2017年11月2日

御嶽山噴火裁判の訴状と答弁書などを読んで

3
早川由紀夫 @HayakawaYukio

御嶽山噴火災害。できたはずだったのにしくじったのではない。できないのにできるとゆった。いまでもゆってる。ここが是正されなければならない。できないものはできない。

2017-11-02 12:14:17
早川由紀夫 @HayakawaYukio

「火口周辺に降灰する程度のごく小規模な噴火」があっても「火口周辺に影響を及ぼす噴火の可能性がある」とは言えないと、堂々と書いてる文書に遭遇してめまいがしてる。

2017-11-02 13:17:40
早川由紀夫 @HayakawaYukio

ツイッターに書いていいとのことなので、画像貼り付けます。第3準備書面(国)10月3日の10ページです。 pic.twitter.com/enOLq1zkWW

2017-11-02 13:26:10
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio

大きな噴石は「影響」だが、降灰は「影響」ではないと気象庁は考えている。とんでもないことだ。(降灰があると、影響を及ぼす噴火をする可能性があると書いてある) pic.twitter.com/fFx8Cak2iC

2017-11-02 13:34:35
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio

(次のいずれかが観測された場合)として、そのひとつに(地震回数が50回/日)とあるのに、総合的に判断したからレベル2に上げなかったは、強弁がすぎる。もし総合判断で個々の照合を反故にできるなら、数量による判定基準を作る意味ない。

2017-11-02 13:39:08
早川由紀夫 @HayakawaYukio

すべてを勘案した上で判断してレベル1に据え置く間違いをしたのだから、気象庁には(御嶽山の)噴火警報を出す能力がなかったということだ。能力ないのにできるとゆったところに負うべき責任がある。 pic.twitter.com/OfibZ7Hst6

2017-11-02 13:47:18
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio

予報は観測成果の発表であり、警報は重大な災害が起こるおそれがあるときに出すのなら、そこにひとがいるかいないかは予報か警報かを決めるときの重大な要件となろう。予報にしたから軽度案件だったことにならない。警報出すべきだったのだからこれは重度案件だ。同19ページ(さっきは13ページ) pic.twitter.com/rSFpatAZPb

2017-11-02 13:54:48
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio

「火口周辺に多数の登山者がいるというデータ」は(判断基準に)含まれないとしてる。あれ? 第2準備書面(国)9月8日の4ページ pic.twitter.com/lmUv29EPbA

2017-11-02 14:02:51
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio

噴火を予知できるのはごく限られた場合であると吐露している国、かわいい。第1準備書面(国)5月15日の16ページ pic.twitter.com/TLgxaM0Gjf

2017-11-02 14:03:20
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio

国の主張は、第1準備書面5月15日の41-42ページを読むとわかりやすい。 pic.twitter.com/GBEYOWQjkO

2017-11-02 14:10:00
拡大
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio

長野県が設置した地震計は、噴火予知目的ではなく(噴火後の)砂防目的。準備書面(県)9月8日の3ページ pic.twitter.com/2O88CJUgps

2017-11-02 14:15:07
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio

予想できなかったからレベル2に上げなかったのは仕方ないの主張だ。身勝手だ。論点は予想できたかできなかったかではなく、気象業務法13条が規定する「一般の利用に適合する警報」が出たかどうかだ。出せなかった。出せないまま63人が死んだ。この事実は重い。

2017-11-02 14:43:25
早川由紀夫 @HayakawaYukio

国には責任がある。今後もこの責任を問われることがないように、気象業務法13条をすみやかに元に戻さないといけない。地震警報を出さないのと同じように、噴火警報も出してはならない。そもそも地震も噴火も、一般の利用に適合する予知はできない。警報は出せない。出すシステムは被害を増やす。

2017-11-02 14:53:43
早川由紀夫 @HayakawaYukio

「本件噴火により、火砕流が火口列から南西方向に約2.5km及び北西方向に約1.5kmまで流下し、大きな噴石が火口列から1km程度の範囲に飛散した」第1準備書面(国)5月15日の38ページ。 高空から落下してきた多数の火山れきが凶器だったことを気象庁はまだ知らない。 pic.twitter.com/4DsF1EWvu7

2017-11-02 15:46:56
拡大

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?