「都市を変える?都市でつくる?」403architecture [dajiba] × モクチン企画 × 藤村龍至 トークイベント

今年9月に初のコンセプト・ブックである『建築で思考し、都市でつくる/Feedback』(LIXIL出版)を出版した403architecture [dajiba]。静岡県浜松市を拠点としながら、比較的小規模な改修プロジェクトを徒歩圏に集中して手がけるなど、場所固有の状況からフィードバックし、「都市でつくる」ことに取り組んできた。対して今年7月に同じく初の単著『モクチンメソッド:都市を変える木賃アパート改修戦略』(学芸出版社)を上梓したモクチン企画。木造賃貸アパート群という東京の都市構造における巨大なフィールドを資源として、それらを更新していくメソッドによって「都市を変える」ことをめざしている。モデレータとして、鶴ヶ島や大宮で都市再編に向けて先駆的な取り組みを続ける藤村龍至氏を迎え、あたらしい時代の建築・都市論が討議される。
6
前へ 1 ・・ 10 11
やまみち @yama326

でも、トレランって、やっぱりアスリート的な側面が強くて、早く遠くに行けることは魅力だけど、長くではなくて。そういう意味で、よりサスティナビリティのあるULハイクの方が合ってるなと改めて思った。

2017-10-25 23:05:24
やまみち @yama326

しかしあんなにトレイルを走れたら楽しいだろうなあとは思う。

2017-10-25 23:07:49
中村謙太郎 @NKenken

登壇者の一人である連さんが上げてました。セッションが開催一週間前から既に始まってたことが興味深く。 「都市を変える?都市でつくる?」403architecture [dajiba]×モクチン企画×藤村龍至 Togetterまとめ togetter.com/li/1164370

2017-10-26 00:24:00
和田隆介 @wadaryusuke

コーネリアスのを拝聴し、403に「本当にビジョンはないのか?」などと問いつめてしまったことを少し反省。小山田圭吾はビジョンなんて語らない。けれどその音楽からは美学がビシバシ伝わってくる。

2017-10-26 01:52:53
和田隆介 @wadaryusuke

他方で小沢健二は昔からビジョン(物語)を言葉で語りまくる。おっさんになって戻ってきても語りまくる。403は当初は小沢健二的に評価されていたんだと思うけれど、ファーストアルバムを出して小沢から小山田モードになったんだと理解することにします。

2017-10-26 01:56:37
和田隆介 @wadaryusuke

ビジョンを高らかに語りまくるのは恥ずかしいし、なんならややダサいのかもしれないけれど、そういう意味ではモクチンが少し恥ずかしそうに語ったビジョンはオザケン的で、和田的にはアリでした。あえてダサくてもビジョンを語る必要があるときが大人の世界にはあるんだと思います。

2017-10-26 02:00:48
和田隆介 @wadaryusuke

ぼくはいったい何をいっているんだろうか

2017-10-26 02:04:12
和田隆介 @wadaryusuke

403は建築という枠組みの中で小山田モードで行くということは、職人的に掘り下げながら、どこかでファーストアルバムの路線を壊していかなければならなくなると思うので、つまり「ファンタズマ」もしくは「OKコンピューター」に期待したいと思います。三枚目が問われるというか。

2017-10-26 02:07:38
ckkmrj @cicaco

あのコラージュ覚えてる人がいてくれたなんて、感激… twitter.com/yama326/status…

2017-10-26 12:19:38
やまみち @yama326

連くんは、LTAJで登壇しているところを見たのが初で、大海原に漕ぎ出すコラージュをよく覚えてる。今思えば、あの時のLRAJがいろいろなことへの入口だったようで、それが7年後にもこうした形でつながりができるのが嬉しい。

2017-10-25 22:53:55
藤田雄介 / yusuke fujita @yusukefujita_

遅ればせながら、403×モクチンの出版記念イベント@ABC。自分が81年生まれなので、彼らとは少し歳の差があるが、活動を始めたのが2010年前後で小規模なリノベーションの仕事が多かったこともあり、何かと刺激を受けてきた両者である。

2017-10-26 12:44:59
藤田雄介 / yusuke fujita @yusukefujita_

403本については、タグがブラッシュアップされて減らされたことで、逆に403らしさが削ぎ落とされてしまったように感じた。度々話に出たが、やはり「マテリアルの流動」という時代を表すような言語を、本の根幹にしてもよかったように感じた。

2017-10-26 12:46:32
藤田雄介 / yusuke fujita @yusukefujita_

ところで、加藤耕一さんの「時がつくる建築」で知った、スポリアという古代西洋から行われていた、使われなくなった建物の彫刻やオーダーを剥ぎ取り新しい建物に使う行為が、まさに「マテリアルの流動」と共通している部分があり、彼らの活動を歴史に接続させる一例だと感じた。

2017-10-26 12:48:19
藤田雄介 / yusuke fujita @yusukefujita_

個人的には、403の活動として「マテリアルの流動」が中心にあり、タグは編集ツールとしては有効かもしれないが、少し冗長的な印象もあった。橋本論考では、スポリアやウィトルウィウスを引き合いに、正面から「マテリアルの流動」を歴史に接続させるテキストを読んでみたかった気もする。

2017-10-26 12:51:07
藤田雄介 / yusuke fujita @yusukefujita_

とはいえ、30歳ちょっとで単著とは素晴らしく早く期待の表れだし、今回のイベントの件も含め様々議論が発生している彼らの状況は羨ましい限りです。今後の彼らが楽しみであると同時に、少しでも追いつけるように精進したいと思います。改めて出版おめでとうございます。

2017-10-26 12:52:49
前へ 1 ・・ 10 11