格闘家の左禅丸さんも挑戦! 槍の懐に入ったら勝てる? ガチ甲冑合戦Weekly 013

今回は『ガチ甲冑合戦 桶狭間の戦い』をサンプルケースにつかい、甲冑をまとい、野戦で使われる3mほど武将槍を想定した戦いのお話になります。 格闘家の左禅丸さんも参戦された感想も合わせて紹介します。なお、テレビにでるような室内用の槍は2mほどになります。 #ガチ甲冑合戦 「戦国体感セミナー」 5月26日(日) 大阪城近く。 甲冑をまとい、槍と刀を振るい、弓矢を放ってみませんか?【詳細・申し込みはコチラ】https://ws.formzu.net/fgen/S61976928/?fbclid=IwAR3DyJZI9Ty4d5tN9E-lNw-6q70XI8sJfxnjC62mNGmrbIQHzsDdbLd2Yjw
ガチ甲冑合戦Weekly 古武術 槍術 武術 刀剣 槍で叩く叩く叩く突くーッ! 短刀が一番血を吸っている 日本甲冑合戦之会 ガチ甲冑合戦
23
吉村英崇が声明を発表『私は今、伊勢にいる』 @Count_Down_000
集団戦では敵兵とくみあって足が止まるとまわりの敵兵にあっという間にやられるので組討をやりません。 槍ですら相手を倒そうと欲張って前に出すぎるとやられるので極端な攻めは集団戦では少なく、場合によっては双方、負傷者でないときすらあります。 でも白黒をつける一騎打ちは組討ちまで至ります pic.twitter.com/s96KncUIFN
拡大
日本号が好きな更庭春子 @saraniwa_main
@Count_Down_000 一騎打ち!!自分も生で見てみたいものです。大河ドラマは好きでしばしば見てますが、なかなか「実際どう戦うか」は描写されないこと多いですから、こうやって実戦してるのを拝見すると「たぶん昔もそうだったろうなぁ」と思います。武士は鍛えてないと死にますね!!
吉村英崇が声明を発表『私は今、伊勢にいる』 @Count_Down_000
『槍の脅威、それは長さ!』 『同時にその長さゆえ、懐にはいれば・・・勝機はある!』 と世間では言われてますが、TRYする前にこの一枚をどうぞ #ガチ甲冑合戦 #懐に入ればというけど難しいのよ よって #長槍をもって戦うカンタンなお仕事 pic.twitter.com/9jWDFRFQkD
拡大
リンク 左禅丸のミナギリの轍 42 『【ガチ甲冑合戦】桶狭間は大雨でした。』 ガチ甲冑合戦・信長プロジェクトに参加してきました。台風22号まっただ中の安土桃山文化村、結果として、リハーサルまでやって本番は中止でした。ただ、私としては、リ…

ガチ甲冑合戦に参戦した格闘家の左禅丸さんのブログには
【懐に入ろうと思って分かる3メートル槍のしなる怖さ。】
とあります。

甲冑をまとっていても中々、槍をもつ相手の懐にはいるのには技術と慣れがいります。

また、私も左禅丸さんと何回か一騎打ちのリハーサルをしました。槍の勝負は慣れていましたが、槍を失い抜刀して斬りこんだ戦いのときは槍で打ち取られました。

槍の懐にはいるのは難しく、槍にたいして刀で挑むのは絶望的に難しいのです。

吉村英崇が声明を発表『私は今、伊勢にいる』 @Count_Down_000
とはいえ、 互いに甲冑をまとう状態では互いに槍の攻防ではそうそう致命傷を与えられません。(一本にならない) 槍の攻防を繰り返しながらも距離が迫り、一定距離になると槍を捨てて、走り寄り組討ちをするか、短刀で仕留めようとします。 #ガチ甲冑合戦 #懐に入ればというけど難しいのよ pic.twitter.com/L2mTnbudh0
拡大
拡大
拡大
吉村英崇が声明を発表『私は今、伊勢にいる』 @Count_Down_000
槍の懐に入っても相手が槍を短くたぐって突いたり、 首に槍を押しつけながら足を払おうとしたりします。 槍の懐という相手との至近距離にはいると太刀を抜く時間はありません この写真では槍の懐にはいるのに成功し、左手を差しだして視野を塞ぎ 右手で短刀を抜こうとしています。 #ガチ甲冑合戦 pic.twitter.com/oILs9YDZAT
拡大

槍の懐に入ったらor入られたら
・掌で相手を押して崩させる
っていう相撲のツッパリのような崩しが有効なときもあります。

『打撃でKOで良いでないかい?』という話もでてきそうですが甲冑の上からの打撃はほぼ効きません。
(浸透する打撃による甲冑の上からのKOは開始から様々な他流の方も参加していただいた3年で私が記憶する限り、ありません。)

効かせる打撃より、掌や足裏で突き飛ばして距離を開き、短刀を抜く時間を稼ぐほうを選ぶ人がほとんどです。

下の動画はその一例です。

ガチ甲冑合戦@雷神 @koroho_goshin
このシーンでも短刀が登場!しかし左手は短刀より活躍か? 赤は黒の懐に飛び込み、短刀を抜いて刺そうとする。赤の手が短刀の柄に掛る前に、黒は左掌カウンターで赤を突き放した。さらに赤は組討とうとするが、黒は左掌カウンターで赤の顎を打上げながら今度は黒が短刀を抜いて赤を仕留める。 pic.twitter.com/cm8ihhYxrz
楠乃小玉@台湾加油 @kusunokodama
@Count_Down_000 そうそう。甲冑戦闘で絶対やってはいけないことは拳での打撃。 甲冑戦闘においては相撲はものすごく実践的格闘法です。 甲冑を着てない状態でも拳ってけっこう簡単に砕けます。
吉村英崇が声明を発表『私は今、伊勢にいる』 @Count_Down_000
体を真正面に向ける、一般的な走り方は突きなどの槍や短刀の攻撃をうける面積が大きい。 そこで横一文字になり、走りこむことにより相手の攻撃を受けにくくします。 でも経験者でも早く走ろう間合いを詰めようとするとつい一般的な走り方になります。 #ガチ甲冑合戦 #懐に入ればというけど難しいのよ pic.twitter.com/0PdZBpToeo
拡大
吉村英崇が声明を発表『私は今、伊勢にいる』 @Count_Down_000
『懐にはいったらそんなに走らなくても良くないのでは?』 という声もありますが、甲冑をまとっている人は槍だけでなく、短刀を腰にさしてます。一端、至近距離にはいると僅かな時間と距離があるとすぐに双方、短刀をぬきます。 武器や技より、間合と時間をどう使うかが大事になります pic.twitter.com/FZScuq1A8L
拡大
拡大
拡大
吉村英崇が声明を発表『私は今、伊勢にいる』 @Count_Down_000
画像では二人の背後に槍が見え、倒れかかっています。 赤備えの武将が槍で攻撃しつつ懐にはいりながらも黒備えの武将を槍で仕留められず、槍を捨てて組討にはいった瞬間でしょう。 一見、互いに投げようとしてるようで、良く見ると黒備えの武将が右手で短刀を抜こうとしています。 #ガチ甲冑合戦 pic.twitter.com/LyhZwVdBTb
拡大
吉村英崇が声明を発表『私は今、伊勢にいる』 @Count_Down_000
戦いのうち、6つ、7つは組討ちになり』といわれ、#ガチ甲冑合戦 では武器術の攻防のあとに組討ちになることがほとんど。 ただ、柔道の寝技のように関節技できまるというより、組み伏せて動きを封じてから短刀で仕留めることがほとんどです。 pic.twitter.com/5z7ii6AuX6
拡大
拡大
拡大
楠乃小玉@台湾加油 @kusunokodama
@Count_Down_000 すごいですね。 槍使いや懐に入ってからの短刀の使い方の難しさがわかります。
吉村英崇が声明を発表『私は今、伊勢にいる』 @Count_Down_000
@kusunokodama 『槍の懐に入ればなんとかなる』と一言でいうのは簡単ですが実際は難しく、刀で行うのはかなりの難易度です。 また槍をもった相手の懐に入っても 『俺たちの戦いはまだまだ始まったばかりだ!』 と、互いに短刀をとりだしたり、組討ちを激しく行うのが実際です。
ガチ甲冑合戦@雷神 @koroho_goshin
● 戦国体感セミナー5/26(日)先着順 #ガチ甲冑合戦 で得られた数々の実験結果をもとに戦国時代の合戦の謎に迫ります! 座学や実技を交え、戦国時代の武器の種類や用法を詳しく解説! マニアックな話、TVや映画撮影の苦労・裏話なども交えて!#刀剣 #戦国 #合戦 応募サイト ws.formzu.net/fgen/S61976928/ pic.twitter.com/fGoLq1G0Y8
拡大
拡大
拡大
拡大
ガチ甲冑合戦 Weekly 毎週 水曜日 WEB発行
まとめ 明日、初陣でも討ち死にしない合戦入門マニュアル ガチ甲冑合戦Weekly 011 #日本甲冑合戦之会 #ガチ甲冑合戦 突然の合戦? もしかして初陣のチャンス? 合戦で活躍したら・・・立身出世で天下をとれる!? そんな時に役立つ『明日、初陣でも討ち死にしない合戦入門マニュアル』 貴方の長い人生できっと役に立つときがきます。 今月末に迫った10/28(土)-29(日) #ガチ甲冑合戦 「桶狭間の戦い」 http://samuraijp.xsrv.jp リニューアルしたイベントHPはこちら 23111 pv 643 8 users 59
まとめ 甲冑戦あるある ガチ甲冑合戦Weekly 008 ガチ甲冑合戦がYahoo!ニュースにのりました! 『リアルな合戦再現を目指す』とありましたが合戦のリアルとはなんでしょうか?その一面ではありますが、迫ろうと思います。 12961 pv 117 2 users 23

コメント

吉村英崇@日本甲冑合戦之会、広報奉行 @Count_Down_000 2017年11月8日
格闘家の左禅丸さんがガチ甲冑合戦に参加した感想をブログにかいてくださり、その記事を追加いたしました。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2017年11月8日
槍の穂先に槌のようなものをつけて高く掲げて持ち、敵が来たら穂先を落とすようにして打撃を与える、という戦法があると聞きましたが、どうなのでしょう?(いざやると非常に危険でしょうから、実際に試すのは難しいかもしれませんが)
吉村英崇@日本甲冑合戦之会、広報奉行 @Count_Down_000 2017年11月8日
Sukebenayarouda 十字槍、カマ槍のことでしょうか?武将槍の中にそのようなものがあります。画像の中心に私がいて、十字槍をもっています。ちなみに今回のまとめで黄金の兜をきているのが私になります。https://ganryujima.jp/wp-content/uploads/2016/07/DSC_7041.jpg
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2017年11月8日
Count_Down_000 ありがとうございます。あまり詳しくないのですが、槍隊がつくる槍衾の槍に槌のようなものがついていて、槍を高く掲げて持ち、敵が突撃してきたら指揮官の命令で槍を振り下ろす(というか自重で落下させる)ことで、敵に打撃を加えると聞きました。槍をキチンと扱う技量がなくても敵にダメージを与えることができるので有用であるとのことです。
gx9900 @GX9900GUMDAMX 2018年10月16日
どういう局面で刀を使うのか気になる。無用なら持ってないだろうし。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする