10
So Takamoto @tkmtSo
「ヒカルの碁」のおばけの佐為、今になって思うと囲碁界をひっくり返すハイパーインフレの寸前で「神の一手を見た」とかいって満足して成仏したことになるんだな。囲碁のために1000年も眠っておいてタイミング悪いとしか言いようがない
それでよかったんだ…
とぴけい @topikei
アルファ碁よりも先にヒカルの碁を生み出したことが、囲碁における日本の功績の一つじゃないかと本気で思います。
下山嘉彦/渋谷区 @yshimoyama
とはいうものの、あの漫画がなければ囲碁への注目度はもっと低かった(特に若年層)はずなので、AIの研究対象になっていたかどうか微妙な気もする。まあ憶測の域を出ない話なのだけど。 twitter.com/tkmtSo/status/…
コアントロー @ChromeYellow0
漫画的にはタイミング良かった。今ヒカルの碁が連載されてもシラケるだろうし (好きだったけど) RT @tkmtSo: 「ヒカルの碁」のおばけの佐為、今になって思うと囲碁界をひっくり返すハイパーイン(中略)囲碁のために1000年も眠っておいてタイミング悪いとしか言いようがない
むま @nightmare_ju
神の一手に続く遠い道のりを示す役目を終えて、ヒカルの元から消えたのであって、佐為の影響もあって囲碁が進化してると思うと胸熱なんだけどな。 twitter.com/tkmtSo/status/…
現代を舞台に続編を
高佐弘〜 @noborikiru
@tkmtSo 800年かそこらで、いっぺん目ぇ冷ましましたけどね。 死んでなきゃ虎次郎が神の一手を見つけていたのか٩( ᐛ )و
天藍 蒼穹 Lantern @Tienlan
@tkmtSo もしアルファ碁が出ていればマンガはちがう展開、ちがう世界だっただろうなぁ...もっと続きが読みたいと思ってしまいます
sion🍆 @sionn_2
@tkmtSo 次は人じゃなくてサーバーに憑こう
りう @riu47
@tkmtSo 少し時期がズレてたら、ヒカルがアルファ碁を左為に与えて満足させて、ストーリーが始まらない…。
投資家先輩 @yajukabu
@tkmtSo @SMBKRHYT 人工知能の碁を見たら怨霊になりそう
時代が変わっていく
nekohachinyan @nekohachinyan
藤原佐為はヒカルに神の一手を見つけるバトンを託した云々のやつ、もしかしたらアルファ碁だって、誰かにバトンを託すために生まれたんじゃないか、とか思えば素敵じゃない?
よっしー @twi_yossy
『ヒカルの碁』の佐為が、自身の永い歴史の先に見た神の一手への道のりを、違うレーンから猛スピードで追い抜いていったアルファ碁ゼロ。
PANTO @PANTOMAIMU
新しいアルファ碁...「ヒカルの碁」の長い年月の重みをリセットしまくりヾ(:3ノシヾ)ノシ
日暮眠都@モン主⑭ 5月末発売&コミック③ 発売中 @higure_mint
ヒカルの碁のなかには「神の一手はコンピュータから生まれる」って言ってる中国人だかが出てきて、読んでたときは「難しいんじゃないかなー」って思った記憶があるけど十年ちょっとでアルファ碁だのゼロ碁だののこの状況よ。
DoGA @DoGA_CGanime
もう囲碁を舞台にした漫画は生まれないかも twitter.com/tkmtSo/status/…
中嶋慧 @subarusatosi
ヒカルの碁の佐為は、囲碁界の今の現状を見たくなかっただろうし、見たら悲しむ気がするので、良いタイミングだったと思う。 (ヒカルの碁は名作だった。受けた影響は大きい) twitter.com/tkmtSo/status/…
filinion @filinion_es
囲碁という確定完全情報ゲームが「神の一手」とか神秘性を持ち得た最後の時代だから成立した物語だったんだよな。例えばチェスでそんな物語は難しい。昔は「思考の芸術」「知の最高峰」と見なされていたのだが。 / “So Takamoto@…” htn.to/vuCCnM

コメント

田中 @suckminesuck 2017年10月23日
そういえば楊海さんがそんなこと言ってたな。亡霊vs電霊も面白そうではある。
@mouth0717 2017年10月23日
物語上の架空の設定でも「AIには戦局が読みにくい盤面に意図的に持ち込んでミスを誘う『対AI戦術』」みたいなギミックを導入すれば2017年でも「神の一手を目指す」的なノリの新しい囲碁漫画は全然いけると思う。
Ukat.U @t_UJ 2017年10月23日
結構最近に将棋でそういう漫画すでにやった。「栄光なき天才たち」の原作をやった計算機研究者の伊藤智義が原作をやった「永遠の一手」
モフ・トラックボーラー丁稚 @Mofu_Master 2017年10月23日
ヒカルが佐為を超える!っていう将来より、楊海さんのAI開発チームがあっさり最強になりました、は少年漫画としてはアレだな。
まかとちつ @podhgg0bt1kh 2017年10月23日
古典SFの大半が凡作だったかのような言い方して
IheY @kujira090 2017年10月24日
別に何も変わらないのでは。 スポーツゲームでもコンピュータが最善手を打てば人類に勝利は無いけど、選手は人間なわけだし。
BigHopeClasic @BigHopeClasic 2017年10月24日
t_UJ でもあれはコンピュータ将棋の挙動が現実とはだいぶ違うというか、作劇の結論ありきだったからなあ。コンピュータ将棋はとにかく作劇に向かないのは、高嶋哲夫の『電王』もやっぱり現実とはだいぶ違った。
BigHopeClasic @BigHopeClasic 2017年10月24日
mouth0717 残念ながら、今人間のトップのアルファ碁ゼロに対する期待勝率は0.02%(レート差1500)なので、ここまで実力差が懸絶してしまうと、もうそういう段階の話ではなくなってしまってます。
BigHopeClasic @BigHopeClasic 2017年10月24日
ただ、「3月のライオン」が、コンピュータ将棋を一切無視してそれでも物語が成立しているのを見ると、別にコンピュータ囲碁のことを一切無視しても創作は成立するんですね。ただしそれは、「神の一手」を求める求道者・科学者的側面を無視し、目の前の相手を倒す武道家、または盤面の美しさを追求する芸術家としての側面だけにスポットを当てた創作にならざるをえない(幸いなことに羽海野チカは後者のようなキャラ類型を物語化するのがとても上手い作家)。
BigHopeClasic @BigHopeClasic 2017年10月24日
BigHopeClasic ヒカルの碁における「神の一手」は、それがあるからこそあの物語にピンと一本背筋が張って強力なアクセントになっていて、「怨霊としてこの世に残る」というともすれば陰鬱になりかねない設定を解毒どころか昇華させるガジェットになっているわけで、その意味でアルファ碁は『ヒカルの碁』を成立させなくなってしまったのは確かですが、しかしそれは囲碁のフィクションの可能性を絶つことにはならないわけで。
BigHopeClasic @BigHopeClasic 2017年10月24日
でも、よくよく考えると佐為って、800年とか1000年の囲碁の進化を一瞬で追いついてるから、学習能力というか吸収能力と言うか、それって青天井に近いのよね。だから、アルファ碁の手を一番速く理解できるのは実は佐為な気もする。ただ、アルファ碁ゼロが達したR5100の高みって、もしコンピュータ囲碁がなかったら人類があと1000年総出でかかって到達できたかどうかのレベルだから、いくら佐為でも吸収しきれるかどうか。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする