10周年のSPコンテンツ!

TSSP「知っておきたいエピソード」⑶ピーター・カズニックが語る<北朝鮮が核兵器を放棄できない正当な理由>(続々・世界核戦争勃発前夜?に明かされる秘められた北朝鮮現代史)〜US threats escalate North Korea tensions & risk nuclear war – professor Peter Kuznick/ RT, September 14, 2017(全訳)

❶9月11日、国連安全会議で北朝鮮に対する最も厳しい制裁決議案が可決されました。15対0の満場一致の可決で、注目のロシア・中国も賛成票を投じました。それをあざ笑うにように、さっそく北朝鮮は新たなミサイル実験で応酬。 また、韓国のム・ジェイン大統領はアメリカの戦略核兵器国内配備の可能性を退ける代わりに、国産の核兵器開発を宣言しました。 アメリカ国連大使ニッキー・ヘイリーは9月15日の日例記者会見で、「私たちはすでに国連安全会議の場において全ての外交手段を使い果たしました。アメリカはもう我慢の限界を超えました。私は喜んで問題解決を防衛省長官ジェームス・マティスの手に委ねたいと思います」と、事実上、北朝鮮への軍事行動実行を示唆するような発言をしています。https://www.yahoo.com/news/haley-says-u-n-exhausted-options-north-korea-133208438--finance.html 続きを読む
国際
2
The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
TSSP(太陽のイビキ新聞)が贈る「今日と明日の地球のために知っておきたいエピソード」⑶ ピーター・カズニックが語る<北朝鮮が核兵器を放棄できない正当な理由>(続々・世界核戦争勃発前夜?に明かされる秘められた北朝鮮現代史) pic.twitter.com/bq3vZYsoe5
拡大
The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
〜US threats escalate North Korea tensions & risk nuclear war – professor Peter Kuznick/ RT, September 14, 2017(全訳)
The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
❶9月11日、国連安全会議で北朝鮮に対する最も厳しい制裁決議案が可決されました。15対0の満場一致の可決で、注目のロシア・中国も賛成票を投じました。それをあざ笑うにように、さっそく北朝鮮は新たなミサイル実験で応酬。
The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
❷また、韓国のム・ジェイン大統領はアメリカの戦略核兵器国内配備の可能性を退ける代わりに、国産の核兵器開発を宣言しました。
The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
❸アメリカ国連大使ニッキー・ヘイリーは9月15日の日例記者会見で、「私たちはすでに国連安全会議の場において全ての外交手段を使い果たしました。アメリカはもう我慢の限界を超えました。
The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
❹私は喜んで問題解決を防衛省長官ジェームス・マティスの手に委ねたいと思います」と、事実上、北朝鮮への軍事行動実行を示唆するような発言をしています。yahoo.com/news/haley-say…
The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
❺ますます緊張がエスカレートしていく中で、今、この極東の地で何が起きているのか?これから、何が起きようとしているのか?状況をかくも悪化させている本当の要因はなんなのか?アメリカン大学歴史学部教授、核問題研究所長ピーター・カズニックが明快に答えます。 pic.twitter.com/iet6eywbr2
拡大
The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
TSSP(太陽のイビキ新聞)が贈る「今日と明日の地球のために知っておきたいエピソード」⑶ ピーター・カズニックが語る<北朝鮮が核兵器を放棄できない正当な理由>(続々・世界核戦争勃発前夜?に明かされる秘められた北朝鮮現代史)
The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
〜US threats escalate North Korea tensions & risk nuclear war – professor Peter Kuznick/ RT, September 14, 2017(全訳)youtube.com/watch?v=66vdGk…
拡大
The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
①「アメリカ合衆国で語られているキム・ジョンウンのイメージは、だいたい次のようなものではないでしょうか?
The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
②まず、彼は情緒不安定で何をしでかすかわからない、間違いなくクレイジー、合理的な思考ができない、そして人を怖がらせたいという彼自身の攻撃的性格以外に他に何の理由もなく、核兵器開発に異常な固執がある。
The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
③しかしながら、現実はそういうイメージとはちょっと違うのです。それはどういうことかというと、キム・ジョンウンが核兵器を欲しがる合理的な理由が存在するからです。アメリカ人と違い、北朝鮮の人はたいへん記憶力がいい。ちょっと昔に起こった出来事をよく覚えています。
The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
④例えば朝鮮戦争です。あの時、アメリカ合衆国は文字通り、北朝鮮のすべての都市を破壊しました。北朝鮮の都市だけでなく、韓国の都市もすべて破壊しました。第二次世界大戦厨二アメリカ軍が日本に投下した全量の4倍のナパーム弾が朝鮮戦争の間に投下されたのです。これがまず一つですね。
The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
⑤それから、これは15年ほど前に始まって現在に至っていることですが、2002年にジョージ・W・ブッシュが北朝鮮を、イランやイランとならべて<悪の枢軸>と名指ししたことです。
The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
⑥それが具体的に意味することは、つまり、北朝鮮もイランやイラクと一緒にアメリカ軍侵略によるレジームチェンジの対象国リストに載ったということなのです。
The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
⑦ところが事実は、これはたいへん重要なことですが、まさにブッシュが北朝鮮を<悪の枢軸>と名指しにするその時まで、つまり1994年から2002年の8年間というもの、北朝鮮は実際に核兵器開発を停止し、ミサイルシステムを凍結していたのです。
The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
⑧北朝鮮とクリントン政権との間に協定が結ばれ、それがかなりきちんと守られていたのですね。
The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
⑨ところが、2002年にブッシュ政権が北朝鮮と<悪の枢軸>と名指しし、急速に米朝の安全協定を反故にする動きを取るようになっていくと、それに対応するように北朝鮮は再び全力で核兵器開発に取り組むようになって行きました。
The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
⑩北朝鮮の視点から見れば、核兵器はアメリカ合衆国の侵略とレジームチェンジの野望から自らを守るための<抑止>以外の何物でもないということを理解する必要があると思います。それが、北朝鮮が核実験やミサイル試験を続ける理由です。
The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
⑪最近、北朝鮮が実験したばかりの爆弾がどういう種類の爆弾なのか、正確なところを私たちは把握できていません。
The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
⑫例えば、韓国の専門家は、5万トンクラスの爆弾、つまり広島型原爆の3倍の規模だと言い、日本の専門家は、16万トンクラス、広島型の10倍の規模だと言い、北朝鮮はれっきとした水爆だと主張しています。
The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
⑬北朝鮮は「アメリカ合衆国に到達できる大陸間弾道弾ミサイルに成功した」と主張し、いま、盛んにデモンストレーションをしていますね。
The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
⑭北朝鮮が核弾頭付き大陸間弾道ミサイルを持っているとしたら、そこでアメリカ合衆国はどうするでしょうか?ロサンゼルスを犠牲にしますか?シカゴを犠牲にしますか?ニューヨークを犠牲にしますか?シアトルを犠牲にしますか?キム・ジョンウンが考えていることはまさにそれなのです。
The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
⑮つまり、北朝鮮がアメリカ本土に到達する核弾頭付き大陸間弾道ミサイルを持っている限り、北朝鮮は安全だ。アメリカは北朝鮮に先制攻撃ができない。アメリカは北朝鮮を侵略できない。北朝鮮はそう考えているのです。
The Sun Snorer Press @taiyonoibiki
⑯北朝鮮の保有する核ミサイル能力として考えられることは二つ。まず、アメリカ本土を攻撃できるか?おそらく、彼らはまだその能力にまで達していないと私は考えています。しかし、核ミサイルで日本や韓国、グアムの米軍基地を攻撃することができます。
残りを読む(101)

コメント

こねこのゆっきー @vicy 2017年9月19日
つーかクリントン時代にも北朝鮮はミサイル発射しまくってるだろ。それは協定違反じゃないのか。
こねこのゆっきー @vicy 2017年9月19日
taiyonoibiki テポドンってクリントンの時じゃなかったっけ?勘違いなら悪かったわ
Nowayout @randomwaIk 2017年9月19日
ビル・クリントン大統領任期1993年1月20日から2001年1月20日。北朝鮮1993年5月29日ノドン発射。同年6月11日米朝共同声明、NPT遵守の意志確認。翌94年米朝枠組み合意、北朝鮮への軽水炉提供。98年テポドン発射、事前通告は無し、北朝鮮は人工衛星の発射であると主張。以上だ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする