笹本祐一氏による情報の確実度について

 SF作家の笹本祐一氏による、一次情報・二次情報・三次情報の区分と信頼性についての基本的なガイダンス。
情報学 一次資料 二次資料 信頼性 笹本祐一
34
笹本祐一 @sasamotoU1
ところで、一次資料、二次資料という分類をご存知だろうか。知ってる人は今さらな話だからスルーしてね。調べ物する場合、一次資料に当たれるか二次資料、三次資料以下にしか辿り着けないかってのは結構重要な問題なんである。
笹本祐一 @sasamotoU1
一次資料は、当事者が直接記録した、あるいは当事者から直接聞いたり録画、録音などの手段で記録されたもの。二次資料は、一次資料を元に書き起こされたもの。三次資料は、さらに二次資料を元に書き起こされたもの。
笹本祐一 @sasamotoU1
学問分野によって一次二次の区分けについてはちょいと差異があるんで、興味のある向きは確認して下さい。宇宙開発分野なら、本人が書いた論文、ISASの記名記事、ロケットまつりで当事者の口から直接語られているのは一次資料。
笹本祐一 @sasamotoU1
ロケットまつりの様子を一冊の本にまとめた昭和のロケット屋さんは、一次資料であるところの録音記録を元にさらに手を入れてまとめているので二次資料。
笹本祐一 @sasamotoU1
笹本が書いた宇宙へのパスポートは、笹本が直接行ったロケット取材に関しては一次資料だが、ロケットそれ自体に関しては当事者から聞いた話、広報の説明など二次資料、三次資料が混じっている。
笹本祐一 @sasamotoU1
情報の確実度は、一次、二次、三次の順に下がっていく。だからといって、二次情報、三次情報の価値が下がるかといったら大間違いで、一次情報のまんまじゃわかりにくいものをどこかでわかりやすく説明してくれるなら、それは何次資料かに関わらず情報として価値がある。
笹本祐一 @sasamotoU1
あなたが誰かから情報を聞いたとする。もしその情報がその相手が直接行った、確認したものであればそれは一次情報である。あなたが誰かにその情報を伝えた時点で、それは二次情報になる。
笹本祐一 @sasamotoU1
あなたが誰かから噂を聞いたとする。その時点で、それはもう何次情報か解らない。原点が簡単に確認できる、例えば「誰々が転んで怪我したってよ」という身近な情報で、それを誰から聞いたか辿れるような、あるいは確認できるような情報なら確実度は高い。
笹本祐一 @sasamotoU1
しかし、あなたの聞いた噂が原点が確認できない、「どこそこの避難所が危ないんですって」「毒の雨が降るんですって」これはもう何次情報かもわからない。噂を噂として聞いた以上、それは情報の価値として噂以上のものではない。
笹本祐一 @sasamotoU1
ツイッターってのは情報拡散にまことに有力なツールである。だが、そこでは真実もデマも同じ文字情報だから、同じように、あるいはもっと悪いことに噂になりやすい、話題になりやすい情報が真実か否かに関わらず拡散してしまう。
笹本祐一 @sasamotoU1
じゃどーすればいいかって、そこで公式RTを使え、ってことになる訳ですよ。公式なら改変されずに元ツイートが辿れる。これは、情報が改変されないから確実度か高いまま、しかも二次情報、三次情報になってからも一次情報に簡単に当たれるってことだから。
笹本祐一 @sasamotoU1
重要度が高い、優先されるべき情報であるほど確認のためのソースが必要になる。公式RTは情報の鮮度、確実度を保つためにツイッターに実装された機能だと思えば、「公式RT推奨」の意味もあると思う。
笹本祐一 @sasamotoU1
話を書いていて調べ物するのは毎度のことだけれども、一次情報、二次情報、三次情報ってのは調べて出て来た情報の信用度を測るひとつの目安でしかない。ネットのおかげで、それまでとは桁外れに一次情報には当たりやすくなったけど、それが見やすい、調べやすい状態にあるかってえとそれは別の話だし。
笹本祐一 @sasamotoU1
例えば、テレビで記者が当事者にインタビューする。それが編集されている可能性があり、一部切り取られたものならそれは二次情報以後だと思った方がいい。その情報は、編集段階で選別され、さらにテレビというメディアを通して届いているのだから。
笹本祐一 @sasamotoU1
直接本人から聞いたんだから一次情報、とも安心できないのが厄介なところで、なんせ人間の記憶ってのは自分の都合のいいように改変されるしさらに記録される、話されるのはその部分でしかない。ロケットまつりで当時の関係者に話を聞くと、同じ時同じ場所にいた人の話が食い違うのは珍しくない。
笹本祐一 @sasamotoU1
だから、一次情報だからといって完全に信用できるものでもない。しかし、情報の確実度としては、二次、三次と人の手を経るにつれ情報の確実度は下がっていく。てな事を、実際に情報を扱う時、具体的には人に話を伝える時に心の隅に留め置いておけば、あなたの話に説得力が出る、かもしれない。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする