長谷敏司『ストライクフォール』感想

端的に言って最高です。 これに限らず長谷敏司作品はいつも大抵そうなのだけど。(それを読むまで自分でも知らなかったのだけど)「これが今自分が読みたいし読むべきものだったんだ。こういうものを求めていたんだ」と教えてくれます。 ○関連 長谷敏司『円環少女』感想 続きを読む
SF ストライクフォール 文学 長谷敏司 書籍
5
たまにTRPGの話をするアラゐさん @sipdstki
「これはスポーツ!! スポーツです!!!」って言ってるけど、 優秀な選手相手にガッツリドコドコ暗殺仕掛けたり、 というか軍人ばっかりだったりするストライクフォールほんとすき
長谷敏司 @hose_s
来年最初に形になるのは、ストライクフォール2巻になります。何月と自信を持って言えないのがなんですが、今のところたぶん3月ではないかと。3月で大丈夫だと思いたい…
長谷敏司 @hose_s
あ、小学館ガガガ文庫から刊行予定の「ストライクフォール」2巻は、たぶん3月で出ると思われます。現在鋭意修正作業中。
ゆめか @yumeka
長谷せんせ作品の中で間違いなく一番読みやすいのはストライクフォールだと思うけど、せんせは読みやすさをちゃんとわかる形で区別しているよ。段落内の句点の数を数えたらいい。円環やBEATLESSは序盤と終盤で違うし、MGSとかあなたのための物語は大体平均して多い
長谷敏司 @hose_s
『ストライクフォール』2巻(ガガガ文庫:3/17発売)の作業が、最後の編集長チェックを残してほぼ終了。ちゃんと出ますよ。1巻ラストから、スポーツものの熱気を残したまま、世界が厳しさを垣間見せながら、広がり始めます! gagagabunko.jp/release/index.…
長谷敏司 @hose_s
ガガガ文庫から刊行の新刊『ストライクフォール2』(3月17日発売)、発売日まであと3日! 今回はA3版のサイン入りフォトパネルを作らせていただきました。それほど数はないですが、運がよければ書店で遭遇することもあるかも。 gagagabunko.jp/release/index.…
相楽 @sagara1
早く帰って既に投函済みと通知来てるストライクフォール二巻読みたいのに、まだ仕事終わらない。悲しみといら立ちが募る。
長谷敏司 @hose_s
3月17日発売の新刊『ストライクフォール』2巻(小学館ガガガ文庫)、読者さんの感想は好評のようでほっとする。1~2巻で、ひとつのプロローグになっているので、よろしければこの機会にぜひ! 小説ならではのメカアクションものになってます。 blog.gagagabunko.jp/?eid=168
ぽんず @ponzu_citron
今日は風邪でずっと頭痛が痛いので家でストライクフォール2巻を読んでいました。パラダイムシフトの中心に立たされた主人公を巡る愛憎入り混じった感情の放流と、立て続けに示される新しい可能性の功罪が密接に絡み合っていて大変読み応えがあったので頭痛が悪化しました。
長谷敏司 @hose_s
今日で43歳になりました。誕生日前日の昨日に新刊『ストライクフォール』2巻(小学館ガガガ文庫)が出たので、重版の話などくればいいなと思いながら、次巻プロットを考えております。今年もよろしくお願いします!(画像は前年度刊行の単著) p.twipple.jp/FfoWm
拡大
相楽 @sagara1
ストライクフォール二巻。夢の意味と価値を問う話。幾度か『猫の地球儀』を思い返しつつ読んだ。どうにもどうしようもなく長谷作品な繰り返される問い掛けを描きつつ、スポーツの爽快さ、キャラ立ちしまくったヒロイン(新ヒロインも)、ライバル、癖のある脇役を魅力的に描く。先が楽しみすぎる。
相楽 @sagara1
円環少女の時もあまりにも見事にそうだったけどd.hatena.ne.jp/skipturnreset/… ストライクフォールでもユーモラスで初見だとやり過ぎ感あるような掛け合いが、キツめの本筋にがっつり絡むの、ほんと好き。例えば二巻のp185「木星は群馬」前後の話とか。
リンク はてなダイアリー 2 users 『円環少女』13巻から変態描写を抜粋。 - 【蝸牛の翅(かたつむりのつばさ)】 ○関連 ・長谷敏司『円環少女』感想まとめ http://togetter.com/li/394707 ・長谷敏司『BEATLESS』読了直後..
相楽 @sagara1
ところでストライクフォール二巻、冒頭のカラー画の新ヒロインを観た瞬間、(静謐のハサンさん……?)と思ったこと、許して欲しい。なお、いろんな即死級の宝具もとい属性持ちだった。素敵だ。
相楽 @sagara1
ストライクフォールというスポーツ競技が世界の夢であり奇跡なわけだけど、強烈な夢であり奇跡であるものはすべからくそうであるように、それは一面で暴力であり有無を言わさず呑みこみ押し流す波であり、担い手や乗っかる者たちの多様なエゴの塊でもある。
相楽 @sagara1
で、その夢を素直に追う脳筋競技者、リアリストの代表たるメディア王、有力チームGM、明朗闊達な競技者の娘の祖父・父・娘が各々の立場から共に抱き、一巻表紙を飾ったストライクフォール嫌いの万能リア充ヒロインがロリっ娘フォン・ブラウンの門を叩き後々大いに絡みそうという構図が凄く楽しい。
相楽 @sagara1
「目の前にある問題のことを、言葉や数式で正しく書くのは、けっこう難しいんだよこれだけ正しくできたら、生きていて本当に困ることって、そうなくなるくらいにね」 ストライクフォール2巻p196。白咲環の最大の才はきっとそこにあって、長谷作品ヒロインの例にもれず凄く怖い存在に育つのかな。
相楽 @sagara1
なお、最初に『ストライクフォール』2巻読みながら秋山瑞人『猫の地球儀』を思い返していたというのは、例えばこのあたり(引用長いのでリンク先)。 Read: tl.gd/n_1spncmc
リンク www.twitlonger.com TwitLonger — When you talk too much for Twitter TwitLonger is the easy way to post more than 140 characters to Twitter
相楽 @sagara1
ストライクフォール二巻が膨みまくっていた期待を更に超えて面白かったので、今、気分がとてもいい。
伊織 椒 @sho_iori
『ストライクフォール2』読了。環には〈夢〉、アデーレには〈スポーツ〉などと、ストライクフォールの様々な側面を司る役割が各ヒロインに与えられているわかりやすい構成に魅力を感じるのですが、今回登場したヒロインが司っているものが、第1巻から期待していた要素そのもので、とても満足でした。
伊織 椒 @sho_iori
第1巻読了後から、続編ではもっと惨い展開になると思い込んでいたのですが、暗部を絶対に切り離せないストライクフォールという競技がスポーツであり続けられている理由や価値を活かすことによって、爽やかな物語として成立させる見事な手腕に驚きました。
長谷敏司 @hose_s
【新刊告知】3月17日発売の『ストライクフォール』2巻(小学館ガガガ文庫)、好評いただいているようです。1~2巻で物語の大枠が浮かぶようになってるので、この機会にぜひ! 宇宙ものロボットラノベを現代ならではの形で正面からやってます! blog.gagagabunko.jp/?eid=168
相楽 @sagara1
ストライクフォールで「どんなことになっても、あなたの味方」(1巻)「何が起こっても絶対に雄星の味方」(2巻)な白咲環さん。「味方」が単に心情的な応援だけでは絶対留まらないタイプで多分こういう特性https://t.co/3tSoDZLINn持ちだから将来が怖すぎ楽しみでならない。
相楽 @sagara1
仮に、脳筋の雄星が置かれた状況がどれだけえげつないか中長期的に見据えた上で「目の前にある問題」を正しく認識し続け、「課題をひとつずつクリア」していくことが白咲環さん的には「味方」であることの義務だなんて話だとすると、加速度的に凄い話になっていかざるを得ないし、なるんだろうな。
残りを読む(258)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする