10周年のSPコンテンツ!

インタビュー《大西順子が語る、ジャズ・ピアノ──アート・テイタムから現代まで》についての大西順子本人の補足ツイートまとめ

「つい先ごろ、約8年ぶりのピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして初のバラッド集『Very Special』と2枚同時に新作をリリースしたばかりのジャズ・ピアニスト、大西順子。OTOTOYでは新作に関するインタヴューに続いて、こちらのページではその後編、特別企画として、ジャズ評論家、柳樂光隆を聞き手に、大西にレジェンダリーなアーティストから現代にいたるまでのジャズ・ピアノに関して語ってもらった。レジェンダリーなジャズ・アーティストたちに直接師事、またはバンドのいちいんとして共演し、まさに世界レベルで活躍してきたピアニストたる大西の、その審美眼を通して分析される、ジャズ・ピアノはまさに目から鱗ものの情報ばかりです。」に対する本人による非常に興味深い補足です。
音楽
3
オトトイ @ototoy_info
【ハイレゾ先行配信&インタヴュー】大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース。柳樂光隆(Jazz The New Chapter)によるインタヴュー公開!(河) ototoy.jp/feature/201711… pic.twitter.com/rHdEdIfQjc
拡大
拡大
柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》 @Elis_ragiNa
新作をリリースした大西順子さんのインタビューを柳樂が担当しました。まず前編はピアノトリオとバラード集の2枚の話を。バラード集はギター入りでチャイコフスキーやイヴァン・リンスの曲にも取り組んだ作品です。大西ファン的には意外かもですがハマってます。 twitter.com/ototoy_info/st…
柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》 @Elis_ragiNa
かたやピアノトリオのほうは、オリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンドが100年前に録音したジャズ初録音と言われてる曲だったり、マックス・ローチのアルバムでしか見ない謎のピアニスト、ハサーン・イブ・アリの曲だったりとかなりDOPE twitter.com/Elis_ragiNa/st…
柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》 @Elis_ragiNa
あと、なぜかホセ・ジェイムズが歌ってたり、前作に続いて挾間美帆がクレジットされてたり。みたいなアルバムのことを大西順子さんに聞いてます。もう暫くしたらアップする後編にも繫がるジャズピアノの話もいろいろ。ぜひ、読んでみてください。 twitter.com/Elis_ragiNa/st…
オトトイ @ototoy_info
【特別企画】新作2作を同時リリースした大西順子。こちらの記事では柳樂光隆を聞き手に彼女がフェイバリットに上げるジャズ・ピア二ストたちの魅力を、テクニック&音楽性両面から語りつくします! 超充実の内容です。(河)ototoy.jp/feature/201711… pic.twitter.com/tGDreNZvYG
拡大
柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》 @Elis_ragiNa
【ジャズ・クラスタ必読】《大西順子が語る、ジャズ・ピアノ──アート・テイタムから現代まで》ということで、大西順子先生に生徒柳樂がジャズピアノ史をかいつまんで学ぶという形の超わかりやすい記事です。大西さんの音楽性とリンクしつつ現代ジャズとのリンクも。新しい教科書的に読んでください! twitter.com/ototoy_info/st…
柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》 @Elis_ragiNa
大西順子ファンの皆様はピアノトリオの新作『Glamorous Life』を聴きつつ、散々聴いてきた『WOW』の再聴の準備をしつつ読んでいただければと。これ、ジャズピアノレクチャーでありながらピアニスト大西順子解剖記事にもなってます twitter.com/Elis_ragiNa/st…
柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》 @Elis_ragiNa
アート・テイタムから始まって、セロニアス・モンクやアンドリュー・ヒルを通りつつ、ジェリ・アレンやケニー・カークランドに行く感じは裏街道ジャズ感ありますが、ここを聴いておくと今の表街道がより楽しめるかと。大西さんの解説がいちいちわかりやすくて面白いです! twitter.com/Elis_ragiNa/st…
大西順子 @junkoonishi
このインタビュー、柳楽さんがかなりちゃんと私というピアニストをあらかじめ理解してくれて引き出されたネタばかり。優れたインタビュアーさんですね。ほんと。実際はもっと色んなミュージシャンについて話したような気がする。楽しかったです。 twitter.com/elis_ragina/st…
大西順子 @junkoonishi
大変面白いインタビュー記事が出たのでせっかくなので本人から補足を少し世界発信させて頂きます\(//∇//)\ 恐らく敢えてこのピアニストは?と私には絶対聞かないレジェンド達が何人かいます。ビルエバンス、チックコリア、オスカーピーターソンなどなど
大西順子 @junkoonishi
続き)ちなみに私はビルエバンス大好きです。あのハーモニーはやはりすごく真似したくなる。が、しかし彼はやはり大変大きな手の持ち主で私には完全に再現することは出来ないのです。一方左利きであるが故、右手のラインは時折タイムが浮いて聞こえることがあります。右手のラインに関しては同時代の
大西順子 @junkoonishi
続き2)他のピアニストをより多く勉強した事は確かです。が、あのハーモニーは手さえ大きければ全て手に入れたいと今でも思ってます。 トリオサウンドに関してはかなり参考にすることが多いです。ベースにレンジの広がり、カウンターポイントを求めることもビルエバンスの影響は大きいです。
大西順子 @junkoonishi
続き3)次にチックコリア。 優れた作曲家として大変憧れます。スリーカルテットは本当に凄い曲です。が、スペインという名曲をあまりに多くの人がサンバで演奏することに多少ゲンナリしてるのは本当です。そして、ナウヒーシングス…は凄い名作なんですがどうしても耳がリズムセクションにしかいかない
大西順子 @junkoonishi
続き4)これはあくまで個人の感想ですが、一曲目のピアノだけがすごく軽くて、タイムが浮いて聞こえるような気がして彼の演奏をじっくり勉強してこなかったのも本当です。 オスカーピーターソン。 ものすごく勉強しました。 歌物をやっていた時はとにかくこの人のバッキングが大変勉強になりました。
大西順子 @junkoonishi
続き5)彼のストラッドはファッツやアートテイタムのそれとは違って飛びが狭い、10度以内でやるので多少違和感がありますが、プリーズリクエストなんかは本当によく聞きました。あまりに3連のフレーズが続くので息苦しい時がありますが。3連のフレーズと言えば余談ですがハービーハンコックが普通の八分
大西順子 @junkoonishi
続き6)普通の8分で構成されているフレーズを3連でそのまま弾いてるのが若い時にはどストライクでよく真似して、多分みんな真似してますね、今でもします。 おまけ)キースジャレット 好き\(//∇//)\
大西順子 @junkoonishi
こうして改めて色んなピアニストのことを考えると私の究極理想は左手がアートテイタムとビルエバンス、ハービー、もしくはマルグリューのサウンドを自由自在に操れ、右手はケニーカークランドのおもたさ、タイムの沈み、どんなテンポでも楽々、全ての楽器を凌駕を可能にして、デュークモンクミンガス
大西順子 @junkoonishi
まとめの続き)に、洗練されたショーター、ギルエバンス、チックコリア、キースのような曲つくりができるようになることです! 無理。。
大西順子 @junkoonishi
と、まあ私個人の大変私的な感想を色々なピアノストwについて世界に向けて叫んでみましたが、それは間違ってる!というご意見などありましたら是非。情報交換の場としてありがたく活用、再勉強させて頂きます。m(_ _)m
柳樂光隆 《Jazz The New Chapter》 @Elis_ragiNa
この大西順子さんの補足ツイート(ビル・エヴァンスとか)を読みながら『Very Special』を聴くといろいろ気付くこともあるかなと。インタビュー記事は『Glamorous Life』を聴きながらどうぞ。 twitter.com/lab_piano/stat…
大西順子 @junkoonishi
あー、あとウォルタービショップとのいい話とかもあるんだけど、、またこんど!!
うど目さあ‐JAZZ @udomesaa
これって、大西順子の初期のサウンドに似てる twitter.com/Jazz_review/st…
大西順子 @junkoonishi
その通り。デビュー作の元ネタはこれです。 twitter.com/udomesaa/statu…
菅原 賢一 @sesunea
今までアートテイタムをちゃんと聴いたことがなかったが、大西順子のインタビュー記事を見て改めて聴いてみた。凄すぎて圧倒される。どの辺が凄いのか分析的に聴くことができないぐらい。 open.spotify.com/album/1tvuzt99…
残りを読む(13)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする