わが歌姫・初音ミク。世界文化史に革命を起こした少女へ

この偉大な少女と、彼女に関わった全ての人々に心の底からの感謝と敬意をこめて。「革命」という表現は誇張ではありません。理由は「(4)現代の伝承としての初音ミク」にあります。お時間のない方はそこだけお読みください。
初音ミク ボーカロイド
tanji_y 24472view 15コメント
135
ログインして広告を非表示にする
  • (1)出逢いの記憶

  • 丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y 2014-08-31 00:03:46
    初音ミクの曲で何を最初に聴いたのか、覚えていない。発売予定は前から知っていたし、話題が先行する様子も見ていた。いわゆる「初音ミク現象」のはじまりに近い時期から確実に見聞きしていたのに、最初の曲の記憶がない。気がついたら、奔流のような楽曲の群れに囲まれ、無我夢中で聴き続けていた。
  • 丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y 2014-08-31 00:03:57
    最初の1~2カ月は他の感覚が麻痺したかのように、ミクとMEIKO、KAITOの歌ばかり聴いていた。こんなことが本当に起きるものなのか、実際に目の当たりにしながら、信じられない思いばかり先行した。数知れない人々の予期できない動きの共鳴。いわゆる「創作の連鎖」。ただ震えて聴いていた。
  • 丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y 2014-08-31 00:11:49
    記事にしようと考えたこと自体、はるかに後だった。著作権問題を長く扱ってきた自分からすれば、これが創作の歴史上の事件であることはすぐに気づいてしかるべきで、なぜ何カ月もの間、記事化を思いつかなかったのか。今でもわからない。あの時はただただ、目の前の現象に圧倒されていた。
  • 丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y 2014-08-31 00:22:28
    数知れない人々が、まるで自然に同期したかのように次々と作品を発表し、あろうことか彼女のキャラクターまでも創造してしまった。彼女の性格、存在の意味、 作り手や聴き手との関係性までも。「どんなSF作家も想定しなかった」と誰かが言った通り。瞬く間に彼女は、血の通った存在になった。
  • 丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y 2014-08-31 00:33:53
    「これは記事にできるじゃないか。いや、しなければダメだ」。そう思いついたのは、2007年10月半ばか末ごろ。後から考えると本当に遅いが、それくらい前代未聞の現象だったからだと思う。記事化を決めてからも、紙媒体なぞで一体どう紹介していいものか、何度も立ちすくんだ。
  • 丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y 2014-08-31 00:42:02
    記事化を提案した編集会議では、皆わかったようなわからないような顔をしていた。一人の大先輩記者が「かなり先進的な現象だね」と助け船を出してくれ、編集長も「何だかよくわからないけど、面白そうだな」と決断し、掲載が決まった。
  • この先輩記者がいなかったら、ミクの記事は日の目を見なかったかもしれません。文化・論壇に関する豊富な経験と見識を持つ一方、ITの力を十分に理解していて「ITの知識を持たない言論人は今後通用しなくなる」というのが持論。そのため、陰に陽に私を支援してくれました。記者として決して悪目立ちしようとしませんが、堅実でセンスがよく、質の高い記事を書き続けています。こういう人が朝日新聞の財産だと私は思っています

  • 丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y 2014-08-31 00:48:29
    当時所属していた朝日新聞の週末版beは、1~2カ月先の企画を決めて紙面化していく。雑誌のような媒体。提案が11月にずれ込んだこともあり、掲載は翌年2月初め。「電子の歌姫」という言葉を見出しに使うことだけは早々に決めたが、内容は試行錯誤。でも書いていてこんなに楽しい記事はなかった。
  • (追記)コンピューター歌唱の生き証人、アーサー・C・クラーク氏

  • 丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y 2010-11-13 03:18:18
    自分が書いた最初のミクの記事は、当初アーサー・C・クラークやIBM7094が登場するマニアックな書き出しだったけどボツにした。なぜならミクを歌わせているのは本当に普通の、真摯に生きている人たちで、それを等身大に描くことを最優先すべきだと思ったから。それをミスリードしたくなかった。
  • 丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y 2011-07-21 23:37:07
    アーサー・C・クラークさんは3年前に死去している。ベル研究所による史上初の音声合成歌唱「デイジー・ベル」を聞き、「2001年宇宙の旅」でコンピューターHAL2000に同じ歌を歌わせた。初音ミク現象についてのコメントを真っ先に聞くべき相手だったことに、亡くなってから思い当たった。
  • 丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y 2011-07-21 23:42:15
    アーサー・C・クラークに初音ミクのコメントを聞かなかったのは、けっこう真面目に痛恨事。亡くなったのが2008年3月で90歳と高齢だったから、そもそも会えたかどうかもわからないが、アプローチだけでもするべきだったと、時がたてばたつほど悔いる。
  • アーサー・C・クラーク氏にコメント取材をお願いしなかったことは、今でも深く後悔しています。ご高齢だったので、応じていただくのは難しかったとは思いますが、記者の基本動作として、アプローチだけはするべきでした。基本動作が欠けていたことが何より悔やまれます。

  • 丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y 2011-07-21 23:52:48
    アーサー・C・クラークが聞いたベル研究所の「デイジー・ベル」。約半世紀後、この声は日本で初音ミクへと進化する。 -- First computer to sing - Daisy Bell youtube.com/watch?v=41U78Q…
     拡大
  • 丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y 2011-07-21 23:57:33
    まあ、ベル研とVOCALOIDとでは、合成の手法は相当に違うわけですが。
  • (2)10周年に寄せて

  • 丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y 2017-08-18 21:47:29
    こんな時期になってお知らせするのも残念なのですが、初音ミク10周年に関連して、私が手がける大きな特集や企画はありません。彼女の誕生のそのときから追い続けている記者というのは、今となっては意外に少ないもので、私が手がける意味はそれなりにあると思われるのですが。
  • 丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y 2017-08-18 21:48:47
    主な理由は健康です。今この瞬間も、足に電極を刺したような痛みと刺激が走り続けています。神経内科など関連診療科は十以上受診しましたが、原因はわかりません。ミクの特集となれば、私は全てなげうってでも没頭するでしょう。通常勤務に加え、この病気を押して手がけるのは、自殺的と考えました。
  • 丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y 2017-08-18 21:49:51
    わかってはいましたが、無念です。かつて「未来」と考えられていながら、彼女が「過去」のものにしてしまったことがどれほどあったか。思い出すだけで楽しい。本来「楽器」にすぎなかった彼女は、クリエイターや技術者のハブとして、あり得ない働きを見せ、実績を残しました。
  • 丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y 2017-08-18 21:51:00
    初音ミクの登場によって、「集合知」という言葉は全く別の意味を持つようになりました。あくまでも知的側面から捉えられてきたこの言葉は、まるでお祭りのように胸躍らせる現象として人の心に刻まれるようになった。彼女を核に集った人々一人一人が、集合知という概念に血を通わせたわけです。
  • 丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y 2017-08-18 21:52:21
    今さら言うまでもないですが、架空の歌手のライブに、聴衆が拍手するどころか、声を涸らし、熱狂するなんてことを、空想ではなくリアルに思い描けたでしょうか。2009年のミクFES、2010年のミクの日感謝祭の二つは、私の生涯に出逢った屈指の奇跡的出来事として記憶に刻まれています。
  • (3)プラットフォーム、その特性と課題

  • 丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y 2017-08-17 15:54:31
    ひとことで言うと、YouTubeは集合知を刺激する仕掛けに乏しいけれど、ニコニコは至る所にその起点が存在する、といえばいいんだろうか。
  • 丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y 2017-08-17 16:02:33
    初音ミクの活動する主な舞台がYouTubeだったら、あの子は「創作における集合知の象徴」にはならなかったと思うんですよ。ニコニコのコミュニティ機能、動画視聴者が能動的に利用できる機能の多様さ、特にコメントによる非同期型の疑似ライブハウス感覚、タグによる親・類似作確認機能の便利さ。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「ボカロ」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする

「ボカロ」の注目キュレーター

カテゴリーを見る