詩人 和合亮一さん(@wago2828)の全ツイートまとめ

●ASAHI.com 行き着くところは涙しか…福島の詩人、ツイッターで発信 http://www.asahi.com/digital/internet/TKY201103290162.html  福島市在住の詩人で、中原中也賞受賞者の和合亮一さん(42)が、インターネット上のツイッターで東日本大震災の状況を発信している。140文字以内の投稿はこれまでに約650。心を揺さぶる「つぶやき」に、多くの人たちが呼応している。  和合さんは福島県立保原高校(同県伊達市)の国語教師。地震が起きた11日は同校で入学試験の続きを読む●ASAHI.com 行き着くところは涙しか…福島の詩人、ツイッターで発信 http://www.asahi.com/digital/internet/TKY201103290162.html  福島市在住の詩人で、中原中也賞受賞者の和合亮一さん(42)が、インターネット上のツイッターで東日本大震災の状況を発信している。140文字以内の投稿はこれまでに約650。心を揺さぶる「つぶやき」に、多くの人たちが呼応している。  和合さんは福島県立保原高校(同県伊達市)の国語教師。地震が起きた11日は同校で入学試験の判定会議中だった。教師になって初めての赴任先は県沿岸部の南相馬市にある相馬農業高校。それだけに地震、津波、原発事故に襲われた浜通り地方への思いが人一倍強い。  「何か、言葉を発することで役に立てることはないか」。「詩の礫(つぶて)」と命名し、16日に最初の約40作品を載せた。《放射能が降っています。静かな静かな夜です》《この震災は何を私たちに教えたいのか。教えたいものなぞ無いのなら、なおさら何を信じれば良いのか》《行き着くところは涙しかありません。私は作品を修羅のように書きたいと思います》  翌朝、和合さんのツイッターをフォローする人は500人ほどに。さらに投稿すると次々と増え、28日時点で約4500人になった。  読んだ人からはすぐに反応がくる。「新宿で飲んでいたが、今、帰ってきて読んでいます」「テレビの情報ばかり見ていると不安になる。この詩を見てホッとした」「心が折れそうになっていたが、進むべき道が見えてきた」……。  「休みの日は1日20時間机に向かっていた。自分も書くことで気持ちが立ち直ってきた。多くの人がちゃんと読んでくれている。今は、やめられない」と和合さんは言う。
東日本大震災 震災 福島市在住 中原中也賞 詩人 和合亮一 福島の詩人 詩の礫(つぶて)
_Eugene___ 51168view 2コメント
16
ログインして広告を非表示にする
残りを読む(1267)

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「ニュース」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする