まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!
72
志倉千代丸/Chiyomaru Shikura @chiyomaru5pb
新作メモオフ公式。 主題歌:志倉千代丸になってますが、僕が歌うワケではありません!笑 作家とし頑張ります( Ꙭ )/'' 「メモリーズオフ-Innocent Fille-」 PS4/PS Vita/Steam/DMM #メモオフ memoriesoff.jp
志倉千代丸/Chiyomaru Shikura @chiyomaru5pb
2006年。まだまだ駆け出しだった僕を主題歌作家として使ってくれていたゲーム会社KIDがまさかの倒産。丁度その少し前に仲間数人で独立企業していた僕は、恐れ多くもKIDの財産とも言えるスタッフ全員を受け入れるという、まさかの暴挙に出ます。この瞬間に社員数は約10倍になります。
志倉千代丸/Chiyomaru Shikura @chiyomaru5pb
もちろん自分を育ててくれたメモオフやインフィニティシリーズを続ける為、その想い、上から目線な言い方になりますが恩返しの積もりもあったと思います。 そして物語は次の章へ─── KIDのもう一つの財産である版権の入札です。当初は戦う相手は居ないだろうと、たかをくくっていました。
志倉千代丸/Chiyomaru Shikura @chiyomaru5pb
そもそも「作れるスタッフは自社にしか居ないのだから、他社からの入札はきっとないだろう」浅はかな経営者はそう盲信していたのです。でも実際は違いました。戦う相手はサーバーフロント社。売上規模はその時の僕の会社と比較すれば数倍になる大きな企業です…。
志倉千代丸/Chiyomaru Shikura @chiyomaru5pb
しかし入札合戦は情報戦でもありますが、最終的には「入札額の読み」です。企業のサイズなど関係ありません。1ヶ月にも及ぶ戦いの結果。破産管財人から言い渡された言葉はとても残酷なものでした…。 「旧KID社の版権の全てはサイバーフロント様が取得いたしました」
志倉千代丸/Chiyomaru Shikura @chiyomaru5pb
しばらくの間、この状況を誰にも言えず、僕は独り、ただただ空を見上げていました。「作れる職人は揃っているのに、作れる権利がない」その時点で既に借金は数億円規模。まさにKIDと心中するかのように、みるみる会社は転落。あの時ほど経営者としての無能さと無力さを感じた事はありませんでした。
志倉千代丸/Chiyomaru Shikura @chiyomaru5pb
さぁどうなる? ここから物語は第三章へ。なんと権利を勝ち得たサイバーフロント社からコンタクトがあったのです。先方は僕や僕の会社が困っている事をもちろん知っています。サイバーフロント社の社長室に通されると、そこには二人の役者が待ち構えていました。 「メモオフの権利、買いませんか?」
志倉千代丸/Chiyomaru Shikura @chiyomaru5pb
一人はゲーム会社の社長とはおよそ考えられないような鍛え上げられたシルエットのF社長。もう一人は取締役で交渉役のM氏。この二人との交渉は僕の経営者としての短い歴史の中でもかなり上位と言えるほど過酷なる舌戦でしたが、同時にその権利は絶対に勝ち得なければならない戦いでもありました。
志倉千代丸/Chiyomaru Shikura @chiyomaru5pb
もちろん過去の権利など一切忘れオリジナル作品を作るというリカバリープランも同時に実行していて、そこで企画したものが後に発売される『カオスヘッド』です。あの混沌としたまさにカオスでいて、残虐とも言える物語が僕の頭の中から生まれて来たのも、今考えれば理由があったのかもしれません…。
志倉千代丸/Chiyomaru Shikura @chiyomaru5pb
サイバーフロント社とのバトルもいよいよファイナルステージ。狡猾でいて一歩も譲らない交渉役M氏。最終的に僕が大きく譲歩する形で着地点を迎えます。その条件についてここでは詳しく述べませんが、大まかに言えば、新作メモオフをその時点から『3本』作れば元がとれるかも?というもの。3本…。
志倉千代丸/Chiyomaru Shikura @chiyomaru5pb
これを安いと思うか?高いと思うか?はその時点での市況次第ですが、今考えれば高かったのは歴然です。交渉相手が社長1年生の僕には手強すぎました。余談ですがその8年後にM氏と手を組んで立ち上げた会社が現在のドキドキグルーヴワークスです。昨日の敵は今日の友。強敵は味方にするのが一番です。
志倉千代丸/Chiyomaru Shikura @chiyomaru5pb
そんなM氏とはドキドキグルーヴワークスの取締役会で今でも毎月激論を交わしています。これはもしかしたら当時のトラウマからくる衝動なのでしょうか…笑。僕のメモオフ物語はまだまだ続きがあるのですが、ここまで一体何文字書いているのか想像もつかないので、今回はそろそろ終わりにしましょう。
志倉千代丸/Chiyomaru Shikura @chiyomaru5pb
『メモリーズオフ-Innocent Fille-』これはあの日からの数えで『3本目』となるまさに運命の作品。いよいよファンの皆さん、そして僕らにとっての「止まっていた時間──」「あの日の真実が今、動き出す」感慨深すぎて文字にするのが難しい…。戯言はこれにて。続きはまたいつかー!
志倉千代丸/Chiyomaru Shikura @chiyomaru5pb
せっかくなので、ここまでの経緯をそのまま新作メモオフの主題歌歌詞にしてしまえヽ(○´w`)ノ ウソデス。 #メモオフ
志倉千代丸/Chiyomaru Shikura @chiyomaru5pb
長文に付き合ってくれた皆さんへのお礼として『メモリーズオフ-Innocent Fille-』から、ひとりだけ女性を紹介しておきますね!もしかしたらご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが…… 今坂唯笑───27歳。 キャラデザはもちろん、ささきむつみさんです。 #メモオフ pic.twitter.com/VbpHbTe8Px
 拡大

コメント

うえぽん @kaorurmpom 2017年10月1日
サイバーエージェントは投資ファンドだった、と。
tamama @tamama666 2017年10月1日
kaorurmpom え? 志倉さんの会社にサイバーエージェントが株式と引き換えに投資したんですか? ただゲームの権利を売っただけではないのですか?
がそ @gaso 2017年10月1日
サイバーフロントとサイバーエージェントの区別もついてない人はコメントすべきではない
Shun Fukuzawa @yukichi 2017年10月1日
取締役M 氏って、会社ページみればわかる...
カツヲ @RX78_01 2017年10月1日
版権だけ取られたのか
kartis56 @kartis56 2017年10月1日
HoI を糞和訳で出してた会社だよね >CF
ナナカネ @akane_nanasawa 2017年10月1日
てんたまシリーズの新作・・・(小声)
Leclerc @3adam15 2017年10月1日
サイバーフロントは、PCゲームのSWAT2と3を日本向けにローカライズして売ってた。テキストの翻訳のみならず、音声も日本語フルボイスにしてたよ。FPSのSWAT3では10D(D小隊長、警部補)の声を郷里大輔さんが演じるなど、結構拘ってと思う。
がそ @gaso 2017年10月1日
そのサイバーフロントも2013年に解散したんですよねえ http://gamebiz.jp/?p=125426
春日野うらら勇者部顧問 @kasu63266188 2017年10月1日
akane_nanasawa てんたま懐かしすぎる!DC版の主題歌は名曲ですよね…
あかさたな @emesh 2017年10月4日
貸す親切貸さぬ親切とはいうけど、良く数億も借金作れたし銀行も貸したなあ。貸す度胸借りる度胸だ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする