0
zionadchat39 @zionadchat39
アインシュタイン氏は、 線路を基準に慣性系を設定しても、 列車を基準に慣性系を設定しても、 光速速度一定とする理論を発案した。 光速を基準に物理世界を記述することを提唱した。
zionadchat39 @zionadchat39
zionadchat は、 アインシュタイン氏のケアレスミスを指摘後、 アインシュタイン氏の提唱に従い、 21世紀版、光速基準で物理世界を記述する方法を提案する。
zionadchat39 @zionadchat39
先頭車、2光秒長さ。 t=0 中央Bから光子ペアを先頭車の端Aと端Cに放つ。 t=1 端Aと端Bに同着する。 列車基準慣性系。 pic.twitter.com/yV2wHuRbfV
 拡大
zionadchat39 @zionadchat39
京都駅ホーム、2光秒長さ。 t=0 中央「イ」から光子ペアを駅ホームの端「ア」と端「ウ」に放つ。 t=1 端「ア」と端「ウ」に同着する。 「ホバリングしてるドローン」からの駅ホーム上面図と、 「京都駅停車中の列車車窓」からの駅ホーム側面図。 pic.twitter.com/Ti1wZKQyyn
 拡大
 拡大
zionadchat39 @zionadchat39
しかし、速度Vで実験室内を走る台車に載せた光源から放たれた光は、 台車の速度に関係なく、1秒間に1光秒距離進む。 pic.twitter.com/GGtC7HzMEu
 拡大
zionadchat39 @zionadchat39
競技場で 自転車を降りて前照灯から放った光が単位時間に進む距離と 自転車で走りながら放った光が進む距離を比較している。 pic.twitter.com/fNLcTTvg1N
 拡大
zionadchat39 @zionadchat39
SPEED OF LIGHT EXPLAINED | Physics documentary | Simulated reality docs youtube.com/watch?v=88a3_Y…
 拡大
zionadchat39 @zionadchat39
自転車前照灯や台車豆球光源は列車慣性系で、 競技場や実験室は線路慣性系ではないのかと 疑義を持たれたかもしれないので、 列車にマッチ棒を搭載する。
zionadchat39 @zionadchat39
列車走行中に、逆さにしたマッチ棒を一瞬だけ下ろす。 線路枕木に貼り付けたマッチ箱側面の摩擦面をこする。 この火花は、列車慣性系でもなければ線路慣性系でもない。 禅の公安、隻手音声(せきしゅおんじょう)に相当する。 pic.twitter.com/f2TmdUg9yW
 拡大
zionadchat39 @zionadchat39
先程の絵図は、線路が動かない線路慣性系絵図だったので、 列車が動かない列車慣性系絵図も描いた。 pic.twitter.com/9WfTDjhfVh
 拡大
zionadchat39 @zionadchat39
注目して欲しいのは、 マッチ棒尖端の燃えた後の痕跡と マッチ箱摩擦面にマッチ棒尖端がぶつかった後の痕跡。 図では紫色。 pic.twitter.com/K44wIlAd0v
 拡大
zionadchat39 @zionadchat39
列車基準慣性系絵図では、マッチ棒尖端は動いていない。 線路基準慣性系絵図では、マッチ箱摩擦面は動いていない。 2つの痕跡が、時々刻々、一定速度で離れていく。 火花の光源は、マッチ棒尖端なのか、 火花の光源は、マッチ箱摩擦面なのか。
zionadchat39 @zionadchat39
ここでもう一度、競技場を光速で進む光子の比較図を確認する。 自転車は左に進む光子と同じ方向に進んでいる。 前照灯が地上高度ゼロで左に光を放つだけでなく、 右にも光を放ち、上下にも同時に光を放ったとする。 光を放った瞬間、下に向かった光子が競技場地面に痕跡を残す。 pic.twitter.com/Ka3bfjlPIG
 拡大
zionadchat39 @zionadchat39
左に進んだ光子と競争する前照灯は、 1秒後の光子到達位置と、 光子を放った競技場痕跡位置の間に、 1秒後、存在する。
zionadchat39 @zionadchat39
厳密には、線路系時間の。 アインシュタイン氏が、慣性系ごとに時の流れが異なる理論を流布されたので、いまは、一応、対応しておく。
zionadchat39 @zionadchat39
慣性系の定義が、ガリレオ相対性原理から電磁現象世界の地図技法によって変更される。これによってアインシュタイン氏の見過ごしたものが明らかになり、慣性系ごとに時の流れが違うとした20世紀物理学が廃棄されることになる。 ただしアインシュタイン氏の提唱、光速で世界を記述するは生き残る。
zionadchat39 @zionadchat39
競技場を自転車が進む図。 線路慣性系の図。 前照灯の光は片側だけなので、 自転車進行方向前後に光子ペアを放った図。 競技場、位置「ウ」と「イ」に光を放った後の自転車ブルー人型が存在する。 pic.twitter.com/vcjTQZS3ML
 拡大
zionadchat39 @zionadchat39
競技場を自転車が進む図。 列車慣性系の図。 光子ペアを自転車進行方向前後に放ったあと、 ブルー人型は競技場「ウ」に向かったのだから、 位置「ウ」と「イ」の間に居る。 pic.twitter.com/gZ8zf9y6vr
 拡大
zionadchat39 @zionadchat39
時刻は、列車慣性系ブルー人型のとする。 厳密ではないが、時間経過区別の為。 本質は、アインシュタイン氏が検証し忘れた、ただのトリック、頓知なんで。 光子ペアが別れた競技場位置は「イ」。
zionadchat39 @zionadchat39
自転車ブルー人型を、列車に搭載した逆さマッチ棒に見立てる。 この場合、列車を絵図内に固定し、線路が右に動いている。 この瞬間、火花が左右に同じだけ進むをイメージさせる。 pic.twitter.com/9JsW9T6RHi
 拡大
zionadchat39 @zionadchat39
だが、線路位置「イ」から「ウ」に向かってるなら、 光子ペアの一方に追い着く方向で進む、 光子ペアのもう一方と反対方向に進んでいる。 pic.twitter.com/u9aWIHfxCI
 拡大
zionadchat39 @zionadchat39
だから、時刻1に於いて、 線路系の時刻1なのか、列車系の時刻1なのか、 厳密に考えてもいいけど、そんなの考えるまでもなく、 光子ペアに対して、列車慣性系の自転車ブルー人型には、 自転車順方向の光子に対し「見かけ速度」がある。 自転車逆方向の光子に対し「見かけ速度」がある。 pic.twitter.com/TTQwhlK6sK
 拡大
zionadchat39 @zionadchat39
だから、列車慣性系で、列車中央から放たれた光子ペアが 列車内のヒトには両端に同着するという 座標上で確認したつもりの、机上の空論であったことになる。 アインシュタイン氏の理論前提、 どんな慣性系でも光子は同じ速度で進むは無理があった。 見かけ速度を忘れた空論。 pic.twitter.com/A625eL9tUA
 拡大
zionadchat39 @zionadchat39
自転車進行順方向の光子見かけ速度。 自転車進行逆方向の光子見かけ速度。 「同時性破綻」は、列車慣性系でも生じている。 pic.twitter.com/CDH4ZPEyqr
 拡大
zionadchat39 @zionadchat39
競技場を等速で等間隔で走る自転車。 真ん中のブルー人型が、光子ペアを進行方向前後に放てば、 先に、後から追いつてくるグリーン人型にぶつかる。 線路系でも列車系でも。 pic.twitter.com/lRvXHRTOK3
 拡大
残りを読む(10)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする