夜の宴会で余興のダンスを披露するメイテックのエンジニア(派遣社員)たち

ブラック企業ユニオンとNPO法人働き方ASU-NETには既に相談してあります。おかしいなと思ったら、早めに社外の労働相談窓口に相談してください。メーカーは人手不足です。 「とにかく、なるべく証拠を残しつつ、おかしいと思ったら、諦めずにまずは専門家に相談。これを徹底がとても大事だ。」今野晴貴
労働者派遣法 派遣会社 メイテック 求人詐欺 退職 転職 ブラック企業 サービス残業 派遣 派遣社員
MEITEC_ 6387view 3コメント
3
ログインして広告を非表示にする
  • メイテック @MEITEC_ 2017-09-18 17:26:42
    夜の宴会で余興のダンスを披露するメイテックのエンジニアたち pic.twitter.com/uY9pVFPV90
     拡大
  • リンク 日本経済新聞 電子版 25 1 user 職場の交流減った今こそ 社員旅行復活だ  社員旅行で職場のコミュニケーションを取り戻そうとする企業が増えている。やりとりがメール中心になり、社員同士の接触が減ったことへの危機感が背景にある。復活した社員旅行は参加者の要望を取り込むが、あえて
  • あんちゃん @aaannchang 2017-09-13 17:34:09
    一体、何故若者が辞めていくんだ…全く分からない…何が原因なんだ…これ以上何をどうしたらいいんだ… pic.twitter.com/B8hl3fpMzc
     拡大
     拡大
  • カズ @gdehkazu 2017-09-13 22:28:31
    @aaannchang @oomehayame これは辞める。 休日に強制参加、費用は社員持ち、嫌だね。 平日に会社持ちで研修という名前の旅行、モチロン出勤扱い。
  • hiromoMoka(仮) ひろち☆ @4623hiro 2017-09-14 11:31:28
    @aaannchang 飲み会、社員旅行は自腹。社員旅行の分休みや有休が使われ、いざ有休取りたい時にとれない。 飲み会に上下関係や作法、説教や仕事内容もちだされる。 百害あって一利なしのこんなので社員を繋げれると思ってる経営者がおかしい。 会社持ちでフリーの時間多くしてくれよ。 俺は寝ずに運転手だった
  • リンク service.jinjibu.jp 5 インタビュー:國分秀世さん(株式会社メイテック 代表取締役社長) - 日本の人事部『プロフェッショナル・ネットワーク』 日本の製造業にとって欠かせないパートナーである、エンジニアのアウトソーシング企業の草分けといえる存在が株式会社メイテックです。同社の代表取締役社長・國分秀世さんに、エンジニアを育成する秘訣や、多くの理工系学生から注目されている現状、「人と技術で社会に貢献していきたい」という経営者としてのスタンスなど詳しいお話をうかがいました。
  • 楽しかったのは、現場に直接関係するような仕事。たとえば、私が任命された当時から広報部は、「社外」と「社内」の両方に向けての情報発信を行っていました。社内向けの中には入社式や全社で行う運動会といったコミュニケーションイベント、地域ごとに泊りがけで行う集合研修などがあります。メイテックの社員は普段は顧客先に常駐していますから、このようにお互いの顔を直接見て、話し合えるイベントは非常に重要なのです。

  • 民法第627条(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
  • リンク Yahoo!ニュース 個人 22 1 user ブラック企業の典型的手口~退職妨害にご注意!(佐々木亮) - Yahoo!ニュース 最近の相談例で多くなっている「退職妨害」。ブラック企業の手口としても有名ですが、その対処法を書きました。
  • 退職は自由

    まず、働く人全員が知っておくべきなのは、労働者の退職は自由だということです。

    そもそも憲法では職業選択の自由が保障されていますし、民法でも「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。」と定めており、2週間前に言えば退職は自由にできることになっています(なお、使用者からの労働契約の解約を「解雇」と言いますが、これは労働契約法で制限されていますので、解雇は自由にできません! 自由なのは労働者からの「解約」だけ)。

    ですので、労働者が辞めることを企業が阻止することはできません。

    不安なら相談を
    いずれにしても、こうした裁判を起こす企業はまれですので、毅然とした態度で退職するのが重要です。
    怖かったら専門家に相談しましょう。
    辞めることは本来自由ですから、何も怖がる必要はありません。

  • ブラック企業ユニオン @blackkigyounion 2017-08-23 10:21:05
    ブラック企業ユニオン(総合サポートユニオン・ブラック企業支部)では、労働問題でお困りの方からの相談を受け付けています。 相談は無料・秘密厳守ですので、お気軽にご相談ください! 電話:03-6804-7650 mail:soudan@bku.jp
  • 労働基準法37条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)
  • リンク 株式会社メイテック 2 研修内容 メイテックが整備しているエンジニアのためのキャリアアップ研修についてご説明します。
  • 派遣業務に就くエンジニアが参加できるよう、土日の2日間を1講座として全国14拠点で実施しており、各講座は、市場情報分析に基づきエンジニアに必要な技術を、実際に使用するツールや機材を取り入れて研修する内容となっています。

    講座受講後についても、文献、社内外の教材、自習ツールを受講者に提供し、各拠点にCAD、学習用評価ボードやPCなどを集中配備することで継続した学習を可能にするとともに、イントラネットやeメールを通じた自習のフォローを行い、2日間の枠にとらわれない研修として展開しています。

  • リンク job.rikunabi.com メイテックグループのインターンシップ情報・企業情報|リクナビ2019 メイテックグループのインターンシップ情報、企業情報。リクナビ2019は、インターンシップ応募可能企業数No.1。インターンシップ情報、SPI、自己分析など就活準備に役立つ情報が満載。
  • 理系エンジニア同士のつながり

    メイテック全社員の9割以上は理系卒。日本全国理工系学部のある大学のほぼすべての先輩達がメイテックで働いています。メイテックの魅力は社員同士のつながりが強いこと。平日は仕事で、休日は社内イベントや研修で、社員同士のコミュニケーションを図っています。サークル活動や勉強会も盛んに行われていて、毎年秋には「メイテック甲子園」と呼ばれる野球大会が開催され、全国各地から社員が集まります。

  • リンク en-hyouban.com メイテックはグレード制度を採用しており、…|カイシャの評判 【カイシャの評判】メイテックはグレード制度を採用しており、…。[en]エンジャパンが運営する口コミサイト。企業の評判・年収・社風など企業HPには掲載されていない情報を多数掲載。
  • メイテックはグレード制度を採用しており、グレードごとに基本給が大きく変わってくる。
    グレードの昇格判定は客先から支払われている金額と、研修への参加や通信講座の受講などで貰えるポイントによって判定されるが、判定は1年に1回しかなく、グレードの昇格は例外を除き最短で2年と長い。
    (昇格後2年経過すると再度昇格判定があり、昇格出来ない場合は1年ごとに再判定がある)

    客先から支払われる金額については多くは営業次第であり、ポイントについても土日に研修に参加しなければならず、実質無給の休日出勤である。

  • リンク Yahoo!ニュース 個人 157 7 users 「勉強」、「研修」は労働時間か? 電通でも横行した脱法行為への対処法!(今野晴貴) - Yahoo!ニュース 労働時間短縮に向けた機運が高まっている中で、「勉強」や「研修」などと称した「労働時間隠し」が横行している。本記事では、具体的な事例を挙げながら、これらの時間分の賃金を「請求する方法」を指南する。
  • ■「自発的に参加していた」が会社の常套句
    ■何が「義務」や「強制」なのか?

    では、具体的にどのような場合に、「勉強」や「研修」において、「義務」や「強制」だと考えられるのだろうか。判例の水準で考えてみよう(以下、日本労働弁護団『働く人のための労働時間マニュアルVer.2』、旬報法律事務所『未払い残業代請求 法律実務マニュアル』などを参照)。

    まず、会社が実施する教育や研修、訓練、小集団サークル、QC活動などはどうだろう。これらは、出席しなければペナルティが科されたり、不参加の理由を聞かれたり、人事評価に関わったりするのであれば、強制であり、労働時間であると判断される。

  • リンク www.mhlw.go.jp 167 64 users 労働基準関係情報メール窓口 |厚生労働省 労働基準関係情報メール窓口について紹介しています。
  • 1.本窓口では、労働基準法などの違反が疑われる事業場の情報をメールでお寄せいただくことができます。情報の受付対象となる法律は、以下のとおりです。
    ○労働基準法 ○最低賃金法 ○労働安全衛生法 ○作業環境測定法 ○じん肺法 ○賃金の支払の確保等に関する法律 ○家内労働法

    2.お寄せいただいた情報は、関係する労働基準監督署・都道府県労働局において、立入調査対象の選定に活用するなど、業務の参考とさせていただきます。
    なお、受け付けた情報に関する照会や相談についてはお答えしかねますので、あらかじめ御承知おきください。

    3.労働基準法などについてのお問い合わせや、具体的な事案について労働基準監督署の対応をお求めの場合は、最寄りの労働基準監督署(サイト内リンク 労働基準監督署をお探しの方はこちらへどうぞ)または平日夜間・土日に無料で御相談いただける「PDF 労働条件相談ほっとライン」(0120-811-610)に御連絡ください。

    1. 情報提供に当たっては、以下の「情報提供のポイント」を御参照いただき、できる限り具体的な情報をお寄せください。 →PDF 情報提供のポイント

    http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000078427.pdf

    ◎ 送信方法
    以下の送信フォームにより受け付けています。

    サイト内リンク こちらをクリックしてください。
    https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/roudoukijun_getmail.html

    勤務している事業場の名称 必須

    (例:○○株式会社本社、△△株式会社□□支店)

    勤務している事業場の住所 必須

    (番地、ビル名称等まで詳細に記載してください。)

    (本社以外の支店・工場等にお勤めの場合は、当該支店・工場等の住所を記載してください。)

    勤務している事業場の電話番号(半角入力)

  • リンク 株式会社メイテック 事業拠点 メイテックの事業拠点をご紹介します。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「インターネット」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする