【日本で「痴漢にされた」エリート外国人の末路】 4年間乗車した通勤電車で起きた悲劇 : toyokeizai.net/articles/-/186… #東洋経済オンライン pic.twitter.com/WazBfEeNYS
     拡大
  • 竹田昌弘 @TAKEDAmasahiro 2017-09-04 12:49:52
    「痴漢呼ばわりされたら…逃げる…最大23日間という…拘束期間は、先進国…最長…弁護士は…(取り調べに立ち会えず、起訴前は)調書を見ること(も)…できない…こうした法体制は…自白に導くために作られているとしか思えない…」(東洋経済) toyokeizai.net/articles/-/186…
  • 渡邉正裕 @masa_mynews 2017-09-04 08:31:40
    脚力に自信あれば絶対これだよね/もし、電車の中で痴漢呼ばわりされたら、迷わず逃げる――。これは、痴漢呼ばわりされて数日間警察に拘束されたある欧州出身のビジネスマン、マイケルさんが得た教訓だ。日本で「痴漢にされた」エリート外国人の末路 toyokeizai.net/articles/-/186…
  • nanatea @nanatea 2017-09-04 11:29:01
    @masa_mynews この話本当ですかね? 日本語のわからない白人にここまで毅然と対応できる駅員や警察ですか?痴漢する外国人は少なくなくて私も被害にあったことありますがエリートビジネスマン風の白人に言語の違いを乗り越えて堂々と対応できる警察や駅員いたら泣いて喜びますよ。
  • 寺澤有 @Yu_TERASAWA 2017-09-04 13:09:14
    以前、東京地裁でイギリス人エリートの無罪主張事件を傍聴していたら(傍聴人は私1人)、彼が日本の裁判所の手続きのおかしさについて厳しく追及するわけです。裁判長はまともに答えられなくて、最後、ブチ切れて、「『日本の法律では可能だ』って言って!」と通訳に命令。(続) twitter.com/yasunori10514/…
  • 林 信長 @H_Nobunaga 2017-09-04 13:36:39
    そりゃそうなるよね。とても恥ずかしい。裁判所の手続きどころか、その前の逮捕勾留ですでにめちゃくちゃだから。 twitter.com/Yu_TERASAWA/st…
  • 寺澤有 @Yu_TERASAWA 2017-09-04 13:45:09
    そうなんですよ。被告人のイギリス人エリートは、たいした犯罪でもないのに、無罪主張したら長期間勾留され(私が傍聴した公判の時点でも勾留中)、まず、それに驚愕。わざわざイギリスから弁護士を呼び寄せて、その弁護士が日本人の弁護士と一緒に出廷していましたから。 twitter.com/H_Nobunaga/sta…
  • 寺澤有 @Yu_TERASAWA 2017-09-04 13:19:05
    私は「『日本の法律では可能』というより、裁判所が運用で、そういうインチキを認めているということだと思うが。いずれにしても国辱ものだ」とあきれて見ていたら、裁判長が「これから協議します。傍聴人(寺澤1人)は退廷してください」と言い出し、書記官が「出てください」と強要。(続)
  • 寺澤有 @Yu_TERASAWA 2017-09-04 13:30:53
    廊下からのぞき窓で法廷を見ていたら、裁判長が通訳と弁護人を通じて被告人をなだめすかしている様子。しばらくして、審理が再開され、法廷へ入ると、被告人と裁判長でもめていた手続きの話は終わっていて、次の手続きが淡々と始まりました。つくづく日本の裁判所って、公明正大ではないなあと。(了)
  • 「刑訴法の主要な論点って、逮捕・勾留中の弁護士の被疑者に対する接見交通権を強化すればほとんどが解決する」
  • 林 信長 @H_Nobunaga 2017-09-04 13:23:56
    刑訴法の主要な論点って、逮捕・勾留中の弁護士の被疑者に対する接見交通権を強化すればほとんどが解決する。でも誰も手を付けないので、学説は仕方なく無理な理屈であれこれ人権保護の奇妙なロジックを作り出す。学者や弁護士は世論を喚起して、政治にきちんと解決させるべき。 twitter.com/TAKEDAmasahiro…
  • 林 信長 @H_Nobunaga 2017-09-04 13:24:53
    被疑者に対する接見交通権が強化されれば、何かあれば誰でも弁護士を雇う。弁護士のニーズがどれだけ膨らむか。それだけでも弁護士を増やす意味はある。なんでそう弁護士会は考えないんだろう。。
  • 林 信長 @H_Nobunaga 2017-09-04 13:31:15
    公判に至れば被疑者と検察(国家)は裁判所の管理の下に対等だけど、逮捕・勾留時点ではあくまで警察・検事(国家)に一方的に身体拘束を受けて取調を受ける「被疑者」。弁護士が本当に必要なのは実は前者ではなく、まず後者のはず。逮捕・勾留段階で接見交通権がこれだけ制限されてるのはおかしい。
  • 林 信長 @H_Nobunaga 2017-09-04 13:34:23
    日本の刑訴法の建前は、被疑者段階では部分的な強制はあるとはいえ、あくまで犯罪捜査に任意で協力してくれてる「被疑者」という扱い。だから弁護士など必要なく、公判になって被疑事実で「争う」ことになって、はじめて敵・味方なので弁護士が必要、と。でも実態は逮捕勾留段階で激しく敵対関係。
  • 「痴漢の冤罪以前に、法の不備や被疑者の扱いの問題や法手続きが徹底してない」
  • mitokon @_tommy_mitokon_ 2017-09-04 13:42:36
    日本で「痴漢にされた」エリート外国人の末路 4年間乗車した通勤電車で起きた悲劇 | 通勤電車 - 東洋経済 toyokeizai.net/articles/-/186… @Toyokeizai これ見ると痴漢の冤罪以前に、法の不備や被疑者の扱いの問題や法手続きが徹底してない根本問題だよなぁ
  • fancylala @fancylala1115 2017-09-04 15:56:01
    @Yu_TERASAWA @Artanejp 日本の司法は世界ではまったく通用しないから。
  • V(-¥-)V ごとう さとき@駄文屋 @SatokiV 2017-09-04 13:50:45
    起訴勾留のまま裁判?! ( ̄□ ̄;)!! つまり起訴後、2ヶ月以上も身柄拘束されちゃったんだ…欧米諸国の人には地獄ですねぇ よく自殺しなかったなぁ…って自殺防止対策だけは完璧という罠 twitter.com/Yu_TERASAWA/st…
  • まとめは以上です

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「文学・書籍」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする