限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!

日本には四季がある!で思ったこと

概念があって名前が付けられるが、こっちの名前と向こうの名前が必ずしもイコールではない。しかし文化というものが解らない者がa→A=B←bなんだからa=bだろう!と言い出す。
旅行
727view 2コメント
2
言葉使い @tennteke
親がマグロの中トロ買ってきて食べているうちに、「日本には四季がある!」てのは、このマグロで例えられるんじゃないかと気がついた。
言葉使い @tennteke
「日本ではマグロを食べる!」と言ったとき、基本的に刺身を念頭に置いている。中トロ大トロ、そして刺身。鉄火丼。兜焼き。

刺身×、赤身○

言葉使い @tennteke
そこで「マグロなんて世界中食ってるわ!Tuna て単語を知らんのか!」はそうなんだけど、マグロの刺身を思い浮かべている人にはポカーン状態。
言葉使い @tennteke
日本では江戸時代だってトロは捨てられていたというじゃん、今の世界でマグロの刺身はまだマイノリティ。
言葉使い @tennteke
だから、マグロの刺身を食っている=マグロを食っている、という意識が誤解を生む元っちゃぁ元なんだけど、日本人にはそれが通用しちゃうんだから仕方がない。
言葉使い @tennteke
マンガ「美味しんぼ」の初期で、「日本人は牛肉といえば何が何でもサシが入っているんだ。肉を食っているんだか脂を食っているんだか解らなくなる」と批判していたけど、今では和牛はブランド。
言葉使い @tennteke
こういうエピソードquasimoto.exblog.jp/21461101/ のように、日本の四季(日本の牛肉)と世界の四季(アメリカの牛肉)は、四季(牛肉)というワードはイコールなんだけど、実質は違うんじゃないか、という感じ。
言葉使い @tennteke
当時は牛にビールを飲ませる「神戸牛」が知られていたけど、今ではサシ入り牛肉は普通になっちゃって、神戸牛の地位は相対的に低くなってしまった。
言葉使い @tennteke
ちなみに牛肉のA○ランクって味に関したものではないんだって。料理の仕方で求められる肉質は違うんだから、5が一番美味い1が一番それほどでもないは間違い、5ならこの料理、1ならこの料理に合うという目安らしい。
言葉使い @tennteke
西尾維新の小説で「日本人がなんとなくでも日本地図を思い浮かべることが出来るのは、天気予報の気象図のおかげではないか」と書いていたんだけど、「日本には四季がある」は観光業界のおかげではないか。
言葉使い @tennteke
日本の観光旅行パンフレットでは、定点観測のように一カ所で四季の見所を紹介するが、海外の観光地は一カ所一季節。もちろんその土地でも四季はあっても、紹介されるほどではないと見なされていて。
言葉使い @tennteke
日本と外国では湿気の関係で、四季そのものより、移り変わりの時期って全然違うと思うのだけどね。乾燥している地域、日本よりも湿度の高い地域で、日本のような四季が移り変わる時期を愛でているのかどうか、よく解らない。湿気の関係で見えている世界も違うだろうし。
言葉使い @tennteke
東京都が作った東京紹介動画。こういうののニューヨーク、モスクワ、ロンドン、パリ、北京…版があったら教えてほしい。youtu.be/gU_TEyyP-AY
 拡大
言葉使い @tennteke
日本で言う四季とは単に春夏秋冬のことではなく、季節の移り変わりの不安定な状況、湿度の移り変わり、最近は気圧も、そういうのをひっくるめて四季と言っている。
言葉使い @tennteke
日本で和菓子を作っている人たちはそういう空気を菓子の形に写し取っているけど、日本の洋菓子界やパン業界ではどうか。
言葉使い @tennteke
日本の和菓子業界は子供に継がせて創業何年を誇るが、今の洋菓子業界パン業界、美味しいお店が山のようにあるのは解るけど、だいたいが起業して初代という人が圧倒的。師匠からの独立はテクニック的なものを中心としているのではないか。

日本にはアニメがある!と言ったとき、アニメーションは世界中にあるぞ!という声が出たとして

言葉使い @tennteke
日本のアニメは海外のアニメーションとは違って、フルアニメーションではなくリミテッドアニメある、その差を埋めるためにキャラクター、ストーリー、動作絵などでカバーしている(うろ覚え)、#tokyofm_timeline
言葉使い @tennteke
また日本の放送枠は(まぁ)三十分だけど海外だと十分台、そして設定資料集読むと詳細すぎる、か。#tokyofm_timeline

コメント

ヒジャチョンダラ @citabow 2017年10月14日
文明開化以降、天然資源の少なさや国自体の後進性などで陰鬱な気分になっていたところへ、外国人から「日本には素晴らしい四季と、それを尊ぶ文化があるじゃないか」などとリップサービスを受けて喜んじゃった……ってのが過剰な四季自慢の根っこにあるんじゃなかろうか?
言葉使い @tennteke 2017年12月10日
まとめを更新しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする