10周年のSPコンテンツ!

ヒーローとマントと「空を飛ぶ」の関係について

【仮説】 ・昔から、ヒーローはマントを身にまとうことが多かった ・そして空を飛ぶヒーローも多かった ・空を飛ぶとマントがたなびいてかっこ良かった。 ・「マント」と「空を飛ぶ」には、結果的にか意図的にか、何かの関係が生まれた。 続きを読む
マント スーパーマン 飛行 コメント欄が本番 ストーリーテリング ファッション マンガ SF ウルトラマン 創作論 設定
16
はと @移動中 good bye @ha_dokkoisho
アメコミはアーティストのマントで深い何かを感じるよね
はと @移動中 good bye @ha_dokkoisho
ウォッチメンでは「ヒーローがマントをやるのは愚策」みたいにいわれるし、実際マントしてたら邪魔だと思うけど、そのマントで人を優しく包んだり、悲しみに暮れる己をマントが優しく包むシチュエーションが好きなので一概にヒーローにマントは必要か否かと分けれないし これはヒーローの永遠の課題
あきまん_PLAMAXオリジナル美少女可動プラモデル群開発中 @akiman7
日本人はマントに興味ないので、カッコイイマントの動きは外人が作ってくるね
ャギゥシャ @YAGI_333
ヒーローマント好きが涙を流す台詞である
はと @移動中 good bye @ha_dokkoisho
マントのせいで死ななかったからヒーローはマントあってもいいと思うんだ……(ウォッチメンを閉じる絵文字)
タケダ1967 @takeda1967
日本人の「空飛ぶけどマントなくても別にいいよね?」感を決定的にしたのはやっぱりウルトラマンだよなー。ナショナルキッドとかスーパージャイアンツの時代だと自力で空飛ぶキャラはエクスキューズとしてマントあるんだよな。
ハインド @hando_7
@takeda1967 それだけ『スーパーマン』の影響は大きかったってことでしょうかね。現代的視点から見れば、マントなんて空力的に邪魔で仕方ないですけど、アレのおかげで空飛ぶ時マントがたなびくのって見た目の格好良さが刷り込みされてますからね。
タケダ1967 @takeda1967
@hando_7 だと思います。翼の暗喩というか飛ぶときに広がるイメージも感覚的に良かったんでしょうね。
タケダ1967 @takeda1967
だからやっぱりマントなしで空を飛ぶという概念の実質の発明は成田亨さんなわけで。成田さん参加前の渡辺明さんの烏天狗デザインには翼があるし。成田さんのウルトラマンデザインは初期稿の段階でそのままの形態で空飛んでるポーズの絵がもうあるわけだし。「そういうもの」としてイメージしてたんだね
タケダ1967 @takeda1967
セブンにしても俺らはポインターってカッコイイと思うけど成田さんは相当不満だったらしく。もっとスマートな車をイメージしてたのに用意された改造前の車がボヨーンと広がったクライスラー・インペリアルで。もうガッカリしたけどなんとか少しでも引き締まった印象にするためにライン模様を黒にしたと
マチダ @machocoy
この前ドクターストレンジを観てたら「どうしてヒーローはマント着けとんのや」って話になって、例えばスーパーマンなら飛ぶ為じゃないですか。ストレンジ先生はマントが意思持ってるし。 それで、オルマイは何でマントつけてるんだろう?って考えてるんだけど、ポーズ以外の答えが出てこない
森瀬 繚@『未知なるカダスを夢に求めて』9/15予定 @Molice
そういえば、風の又三郎のマントのイメージを宮沢賢治がどこから得たかについて、その昔あれこれ調べて何かしらの結論に達したという記憶だけあるのだが、スッパリ忘れてしまった……。
富永浩史@夏コミ落選 @tsagi_tominaga
ところで日本で「マントたなびかせて空飛ぶ」を復権させたのは誰だろう、と考えたとき、リナ・インバースの功績はやっぱり外せないのではないか。
†原稿† @yoshikazu_haiki
日本キャラでマントたなびかせて飛ぶ というと パーマンかアンパンマンあたりがうかぶ 個人的にはマントの使い方についてはGR7巻パッケージの樊瑞が最強に好き
( 'ω'o[もち]o @mochiko_206
「ヒーローがマントを羽織るのは 痛くて辛くて苦しんでる女の子を包んであげる為だ」 pic.twitter.com/rTC0w7CUsc
拡大
初回特典大ライス @kosakinium
@takeda1967 漫画における飛行表現も考察したほうがいいかもしれません。オバQは素で飛びますし、002の飛行能力はマントなしで脚部内装の噴進ユニット(共に1964年)一方でパーマン(67年)のマントは重力制御方式という設定が用いられました。
ミル @millethefeuille
初期の初期のドラえもんは、まだ設定があやふやで、通常のてんとう虫コミックスには収録されてない話には いろんなシーンがあるわけで、やっぱり一番衝撃的だったのは、飛行機能が備わってるドラえもんかなー。 pic.twitter.com/hxQol5G8sA
拡大
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
@takeda1967 @Molice マントと空とぶ能力、関係あるかなあ? はっきり関係あるのはパーマンぐらいのはず(笑)
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
@kosakinium @takeda1967 というかヒーロー全体とマントの盛衰まで考える必要がありそうだ。 80年代後半の「星雲仮面マシンマン」までは生存報告できるぞ(笑)
めなぞ~る♪ @menazor
そうそう。昔は、なんかマントは空飛ぶためのアイテム、という思い込みというか定番だったなー。スーパーマンなんか、別にマントは関係ないのになんかあれで飛んでるという勘違いが、パタリロでも (=´ω`) しかしなんでだろ。明確にマントが空飛ぶアイテムだったのはパーマンくらいしか記憶に。 twitter.com/takeda1967/sta…
山本貴嗣 @atsuji_yamamoto
@menazor 大昔アメリカでウルトラマンが「なんでマントないのに飛んでるんだ」っていう人がいて「神様だから」って答えたっていうウソか本とかわからない話を聞きましたw
めなぞ~る♪ @menazor
@atsuji_yamamoto えー(笑) スーパーマンも本当はマントなしで飛べるんですけど(笑)うーん 外国のヒーローの方がマントなしで飛行しているとおもうんですけどねえ(笑) バットマンは飛び降りる際にマントをよく軟着陸のために使ってますが
Hachi @Hachi_b8270
@gryphonjapan @kosakinium @takeda1967 TV Tropesに、ヒーローとマントの項がありました。 tvtropes.org/pmwiki/pmwiki.…

"Doth mother know thou weareth her drapes?"
— Iron Man to Thor, The Avengers (2012)
If you are a superhero (whether main hero, Sidekick, or even just part of a heroic army), odds are you wear a cape.
Okay, not really that likely anymore, especially since the Silver Age, but capes are a typical thing for superheroes.
The reason for the cape goes back to the first Comic Book Super Heroes. Most prominently, Superman's outfit specifically mimics that of early 20th-century circus strongmen, who often wore a similar cape/singlet design as a costume. Their simple bold colors were also conveniently easy to reproduce in early print comics.
Capes have long been a feature of comics and animation, as these media both work through visuals while allowing the creators to control the character's environment. Thus, any capes used can always be made to look cool. They were a particular feature of the golden age of superheroes.
In the modern era (late 20th to 21st century) there's been a trend against them, due to becoming something of a Dead Horse Trope and because of some awareness of the practical downsides. Most Marvel heroes are capeless, for example. The ones that do wear them tend to have some combination of otherworldliness, moral ambiguity and a less physical method of attack than others.…(後略)

「お母さんは君がママのカーテンで遊んでるのに気付いているのかね?」
――ソーに対するアイアンマンの言葉、『アベンジャーズ』(2012年)より

もし君が主人公にせよ、その相棒にせよ、あるいは単なるヒーロー軍団の一員だったにせよ、スーパーヒーローであるならば、君はマントを着ている可能性が高いだろう。

うん、確かに今や、特にシルバーエイジ以降はそうとは限らないが、それでもマントは典型的なスーパーヒーローの衣装である。

マントの起源は最初期のコミックブック・スーパーヒーローにまで遡る。最も有名なスーパーマンの衣装は、明らかに20世紀初頭のサーカスの怪力芸人のそれを模倣しており、それらの芸人はしばしば似たようなマントに袖なしシャツの衣装を身にまとっていた。更に都合の良いことに、それらの衣装の単純かつ大胆な色合いは初期のマンガ印刷でも簡単に再現することができた。

マントは長い間コミックとアニメーションに現れ続けてきた。これらは両方とも視覚的なメディアであり、制作者はキャラクターを取り巻く環境を自由に設定することができた。そのため、マントを使えばいつでも格好よく見せることができた。これらのマントはゴールデン・エイジのスーパーヒーローの際立った特徴だった。

現代(20世紀後半から21世紀)になると、マントという記号が流行遅れになったことや、衣装の実用性が重視されるようになったことから、これらに反する動きが見られるようになった。例を挙げると、ほとんどのマーベル・ヒーローはマントを着用していない。マントを着用しているヒーローは、他のヒーローに比べて異世界的であったり、やや非道徳的であったり、物理的な攻撃手段をあまり取らない傾向がある……(後略)

リンク TV Tropes 13 Superheroes Wear Capes - TV Tropes If you are a superhero (whether main hero, Sidekick, or even just part of a heroic army), odds are you wear a cape. Okay, not really that likely anymore, especially since the Silver Age, but capes are a typical thing for superheroes. The reason …
残りを読む(8)

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年9月6日
各氏に多謝(アカウントは前文の欄に)。誰でも編集可能です/これは「コメント欄が本番」になってほしいなあ…服飾史なども絡んでくるだろうし。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年9月6日
子ども心にだけど、番組で善のヒーローが着てても悪の幹部が着てても「マントって何のためにあるんだろう?意味ないじゃん」と思ったんだよね(笑) 防寒や防雨の用具とはのちに知っても、レインコートとかある時代に生まれたからね…いつまで、普通にマントってみな着用して街に出てたのかね。旧制高校の人たちが粋がってまとっていたのだから、戦前は普通だったのだろうけど。
スズメ @suzume002 2017年9月6日
マントで飛ぶといえばハートキャッチプリキュアとツインエンジェル
せいうち @seiuchinn 2017年9月6日
ウルトラマンよりはピーターパンやアトムのほうがマント無し飛行は早いと思います。
言葉使い @tennteke 2017年9月6日
大友克洋が登場するまでの「気、オーラ」を視覚的に表現するためのものだと思っている。「蒼天航路」で孫家の誰だっけかがロウソクに手をかざしたら炎が揺らいで闘志を表現していたけど、これは流行らなかったな。
塩こうじ @shikuji 2017年9月6日
ウルトラマンにすらマント着用が後付け設定されるようになったのはやっぱり玩具メーカーの意向?
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2017年9月6日
鉄腕アトム&鉄人28号はとりあずロボットだから除外で「ヒーローとなった人が飛ぶ」ということなのかな。
Chariot @BLACK_RX_24 2017年9月6日
ゲッターウィングという名のマント
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2017年9月6日
gryphonjapan 「マントって何のためにあるんだろう?意味ないじゃん」と思ったんだよね(笑)……それは私も思ったことあります。防寒効果はあまりなさそうだし、飾りっぽいなとは。「タイガーマスク」はマントだけど馬場も猪木もガウン着てるし。  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%88 日本人にとっては通常の衣服として縁の薄いものだから(蓑は別として)、非日常的な存在、異形の者という意味合いを持ったか?
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年9月6日
Yabe_MiHiRo うーむ、でもヒーローがマント、は、これははっきり西洋でもそうだった。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年9月6日
shikuji ウルトラマンがマントを羽織ったとき、何かが変わったと思って感慨深かった(ウルトラマンキングやウルトラの父にのみ許された特権だと…)
背兎 @senakaniusagi 2017年9月6日
布で空を飛ぶならパラシュートやムササビの術も何かしら関係があるんかね
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2017年9月6日
gryphonjapan 映画「300」やアレキサンダー大王もある通りで、マントに対して王様というイメージは一つ、欧米でも固まってるのかな。権威、強そうに見せる、外出着ということからヨソ者ということで、敵や悪役にも使われるアイテムだろうけど。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年9月6日
スーパーマンは最初は「跳んでる」んじゃなかったっけ。そのうち「飛んでる」に変わったとか。 https://twitter.com/kasuga391/status/794899733282045952
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2017年9月6日
『Mr.インクレディブル』では悪役がマントつけてたなあ。その結果は……
kingink @kingink_ 2017年9月6日
でもスーパマンって登場したばかりの頃は空を飛べなかったよね(高いビルをひとっ飛びのジャンプをするだけ)。
塩田多弾砲 @siodatadanhou 2017年9月6日
思うに、マントには「翼のように見える」というのもポイントかも。上記で「非日常的存在や異形としての意味合い」「権威、強そうに見える」などと言われてますが、それらに加え「疑似的な翼のような装飾」というのもあるかと。マントを翻し飛行するスーパーマンや、コウモリを模した衣装のバットマンなどを見ると、そういう印象があります。
塩田多弾砲 @siodatadanhou 2017年9月6日
補足として、日本のロボアニメ史において。翼=マントをロボットで初めて取り入れたのがゲッターロボではないでしょうか。マジンガーのスクランダーは悪魔が生やした蝙蝠の翼がモチーフでしょうし。他のロボは鉄人からこっち、翼ナシで飛んでるのもけっこうありますしね。
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2017年9月6日
さだまさしのお爺さんが虫下しを飲ませるために考えたウソ。
塩田多弾砲 @siodatadanhou 2017年9月6日
ヒーローに戻ると、最初期の日本のTVでのヒーローも、マント着用してるキャラが多かったですね。月光仮面からしてマント着用してましたが、やはり「たなびく姿がカッコいい」と思われていたのかも。 そのうち、より手軽な「マフラー」に変化したり、アクションの邪魔だからと小型化したりして、次第に無くなっていった……とも考えられますね。
カスガ @kasuga391 2017年9月6日
引用されてるtvtropesの記事にも書いてありますが、スーパーマンのあの独特のコスチュームとケープは、当時の怪力芸人の舞台衣装から着想を得たものなんだとか。 http://www.oldtimestrongman.com/blogs/new-blog/2012-04/21-509-don-athaldo
カスガ @kasuga391 2017年9月6日
ちょっと気になったのでtvtropes記事の訳文を手直ししてみました。問題があればリバートしてください。
CD @cleardice 2017年9月6日
むしろ「正体不明」のアイコンとして身につけられてる印象の方が強いんだけどなあ。怪盗とか怪人とか怪傑とか。
ユーセ コーイチ @ko_iti30 2017年9月6日
ヒーローにマントといえばアメリカだと『ザ・シャドウ』。→ https://en.wikipedia.org/wiki/The_Shadow 日本だと『黄金バット』なので、マントは普段は隠れるイメージで、ダークヒーローとしての衣装だったのかも。
神宮寺(奇祭の古老)まこと @jingu77 2017年9月6日
(=-ω-) ゲッター1とガンバスター入れるのは反則かな?
ふりーく北波 @nami_happy 2017年9月6日
ちなみにゲッターウィングは準備稿段階では「ゲッターマント」と書かれております(・ω・)
塩田多弾砲 @siodatadanhou 2017年9月6日
ko_iti30 あ、シャドウがありましたね。マスクとマントの怪人。マスクもだけど、マントは人の体型を隠すから、どういう人間か一目では判断できない事から、「正体不明の怪しい人物=怪人」としての記号として用いられ続けてたんでしょうね。こういうテイストを継承し、アメコミではバットマンやスペクターなどをはじめとするダークヒーロー系に、マントを常備するようになったのかも。
塩田多弾砲 @siodatadanhou 2017年9月6日
nami_happy そういえば、ゲッターロボの準備稿では、三人の青年がサイボーグとなり、合体して一体の巨大ロボに……というものでしたが。その合体前のサイボーグは三人ともマントを着用してましたね(「ゲッターロボ大全」より)。
kaworu @KaworuKaworuel 2017年9月6日
マントのある国産ヒーローとしては黄金バットが最初なのかな?初期は空飛ばないみたいだけど。
name @jkgkikllh 2017年9月6日
日本でマントで空を飛ぶといったら、北風小僧の寒太郎だな
いぬだわん @InuWang 2017年9月6日
ラルフ・ヒンクリー(アメリカンヒーロー)は三歩助走じゃないと飛べ無いけど、マントは必須だったかな?
ひふみよいつ @hihumi_yoitu 2017年9月6日
「布で空を飛ぶ」という部分に注目して考えると神話とか千夜一夜あたりに原点がありそう。
VRAM01K @VRAM01K 2017年9月6日
ヒーローとマントと聞くとMr.インクレディブル思い出すなぁ
塩こうじ @shikuji 2017年9月6日
検索したら紙芝居には黄金バットの他に空飛ぶ少年ヒーロー『ガンマ王子』というキャラクターがいたというのを見つけた。ヒーローコスチュームの原型っぽい感じ。 情報少ないしどの程度影響力あったかわからないけど。 http://comicsbulletin.com/first-superhero-golden-bat/
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年9月6日
かっぱからげて三度笠、の股旅ものもマントのヒーローの系譜で思い付いたが、それがもともと西部劇の翻案で更にカオス
name @jkgkikllh 2017年9月6日
羽衣伝説とか?
mmmmmtttt37 @mmmmmtttt37 2017年9月6日
次郎長や森の石松とか股旅が羽織ってるのって道中合羽って言うのか。あと、日本のものでマントで空を飛ぶ者的なものと言ったら、ハットリくんのムササビの術があるよね。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年9月6日
kasuga391 ありがとうございます、これで細かいところの意味がわかった
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年9月6日
「アメコミ」と考えたほうがいい気がするので、カテゴリをマンガに変更しました
イエーガー@ネオ世紀末4 @Jaeger75 2017年9月7日
こういうのって、原点(ルーツ)を探る目的なら国内のヒーロー文化と、アメコミのソレとは分けて原点を探った方が良さそうですね。 根本的な部分での日本と西洋では「過去の歴史的文化的にマントがどう扱われて来たか」の部分で差が有る事を前提にしないと躓きそう。 「西洋ではマントは実用品で有ると同時に、マント・王冠・錫杖の3点セット(構成は頻繁に変わる)で王者としての権威(力)の象徴とされる」てのも大きいかと(だから裸の王様は裸でも3点セット効果で王様と認識される)
ルル @after_zero 2017年9月7日
「日本人はマントに興味ないので、カッコイイマントの動きは外人が作ってくるね」>黄金聖闘士のマントバサァはかっこいいだろ!!
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年9月7日
Jaeger75 そういえば過去に錫杖含めた「杖」の考察まとめも作っていました。→魔法使いはなぜ「杖」を使うんだろう?~その歴史と意味について - Togetterまとめ https://togetter.com/li/1115289
“炎蝕の魔女”ベリル・カノッセ @Flammeheit 2017年9月7日
背中につけるタイプは家紋が描かれていたりシてレイドジャケット的な意味もあったと思います。(家を背負っていると言う自負) あとは背中からの攻撃を幾分が防ぐ役割もあったとか(矢とか剣撃とか) ヒーローのは絵面的に動きがきれいに見えるから、かな?
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2017年9月7日
after_zero 車田正美といえば「リングにかけろ」の日本Jr.がノースリーブの上に袖通しせずガクランを肩から羽織る(マントみたいに)というセンスに当時しびれましたね。
黒鉄の風斬り羽根の人 @cw_rom 2017年9月7日
そういや「黄金バット」も(少なくともアニメでは)マントだったよな、それ以前の紙芝居時代でもマントで飛んでたんだろうか?
岡一輝 @okaikki 2017年9月7日
ヒーローにはマントがなくちゃ、ってイメージは、それこそ、ママのカーテンでゴッコ遊びができる、ってゆうのが大きいかも。昔のガキんちょは、お面と風呂敷で月光仮面になれたんだからねえ。
TKM @TKM42296758 2017年9月7日
マントをひるがえす最古のキャラはアルセーヌ・ルパンか、ホームズなのかも。ただ両方とも原作ではマントしてないけど。 アメコミは西部劇のポンチョあたりがイメージ元になってるとかないですかね。
めぇ~ @tovilexiseq 2017年9月8日
そういえばヒーロだけじゃなくファンタジー系キャラもマント減ってる
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2017年9月9日
>>80年代後半の「星雲仮面マシンマン」までは生存報告できるぞ(笑) って、2000年以後の「マジレンジャー」も一応つけていれば、今年の「仮面戦隊ゴライダー」もマントつけてますからねぇ。
nekosencho @Neko_Sencho 2017年9月12日
kingink_ そうそう、ルパン2期最終回のネタ元のフライシャー版スーパーマンでも、ロボットから振り落とされて地面に墜落してる(送電線に絡まる) スーパーマンには飛行能力はなかったっぽいよね
⊂( 寝たほうがい^ωい^)⊃ @netahougaii 2017年9月16日
マントに空を飛ぶ能力があるというのはパーマンやアンパンマンの刷り込みが強いわけだけど、「DC Nation」シリーズでは本谷利明さんが監督した『Baby Superman』はそういう感じになってて本家の作家からは出てこなさそうな趣になっている。 https://www.youtube.com/watch?v=sSqE6pNyFgA
キカイザー @kikaiser 2018年1月7日
最新はロイヤルメガマスターか 何故かジードは余り飛んでるイメージ無いけど
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする