Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2017年10月11日

2017年英語論文「小児期での低線量放射線被ばく後の甲状腺がん:9コホートのプール解析」(2017.10.11作成)

まとめました。
2
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

Thyroid Cancer Following Childhood Low-Dose Radiation Exposure: A Pooled Analysis of Nine Cohorts (2017) academic.oup.com/jcem/article/3…

2017-10-11 12:15:14
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

2017年英語論文(オープンアクセス)「小児期での低線量放射線被ばく後の甲状腺がん:9コホートのプール解析」academic.oup.com/jcem/article/3… 例の、12研究プール解析論文(twitter.com/YuriHiranuma/s…)の続編。

2017-10-11 12:35:26
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

低線量(<200mGy)での甲状腺がんリスクを調べるため、3研究を排除して9研究をプール解析。調べた3つのことは、①<200mGyと<100mGyでの相対リスクのパターン、②しきい値の存在の可能性、③性別、被ばく時年齢、到達年齢、被ばく後年数、放射線量細分化による線量反応の調整。

2017-10-11 12:37:45
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

200mGy未満では、37.2%が放射線に関連した甲状腺がんと推定された(252例中37.2%で、過剰発生症例は93.8例)。20mGy未満では5.7%(54例中3.1例が過剰発生)、100〜200mGyでは54.4%(68例中37.0例)だった。 pic.twitter.com/vsJqosEYWJ

2017-10-11 12:54:43
拡大
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

この解析では、線量反応が直線であることが再確認された。放射線誘発性がんリスクの外挿には直線モデルを適用するのが最も妥当なアプローチであることが再確認され、ALARA評価での直線モデルの使用を支持するものである。 (これでうまく表現できてるのか自信ないかも) pic.twitter.com/VsNcBfA8Qi

2017-10-11 13:05:54
拡大
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

チェルノブイリのデータとの比較。外部被ばくでの相対リスクが高いかも、と言及。 200mGyでの相対リスクは、ロシア・ベラルーシ研究で1.9、ウクライナ研究で1.9(もっと最近では1.2)、ベラルーシ研究で1.2。本研究では3.2 (95% CI, 2.3, 4.3). pic.twitter.com/7gOS4F1NJG

2017-10-11 13:14:17
拡大
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

被ばく時年齢が5歳未満の場合の200mGyでの相対リスクは、ウクライナ研究で2.6、ベラルーシ研究で1.9だった一方、本研究では、3.4 (95% CI, 2.0, 4.8) だった。

2017-10-11 13:16:00
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

小児がCTスキャンから受ける甲状腺被ばく線量: 頭部CT 10mGy 胸部CT 27mGy 頚部CT 50mGy 頚椎CT 36mGy 腹部CT 8mGy

2017-10-11 13:19:18

他にも、色々と書かれてあるとの事


Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

twitter.com/YuriHiranuma/s… この9研究プール解析論文は、①安定ヨウ素剤投与ガイドラインと、②ジェリー・トーマス氏の立ち位置(しきい値である100mSv未満での影響は無視できる)に影響がある、という海外MLの見解。(続)

2017-10-13 15:00:51
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

①WHOの安定ヨウ素剤ガイドラインによる小児での現在の介入レベルは10mGyだけど、WHOは、この介入レベルの線量を上げろという圧力を常に受けており、100mGyに上げるという動きがあるらしい。でもこの論文では、100mGyよりずっと低い線量でのリスクが示されている。

2017-10-13 15:01:34
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

②トーマス氏は、100mSv未満での影響がまったくかほとんどないとずっと主張してきた。しかしこれまでのエビデンスから、すべての固形がんと、特にトーマス氏の専門である甲状腺がんにおいて、トーマス氏が明らかに間違っていたことがはっきりしてきた。なので、トーマス氏の信頼度は総崩れ。

2017-10-13 15:09:13
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma

(海外MLでは、特にBBCなどでのトーマス氏の無責任な発言が話題に挙がって来たので、トーマス氏の信頼度の話になってますが、この②は、トーマス氏じゃなくて、国内外の色んな「専門家」に当てはまりますね。山下俊一氏とか、真っ先に思い浮かびますが。)

2017-10-13 15:11:51

コメント

内田 @uchida_kawasaki 2017年10月13日
まとめを更新しました。
0