6
ログインして広告を非表示にする
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2017-09-19 22:29:18
    かつてノドンのCEPは4000m程度といわれていた。勿論これは四半世紀も前の話だ。 これだけ命中精度が低いと、原子炉や石油備蓄基地、橋梁などへのピンポイント攻撃は不可能といって良い。 しかし、伝えられるようにCEPが100~250mまで改善すると、1街区単位での照準が可能となる。
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2017-09-19 22:32:37
    例えば原子力発電所だとCEP100~250mならば1発でサイト内に着弾させられる。原子炉建家に命中すれば原子炉は破壊されるが、外しても原子力発電所敷地内には重要施設が犇めいており、直撃と至近弾効果で発電所は機能を失う。これには安全に関する機能も含まれる。
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2017-09-19 22:43:28
    確実の為2発、MDを無効化する為に4発程度を同時に打ち込まれると、故障や迎撃を考えても3発がサイト内に着弾することになる。 CEPが100~250mというのはそういう事を意味する。
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2017-09-19 22:48:47
    いつも指摘するように10発を撃ち込まれると、8発は着弾する訳で、例えば伊方発電所でこれを喰らうと、サイト内は穴だらけで収拾がつかなくなる。原子炉が直撃を受けた場合、所員は避難どころか防護資材すら取りに行けなくなる。
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2017-09-19 22:21:22
    @attention_on 東京電力福島核災害では、原子炉の周辺施設が主に水没や流失で破壊された訳ですが、弾道弾攻撃では、施設そのものへの直撃と断片、爆風による破壊が生じ、格納容器も破壊される可能性がありますので、福島核災害と大きく異なり、極めて急速に原子炉とバウンダリは崩壊する事が予想されます。
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2017-09-19 21:09:34
    @attention_on ニュージャージー級の艦砲射撃に原子炉が持つかという話しと同じで、そんなもの打ち込まれたら、原子炉格納容器はひとたまりもなく打ち抜かれます。 想定している相手が、最新型のEPRやVVER-1200ですら精々双発ワイドボディー旅客機で、弾道弾や大口径砲弾はエネルギーの桁が違うんです。
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2017-09-19 20:56:23
    @attention_on 大和の91式徹甲弾が、30000メートルでの存速M1.5程度です。最近のシースキマーが時速800~900kmで、これでも航空爆弾より遥かに優速です。 装薬量や距離など様々なパラメータで変化しますが、大口径艦砲は1トン前後の砲弾を超音速で撃ち込みますので、掩体はボール紙と化します。
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2017-09-19 22:34:19
    @attention_on 電力制御施設が地下にあって水没したので、非常用発電機が生きていても電気を伝える事が出来ないまでに機能を失っていました。
  • flurry @flurry 2017-09-20 16:20:48
    『直径15メートル、深さ2・5メートルの巨大なすり鉢状の穴が見つかった』『B29が投下した1トン爆弾の爆発跡と推定』 sankei.com/west/news/1312…
  • 若林 宣 @t_wak 2017-09-20 15:24:27
    高圧線もそうだけれど、1トン爆弾で穴の開いた道路の復旧が送電線込みで1~2時間というあたりで、なんというか、乾ききった苦笑いしか出てこない。
  • 金王坂兵衛 @KNZ48 2017-09-20 19:22:56
    滑走路破壊弾とかランダム時限信管のクラスター弾子を混ぜてあるのでそんな時間で復旧なんてできるわけない...
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2017-09-29 13:21:43
    CEPが2000mならば、直撃の可能性はほとんどない。 ノドンのCEPは、70m~4000mで諸説あり、僕は100~250mを採用していうる。実際にどうなのかはわからない。
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2017-09-29 13:54:11
    ノドンが配備されたのは1990年で、今から27年前。ほぼ30年経過している。 当時はノドンのCEPは4000mとされていたが、30年も主戦力である戦略兵器の改良をしないとは考えられない。 ノドンの姉妹ミサイルはCEP100m級であり、僕がノドンのCEPを100m級とする理由。
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2017-09-29 13:34:00
    多号機集中立地していると弾道弾攻撃で流れ弾直撃が起こり得るし、一基やられたら”兄弟殺し効果”は確実に起こる。
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2017-09-29 13:19:47
    ノドンの場合、弾頭は1t以上の高性能爆薬なので、運動エネルギーに加えて弾頭の爆発効果がある。 以前試算したように、側面効果や至近弾効果を考慮すると、CEPが100~250mならば大飯や高浜、玄海、川内発電所に10発撃ち込めば1基は完全に破壊されかねない。
  • LN BB-45 @BB45_Colorado 2017-09-29 13:10:31
    弾道弾頭の直撃や至近弾は、運動エネルギーが100倍に近くなるために全く耐えられない。障子紙でしか無い。 ”爆装した戦闘機”の場合は、航空燃料の火災と搭載兵器の突入、火災、爆発が加わるので、この実験は安全の論拠とは全くならない。 twitter.com/obiekt_jp/stat…

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「テクノロジー」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする