【報告】GitLab Meetup Tokyo #5 参加報告(自己まとめ)

宛)社内各位  お疲れ様です。11/17(金)に参加致しましたGitLab Meetup Tokyo #5 https://gitlab-jp.connpass.com/event/69475/ の参加報告をまとめました。  よろしくお願い申し上げます。
gitlabjp gitlab プログラミング git システム管理 運用
2
MORIYA Masaki · 守屋雅樹 @gardejo
GitLab Meetup Tokyo #5 ( gitlab-jp.connpass.com/event/69475/ )に参加致しましたので、週明けの社内共有の下書き作りも兼ねつつ、少々連続して呟きます。個人的に前からずっと参加したかったのですが、これまでは業務調整がつかなかったり抽選に漏れたりして、夢にまで見た(大袈裟)催しなのでした。 #gitlabjp
MORIYA Masaki · 守屋雅樹 @gardejo
#gitlabjp 、まずは @hiroponz79 さんによる、「GitLabへのコントリビュート」。GitLab 10.0でMVPに表彰された about.gitlab.com/2017/09/22/git… 、Issueのフィルタリング機能強化 hiroponz.hateblo.jp/entry/2017/08/… に係る発表です。業務で使うソフトウェアへの要望を、コードの形で貢献できるのは、OSSの醍醐味です。
MORIYA Masaki · 守屋雅樹 @gardejo
(FL)OSSへのフリー・ライドへの批判は多々あります。自己批判すべき側(乗っている側)にしてみれば、OSSなのに自分で改修も改造も出来ないとなると、OSS採用の動機付けが弱まりかねません。だったら金に飽かせてプロプラ製品でも使え、ということですね。まさに、情けは人の為ならず(原義)、です。
MORIYA Masaki · 守屋雅樹 @gardejo
あなたの会社にもありませんか? カイゼンの一環で導入してはみたものの、放置されているOSSが。業務で使うOSSには、最低限中身を読めて、出来れば書けもする要員を割り当てる必要があるというのが、旧来からの私の主張です。これは @wnoguchi さんの発表(後述します)にも通じるところがあります。
MORIYA Masaki · 守屋雅樹 @gardejo
事務屋ではなくIT屋なら、IT屋らしいCSRもあって然るべきだと、私は思います。とはいえ、RoRで書かれたGitLabへの貢献の門戸は、技術者だけに開かれているわけではありません。翻訳に携わったり、Issueを書くこともまた、大切な貢献活動であるとのことです。GitLabとのお付き合いの仕方は人それぞれ。
MORIYA Masaki · 守屋雅樹 @gardejo
閑話休題。GitLabへの貢献に際して、MR(Merge Request)に雛型があるので書きやすいとのことでした(質疑応答によると、昔はなかったそう)。確かに、白紙には威圧感がありますものね。弊社でも検討したい工夫だと思いました。業務ならばなおのこと、雛形の存在に助けられることがありそう。 #gitlabjp
MORIYA Masaki · 守屋雅樹 @gardejo
MRの議論中にメンションを意識的に飛ばすというのも、素敵な慣習ですね。関係者が多いと、どうしても当事者意識が薄れがちで、「誰かが拾うだろう」のテキサス・ヒットが起こりがち。他でもないあなたという有識者の意見をお伺いしたいのだ、という話は、そうそう邪険にはされないはずです。 #gitlabjp
MORIYA Masaki · 守屋雅樹 @gardejo
「不満は貢献のための好機」「GitLabのコードは綺麗で、読み書きしやすい」「割とヴァージョン・アップで壊れる」などとのまとめ。最後は上長へあまり見せたくない話ですが、だからこそ適切な要員配置が必要なのだ、と牽強附会していくつもりです。競合にはない、OSSならではの発表でした。 #gitlabjp
MORIYA Masaki · 守屋雅樹 @gardejo
質疑応答では、競合相手との違いも垣間見られました。「GitHubではIssueとPRの差はあまりないが、GitLabでは違いが大きい」・「GitLabのWiki機能はあまり手を付けられていないが、中の人があまりWikiを使わず、リポジトリーに直接(LFSで?)ドキュメントを入れる慣習があるからでは」等々。 #gitlabjp
MORIYA Masaki · 守屋雅樹 @gardejo
質疑応答では、他にも改善要望が色々と。「Issueの題名を元にブランチ名を自動生成する際、英数字以外の文字を拾ってくれない」という、よくあるブログ・システムのパーマリンク自動生成機能と同様の悩み。 @hiroponz79 さんの熱望する「MRがないならCIを動かさない」機能。私も首肯します! #gitlabjp
MORIYA Masaki · 守屋雅樹 @gardejo
#gitlabjp 、続いては @tetsuyas さんによる、「非エンジニア向け自動git操作クライアント『PullReqMaker』について」。技術者でない方でもGitHub Flow scottchacon.com/2011/08/31/git… ( ja: gist.github.com/Gab-km/3705015 )を自然体で使ってもらえるようにするという、Windows/MacOSアプリケーションのお話です。
MORIYA Masaki · 守屋雅樹 @gardejo
開発の動機は、「機械学習のためのデータ入力について、マイクロタスキングしてクラウドソーシングした成果物の検収業務を改善したい」というもの。その後の話にも興味がありますが、ともあれ、Gitで刈り取りたいというのは自然な願いです。良く聞く「デザイナーとGit」の話と似ていますね。 #gitlabjp
MORIYA Masaki · 守屋雅樹 @gardejo
恐らくは、どのような世界でも、技術者は技術者だけでは生きてゆかれません。非技術者の方々とは、相互に敬意を持って仕事に取り組みたい。「こちら」の便利なハックを「あちら」に伝える営みも、相手に気持ちよく仕事をしてもらうための一助になれば、という尊い願いが発端だったはずです。 #gitlabjp
MORIYA Masaki · 守屋雅樹 @gardejo
しかし、現実では往々にして不幸な行き違いが生まれます。「押し付け」と捉えられたり、その困惑を見て「勉強が足りない」と思ったり。山本五十六(「やってみせ 言って聞かせて……」 ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1… )のように腰を据えた教育方針には、人・物・金の相当な余裕を必要とします。 #gitlabjp
MORIYA Masaki · 守屋雅樹 @gardejo
技術者による伝統的な解法の一つは、「誰でも使えるように皮を被せる」というもの。Dropboxが幅広い人気を博したのも、誰でも気軽に使える敷居の低さあってこそ。今回紹介いただいたPullReqMaker designrule.jp/prm/ は、まさにそのような福音をもたらすラッパーなのだと理解しました。 #gitlabjp
MORIYA Masaki · 守屋雅樹 @gardejo
であるからして、仕様の割り切りも潔い。例えば、自動fetch(pullに非ず)して、コンフリクト発生時は作業ディレクトリー側のファイルを別名に変える。真に相手に寄り添えばこその整理です。あれもこれも便利だから使ってもらいたい……というのは、自己満足という名の危うい道なのですね。 #gitlabjp
MORIYA Masaki · 守屋雅樹 @gardejo
技術選定もまた然り。ネイティヴ・アプリでなくてはならず、マルチ・プラットフォームで間口も拡げたい。ふた昔前ならJavaでしょうが、今更JREを入れていただくのは心苦しい。そこで、Web技術を使える当世風のElectron electronjs.org 。要件定義も基本設計も、筋が通っています。 #gitlabjp
MORIYA Masaki · 守屋雅樹 @gardejo
透過的・自動的にGitHub Flowが動くデモは、一見の価値がありました。ユーザーがGitを意識するのは、Git(Hub|Lab)リポジトリーのURIを入力する時くらい。「嘘も方便」ではないにせよ、Git用語をなるだけ使わないといったように、用語の選択一つとってみても丁寧な作り込みが感じられました。 #gitlabjp
MORIYA Masaki · 守屋雅樹 @gardejo
弊社は全員が情報処理技術者という建前があるので、この素敵なツールの導入は難しそうです。しかし、ツールの背筋を貫く思想は、大いに参考にさせていただきたいと思いました。いかに間口を広く、敷居を低くしていくか。「less is more」という、良い言葉を常に胸の片隅に置きたいものです。 #gitlabjp
MORIYA Masaki · 守屋雅樹 @gardejo
Officeドキュメントから自動でテキスト・ファイルを生成し、diffの用に供する機能も便利そうです。UnzipしたXMLよりも、テキストの方が、比較が簡便になります。文章や表組みをオート・シェイプに書きたがる某社(お察しください)としては、それもテキスト化できるのかが、興味があります。 #gitlabjp
MORIYA Masaki · 守屋雅樹 @gardejo
質疑応答では、Excel VBAのテキスト化(未実装)の話も。「SI屋に重宝がられそう」との意見に、赤べこのように首肯しました。将来の機能拡充候補だけでなく、非技術者の生産性改革という夢もある。働き方改革というのは、例えばこういうことだと思います(cf. buzzfeed.com/jp/kotahatachi… )。 #gitlabjp
MORIYA Masaki · 守屋雅樹 @gardejo
未来への展望を語る人もいれば、過去から現在に追い付こうと奮闘する人もいます。 #gitlabjp 、続いては @wnoguchi さんの「GitLabを16万8千光年ワープさせた話」。GitLab管理者デビューの私にとって胃が痛くなるお話ですが、おっ~とここで放送時間がなくなってしまいました。延長戦は明日の昼から。
MORIYA Masaki · 守屋雅樹 @gardejo
#gitlabjp の感想の続きです。 @wnoguchi さんによる発表は社内勉強会の焼き直しだそうですが、副題の「--amend」との表現に、Git的センスが感じられます。最初に題名を拝見した際は @hiroponz79 さんのようなGitLabへの貢献かと思ったのですが、GitLabをヴァージョン・アップした体験談のお話でした。
MORIYA Masaki · 守屋雅樹 @gardejo
GitLabは毎月22日頃に月次ヴァージョン・アップがある、進化の早い製品です。競合製品と切磋琢磨しながら技術者の未来を切り開いていくことが、大いに期待されています。ただし、如何にこの進化に追従していくかは、ソフトウェア製品、特に(FL)OSSを使用する上で忘れてはならない視点です。 #gitlabjp
MORIYA Masaki · 守屋雅樹 @gardejo
TL;DRで「アップデートを放置しないこと」が掲げられました。「ペットと一緒で一回飼うと決めたら最後まで面倒見る」というのは、けだし名言であ ります。レヴューや説得に臨む際の抽斗に入れておきたい喩えです。肩書きだけでなく、実際にきちんとお世話する要員の存在は必須と言えましょう。 #gitlab twitter.com/tsukamania/sta…
残りを読む(20)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする