2017/10/12 ケルチ海峡大橋とその耐震設計備忘

日本国内で使われる「気象庁震度階級」以外では、ロシア他で採用される「MSK震度階級」が存在します。 そのため、翻訳は正確でも元記事の前提(この場合ロシア国内報道のため、震度もロシア国内採用の「MSK震度階級」表現)を誤認すれば、 「誤訳?」 との誤解が発生しかねません。 翻訳物を読み解く場合、読者側はこの暗黙の了解である前提条件の違いに最大限の注意が必要です。 一方で日本独自続きを読む日本国内で使われる「気象庁震度階級」以外では、ロシア他で採用される「MSK震度階級」が存在します。 そのため、翻訳は正確でも元記事の前提(この場合ロシア国内報道のため、震度もロシア国内採用の「MSK震度階級」表現)を誤認すれば、 「誤訳?」 との誤解が発生しかねません。 翻訳物を読み解く場合、読者側はこの暗黙の了解である前提条件の違いに最大限の注意が必要です。 一方で日本独自の「気象庁震度階級」では「震度8」以上は設定されていません。 そのため、日本国内を対象にした言説で「震度8(以上)」とした場合、何らかの誤解・誤読の可能性が高く、以降十二分に注意する必要があります。 これらは各種言説の信頼性評価にも使えますので、ご紹介までに。
hebotanto 226view 0コメント
1
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「アニメ」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする