2017年9月6日

Santander Cyclesとゆくロンドン自転車インフラめぐり(2017年8月)

シェアリング自転車Santander Cyclesを利用しながらロンドン市内の自転車インフラ(主に構造分離自転車道、CS=Cycle Superhighway)を体験・観察してみました。
4

8月27日(土)

昼食後、徒歩でスタート
Kosuke Miyata 😷🧼💉💉🚲👟🖖 @kosukemiyata

ロンドン自転車環境。※街を見られたのはBank Holidayの連休(土日月)だったので、利用状況は平日とは違うはずです。 目玉はやはりCycle Superhighwayですね。ここはCS2。死亡事故の続発を受けて塗装のみ=視覚分離の自転車レーンから構造分離に変更された路線。 pic.twitter.com/RRRZ2UxtFF

2017-09-04 01:41:59
拡大
拡大
Kosuke Miyata 😷🧼💉💉🚲👟🖖 @kosukemiyata

ロンドン、細街路の工夫の例。クルマのみ一方通行の道路。 ・クルマと逆向きに走る自転車利用者にとって、どこを通れば良いか分かり易い路面マーク。 ・駐車帯が右側=クルマの乗員が後方をよく確認せずドアを開けても自転車の人にぶつからないレイアウト。 ・交差点手前で路面を高くして速度抑制。 pic.twitter.com/laadn6aOhq

2017-09-04 03:11:33
拡大
拡大
ちょっとだけ実走

ここからSantander Cyclesを借りて実走です。

  • 要クレジットカード。
  • 単発利用は24時間の基本料金が2ポンド。
  • 最初の30分を超えると30分ごとに2ポンド。
    ポートに返した後でまた借りる時は、同じクレカを端末に通すと認証されて利用再開できます。
Kosuke Miyata 😷🧼💉💉🚲👟🖖 @kosukemiyata

道路片側のみで双方向通行のEast-West CS tfl.gov.uk/travel-informa…。ロンドン塔の辺りから西向きに実走。路面よし、幅員そこそこ。自転車信号🚲🚦の存在は大きいですね。信号で時間的に分離されてるとはいえ慣れない自分にとって写真の交差点は少し不安でしたが。 pic.twitter.com/7j2FCedClj

2017-09-04 02:09:16
拡大
拡大
拡大
拡大
Kosuke Miyata 😷🧼💉💉🚲👟🖖 @kosukemiyata

East-West CS続き(ボケ写真ご容赦を)。テムズ河岸に出ます。車道を狭めて作った構造分離自転車空間は女性や子供も安心。シェアリング自転車システムSantandar Cycleを利用している人も多数。ユーザーの装備やスキルに依存しない、インフラ整備による安全性の確保ですね。 pic.twitter.com/5yclykdor6

2017-09-04 02:37:34
拡大
拡大
拡大
拡大

8月28日(月)

午前中は徒歩

(「サイクリストになった漱石」の調査を兼ねて)

Kosuke Miyata 😷🧼💉💉🚲👟🖖 @kosukemiyata

ロンドン自転車空間、続き。漱石の自転車日記の舞台、市内中心部から南西に少し離れたクラパム・コモンへ。歩道通行OKのところ、ありますね。青い自転車レーンはCS7。視覚分離のみの区間は路駐に対し無防備https://t.co/oyBNmi7fC2なこともあり評判はイマイチっぽいです。 https://t.co/qvLCuemDmy

2017-09-05 01:12:03
拡大
拡大
拡大
拡大

ツイート内のハイパーリンクがTogetterに反映されていないようなので➝CS7の路駐の様子

午後の実走 feat. Cycling Embassy of Great Britainの方々

Cycling Embassy of Great BritainのMark Treasureさん@AsEasyAsRidingとAlex Ingramさん@nuttyxanderに大変お世話になりました。再びSantander Cyclesを借り、30分ごとにポートに寄って頂きながらのサイクリングです。

Kosuke Miyata 😷🧼💉💉🚲👟🖖 @kosukemiyata

ロンドン市内中心部に戻り、@GBCycleEmbassyの方々に案内して頂いて自転車インフラ実走タイム。まずは南北に走るCS6(tfl.gov.uk/travel-informa…)。島型バス停が上手く機能してるように見えました。並走可能な環境は会話がし易くて良いですね!移動×社会性。 pic.twitter.com/koLOhmZABa

2017-09-05 01:29:41
拡大
拡大
拡大
拡大
Kosuke Miyata 😷🧼💉💉🚲👟🖖 @kosukemiyata

ブラックフライアーズ橋の北側からEast-West CS(tfl.gov.uk/travel-informa…)。ここの接続はトンネル工事の関係で暫定的な整備のようですが、構造分離になっています。西方向、テムズ河に沿った区間はビッグベンまで続くレジャー性の強い環境。暑いくらいの快晴🌞。 pic.twitter.com/gYdGzMQMT8

2017-09-05 01:59:51
拡大
拡大
拡大
拡大
Kosuke Miyata 😷🧼💉💉🚲👟🖖 @kosukemiyata

セント・ジェームズ公園からバッキンガム宮殿の前を通ってグリーン・パーク、更にハイド・パークへCSは続きます。全て綺麗に繋がっているわけではなく、工事中の区間もあって、構造分離の縁石を埋め込んでる様子が分かりました。この縁石の断面形状とコストには疑問も。フカフカの土のとこは馬乗場。 pic.twitter.com/Pg2rOGxpWq

2017-09-05 02:18:16
拡大
拡大
拡大
拡大
Kosuke Miyata 😷🧼💉💉🚲👟🖖 @kosukemiyata

ハイドパークを回って帰り道。CSを救急車が使っていました。幅広の自転車道のメリットの一つは、こうした緊急車両の通行に使えるところ。 対面通行でも十分に幅があれば自転車同士の追い越しに支障はありません。道路両側に狭い一方通行自転車道を作るより片側集約がベターな場合もあるわけです。 pic.twitter.com/gAjXOmJE3i

2017-09-05 02:35:51
拡大
拡大
リンク www.google.com London Bike Infra Ride (August 28, 2017) Checking out Lodon's current bike infra with Cycling Embassy of Great Britain guys, on a beautiful day.

実走ルートは上の通りです(解散後もログが続いてたので余計な部分がありますが)。

夕方、また徒歩で
Kosuke Miyata 😷🧼💉💉🚲👟🖖 @kosukemiyata

ロンドン、中間的サイズの道路の思い切った空間配分の例。 この交差点google.co.jp/maps/@51.52476…を西に見たのが一枚目、振り返り東に進んだのが二枚目以降。 ・クルマは東向き一方通行、一車線。 ・自転車は東向きは縁石で構造分離、西向きは「アルマジロ」での簡易構造分離。 pic.twitter.com/y9WpJ5VanJ

2017-09-04 03:40:15
拡大
拡大
拡大
拡大

この自転車道、Alexさんによれば以前は唯一といっていい東西ルートで、縁石分離の方を対面通行で使っていたため、上の動画のように狭さ等の問題点が指摘されていたとのこと。整備の経緯と展望の話はMarkさんのブログ記事が詳しいです。

雑感

全体的な印象。

  • 構造分離や細街路静穏化のレシピがちゃんとある(日本より上)。
  • 「面」でみると実装はまだ少ないが、やってるとこはクルマ対策が明確。
  • 道が碁盤目でないので安全な経路の予備知識が要る(NYCなどは楽)。
Kosuke Miyata 😷🧼💉💉🚲👟🖖 @kosukemiyata

連休に走ったロンドン、ざっくり以上のような感じ。NYCもでしたが、日本の都市部に比べると駐輪設備は充実しているとはいえず。その点ではシェアサイクルtfl.gov.uk/modes/cycling/…の存在意義が大きいかと。NYCと同じハードですが料金は安く、アプリではポート間のナビも。 pic.twitter.com/Zax7whuhlP

2017-09-05 02:43:38
拡大
拡大
Kosuke Miyata 😷🧼💉💉🚲👟🖖 @kosukemiyata

オランダやデンマークの先例を追っている都市を、去年はNYC、今年はロンドンと見てきました。 インフラ整備の成果としては、NYCの方が自転車ネットワークとして使い易いと思いました。ロンドンは細街路を含めたレシピがしっかりしている模様。いずれの都市でも、車と混走させないことが重点。

2017-09-05 03:02:55
Kosuke Miyata 😷🧼💉💉🚲👟🖖 @kosukemiyata

自転車利用率でいうと日本は凄い国。一度の移動におけるメイン交通手段が自転車の割合が、例えば武蔵野市の資料(PDF city.musashino.lg.jp/_res/projects/…)の平成20年データで ・武蔵野市 21.1% ・三鷹市 26.1% ・西東京市 27.1% とか。これ、世界的に凄い。

2017-09-05 03:45:40
Kosuke Miyata 😷🧼💉💉🚲👟🖖 @kosukemiyata

2008年の東京都市圏パーソントリップ調査結果代表例ページtokyo-pt.jp/person/01.htmlに載ってる「地域別代表交通手段構成比」の図。1998年と較べた自転車の割合は全体で15%➝14%。東京多摩部は18➝19%、埼玉南部は21➝20%、さいたま市は20%➝20%。 pic.twitter.com/JfSHhy5w63

2017-09-05 18:44:20
拡大
Kosuke Miyata 😷🧼💉💉🚲👟🖖 @kosukemiyata

概ね同じ指標をあてはめると、かつてのNYCやロンドンは一桁%のはず。 これらの都市は近年、オランダやデンマークの都市に倣い、クルマと混走せずにすむ自転車インフラの整備に力を入れ、これらの国の自転車利用度(日本より高い)に近づこうとしている。なぜか車道混走に力を入れている日本て。。

2017-09-05 04:01:27

関連資料

リンク aminocyclo.blogspot.com 「都が進める自転車走行空間の整備について」に対する公開メッセージ 東京都の自転車走行空間の整備の前提として、都の担当者が発表した論文には、ロンドンの整備状況について重大な事実誤認が存在します。そこで、この点について公開メッセージの形で指摘いたします。 12

コメント

greentoptube @greentoptube 2017年9月6日
実走レポートは極めて大きく、そして強く説得力と価値があります。素晴らしいまとめ。ありがたいことです。日本でももっと自転車利用者が安心安全便利に自転車を活用できる環境の整備が進むことを期待していますし、その為にも、こういったレポートは大きな力、助け、サポートになります。
0
greentoptube @greentoptube 2017年9月6日
自転車はCO2を一切排出せず、自動車から自転車の乗り換えは地域の渋滞を大きく軽減でき(シェア自転車は更にその効果が大きい)、人々の健康増進を大きく向上させる(自動車依存者やバス鉄道利用者よりも自転車利用者は遥かに健康寿命も実際寿命も長いという医学的なデータが、イギリス名門グラスゴー大学等で明らかになっているほど)素晴らしい移動手段です。だからこそアメリカ、ドイツ、フランス、オランダ、イギリス等の都市部が積極的に今、自動車抑制、自転車活用拡大推進の為の施策を進めているほど。
0
greentoptube @greentoptube 2017年9月6日
なので、東京、大阪、京都等の都市も、素晴らしい移動手段である自転車の為の環境整備をもっともっと進めてほしいですし、私達もそれを後押ししていきたいですね。自転車の街へ変貌するロンドン。15年間でクルマ=自動車は半減、自転車=サイクリストは3倍に https://www.gizmodo.jp/2016/02/bikeinlondon.html
0
greentoptube @greentoptube 2017年9月6日
このように各国の都市部が自動車を減らし、自転車の利用を増やす施策を進めているのは、それはもちろん公益になるからで、人々の自転車の活用を増やせば増やすほど渋滞も公害(騒音、大気汚染等)も、事故も(自動車を減らせば減らすほど車内外の死傷者は減る)、不健康も減らすことができる。イギリス等の研究によると自転車移動は徒歩移動より健康増進に効果があるそうですからね。
0
greentoptube @greentoptube 2017年9月6日
なので、積極的に自転車の活用の良さ(個人、社会への数多くの恵み、メリット、利益、魅力)を発信していきたいものです。自転車は消耗品であるヒザを養生しつつ理想的な有酸素運動ができる素晴らしいツールであり、ヒザを傷めやすいお年寄りにも適しています。若い者にとってもミドルな年代の男女にとっても自転車は純粋に魅力的であり、運動習慣を生活に取り入れやすい。自転車の活用は、地域から渋滞も公害も事故も不健康も減らし、これは個人にとっても地域社会にとっても大きな恵みになるものです。
0
Kosuke Miyata 😷💉💉💉🚲👟🖖 @kosukemiyata 2018年2月12日
まとめを更新しました。SantanderをSantandarと誤記していた箇所を修正しました(引用している自分のツイート内の誤記はそのままになっています)。
0