2017年10月5日

史上最悪のレモン(欠陥車・粗悪車の意)と呼ばれた車「フォード・エドセル」そして其の名の元ネタの男について

48
品場諸友 @shinabamorotomo

#レモンの日 アメリカでは粗悪車、欠陥車の事を何故か「レモン」と呼びますが、58年に偉大なる創業者の息子の名前を冠して大々的にデビューしたのに、デザイン、設計、マーケティング全てにおいて史上まれに見る大失敗をやらかし「史上最悪のレモン」と呼ばれた「フォード・エドセル」の雄姿を。 pic.twitter.com/R8C0j5wSMk

2017-10-05 09:43:20
拡大
品場諸友 @shinabamorotomo

ちなみに「エドセル・フォード」はアメリカ史上屈指の超偏屈変人だったヘンリーの息子にして、フォードの二代目社長であります。量産大好きで中身に全く興味が無く、いつまで経ってもT型に固執する親父と散々バトルの挙句ようやくA型の生産を開始して会社の窮地を救った立派な社長サンです。 pic.twitter.com/btyPuqFO3W

2017-10-05 10:10:16
拡大
拡大
品場諸友 @shinabamorotomo

エドセルが社長だった40年。欧州では戦争が始まり、フォードも軍用機の委託生産を模索し始めます。30年前後には航空機部門を持ち、トライモーターを生産した経験は有るとはいえ33年には撤退していたフォード。ゼロからの立ち上げになるので最初の候補は単発機P-40だったのですが… pic.twitter.com/fTqOy8k2aC

2017-10-05 10:26:28
拡大
拡大
品場諸友 @shinabamorotomo

社長を退いても権勢を奮う偏屈親父は事もあろうに超大物、四発重爆コンソリデーテッドB-24の生産を決断してしまいます。ホンダが突然ジャンボジェットの生産を始めるような話で、どったんばったん大騒ぎ! まず工場をひとつB-24の為に建て直すというところからスタート。 pic.twitter.com/xEpRcZgW8a

2017-10-05 10:38:22
拡大
品場諸友 @shinabamorotomo

当然量産大好きヘンリーが作る工場は半端じゃなかった。43年8月に遂に最初の機体がラインアウトした工場は、24時間操業でなんと月産600機というバケモノ工場だった。そしてこのバケモノを決定からたった2年で作り上げる大事業を陣頭指揮したのが、あの「エドセル・フォード」だったのです。 pic.twitter.com/RC6GQYr4NJ

2017-10-05 10:45:54
拡大
品場諸友 @shinabamorotomo

この凄まじい大事業の激務とストレスはエドセルさんの体も心もボロボロにしました。エドセル・フォードはラインアウトしたB-24の雄姿を見ることなく、43年5月末に胃癌でこの世を去ってしまいます。49歳の若さでした。

2017-10-05 10:53:11
品場諸友 @shinabamorotomo

エドセル亡き後再び社長に返り咲いたヘンリー・フォードは、1時間15分で1機という枢軸指導者連中が泡吹いてぶっ倒れるペースで生産を続け、終戦までのたった1年8カ月で8600機のB-24を送り出しました。欧州の空を埋め、太平洋を荒らしまわったB-24はこんな風に生まれていたのです。 pic.twitter.com/uxI14PMEBZ

2017-10-05 11:05:40
拡大
品場諸友 @shinabamorotomo

「史上最悪のレモン」と呼ばれ、今でもアメリカ史上最大のマーケティング失敗例として語り継がれる「フォード・エドセル」 こんな車に名前を使われちゃったエドセルさんはどれだけ薄幸なんだと… この面白い顔をみたら、そんな物語もちょこっと思い出してあげると若社長も少しは浮かばれるかもです。 pic.twitter.com/xt4T0EdaIZ

2017-10-05 11:16:00
拡大
品場諸友 @shinabamorotomo

因みに米陸軍四発重爆、もう一人の主役で人気も高いB-17は37年からボーイング、ダグラス、ベガ社が合計12700機製造。対してB-24は40年からコンソリデーテッド、ダグラス、ノースアメリカン、フォードの四社で18500機作って生産期間が短いのに製造機数で追い抜いてる。 pic.twitter.com/uY8xPugk5t

2017-10-05 12:57:52
拡大
拡大
品場諸友 @shinabamorotomo

勿論この「生産ラストスパート」は43年操業開始のフォード社の8600機が決め手。コンソリ、ダグラス、ノースアメリカンでは「日産1機」のペース。「一時間ちょいで1機」のフォードが、どれだけチートだったかは想像を絶する訳で…impomag.com/article/2013/0… pic.twitter.com/btTILwhqHa

2017-10-05 13:05:41
拡大
拡大
拡大
品場諸友 @shinabamorotomo

フォードの工場からボロボロ出て来る四発重爆や、ヘンリー・カイザーの造船所から2700隻も出て来た輸送船の群れを見て「こんな国と戦争するとはなんと無謀な!」という気持ちは判る。でも正直41年末の時点では、当のアメリカ自体が「こんなに作れるなんて想像もしてなかった」ような気がする…

2017-10-05 13:14:17
品場諸友 @shinabamorotomo

アメリカの戦時標準船「リバティ・シップ」の「SSロバート・E・ピアリ」 42年に起工からなんと4日と15時間半で進水。その3日後に竣工というとんでもない大記録の持ち主。これはまあ記録狙いの特別例だったらしいけど、いまだに破られない造船スピード記録。 pic.twitter.com/bPFseZA0Th

2017-10-05 13:20:41
拡大
品場諸友 @shinabamorotomo

正直戦争が始まってからのアメリカ産業界の突き抜けっぷりは常軌を逸している感がある。日本もドイツも「眠れる獅子を起こすだろうなぁ…」ってのは判ってたけど、蹴り飛ばしてみたら起きてきたのが獅子どころかなんか凄いバケモノだった感じよね… pic.twitter.com/JxMEmQJMFt

2017-10-05 13:28:19
拡大
Oh!磯 @OisoS

@shinabamorotomo その化け物もミッドウェーで「もしも」があれば倒せてたかもしれないと聞くと、歴史というのはまこと気まぐれというかどうなるかわからぬもの・・・

2017-10-05 13:32:04
品場諸友 @shinabamorotomo

@OisoS ミッドウェー辺りだと、まだ「寝起きの獅子」程度なので、もし万が一あそこで勝って講和、という流れなら… とも思いますが、もその後アメリカさん完全に光りながら「コレが…オラの力っ!」状態に入って行きますからなあww

2017-10-05 13:34:36
Oh!磯 @OisoS

@shinabamorotomo あとよく聞くのはインド洋押さえてイギリスに圧力かけてアメリカを押さえてもらうってのもありますけど、流石にそれは楽観しすぎのようなw まあ当時の押せ押せムードの日本国内で、丸く収めようなんて言い出そうものなら国賊扱いされますな。

2017-10-05 13:38:49
品場諸友 @shinabamorotomo

@OisoS 一番キツイのはミッドウェー押さえようがハワイを取ろうが、アメリカ本体には傷一つ付けられない訳で、覚醒始めたアメリカさんを止める手段は何処にもないのですよね… 太平洋艦隊くらい2年も有れば倍の勢力で復活しちゃいます(泣

2017-10-05 13:40:32
Oh!磯 @OisoS

@shinabamorotomo だからこそ日本が米国本土砲撃したことや風船爆弾の事実は厳重に秘匿されたわけで。 当時のアメリカ政府の一番の敵は自国民の厭戦気分とそれによる反対票ですからね。

2017-10-05 13:47:30
品場諸友 @shinabamorotomo

@OisoS 風船爆弾は特に「日本からこれが出来ると判ったらソ連も中国も…」って危機感が相当あったようですし。そして毎度のごとく日本でも極秘扱いの情報が日本から中国側スパイにダダ漏れだったというw

2017-10-05 13:49:41

コメント

Hoehoe @baisetusai 2017年10月5日
コンソリじゃなくてフォードでこんなに作ってたのかよ…
0
うぺぽ @upepo2010 2017年10月5日
ヘンリー・フォードさんのろくでもないお話。http://www.thutmosev.com/archives/71932687.html
0
RXF-91 @rxf_91 2017年10月5日
コンソリさん生産力けちょんけちょんやったからなあ…
0
聖夜 @say_ya 2017年10月5日
後にフォード出身の国防長官肝いりで「空軍と海軍で同じ機体使えば量産効果でコストダウンじゃね」といって生まれたF-111にもFlying Edsel(空飛ぶエドセル)のあだ名がつけられたのですが、低空誘導爆撃機に居場所を見出されAardvark(ツチブタ、穴掘り豚)に生まれ変わったのでした。ある意味爆撃機に縁がある名前といえます
0
tama @tamama666 2017年10月5日
でもB-24よりB-17のほうが爆撃機として優れてたと聞きますが・・・ どなのかな
0
茨木自動車 @shinato56 2017年10月5日
tamama666 B-24の方が設計が新しい事もあって航続距離搭載量速力等勝るが、B-17は「フライングフォートレス」の名に恥じぬ打たれ強さで蜂の巣になろうがエンジンが2発止まろうが帰っては来れたので、視点によりけりかと
2
現場猫のおっさん(37) @OssanBlackRX 2017年10月6日
「レモン」は「不快なもの」という意味合いがありますので、その流れで「欠陥車」はレモン呼ばわりされてるのでしょう
0
しぇりりん(万年欠食) @m_sheririn 2017年10月6日
アメリカ驚異のメカニズムと言わざるを得ない
0
愚者@冬コミ12/30東N25a @fool_0 2017年10月9日
父親のヘンリーと散々揉めてそれでもどうにか量産体制を作り上げたにも関わらず、それが元で急逝してその苦労が報われなかったばかりかその功績を父親に奪われ、更に結果的とはいえ駄作車の汚名まで冠されるのを見ると、エドセル・フォード氏が不憫過ぎてなあ……
1
ネコチャキュービー @NekochaQB 2017年10月12日
ヘンリーとエドセル父子の相克と悲劇、そして孫のヘンリー二世の元で着手された打倒GMの一手、戦略的中型車『Eカー』がエドセルの名を(ほとんど偶然から)与えられ盛大な宣伝とともに世に送り出されながら、品質問題を抱えて凋落していった経緯は ロバート・レイシー著『フォード-自動車王国を築いた一族-』に詳しい。
0
白河清周@自由主義者 @shirakawa_kiyo 2018年1月14日
大々的にティザーキャンペーンを打って、実際に出来上がった車たるや、巨大なマ*コが付いていたというとは。
0