2017年11月28日

学問の芽は「余白」から生えるのではないか?

0
高山直人(やすらぎの森顧問・ガチヲタ世代・憂鬱な魔法天使) @greatchina2

学のない高校生を底辺や専門希望もろとも学畜にしてでも学歴社会を大衆化させたゆとり教育は果たして学問を豊かにしたのかという件。これが痛ましく感じるのは、日本の大学は一部を除き「学問の芽」が摘まれた状態になっているのではないか

2017-11-28 23:02:49
高山直人(やすらぎの森顧問・ガチヲタ世代・憂鬱な魔法天使) @greatchina2

大前提としてゆとり教育以前の日本は非学歴社会だったということ。元祖は最古参でも1970年代前半、新しければポストゆとりまであり、母数がゆとり世代だ。つまり世代レベルで学歴社会を経験した歴史はゆとり・さとり世代くらいしかないんだが、ここまで若者の当たり前になったのは

2017-11-28 23:04:21
高山直人(やすらぎの森顧問・ガチヲタ世代・憂鬱な魔法天使) @greatchina2

そもそも従来の日本は「永遠の実力主義」だったからだ。学歴はまちまちで、中卒首相も実在した。つまり成熟社会の基盤がほとんどない。同じ国際都市でも、今なら底辺校から中堅大学進学者を輩出できるが、昔だと進む学校から多数輩出されればいい位

2017-11-28 23:06:43
高山直人(やすらぎの森顧問・ガチヲタ世代・憂鬱な魔法天使) @greatchina2

更に云ってしまうと、大学院すらないのになぜか高偏差値校は存在していてそれ以外に有名な高校がないとか、ひどいと高校はあっても大学進学者が皆無とか、そういうのが当たり前で、現代の成熟社会で最低スペックで揃うべき教育インフラ環境が一切なかったからだ

2017-11-28 23:09:13
高山直人(やすらぎの森顧問・ガチヲタ世代・憂鬱な魔法天使) @greatchina2

でね。ゆとり世代ならばどこもまったく同じように経験した「学歴社会」とは、1970年代時点で発生した社会現象なんですよね。たとえば現代の中堅につながる大学が次々と開学されてきた現象とか。後に仕組みの不具合があって失敗を認めて一時はやめたもの

2017-11-28 23:11:17
高山直人(やすらぎの森顧問・ガチヲタ世代・憂鬱な魔法天使) @greatchina2

資料分析や記憶の補正もあるけど、確かに1970年代の受験世代の存在感は大きく、今日にもその名をとどろかせていたが、それは「にわかに発生した社会現象で長くは持続しなかった教育ムーブメント」だったから

2017-11-28 23:12:18
高山直人(やすらぎの森顧問・ガチヲタ世代・憂鬱な魔法天使) @greatchina2

競争がずば抜けて突出していて、よほどのことがない限り受験戦争用の教育が学校で進み、一般の授業とセットでの全学校一律の教育が基本だった構造があった

2017-11-28 23:13:23
高山直人(やすらぎの森顧問・ガチヲタ世代・憂鬱な魔法天使) @greatchina2

で、ゆとり世代がすごかったのは、一瞬でそこそこの中間点さえ飛び級させて一気にインテリ並にしたことだった。中堅高校すらなかった街に大学ができて、高校卒業生を大量に大学に進学できるようになったこと。底辺高校の生徒が中堅以上の大学院を20代で出たとか、そういうことだ

2017-11-28 23:15:36
高山直人(やすらぎの森顧問・ガチヲタ世代・憂鬱な魔法天使) @greatchina2

受験が多様だとか、学生の意識が高いだとか、荒れ狂う人が極端に少ないとか、そういうのは案外どうでもよくて、単純にこの「高学歴者」の大量発生のインパクトが大きかったと思う。ファミコン世代末期だしゆとり教育と少ししか縁がないから気持ちはあまり理解しきれないけどね

2017-11-28 23:17:22
高山直人(やすらぎの森顧問・ガチヲタ世代・憂鬱な魔法天使) @greatchina2

問題は入ってからだが、往年の大学にいくと、生活するのは相当大変。年齢はバラバラだし、学部関係があるし、学生運動にはまる人もいる。これがゆとり世代の時代はある程度毒素が解毒されている。これ環境のよさを重視すればゆとり世代の方が受験戦争世代よりも勝っているのである

2017-11-28 23:19:21
高山直人(やすらぎの森顧問・ガチヲタ世代・憂鬱な魔法天使) @greatchina2

さらにこれを逆に考えると受験戦争世代にあってゆとり世代にはないものがあることに気づく。それがまさに「好奇心」なのである。大学生の微妙な子供らしさが、無駄にならず、そこで学問の形成が起きた。現状はともかく高度な学問の土台が形成されたりした

2017-11-28 23:20:54
高山直人(やすらぎの森顧問・ガチヲタ世代・憂鬱な魔法天使) @greatchina2

複雑な空間だからこそ、好奇心のある人がいて、それにこたえる環境があったり、大学生がカルチャーを世間に発信したりした。京都大学は旧帝国でありながら、サブカルが多様で夢の国みたいだ。京都の若者の文化観と一体性がある。で、それがそれぞれの大学の個性や各門意欲を成していた

2017-11-28 23:23:11
高山直人(やすらぎの森顧問・ガチヲタ世代・憂鬱な魔法天使) @greatchina2

これはうまくまとめて記事にすると面白いんだろうけど、やはり、都市文化は「余白から生まれる」わけだ。で、人口が伸び盛りで経済が伸び盛りである中国などでは、実学主義を徹底させても伝統と併存できるけど、日本の場合、特に斜陽化する経済環境の場合では共存は不可能

2017-11-28 23:24:31
高山直人(やすらぎの森顧問・ガチヲタ世代・憂鬱な魔法天使) @greatchina2

そりゃ左翼の学校として名高い明治大学ですら、新自由主義ブームのときに、学生寮周辺にあった左翼組織が姿を消した。中堅以上で左翼がない大学なんて数少ないよ。上智や早稲田や生まれ故郷の弘前とかですら左翼は相変わらずに元気だけどね

2017-11-28 23:26:43
高山直人(やすらぎの森顧問・ガチヲタ世代・憂鬱な魔法天使) @greatchina2

つまり新しさがあって尚且つ古さを維持するのは、明大レベルでも大変なのだから、少なくない中堅以下が、学歴目当てばかり多く絶望しかないところに、実学主義と大学文化との共存なんて絶対不可能で、できたほうがおかしいのよ

2017-11-28 23:28:14
高山直人(やすらぎの森顧問・ガチヲタ世代・憂鬱な魔法天使) @greatchina2

で、そういう大学が犠牲にしたのは「学問の芽」だったわけです。つまり、もし大学が実学主義に積極的で、かつキャパを多めに採っていて、学生運動級の文化をそのまま残していれば、旧帝大や名門大学ほどの賑わいや勢いはなくてもスキマに学問の芽が発生できた

2017-11-28 23:30:33
高山直人(やすらぎの森顧問・ガチヲタ世代・憂鬱な魔法天使) @greatchina2

AからBまで用事を済ます道すがらの寄り道や、変な植物とか、変わった街とか、そういうところから学問の萌芽があり、大学に何らかの大学文化ができたりした。社会人空間では勝手に変な研究やったり勝手に文化活動はできないが

2017-11-28 23:33:03
高山直人(やすらぎの森顧問・ガチヲタ世代・憂鬱な魔法天使) @greatchina2

おそらく、2000年代以前であれば中堅クラスの大学であれば、頂点に匹敵することは絶対なくとも大学のスキマから大学の文化が発生して形成されることはあったと思う。駅弁大学くらい栄えていれば大学文化はなくてもサブカル研究家がいたりした。大学祭がミニ同人誌見本市になったり

2017-11-28 23:35:01
高山直人(やすらぎの森顧問・ガチヲタ世代・憂鬱な魔法天使) @greatchina2

そういう古い大人はまだ一部では多数派なのだろうが、大学に固有の精神性の芽が絶たれてしまった。変人になりたくてもなれなくなったことで、就職様様で、晩成君を睨みつけwながらも許容してやって、特に誰にもとやかく言うことはなくなったというだけではないかと思う

2017-11-28 23:36:24
高山直人(やすらぎの森顧問・ガチヲタ世代・憂鬱な魔法天使) @greatchina2

「昔の大学」の賑わいとは、サブカルが日常に存在する地域からすれば、サブカルチャーのような、スキマで勝手に発生したものなのです。しかし現代からすれば、細かい面は無視され、金で学歴を買うような大雑把なインフラでしかなかった

2017-11-28 23:37:33
高山直人(やすらぎの森顧問・ガチヲタ世代・憂鬱な魔法天使) @greatchina2

意識高い系だの、どこぞの変なサークルだの、そういうのね。だめ連が早稲田大学発祥で、意識高い系と何も変わらないことも、社会には伝わらなかった。ゆとり世代は社会環境だってけどそいつら学生時代の趣味がサブカルと旅行ぐらいだし

2017-11-28 23:39:53
高山直人(やすらぎの森顧問・ガチヲタ世代・憂鬱な魔法天使) @greatchina2

ゆとり世代は自動車や二輪車みたいな無機的な思想で、学歴を買っているお客様なだけで、他の世代の学生ほど強いインパクトはない。むしろ普段の生活ばかりが気になる。つまり知性的には卒業後の社会人時代と変わらない。大学生としてのプライドが左程ないのである

2017-11-28 23:42:08
高山直人(やすらぎの森顧問・ガチヲタ世代・憂鬱な魔法天使) @greatchina2

なわけで2000年代に「学歴社会!ゆとり世代!不景気!意識高い系!」って感覚で、ゆとり世代の世界観になった若者の人々が、その刷り込みから強烈な社会人へのコンプレックスを抱き、大学生自らが持つプライドの基盤を否定したことが

2017-11-28 23:44:18
高山直人(やすらぎの森顧問・ガチヲタ世代・憂鬱な魔法天使) @greatchina2

ゆとり世代も生産終了後の今のゆとり世代の荒廃っぷり、空虚さであり、最初から実学ネイティブで最初から好奇心の「芽」が不在の状態で生まれ育った者が、もう上はアラサーになってきているという、この不幸ではないかと私は思うのだ

2017-11-28 23:45:25
高山直人(やすらぎの森顧問・ガチヲタ世代・憂鬱な魔法天使) @greatchina2

職場でも同僚や上司にゆとり世代がいるけど、彼らの大学はみんなまちまちで(それより年配者は専卒者すらいる?)、そういう人と付き合うと必ず大学時代の重いではサークルや勉強や研究やアルバイトしか記憶がない。団塊ジュニア世代にいじられるのも無理はないだろう。

2017-11-28 23:48:17
残りを読む(1)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?