10周年のSPコンテンツ!
6
畠山勝太/サルタック @ShotaHatakeyama
衆議院議員の教育水準を調べた雑感、衆議院議員の6人に1人は海外で学位を取っているというとなかなかだけど、取得先がハーバードとコロンビアに偏り過ぎである。これだけ人数がいてスタンフォードとプリンストンが0なのは驚いた。 wezz-y.com/archives/50669
Takashi Hayashi @tkshhysh
将来の国会議員候補はハーバードやコロンビアなんかじゃなくて中西部に留学しろ。
online_cheker(舶匝(はくそう)) @online_checker
@ShotaHatakeyama @twremcat 行政官が官費留学で行くなら、ハーバードやコロンビアがベタな選択でしょう。 (東京・京都の比率がたった四分の一。ビックリする低さ)。 QT twitter.com/ShotaHatakeyam… wezz-y.com/archives/50669
Spica @Kelangdbn
ハーバードとコロンビアがいかに商売上手かということ。世界中から官費留学生(学費に糸目をつけない学生)を集められている。 twitter.com/ShotaHatakeyam…
Spica @Kelangdbn
小泉S次郎を観て分かる通りハーバードやコロンビアの公共政策系のMAコースは「願書出せば受かる」感じです。マスターの学生(の国)が支払うべらぼうな学費がPh.D.生の奨学金の原資に。そして時間さえかければ確実に学位が取れるのがUS。日本やUKの大学院のような厳しさはない。
umedam @umedam
@Kelangdbn 僕も指摘されて気づいたのですが,進次郎は公共政策MPAではなくて政治学MAっぽいです。コロンビアは珍しく独立した政治学のMAコースがあります(通常はPhDのみ)。
ドクトル・チニチト @passioninto
MBAは別としてマスターは3年が普通と聞いた時は驚いたなぁ。PhDは学部によるけど1,2年以内にテストあってそれで駄目ならマスター止まりになるから、そういう意味でもマスターは時間さえかければほぼ確実にあり得るなぁ twitter.com/Kelangdbn/stat…
A struggling man @struggling_man
???日本の院って厳しいか?小保方って知ってるか?
Mikio Oishi @mikionz
@Kelangdbn 「そして時間さえかければ確実に学位が取れるのがUS」←本当に?私はUKで学位を得たが、「時間さえかければ…」はUKの方ではないかなと言う印象。特にUSのPhD期間の内、2年間のコースワークはサバイバルが大変だと聞くけど。実際はどうなのだろう。
ベッド紳士🕷🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿🇬🇧 @Bed_gentleman
そうなの?普通は期限があると思うんだけど…私のコースにはあったよ、期限。何年もいられるわけではないと思う。いつだったか、夫もPhdには期限があったと言っていたが…。
Spica @Kelangdbn
@Bed_gentleman そもそも独立したMAコースとPh.Dコースを混同するこの方@mikionzの読解力やばいですね。UKはきっちり2セメスター内で120~180クレジット取得しないと落第決定。USは標準期間はあるが伸ばせる。そして修士論文も不要。単位認定の厳格さも英米差かなりある。 twitter.com/Kelangdbn/stat…
松浦広明(MUPPY) @MuppyxMuppy
@Kelangdbn あっ、僕もいるw。僕は、英は、オックスフォードしか経験ないですけど、一番の違いは、External reviewerの存在で、授業やる人と成績付ける人が違うので、授業の先生にさえ認められれば卒業できる日米とは違うと思います。逆にトップ校でないほど、この制度が質保証になってるのではないかと。
Mayumi Narako @MayumiNarako
分野による違いがあるのかしれませんが、アメリカの生物系PhDは普通、qualifying examの有効期限があり、これが失効すると受け直さないといけない。コースワークの単位も期限があることがあります。なのでやり直しを厭わなければそのうちにドクター取れますが、普通はその前に進路変更します。 twitter.com/kelangdbn/stat…
津川友介 @yusuke_tsugawa
これは完全に間違った認識だと思います。米国の修士号は日本よりはるかに入学基準が厳しく、英国とも変わらないと思います(ハーバードに学位を取りに来る英国人はかなり多い印象があります)。学費は教員を雇うにも足りず、もちろんPhDの教育の財源(=NIHのグラントが主)にはなっていません。 twitter.com/Kelangdbn/stat…
chung feng @AdrieLecouvreur
公共政策系のMAの話と前置きしてあるので、これは見当違いな反論。そりゃ、医療・工学系なら、お金のあるUSの方が環境が良くて優秀な人が集まるから卒業、入学共に難しいでしょ。
津川友介 @yusuke_tsugawa
(少なくとも私の分野である医療政策学では)博士課程は英国よりも米国の方が厳しいとされています。私の友人でケンブリッジ大学の修士→ハーバードの博士(私と同じPhD)に来た人(超エリート)がいますが、英国の博士課程の方がはるかに入りやすいと言っていました。 twitter.com/yusuke_tsugawa…
Multilingual FurSeal @ysfmok617
@yusuke_tsugawa ん?ちょっとアメリカはそんなにわからないですが、イギリスは入学自体は志望動機書とIELTSのスコアとたまに面接、あとMBAの場合職歴で判断されますよ。oxbridgeとかだったらもっと厳しいと思いますが、決して手が届かないレベルではない。英語が得意であれば
津川友介 @yusuke_tsugawa
@ysfmok617 おっしゃる通り「決して手が届かないレベルではない」だと思いますが、「願書を出せば受かる」レベルでは無いと思います。
Multilingual FurSeal @ysfmok617
@yusuke_tsugawa イギリスもピンからキリまでまであるので、箔をつける為だったらどこかしらあるかなって言う風はありますけどね。向こうも商売ですから。
高木 @coolbeautei
@yusuke_tsugawa 米国の大学は日本と違って入学基準が一律でなく、「レガシーアドミッション」という優遇措置での入学(つまり裏口)があると聞いている。
KRSK@博論書け(11月中にもう一本) @koro485
なにを根拠に言ってるのかわからないが、周りを見ている感じでは「願書出せば受かる」っていうのは全くの誤りだしアメリカの修士が日本の修士ほど厳しくないってのも笑っちゃうくらいの誤解でしょ。日本の大学院生がアメリカ修士にきたらその勉強量の多さに面食らうわ。 twitter.com/kelangdbn/stat…
Teardropout @thinklair
RT 鍵 ケネディスクールは官僚(中央でも地方でも)なら推薦がきく。コロンビアPPはカーティス閣下の(あっー) twitter.com/kelangdbn/stat…
残りを読む(88)

コメント

ろんどん @lawtomol 2017年11月13日
…で、結局、実際のところはどうなんですか?
uncorrelated @uncorrelated 2017年11月13日
仮にお金を積んで入学しているとしても、二世、三世議員が公共政策修士を取って返って来ること自体は歓迎したいです。
小川靖浩 @olfey0506 2017年11月13日
ん?海外の大学は「入りは楽だが出るのが困難」というのはかなり昔から有名な話なんだがな。
ケイ @qquq3gf9k 2017年11月13日
ペパーダインもいただろ。
HRK @hncgu 2017年11月13日
「学位」ていったら普通は「博士号」の話なので、研究者の人たちがPh.D.の話をするのは当然だと思うのですが・・・
Teardropout @thinklair 2017年11月13日
hncgu 議論してるのは国会議員の学歴だよ?じゃあハーバードもコロンビアも「ゼロ」じゃね?(たぶん)
HRK @hncgu 2017年11月13日
thinklair Spicaさんの「時間さえかければ確実に学位が取れるのがUS。日本やUKの大学院のような厳しさはない。」を自分を含め研究者の方たちは「この人本当にUSの大学院の事知ってるのかな?」てなってると思います。 自分はUniversity of Washington, Seattle のPh.D.2年いってNational University of SingaporeのPh.D.にうつって博士とりましたが、知ってる限りUSと日本の院の方がコースワーク含め格段に楽だと思います。
Teardropout @thinklair 2017年11月14日
hncgu どう観ても公共政策学の独立系マスターの話してるじゃんw。勝手に話拡げて何吠えてるの?貴方の日本語能力は議論できるレベルじゃない。例えばこの全然の使い方も滅茶苦茶→ https://twitter.com/hncgu/status/929905507623514112
HRK @hncgu 2017年11月20日
thinklair アメリカのPh.D.コースでは修士の取得の有無に関わらず(同じ大学でM.Sc→Ph.D.とあげてもらったなどの場合を除き)Graduate Levelのコースを取らされます。修士の学生も博士も両方とるコースです(学部の学生も頑張って撮ったりします)。かなり自由に他学科のも認定もしていただけます。北米であれば「この学科の授業だけは簡単」みたいのは基本ありません。 博士進学や留学経験などがない方には、わからない方が多くても仕方がないような事情かと。
HRK @hncgu 2017年11月20日
thinklair また最近は小説は夏目漱石など教養レベルのものでもあまり読まれないということで「全然」の肯定的用法をご存知ない方も増えているとのことで、それは仕方ありませんね。夏目漱石他近代では使われていて現代でも使われることのある用法です。小説など読むと言葉遣いなど、教養以外にも身につくものがありますので、お時間あれば読書もよいものですよ。 https://ja.wikipedia.org/wiki/全然
HRK @hncgu 2017年11月20日
thinklair あと、単にpkm先生ほかのRTみて呟いただけで、とくにこの「まとめ」の元ツイートについて言及したツイートではないですので、誤解なさらぬよう。まとめのされ方によっては、読む方によっては勘違いなされるかたもいらっしゃるのは、togetterのシステムデザイン上しょうがない部分もありますよね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする